詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

「雰囲気のかたち」展

  • うらわ美術館 (埼玉県・さいたま市)

 空気や気配、実体のないものや、見えないものを美術家たちがどのように表現してきたのかに着目した展覧会がうらわ美術館で開かれている。明治時代の横山大観の日本画から現代作家の福田尚代の新作インスタレーションまで、国内の近現代作家18人の約100点を紹介している。

会場風景。河口龍夫の作品が展示されている。左側の壁の平面作品「行方不明の時間」9点は新作
会場風景。河口龍夫の作品が展示されている。左側の壁の平面作品「行方不明の時間」9点は新作

 展覧会の最初に出会うのが、横山大観(1868~1958年)の「菜の花歌意」だ。柔らかな光と空気に包まれた菜の花畑の風景が春の大気を醸し出している。くっきりと描かれた三日月とたわむれる蝶が、絵から漂う気配をより際立たせているようにも感じられる。
 数々の富士山図や紅葉の樹木を描いた屏風、水墨の長巻「生々流転」などのダイナミックな大作とは趣を異にする作品で、繊細で可憐な雰囲気が一面に漂い、キャプションを見なければ大観とはわからないくらいだ。
 当時の横山大観は、明治の思想家で日本美術院の創設者の一人である岡倉天心が発した「空気を描く方法はないだろうか」という問いかけに、同じ日本美術院の画家、菱田春草とともに、それまでの日本画の基礎だった墨の輪郭線を用いずに、色をぼかすことで空気や光を表現しようと模索していた。こうした作品は「朦朧体」と批判されたが、やがて新しい日本画を切り開いていくことになる。「菜の花歌意」は、朦朧体の最初期の成功例であり、雰囲気をとらえた作品として本展の冒頭を飾るには相応しいといえるだろう。

横山大観「菜の花歌意」1900(明治33)年 個人蔵
横山大観「菜の花歌意」1900(明治33)年 個人蔵

 本展担当の山田志麻子学芸員が、今回の企画のきっかけのひとつになったというのが若林奮(1936~2003年)の彫刻「雰囲気」だ。
 紙で囲われた四角い空間を挟んで、若林と思われる男と犬とが向き合い、紙の表裏には、草のような、あるいは大気の粒子とでもいうような無数の点が描かれている。「若林さんと犬との間に小さな震える微粒子のようなものがあり、それをとらえながら二点の距離を測っていたのではないか。犬と自分との関係を充満した空間によって共有する振動としてとらえようとしている」と山田は考察する。
 若林は自分と対象物との境界を探求し、さらに、空間や距離を常に変化するものとしてとらえていた。若林の考えの根幹を成す一連の作品で、自然と人間との間の揺れ動く空間の距離を測る物差しを意味する「振動尺」という棒状の彫刻があるが、「雰囲気」は、ものとものとの間は、目に見えなくともすべて原子で満たされ、原子は粒であるということを視覚化することで距離を測って示しているということになるだろうか。
 今回、若林作品は31点出品されている。空間を示すのに粒子の表現を取り入れているドローイングもいくつかあり、中でも、風に舞う葉なのか、塵なのか、光の粒なのか定かではないが、空にたくさんの点が描かれた最晩年のドローイングは、「微細なものへの感覚が鋭かった」(山田)若林の特徴をよくとらえている。
 ほかにも、植物が発する気のようなものが立ち込めている水彩のドローイングや雨粒や雨の線で空間をとらえたドローイングもある。また、若林の彫刻の原点が、言葉と造形で凝縮されている「立体ノート—気体・固体・液体・現在」(1973~74年)が8点出品されているのも貴重だ。
 不確かなものを探ろうと、目に見えないものを常に意識していた若林の空間の捉え方を彫刻とドローイングで多角的に見せている。

若林奮「雰囲気」 1980~2000(昭和55~平成12)年 WAKABAYASHI STUDIO 蔵
若林奮「雰囲気」 1980~2000(昭和55~平成12)年 WAKABAYASHI STUDIO 蔵
若林奮「ドローイング 1999.03.29-018」1999(平成11)年 神奈川県立近代美術館蔵
若林奮「ドローイング 1999.03.29-018」1999(平成11)年 神奈川県立近代美術館蔵

 若林の「雰囲気」と同様に、粒子という観点から着目しているのが福田尚代(1967年生まれ)のインスタレーションだ。福田は主に、本を用いた緻密で繊細な作品で言葉を見つめ続けてきた。
 子どもの頃から本に親しんでいた福田にとって、「言葉は小さなものの象徴だった」。「雨粒や木漏れ日やガラス玉の気泡や宙を舞う塵などと、本のなかの微細な文字のあいだに隔てはなく、それらは皆、遠い宇宙を垣間見せてくれる小さな何ものかではなかったか」(福田尚代「有るか無きかのおぼろなもの」本展図録より)ととらえてきた。
 出品作11点のうち、新作の2点「本の粒子」と「本の微粒子」はそうした背景が強く表れているといえるだろう。
 「本の粒子」は1冊の文庫本のページをちぎって溶かして小さく丸めたものが散りばめられている。白い粒には活字の跡が所々に見え、粒となった本の言葉があちらこちらから聞こえてくるようだ。

福田尚代「本の粒子」2021-2022(令和3-4)年 作家蔵
福田尚代「本の粒子」2021-2022(令和3-4)年 作家蔵

 「本の微粒子」は文庫本をおろし金ですりおろし、粉になったものをふるいにかけてさらに細かくしたものが円形に置かれている。パウダー状の紙の微粒子は外気に触れると宙に舞い、「光に透けていく」(福田)という。
 福田が大切にしていた本が粒子となって空中に浮遊し、「作家を包み込むのかもしれない」(山田)。目には見えないが本の中に確かにあった言葉の数々が雰囲気を形作っている。

福田尚代「本の微粒子」2021-2022(令和3-4)年 作家蔵
福田尚代「本の微粒子」2021-2022(令和3-4)年 作家蔵

 山田学芸員は「雰囲気の感じ方は人によっても時代によっても違いがある。いろいろなものを許容する世界だからこそ、分野も時代も違う作品が共鳴しあっている。そうした豊かさが伝わるといい」と話す。
 出品作家はほかに、菱田春草、中谷芙二子、武内鶴之助、益子愛太郎、井手傅次郎、淵上白陽、西亀久二、高尾義朗、田村榮、福光太郎、伊庭靖子、牛島憲之、小川芋銭、瑛九、河口龍夫。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
  
参考文献:「若林奮 飛葉と振動」展 図録(読売新聞社、美術館連絡協議会 2015年)

【会期・会場】
2022年11月15日(火)~2023年1月15日(日) うらわ美術館(埼玉県・さいたま市)
  
美術館HP: https://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/

※うらわ美術館関連記事

若林奮 飛葉と振動 @うらわ美術館