詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

【山種美術館開館50周年記念特別展】 
山種コレクション名品選Ⅱ 
浮世絵 六大絵師の競演 
―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―

傑作浮世絵にじっくり浸る絶好の機会
  ■山種美術館秘蔵の浮世絵コレクション
  山種美術館は、横山大観(1868~1958年)、川合玉堂(1873~1957年)、上村松園(1875~1949年)、速水御舟(1894~1935年)、奥村土牛(1889~1990年)ら質の高い近代・現代日本画作品を多数所蔵し、近代日本画の真髄に立ちあえる美術館としてよく知られるが、江戸時代の絵画や浮世絵も粒ぞろいの名品を所蔵する。現在、同館では開館50周年記念特別展として、秘蔵の浮世絵約90点を展観。浮世絵六大絵師を中心とする絵師たちの名品中の名品や稀少作品の、極めて良い保存状態のものを、間近に接することができる。
  会場に入ると最初に、葛飾北斎(1760〈宝暦10〉~1849<嘉永2>年)の「赤富士」として名高い≪富嶽三十六景 凱風快晴≫(1830<文政13>年頃、大判錦絵、山種美術館)(※全作品が山種美術館所蔵)が展示されている。横長の画面。青空にたなびく筋雲を背景として、山体を赤く染めた雄大な富士だけの大胆な構図。摺り上がったばかりのような鮮やかな色彩。魅了された。凱風とは南風の意。初夏の頃のそよ風だ。晴れた日の早朝に富士が赤く染まる瞬間があるという。北斎は実際にそれを目にしたのではないだろうか。本作を初め、出品された全作品を心ゆくまで眺め、浮世絵の愉悦に浸った。
  浮世絵は江戸時代、庶民の日常生活で身近に接する娯楽であり、「今を描く」最先端のメディアだった。現代だとグラビアやファッション雑誌に当たるのだろうか。江戸の人々は新作浮世絵を絵草紙屋で争って求め、繰り返し眺めては楽しんだ。本展は当時の興奮を追体験させてくれる。また、浮世絵が19世紀後半の西洋芸術の新動向に大きな影響を与えたことも知られるが、当時の欧米の芸術家たちの驚きにも思いを馳せた。会場内に浮世絵の流れや技法につき、大久保純一 国立歴史民俗博物館教授および藤澤紫 國學院大学教授による親切な解説があるのもうれしい。
  ■浮世絵とは
  浮世絵とは、江戸時代前期に起こり、庶民階層に愛好され発達した木版画や肉筆による風俗画を指す。「浮世」とは現世、現在、俗世間などの意。「浮世絵」の語は『それぞれ草』(1681年刊)収載の句に初出し、菱川師宣(?~1696〈元禄9〉年)以後の風俗画を指すことが多いが、岩佐又兵衛(1578〈天正6〉~1650<慶安3>年)が描いた≪洛中洛外図屏風≫(舟木本)に浮世絵表現の始まりをみる説もある。
  表現形式は、主たるものは大量生産により安価に仕上げられる木版画だが、絵画である肉筆画も制作された。木版画の浮世絵は、版元の企画のもとに絵師、彫師、摺師三者が分業し、巧みの技を尽くした結果が作品となる。絵師は版下絵を描き、摺りに立ちあう。版元が強い意向を持つことも多く、絵師は制約内で技量を発揮。また、浮世絵の主題は、美人画と役者絵を二本柱として発展し、のちに名所絵(風景画)、花鳥画、武者絵などが加わった。また時代区分としては、①初期:明暦から宝暦年間(1655~1764年)、②中期:明和から寛政年間(1764~1801年)、③後期:享和から慶応年間(1801~68年)、とされることも多い。
 
