詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

2024/07/13〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

2024/07/13〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

Exhibitions

おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい—— 六本木、森アーツセンターギャラリーにて

■江戸の「食」をテーマとした浮世絵展
 江戸時代の庶民の生活や風俗を生き生きと描き出した浮世絵のなかから、特に「食」に焦点をあてた作品を集めたテーマ性の高い浮世絵展。浮世絵が流行した江戸時代はまた、安定した幕藩体制のもとで農業や漁業など諸産業が発達し、交通網が整備されたこともあって、庶民の食文化も多彩になった時代だという。「おいしいものを食べる」という誰にとっても関心の高い切り口から、浮世絵の魅力そのものを伝えてくれる本展は、現代の私たちの暮らしに直結する江戸の食文化を紐解くという点でも興味深い展示となっている。たとえば、導入部となる第1章の「季節の楽しみと食」は、四季豊かな日本の季節の催しや芝居見物といった晴れやかな情景を、主に三枚続きの画面で華やかに見せる作品が並ぶ。春のお花見、ひな祭り、夏の端午の節句に土用干し、秋のお月見、冬の雪見やお正月など、季節の節目に接する人々の楽しげな表情や仕草、彩り豊かな衣装も見どころだが、桶やお重、鉢や皿のなかの細部に注目すれば、握りずしやお刺身、卵焼き、団子や餅、田楽や果物など様々な食べ物が見えてきて、浮世絵のなかの世界がぐっと広がって感じられそうだ。



①《見立源氏はなの宴》 三代歌川豊国(国貞)、味の素食の文化センター蔵、通期展示

■にぎわう江戸の食卓——和食のルーツ
 第2章の「にぎわう江戸の食卓」は、本展で特に作品数が充実している章。「すし」「うなぎ」「天ぷら」「蕎麦(そば)」など江戸らしい料理の数々や、初物好きな江戸っ子がこよなく愛する「初がつお」、江戸湾名物の「魚介」や「海苔(のり)」、暑い夏に涼をくれる「果物」など、食卓をにぎわす素材や料理がふんだんにあることを反映しているのだろう。そして、ここでもうひとつふんだんなのは、食をめぐる小さな蘊蓄(うんちく)の数々。丁寧かつ簡潔な解説によれば、江戸時代に醤油やみりんや酢などの調味料が普及したことで、江戸湾であがった魚介を使った江戸前寿司やうなぎ、天ぷらが盛んにつくられるようになったそうだ。海苔巻や握りずしの上に玉子巻をのせ、さらにその上にエビなどの握りずしをのせて、こんもりとした山に盛った盛り付けが、現代人から見るといささか不思議なのだけれど、これは当初に普及した押し寿司の盛り付けのなごりだとも考えられているとか。また、うなぎは奈良時代から「夏痩せ」に良いとされていたけれど、白焼きにしたうなぎを蒸し、甘辛いタレをつけて香ばしく焼く調理法が生まれたのは江戸時代のこと。展覧会のメインビジュアルの娘さんは、屋台で買ったのか、屋外で蒲焼きにかぶりつこうとしたその瞬間に、ふと架かった虹に気をとられるものの、開いた口と出した舌はそのまんまという愛らしい表情。なんとも嬉しそうに食べ物を見つめる眼差しや、料理に取り組む真剣な面持ち、あるいは魚河岸の若衆の粋な出で立ちなど、食に接する人々の表情や姿が実に生き生きしているところが魅力的な章でもある。



②《縞揃女辨慶 (松の鮨)》 歌川国芳、味の素食の文化センター蔵、通期展示
③《春の虹蜺》 歌川国芳、個人蔵、通期展示
 うなぎを食べようとする女性と虹をとらえたこの浮世絵は、団扇(うちわ)のために描かれた団扇絵。使われずに残された貴重な作品でもある。
④《風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗》 月岡芳年、味の素食の文化センター蔵、通期展示(7/15~8/13 の会場での展示作品は、 味の素食の文化センター蔵、8/15~9/13の会場での展示作品は、浦上満氏蔵)
⑤『北斎漫画』十編 葛飾北斎、浦上満氏蔵、通期展示
 『北斎漫画』の1ページ。嬉しそうに蕎麦を何皿もたいらげる人物の図には、「無芸大食」とある。
⑥《名所江戸百景 びくにはし雪中》 歌川広重、味の素食の文化センター蔵、通期展示
 当時は、表向きには肉食が禁じられていた。でも、イノシシや鹿など、力のつく獣肉を「山くらじ」と称して出す店もあったとか。右の「○やき」は、焼き芋屋さん。
⑦《日本橋魚市繁榮圖》 歌川国安、江戸ガラス館蔵、通期展示
 伊勢エビやタコ、各種の魚や貝を担いで行き交う男たち。活気あふれる日本橋魚河岸は、江戸の食の発信地だった。

