詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

ヤマザキマリの世界

開催中〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

みんな、うちのコレクションです

  原美術館の魅力を堪能。多様な現代美術作品が、建築と対話しながら展開。
  原美術館は現代美術の優れた企画展を数多く催してきている。ここは、難しく思える時代の先端を行く美術を扱いながらも、広い層に高い人気をもつ美術館だ。先頃も雑誌「ハルメク」(「いきいき」が改題)2016年8月号の特集「とっておき美術館・博物館ベスト29」にて、大規模な国立の施設である東京国立博物館や東京国立近代美術館をおさえ、第1位となったのが原美術館である。
  原美術館では現在、全館を使ってのコレクション展を開催中だ。「みんな、うちのコレクションです」との展覧会名どおり、観る者に語りかけるような姿勢で、原美術館を形づくる骨格的な部分を感知させてくれる。1950年以降に制作された、約1000点に及ぶ収集作品から約40点の名作を精選し、考え抜かれた展示を行うことで、多様な現代美術の面白さを紹介。作品を巡るうちに、元は個人邸宅だった建物と美術作品が、呼応しながら共に輝きを増す関係が際立って見えてくる。
  ■原美術館と建物の歴史
  東京・品川の御殿山の閑静な住宅街に立つ、長い塀に囲まれた瀟洒な建物が原美術館だ。門を入り、前庭の道を渡り、幾何学形態を組み合わせたような形状の白いモダンな建物に近づく。人の家を訪問するような親しみやすさと興奮を感じる。そして美術館入り口から入ってエントランスロビーに立つと、太い円柱を中心に置いた気持ちのよい空間が広がる。白い壁がまぶしく、洗練という言葉が頭に浮かぶ。
  原美術館は、現代美術専門の美術館として1979年(昭和54)に創立。しかし建物はずっと古く、第二次世界大戦前の1938年(昭和13)の竣工で、現館長の祖父である実業家の原邦造の邸宅として渡辺仁(1887~1973)が設計した。戦時中は連合軍総司令部(GHQ)に接収され、その後、人に貸し、そして邸宅の佇まいを大切にして改修し美術館となった。渡辺は、銀座の服部時計店(現・和光ビル)(1932年竣工)や第一生命館(松本與作との共同設計。現・DNタワー21。1938年竣工)などの名作建築を手掛け、上野の東京帝室博物館の設計競技でも当選した(現・東京国立博物館本館。実施設計は宮内省内匠寮。1937年竣工。1938年開館)建築家だった。原美術館の建築は初期モダニズム様式を取り入れたもので、中庭を囲む緩いカーブを特徴とする。このカーブの美しさは絶品だ。細部にも渡辺の秀逸なデザイン力が如何なく発揮されており、原美術館は日本建築史のなかでも貴重なものである。
  ■具象と抽象/時代を映す/インテリア?:1階ギャラリーⅠ
  本展覧会の一部を紹介しよう。
  エントランスロビーの左奥の1階ギャラリーⅠには大きなガラス窓があり、裏庭の大きな緑濃い夏みかんの木が映っている。窓の前に置かれた加藤泉による≪無題≫(2008年)は、高さ2m近くの堂々とした木彫に彩色した作品だ。アフリカの家族肖像の彫像にも見える。石を使った眼や髪の毛の表現が独特で、具象ではあるがデフォルメが強く、人懐こい印象。右隣りに架かるのは、山口長男の≪かたち≫(1952)だ。黒い地に赤と黄色で造形された抽象絵画の油彩の大作。絵具を厚く塗り、平面性を凌駕するようだ。本作が加藤の彫刻作品を反転させたような形状であることに気づき、不思議な気分になった。両作品が対のようにも見えてくる。
  左には、ジョナサン ボロフスキーの≪ベルリンの犬の夢≫(1986年)が展示されている。一匹の鳥をくわえ、数多の鳥を踏みながら手前に向かってくる恐ろしい眼つきの犬を描いたリトグラフに、曲線と直線の枠を架けた作品。不穏な気配が漂う。冷戦の時代を暗示するという。この3年後にベルリンの壁が崩壊する。本作は、先の加藤の作品とも実際の窓とも、また山口の作品とも響きあっているようだ。また、ピピロッティ リストの≪Laplamp≫(2006年)は、椅子の横にランプが置かれインテリアのようだが、ランプから草叢を分けて進むような美しい映像が投影されている。なお、裏庭の夏みかんの木は造形作家の崔在銀の個展の際に植えられたそうである。
  ■美術館から飛び出す美術:1階廊下
    中庭とレストラン「カフェ ダ―ル」を左に見ながら、カーブする1階廊下を歩くと特別の気分になる。ここには、建造物や自然を梱包するなどの壮大なプロジェクトを提案するクリスト&ジャンヌ=クロードによるドローイングが数点展示されている。美術館から飛び出す現代美術である。例えば、≪旧ドイツ帝国議会(ベルリン)の梱包プロジェクト≫(1982年)は、ドイツ帝政時代の巨大な建造物を布で包むもの。ドローイングはパステルなどで描かれているが、布も貼られ、画面は立体的だ。配置図面も併せて置かれる。このベルリンのプロジェクトは、1995年に14日間にわたり実現した。クリストらにとっての美術の素材は環境や都市であり、非日常の風景をつくり出す作品によって、都市などのありかたを考えさせる。
  ■作品が目指すものは?:1階ギャラリーⅡ
  1階廊下から入る大きなスペースの1階ギャラリーⅡにも、大きな窓やガラス扉があり、裏庭を臨める。また一番奥には半円形のバルコニーが絶妙な空間を形成し、ここには椅子があり、ゆっくりすることができる。ギャラリーⅡでは絵画作品を中心に展示。ブラジルのアドリアナ ヴァレジョンの≪スイミングプール≫(2005年)は線の表現で水の動きの美しさを表現。ダイナミックな造形と色使いの抽象絵画である≪無題#1≫(1987)は、ブラジルで大画家として成功をおさめたトミエ オオタケの作品である。
  肖像をテーマにした作品も並ぶが、目指すところが見事に異なる。中国の艾未未(アイ ウェイウェイ)の初期作品である≪毛像組1≫(1985年)は、濃いグレーを背景に目をつぶり、力尽きたような毛沢東の上半身を描く。作家は自国への政治的発言を積極的に行ってきたことでも知られる。森村泰昌は作家自身をモデルとして演出した作品により、美術史などへの批評を行ってきた。本来腰の下にはくスカートを頭に被る2人の女性(森村自身)が登場する≪今、こんなのが流行ってるんだって≫(2005年)は、ゴヤの作品を元にアイロニーを重ねた作品だ。一方、笹口数が制作した「星座」(2002年)は、紙に金の細かい文字で化粧品の商品名などを綴ったもので、離れて見ると女性の顔になる。インタビューで得た情報が女性たちの肖像を形づくっている。
  ■映像/写真/横尾忠則作品:2階ギャラリーⅢ、Ⅳ、Ⅴ
  2階は家族の寝室だったそうだ。ここでも様々な現代美術が見られる。ギャラリーⅢで見られるのは、南アフリカのウィリアム ケントリッジの≪メモ≫(1994年)である。実写映像とアニメーションを合わせたコマ撮りが、軽快な音楽と相まって楽しく、じりじりと観る者に迫る。ギャラリーⅣでは写真作品を紹介。佐藤時啓の光の痕跡を追った≪#333 Yura≫(1998年)と張洹(ジャン ホワン)の≪養漁池の水位をあげるために≫(1997年)は、ともにパフォーマンスの手法がとられている。
  2階の廊下を歩くと、奥にあるギャラリーⅤに架かる青色の絵画が一部顔を見せていて、わくわくする。いざ入って見ると、全部が横尾忠則の作品となっている。アメリカ同時多発テロの際に絵が描けなくなった心情を表したという≪DNF:暗夜光路、2001年9月11日≫(2001年)のインパクト、6枚のアクリル板を使って観る者の立つ位置によって違う見え方になる《葬列Ⅱ》(1969/1985)の洗練度、また廊下から少し見えていた≪誰か故郷を想わざる≫(2001年)の奥深さ。うならされた。
 