  ■色彩と構成を手掛かりに見る
  本展の英語名は、〝Splendid Colors and Compositions by Six Masters of Ukiyoe
―Harunobu, Kiyonaga, Utamaro, Sharaku, Hokusai and Hiroshige―”。ここにある「色彩と構図」を手掛かりに幾つかの出品作品を紹介したい。また、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重の6人を江戸時代の六大浮世絵師と称することが多いが、これは1919<大正8>年刊行の野口米次郎の著書に始まる。なお、本展の浮世絵出品作品は全て木版画である。
  ●鈴木春信≪梅の枝折り≫ 鈴木春信(1725?<享保10?>~1770<明和7>年)の≪梅の枝折り≫(1767~68<明和4~5>年頃、中判錦絵)は、世界に数点しか現存しないという春信の代表作だ。築地塀の斜めの直線の集積を背景にして、中央で顔や体つきに幼さの残る振袖姿の娘が女中らしき女性の肩に乗り、危なっかしい様子で梅の枝を折る場面。背景の直線と人物や着物や梅の枝などの流麗な曲線との対比が際立つ。色彩は気品ある中間色が巧みに配され、清新な印象をもった。春信は多色摺木版画の錦絵の創始に貢献。錦絵は1756年<明和2>年に開催された趣向を凝らした絵暦交換会で誕生し、春信の美人画が一世を風靡した。春信は浮世絵に多用されるイメージを重層させる見立絵を数多く制作。
  浮世絵というと多色摺が頭に浮かぶが、錦絵に至るまで100年程の歴史がある。初期は絵本形式から一枚絵となり、墨一色の墨摺に一枚一枚筆で彩色を行った(丹絵、紅絵、漆絵)。やがて少ない色の色摺の紅摺絵を経て、錦絵に到達し自在な色彩表現を手中のものとした。会場で奥村政信(1686〈貞享3〉~1764〈明和元〉年)の丹絵や漆絵も見られる。
  
  ●鳥居清長≪当世遊里美人合 橘妓と若衆≫ 鳥居清長(1752<宝暦2>~1815<文化12>年)の≪当世遊里美人合 橘妓と若衆≫(1783<天明3>年頃、大判錦絵)は、現実の場所を設定。無地の背景に、芸者二人が手をつなぎ、中央の一人が後ろの若衆を振り返る場面。春信の華奢で可憐な美人と全く異なるギリシャ彫刻のような八頭身美人だ。天明の清長の長身美人はどのように生まれたのか、興味が沸く。女性たちは伸び伸びと健康的で、明朗な優美さ。大きな曲線を描く着物の線もおおらか。芸者の紫の着物や橙の帯に対比する、若衆の着物の黒色が画面を引き締める。清長は役者絵も美人画も得意とし、絵を拡大した続絵で、江戸の実景を背景とする秀逸な群像表現の浮世絵を創出してゆく。
  ●喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》 喜多川歌麿(1753?<宝暦3?>~1806<文化3>)の《青楼七小町 鶴屋内 篠原》(1794~95<寛政6~7>年頃、大判錦絵)は、画題の入った無地の画面に新吉原の遊女・篠原の上半身をクローズアップした大首絵の形式だ。顔を向かって右に向け、簪を髪にさす場面だが、表情や身体の動きや手の仕草に心情が繊細に表現される。歌麿の描線の美しさに圧倒される。本作の色彩は限られた色数を効果的に使用。髪の生え際の毛割の細かさに彫師の技が光る。歌麿は、天明期から版元の蔦屋重三郎のもとで絵入狂歌本の挿画を手掛け、やがて美人画に大首絵を導入し、それまでの類型表現を脱した新境地を確立し、好評を得た。
  ●東洲斎写楽《三代目坂田半五郎の藤川水右衛門》 東洲斎写楽(生没年不詳)の《三代目坂田半五郎の藤川水右衛門》(1794<寛政6>年、大判錦絵)は、1793〈寛政5〉年の都座の歌舞伎「花菖蒲文禄曾我」に取材した作品。輝く雲母摺を背景に、敵役の水右衛門を画面いっぱいに憎々し気に大首絵として描いた。歌舞伎役者の特徴を美化せずに描き、色彩は少ない寒色を見事に配した。人物の迫力にうなるばかりだ。しかも人間的な愛敬も感じられる。写楽は、歌麿を世に出した版元の蔦屋重三郎が見出した謎の絵師だ。江戸三座に取材した、本作を含む大判大首絵28作を一度に発表し世に出るが、わずか10カ月で姿を消してしまう。特異な描法は衝撃的で評判にはなったものの受け入れられなかったようだ。「あまり真を画かんとてあらぬさまにかきなせし故、長く世に行はれず」との当時の評価の記述が残る。山種美術館は写楽の稀少な代表作3点を所蔵。なお、本展で写楽2作品の写真撮影が可能だ。また、北斎の師で先日享年を巡る新資料が見つかった勝川春章(1743〈寛保3〉~92〈寛政4〉年)や、歌川豊国(1769〈明和6〉~1825〈文政8〉年)らの役者絵も出品されているので比較ができる。
  ●葛飾北斎《富嶽三十六景 凱風快晴》 本作については最初に記した。北斎は70歳を超えた頃、富士山を巡る機知に富んだ変奏曲とも呼べるような傑作《富嶽三十六景》を制作し、浮世絵に名所絵(風景画)の新分野を切り拓き、成功を遂げた。富士山の変化の相を人々の営みとともに、透視図法を踏まえた独創的な構図で描いた。舶来のベロ藍を効果的に使用。なかでも《凱風快晴》は、《神奈川沖浪裏》(出品なし)と並ぶ白眉。北斎は数え年90歳で没するまで挿絵、絵手本、美人画、花鳥画、肉筆画等多くの分野であくなき挑戦を続けた。
  ●歌川広重(初代)《東海道五拾三次 蒲原・夜之雪》 歌川広重(初代)(1797<寛政9>~1858<安政5>年)の《東海道五拾三次》(1833~36<天保4~7>年、大判錦絵)は、版元の保永堂竹内孫八から刊行した最初の東海道物。様々な季節や多様な天候における風景と旅する人々の姿を詩情的に描写した。北斎の《富嶽三十六景》に続き、名所絵として評判を得、その後広重は20種もの東海道シリーズを手掛けた。山種美術館は《東海道五拾三次》一揃い55枚を所蔵。題字のある扉も含み、もとは画帖仕立てとされる貴重な例で初期の摺である点も特筆される。《蒲原・夜之雪》は暗い空から深々と降る雪のなかを黙々と歩む三人を描く。遠景も近景も一面の銀世界だ。墨のぼかし摺にて雪の白さを効果的に表現した。静寂の美が胸に浸みる。《庄野・白雨》などに見られる複雑な雨の表現にも目を奪われた。会場で日本橋から京都までの全行程を楽しんでほしい。
  本展は、浮世絵を見慣れている方もあまり馴染みのない方にも必見の展覧会だろう。

