詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

さいたま国際芸術祭2023

  • 旧市民会館おおみや (埼玉県・さいたま市)

 「さいたま国際芸術祭2023」がさいたま市の「旧市民会館おおみや」をメイン会場に開催中だ。さいたま市で3年に一度開かれる同芸術祭の3回目となる今回は、現代アートチームの目[mé]がディレクターを務めている。市民プロジェクト・キュレーターによる市内約60カ所での芸術活動とともに国内外39作家の作品や公演を紹介し、アーティストと市民がともに作り上げる芸術祭が展開している。

会場入口のスクリーンに映し出された白鳥建二の写真。数秒ごとに入れ替わる
会場入口のスクリーンに映し出された白鳥建二の写真。数秒ごとに入れ替わる

 目[mé]が掲げた芸術祭のテーマは「わたしたち」。気候変動、社会格差、分断、戦争などさまざまな人類的課題が切迫する現代社会の中で、いかにわたしたち自身をもう一度見つめることができるかを、生活都市さいたまから改めて考え直す機会につなげたいという思いが込められている。
 独創的な視点で、既成概念を揺るがす驚きに満ちた作品を発表し続けてきた目[mé]は、アーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文を中心に活動。埼玉県内にアトリエを構え、今回は公募に応募してディレクターとなった。そのため作品としての発表はないが、さいたまから世界を「みる」ことにこだわった目[mé]がディレクションしたメイン会場では、そのコンセプトが随所に生かされていた。

目[mé]のメンバー。左から増井宏文、荒神明香、南川憲二。
目[mé]のメンバー。左から増井宏文、荒神明香、南川憲二。

 黒い枠にはめられた透明な板が張り巡らされて「会場を分断したり、空間と空間を接続させながら、各展示室へと観客を誘っていく」(南川)導線による会場構成は、その最大の特徴といえる。この導線には「窓のような機能があり、向こう側に見えるものを見るべき対象に変えて行く」(南川)効果もある。ほうきやバケツなどが無造作に置かれた場所もあり、窓を通すとそれらが作品に見えてくるから不思議だ。

黒枠と透明な板による導線
黒枠と透明な板による導線

 その視線を拡張するのが出没自在の「スケーパ―」の存在。作られたものとそうでないものが曖昧になる光景を仕掛ける企画で、筆者が訪れた時に、窓の掃除をしていた人はおそらくスケーパーだろう。会場内にとどまらず、市内各所に現れて、もう一度よく見て捉えようとする体験を促す。

窓掃除をする「スケーパー」と思われる人物
窓掃除をする「スケーパー」と思われる人物

 「見るって何?ということを改めて考えさせられる」(南川)のは、全盲の写真家・白鳥建二の写真だ。芸術祭のイメージビジュアルをはじめ、白鳥がさいたま市内で撮影した3000点以上の中から目[mé]をはじめとする芸術祭スタッフが選び抜いた作品が会場入口のスクリーンや館内の複数の場所で紹介されている。白杖をついて歩きながらシャッターを押して撮ったという写真は、ゆらぎや気配が写し出されていて、見慣れた街の思いがけない魅力に気付かされる。

右の写真は、白鳥建二 「日々是是」 2023年
右の写真は、白鳥建二 「日々是是」 2023年

 傘立てや机が水面に映っているかのように見えて、思わず近付いて見直してしまうのは、今村源の「うらにムカウ」。会場の旧市民会館おおみやで使われていた備品を用いて、それぞれの鏡像バージョンを作り、針金で編んだ網目を境に逆さまにして組み合わせている。窓からの光を受けて池の中にいるような感覚も加わり、日常と表裏一体にある世界を想起させる。

導線の透明な板を通して見た、今村源 「うらにムカウ」2023年
導線の透明な板を通して見た、今村源 「うらにムカウ」2023年

 目[mé]が打ち出す今回のもう一つの特徴は「日々変化する芸術祭」ということ。入場口を通り、最初に出会うイギリス出身のアーティスト、アーニャ・ガラッチオの「’preserve’ beauty」はそれを象徴している。ガーベラの生花が壁一面に飾られた作品。花は次第に枯れて変化するため、同じ姿を見ることはない。

アーニャ・ガラッチオ「'preserve' beauty」 1993~2003年
アーニャ・ガラッチオ「'preserve' beauty」 1993~2003年

 さいたま市内で出会った人を写真家や編集者、埼玉大学教育学部附属小学校の児童が撮影した縦横約2㍍の肖像写真を展示する「ポートレイト・プロジェクト」もそのひとつ。会期中、毎日写真が入れ替わるうえに、いつ、どの写真が展示されるかもわからないという。

毎日写真が入れ替わる「ポートレイト・プロジェクト」。この日は、カナダ出身の写真家マーク・ペクメジアンによる写真を展示
毎日写真が入れ替わる「ポートレイト・プロジェクト」。この日は、カナダ出身の写真家マーク・ペクメジアンによる写真を展示

 ほかに、オリジナルの缶コーヒーを自動販売機で買い、飲み終わった缶は、シンカー、フォーシームなどの野球の球種を選んで階段の下にあるゴミ箱に投げ捨て、その場面がモニターに映し出されるというL PACK.の「定吉と金兵衛」などのユニークな作品も。

L PACK.「定吉と金兵衛」 2023年より、缶コーヒーの自動販売機と缶をゴミ箱に投げ入れる人を映すモニター
L PACK.「定吉と金兵衛」 2023年より、缶コーヒーの自動販売機と缶をゴミ箱に投げ入れる人を映すモニター

 美術を中心に見てきたが、大ホールでは連日、音楽コンサートやパフォーミング・アーツの公演、映画の上映などがあり、リハーサルも公開されている。
 日々変化する芸術祭での一期一会が、めまぐるしく動いている社会情勢の中でも流されずに、ものの見方を広げたり、深めたりすることに繋がることを期待したい。
 
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子

さいたま国際芸術祭2023 
 
【会期・会場】
2023年10月7日(土)~12月10日(日)
メイン会場:旧市民会館おおみや(埼玉県・さいたま市)
https://artsaitama.jp/