詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

あいちトリエンナーレ2013 (その2)

■アートを通じて社会を考えるきっかけに。10月27日まで。
名古屋と岡崎で開催中の2回目のあいちトリエンナーレ。現代美術やパフォーミングアーツなど100作品を超す膨大な内容だが、意欲的で一見の価値がある。閉幕が近づいてきたが、未見の方は是非のぞいてみてほしい。
前回と比較すると、今回の特徴は、第一に東日本大震災を意識したテーマ「揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」が全体にわたり明確に一本通っていること、第二には建築家の参加も多くあって、空間・場所の読み変えを行い、その可能性を引き出すアプローチが目立つことを感じた。また第三には、新たに岡崎地区が加わったことで、観客は移動が大変ではあるが、広い範囲での盛り上がりが生まれたこと、そして第四としてロゴによる全体のサインなどのデザイン計画が行き届いた形で展開されているのも、進化する祭典として好ましいことと思った。
国内外のアーティストたちによるテーマの解釈も表現も、大震災に関わるものから、アイデンティの揺らぎや政治の変化を扱うものなど実に多様だ。大震災に直接関わる作品も多い。例えば、オノ・ヨーコの名古屋タワーや岡崎駅前に掲げられた《生きる喜び》、ヤノベケンジによる黄色い防護服の「ヘルメットを脱いだ」巨大な子供の立像《サン・チャイルド》、そしてアーノウト・ミック(オランダ)の避難所を主題とした《段ボールの壁》。またアルフレッド・ジャー(チリ)の作品《黒板プロジェクト》は、美しいチョークの山を中心に広がる暗黒の空間に黒板がいくつもあって、東原貞子の詩「生ましめんかな」が浮かんでは消える。学校を震災で失った石巻市の子供たちに捧げるものだ。それぞれの作品が絶望や喪失感の先のものを示唆する。また、宮本佳明の《福島第一さかえ原発》では、愛知芸術文化センターの建物の壁や床に福島原発建屋の原寸大図面を赤と黄色のテープで貼って示すことで、原発の存在を具体的に見せた。一方、アンジェリカ・メシティ(オーストラリア)は移民のアイデンティを扱った。《シティズンズ・バンド》の映像作品は、パリのプールで水を打って見事なドラミングを行うカメルーンのパーカッション演奏者の女性ら、それぞれ外国で移民として暮らす4人が民族色の濃い音楽を奏でる。音楽とパフォーマンス、そして心情を重ねて描き、深い感銘を受けた。
場所の可能性を積極的に引き出すアプローチとしては、青木淳が黒川紀章設計の名古屋市美術館の建築を新しく解釈して一時的なリノベーションをし、参加アーティストらとのコラボレーションを行った。通常の出口が今回の入り口に変わった。杉戸洋とのコラボレーションではひらひらと舞う透明な布による豊かな色彩空間を創出。狭い出口から美術館の外に出たとき、私は不思議な印象を持った。名古屋まちなかの納屋橋会場は、元はボーリング場だったが、現在は使われなくなった建物。リチャード・ウィルソン(イギリス)は屋外までボーリングのレーンを突き抜けさせた《Lane 61》で、建物の記憶を浮かび上がらせた。また同会場で、青木野枝は2トンもの重い鉄の作品《ふりそそぐもの》によって、古い吹き抜け空間を軽や流動的なものに変容させてしまった。名和晃平の《フォーム》はぷくぷくと日々変化する無数の粒子が魅惑的な情景を形成してゆく。世界創造の場のようだ。長者町会場ではまち歩きと作品体験を同時に楽しめた。伏見地下街通路に描かれた打開連合設計事務所(台湾)の《長者町ブループリント》では現実空間と異空間が重なり合う。
岡崎地区は3会場あり、そのうちの康生会場のスーパーである岡崎シビコでは広い面積を効果的に使ったインパクトのある作品が目立った。屋上のstudio velocity(栗原健太郎+岩月美穂)の作品は、どこまでも続く真っ白な世界に驚いた。目が慣れてくると、頭の上が全面、格子状の細い糸に覆われていることに気づく。ここで風に吹かれながら近くの岡崎城や空を眺めていたら、トンボが飛んできて器用に網の下に入り、しばらくして出ていった。
なお、廣村正彰アートデイレクターのデザインによる矢印のロゴ(あいちのA とトリエンナーレのTから成る)は前回の赤系から、今回は青と白の組合せに変わった。爽やかである。矢印を囲むシャープな斜線を使ったデザインは、皆で一緒になって突き進む飛行船のような造形で、テーマの言葉も明確に表示。名古屋地区では白地に青い文字、岡崎では青地に白い文字と、反転して使われる。まちのなか、各会場、印刷物などにわたって一貫性をもった丁寧なデザイン計画がなされている。岡崎のシビコでは、誘導線としてのロゴが床に大きく描かれ、上階にある会場まで導いてくれた。
五十嵐太郎芸術監督は「アートを通じて社会を考えるきっかけになってほしい」と開幕前の記者会見で語ったが、その願いは見事に実現しているのではないだろうか。
執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi
●会期:2013年8月10日~10月27日
●詳細:http://aichitriennale.jp/

2013年7月17日