【参考文献】
1)大久保純一・山下裕二 監修、山種美術館学芸部 編集、大久保純一・山下裕二・山﨑妙子・髙橋美奈子・櫛淵豊子 執筆:『山種コレクション 浮世絵 江戸絵画』、山種美術館、2010年。
2)大久保純一『カラー版 浮世絵』、岩波書店(岩波新書)、2008年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2016年9月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160916-001
写真1 会場風景。鈴木春信≪梅の枝折り≫、
1767~68<明和4~5>年頃、中判錦絵、山種美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160916-002
写真2 会場風景。鳥居清長≪当世遊里美人合 橘妓と若衆≫、
1783<天明3>年頃、大判錦絵、山種美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160916-003
写真3 会場風景。喜多川歌麿《青楼七小町 鶴屋内 篠原》、
1794~95<寛政6~7>年頃、大判錦絵、山種美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160916-004
写真4 会場風景。東洲斎写楽《三代目坂田半五郎の藤川水右衛門》、
1794<寛政6>年、大判錦絵、山種美術館所蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)
20160916-005
写真5 会場風景。葛飾北斎≪富嶽三十六景 凱風快晴≫、
1830<文政13>年頃、大判錦絵、山種美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160916-006
写真6 会場風景。歌川広重(初代)《東海道五拾三次 蒲原・夜之雪》、
1833~36<天保4~7>年、大判錦絵、山種美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語表記】
Splendid Colors and Compositions by Six Masters of Ukiyoe
―Harunobu, Kiyonaga, Utamaro, Sharaku, Hokusai and Hiroshige―
【会期・会場】
2016年8 月27日~9月29日  山種美術館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
【展覧会詳細】http://www.yamatane-museum.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年9月18日