詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

「貴婦人と一角獣」展

フランス中世の工芸品の至宝、《貴婦人と一角獣》6枚組連作タピスリーが日本で初めて公開されている。本展は、作品の圧倒的な魅力と工夫された展示による、秀逸で印象深い展覧会である。タピスリーとはフランス語で綴織(つづれおり)の大型織物(英語ではタぺストリー)のこと。西欧の聖堂や城館で保温と装飾のために壁掛として使われ、贅沢な実用品であり、14世紀後半から16世紀に全盛した。また、一角獣(ユニコーン)とは想像上の動物で、貴婦人とともに描かれることが多い。このタピスリーの最高傑作は、パリ中心部のカルチェラタンに位置するフランス国立クリニュー中世美術館の所蔵作品だが、40年前アメリカのメトロポリタン美術館に貸し出されたほかはまったく海外へ出たことがない。

西欧中世の優雅で謎めいた世界
東京の展覧会場の巨大な円形空間に足を踏み入れた瞬間、息を呑んだ。縦横とも数mの大きな作品が6枚、円形の壁に並び、我々をぐるりと取り巻く。自分がいままで経験したことのない、華麗で豊穣でしかも晴れやかな世界。感動がじわじわ増す。
《貴婦人と一角獣》は6枚とも色使いや要素が類似する。地色は強烈な赤色。下方に、赤地との対比が美しい藍色の島のような場所が浮かび、その中心に豪華な衣装の細身の美しい女性がいる。侍女が付き添うものもある。貴婦人の両脇には白い一角獣と獅子。三つの白い三日月の入った紋章の旗を掲げていることが多い。浮島の周囲には緑の木々が丸くこんもり茂る。このような共通要素をもちながら、六つのさまざまな状況が描かれる。
近づいて1枚1枚をめぐって見ていく。背景全体に草花が散りばめられ、あちこちに小さな動物や鳥たち。1500年頃に西洋で流行した千花模様(せんかもよう)(ミルフルールという)だ。そこに中世末期の宮廷貴婦人を取り巻くミステリアスな場面が展開する。うち5枚は人間の五感、つまり「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」を表すとされる。「味覚」のタピスリーでは、貴婦人が革袋をはめた右手にとまらせたオウムに、侍女の持つ皿から砂糖菓子を取って与えている。また「視覚」では、一角獣を膝にのせた貴婦人が一角獣の顔を鏡に映し出し、一角獣に見せている。互いに会話を交わしているかのようだ。不思議な印象。五感は我々に身近なものだが、描かれたものの解読は簡単ではないようだ。6枚目の作品「我が唯一の望み」は描かれた言葉からそう呼ばれるが、その意味は不明とのこと。ここでは他の5枚と異なり、中央に藍色の天幕が設置され、その前に立つ貴婦人が小箱から宝石を取り出そうとしているようにも、しまおうとしているようにも見える。
 タピスリーは1枚ごとに調和を奏で、さらに6枚全体が一つの宇宙となって見事に響き合っている。登場する人物も、一角獣、獅子、猿、兎や鳥等の動物も、みな生き生きしていることにも驚嘆した。表情が優しく穏やかで晴れ晴れとしている。相互の親愛の情までも感じられる。しかもこれらは絵ではなく、織られたものなのだ。生命観溢れる動物たちの様子に日本の《鳥獣人物戯画》(12世紀、高山寺所蔵)を連想した。
《貴婦人と一角獣》は全体を眺めても、また、たとえば貴婦人や侍女の不思議な髪型から草花の様子まで、どんな細部を見ても、見飽きることがない。優雅と洗練。軽みと親しみ深さ。そして、わからないことの魅力。6つの無言劇には盛りだくさんの物語が詰まっているようだ。見れば見るほど知りたいことが膨らむ。観る者の想像力を喚起し、どこまでも大きく飛翔させる何かを孕む。このタピスリー連作には尽きせぬ面白さがある。

タピスリーを楽しむための工夫
《貴婦人と一角獣》タピスリーは、第一に図案、構成、色の美しさ、第二に織物としての素晴らしさ、第三に主題の魅力によって、傑作とされる。今回の展覧会では、作品の魅力を人々が十分楽しめるよう工夫が凝らされている。描かれた図像等を読み解く手がかりを丁寧に示している。そしてタピスリーを展示した中心の巨大空間と、そこから放射状に配された関連作品や研究成果を紹介する場所とを自由に行き来できる。だから会場を回ると、自然に理解が深まり、楽しみが増してゆくのだ。優れた展示方法にも感銘を受けた。
タピスリーを読み解くための関連作品としては、《恋愛風景》等の同時代のタピスリーや、ステンドグラス、衣装、装身具、紋章等、クリニュー中世美術館所蔵の36作品が出品。「我が唯一の望み」のタピスリーにある物とそっくりな小箱もある。すべて日本初公開で見応えのある作品ばかりだ。絵の主題である一角獣については図像伝統を紹介。キリストを象徴するともされる想像上の動物の一角獣は、獰猛な性格だが無垢な女性にだけなつくといわれ、古くから貴婦人とともに描かれ、また寓意や道徳的解釈とともに宮廷的恋愛の文脈でも描かれてきたことなどが資料や関連作品とともに示される。
《貴婦人と一角獣》タピスリーに関してほぼわかっていることは、背景の千花模様や貴婦人の服装などから1500年頃に制作され、下絵を描いたのは当時パリで活躍した「アンヌ・ド・ブルターニュのいとも小さき時禱書の画家」として知られる画家であり、北フランスかフランドルで織られ、そして注文主はタピスリーに繰り返し登場する紋章からリヨン出身のル・ヴィスト家の者であることなどだが、研究成果もわかりやすく紹介されている。
タピスリーに登場する動物と草花が全部一覧できるコーナーも壮観である。また、タピスリーの高精細デジタルのVR(バーチャルリアリティ)映像も必見だ(凸版印刷が開発し、NHKとNHKプロモーションとともに共同制作)。細部まで鑑賞できる精度に感嘆した。ここで作品鑑賞の要点が楽しみながらつかめるのも嬉しい。

《貴婦人と一角獣》は、19世紀にフランス中央部のクルーズ県にあるブサック城に保管されていたものを、作家のプロスペル・メリメやジョルジュ・サンドが言及したことで評価が高まり、1882年にフランス国家が買い上げてクリニュー美術館所蔵となった。その後、ライナー・マーリア・リルケも『マルテの手記』で言及。多くの大作家を魅了した中世の傑作タピスリー。私は2013年のいま、その魔法のような世界を五感にて、いや六感全部をもって堪能できたという実感をもった。

HOSOKAWA Fonte Idumi

●東京展 2013年4月24日〜 7月15日 国立新美術館
●大阪展 2013年7月27日〜10月20日 国立国際美術館

2013年5月24日