■江戸の名店、旅先の名物
 会場を歩いていて、江戸時代が身近に感じられる点はいくつもある。たとえば安価で栄養価の高い豆腐は江戸時代も庶民に人気の食材で、豆腐レシピを100件紹介する『豆腐百珍』といった本も出ているが、これなどは現代のレシピ本の大人気を先取りするものだろう。また、「第3章 江戸の名店」の出品作のうち、高名な会席料理屋と歌舞伎役者を一枚の画面で合わせて紹介するシリーズ『東都高名會席盡(かいせきづくし)』は、双方の人気の相乗効果をねらった現代のタイアップ企画にも通じるものだ。そして「第4章 旅と名物」では、庶民の間でも旅ブームが起きたこの時代に人気を集めた広重の『東海道五拾三次』を中心に、食の名物に注目して江戸から京都まで東海道を歩く疑似体験ができる。府中の「安倍川餅」、鞠子の「とろろ汁」、大津の「走井餅(はしりいもち)」など、浮世絵は人々の旅情をかき立て、また現地で名産を外さないよう、ガイドブック的な役割も果たしていたのだろうか。


⑧《東都高名會席盡 洲崎風景 武蔵屋 弁慶》 三代歌川豊国(国貞)、歌川広重、味の素食の文化センター蔵、前期(7/15~8/13)展示
 芝居の登場人物に扮した役者を三代豊国が、また江戸の名店の店構えと名物のコマ絵を広重が描く。「武蔵屋」と「武蔵坊弁慶」といったように、店や名物名と人物の名に語呂合わせが織り込まれている。
⑨《東海道五拾三次之内 鞠子 名物茶店》 歌川広重、浦上満氏蔵、通期展示(7/15~7/30、8/29~9/13の会場での展示作品は浦上満氏蔵、7/31~8/28の会場での展示作品は和泉市久保惣記念美術館蔵)
 鞠子(現・静岡県)の名物は、自然薯の「とろろ汁」。当時は、秋から冬が旬の季節物の名物だった。

■江戸の食を五感で堪能
 広重や北斎、豊国や国芳、三代豊国(国貞)などの浮世絵約200点(1期〜4期で入れ替えあり)のほか、本展にはもう二つ大きな楽しみがある。ひとつは、江戸前のすし、うなぎ、天ぷら、蕎麦の今も続く名店を取材して、その伝統ある職人技を写真映像やパネルで詳しく紹介していること。もうひとつは、当時の人気料理を再現して、そのレシピを披露していることだ。元祖とおぼしき幕の内弁当や、豆腐田楽などの豆腐料理、深川飯や牡丹鍋、うなぎの鍋焼き、タコの江戸煮など、ジャンルは多彩。夏の今なら、鮎の煮浸しや、フルーツポンチのように旬の果物やキュウリなどの野菜をさいの目に切って水に浮かべた「水物」、食紅などで赤く色をつけた可愛い「白玉」、あるいはこれからの戻りがつおで「かつおのなます」などもつくってみたい気持ちが起きるだろうか。お料理好きからも、また最近お料理に目覚めた方たちからも関心を集めそうな展覧会と言えそうだ。 
 本展の入場は、日時指定の事前予約制。人数制限がある分、1点1点の浮世絵をじっくり見ることが可能だ。会場内は、原則として写真撮影ができないが、再現された蕎麦屋台の前では記念撮影可。隣接するカフェ・レストラン「Cafe The Sun」で江戸食の再現メニューが供されているほか、グランドハイアット東京のレストランやバーでもタイアップ企画あり。前述のレシピ類は、会場のパネル展示だけでなく、図録でも紹介されている。目だけでなく五感で、江戸の食を堪能したい。



⑩《名酒揃 志ら玉》 歌川国芳、江戸ガラス館蔵、通期展示
⑪再現レシピによる白玉
⑫記念撮影スポットの蕎麦屋台。背景は広重の《東都名所之内 高輪廿六夜止圖》。

執筆:中山ゆかり
*12番以外の作品図版は、「おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい——」展主催者からご提供いただきました。

おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい——
Oishii Ukiyo-e: The Roots of Japanese Cuisine
会期:2020年7月15日(水)— 9月13日(日) *会期中展示替えあり。
1 期:7 月15 日(火)~7 月30 日(木) 2 期:7 月31 日(金)~8 月13 日(木)
3 期:8 月15 日(土)~8 月28 日(金) 4 期:8 月29 日(土)~9 月13 日(日)
休館日:8月14日(金)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金:一般1,800円、大学生・高校生1,300円、中学生・小学生800円
※入場には、オンラインによる日時指定入館券が必要。
https://www.e-tix.jp/oishii-ukiyoe_datetime/
公式HP: oishii-ukiyoe.jp