  ■隅や端などに設置されている常設作品
  原美術館では美術館のあちこちに常設作品が置かれている。隅に小さい部屋やカーブを描く空間をもつ建築構造の特徴を活かし、作品まさに建築と一体化している。原美術館では、「ここら辺に何かありそう」と鼻をきかせることが大事である。例えば、ギャラリーⅤは作品を見たからといってすぐに戻ってはいけない。白い壁を注意して見てみると、一部がドアになっている。そこを開くと、奈良美智が現在も制作を続ける賑やかな≪My Drawing Room≫(2004~)が立ち現れる。ここは元、浴室だった場所だ。また1階から2階へ昇る優雅な階段下の壁は、鈴木康広による≪募金箱『泉』≫(2011年)が隠れている。壁に空いたスリットからコインを入れて覗くと、輝く水面や揺らめく緑の風景が浮かぶ。すべて原美術館で撮影したものという。その向かいには、森村泰昌の強烈な≪輪舞≫(1994年)がある。元トイレだった場所だ。隅のほうも3階も貴重な常設作品が潜んでいる。見逃さないようにしたい。また、中庭にも前庭にもイサム ノグチらの立体作品が常設作品として置かれている。
  本展では一作一作を楽しみながら、大きなことも考えてみたくなる。現代美術とは何か。そもそも美術とは何だろう。美術とそうでないものの違いは何か。また、第二次世界大戦を挟んで80年近くこの場所に建っているこの建物はどんなことを見てきたのだろう。
  今夏のひとときを是非、原美術館でお過ごしになってください。なお、会期中の日曜日と祝日は午後2時30分から約30分、担当学芸員が展示解説を行っている (予約不要です) 。
執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2016年7月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160803-001
写真1 1階ギャラリーⅠの会場風景。
左から、加藤泉≪無題≫、2008年、木・油絵具・アクリル絵具・石、185×167×110cm。
山口長男≪かたち≫、1952年、木板に油彩、186×186cm。原美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160803-002
写真2 1階ギャラリーⅠの会場風景。
左から、ジョナサン ボロフスキー≪ベルリンの犬の夢≫、1986年、リトグラフ・鉄・アクリル、86.5×106.5cm。
加藤泉≪無題≫、2008年、木・油絵具・アクリル絵具・石、185×167×110cm。原美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160803-003
写真3 ギャラリーⅤの会場風景。
左から、横尾忠則≪誰か故郷を想わざる≫、2001年、カンヴァスにアクリル絵具、227.5×182cm。
横尾忠則≪DNF:暗夜光路 眠れない夜≫、2001年、カンヴァスにアクリル絵具、182×227.5cm。原美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160803-004
写真4 3階常設展示作品。
ジャン=ピエール レイノー≪ゼロの空間≫、1981年、原美術館蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会欧文名】IT’S OUR PERMANENT COLLECTION!
【会期・会場】

 2016年5月28日~8月21日  原美術館(東京・品川)
<電話> 03-3445-0651
http://www.haramuseum.or.jp
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年8月3日