詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

「祈り・藤原新也」
—現在形の〈メメント・モリ(死を想え)〉

 1970年代から写真家・文筆家など様々な顔をもって活躍してきた藤原新也の、公立美術館での初個展が世田谷美術館で開催されている。大画面の写真が多数並び、また写真のほか、書、文章、映像、絵画など多彩な表現が一堂に会するダイナミックな展観だ。

題字《祈り》
題字《祈り》

 初期作から最新作まで約220点の写真を藤原自身が厳選して会場構成を行なった本展の特徴は、章立てに沿って時系列に進んでいく通常の回顧展形式はとっていないこと。そして、写真に作家自身の言葉が添えられていることだろう。

左、《スイッチオフ》2020年/右、《かみさま》2009年
左、《スイッチオフ》2020年/右、《かみさま》2009年

 アジアに始まり、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本各地を旅しながら、生と死を見つめてきた藤原は、2011年の東日本大震災直後には東北に、また現在まで続くコロナ禍にあって無人の街へと眼差しを向けた。本展は、緊急事態宣言後に人影が消えた渋谷の街を写した《スイッチオフ》と、「地球規模の瀕死のこのとき、それでもなおかつそこに、かみさまはいるのか」と問いかける《かみさま》の2点の写真から始まる。

《世界のはじまり》2000年
《世界のはじまり》2000年

 館の特徴的な空間である扇形の広い展示室に、大輪の蓮の花が一輪咲いている。見つけたつぼみが翌早朝に咲くのを沼に半身浸かってじっと待ち、1ショットで撮ったという、まさに一期一会の美しい作品だ。凜とした静けさをたたえたその巨大な写真の背後には、激しい筆致の「死ぬな生きろ」の墨書。そして「死を想え(メメント・モリ)」のタイトルで編まれた一連の作品が並ぶ。
 当初は「死んだがごとく生きるな」という願いを込めて揮毫したこの書は、直後の東日本大震災によって、その意味に変化が生じたという。文字通り「死ぬな生きろ」という祈りも込められるようになったのだろう。

「死を想え(メメント・モリ)」の展示風景
「死を想え(メメント・モリ)」の展示風景
《ともしび》2011年
《ともしび》2011年

 展覧会タイトルの「祈り」について、藤原は「写真を撮るときはいつも、これもいつかはなくなってしまうのだろうなと思いながら撮っている。その危機感が祈りともつながっている」と語る。今回の展示は、この「祈り」をキーワードに、おおまかに17のパートで編まれた。地球規模の環境破壊、異常気象、天災、原発、ウィルス、戦争、古来の風習の喪失や人々の心の変化に対する危機感が強まる現時点にあって、展示の全体を通じて「メメント・モリ」と、そこから生じる「祈り」をめぐって、ひとつの大きなストーリーを読み取る構成となっている。

2011年にインドの路上で揮毫した書の前で
2011年にインドの路上で揮毫した書の前で

 死を想うことは、生を想うことでもある。「死を想え」のパートの後には「生を想え(メメント・ヴィータ)」が続く。「寿命とは、切り花の限りある命のようなもの」の言葉が添えられた僧の写真がひときわ目を惹く「チベット」のパートでは、地元の人々との生き生きとした交流もうかがえる。

「チベット」より、1975年
「チベット」より、1975年
《ポラロイドが出会ったチベットの高原の人々》1975年
《ポラロイドが出会ったチベットの高原の人々》1975年

 国によって写真の趣は大きく異なり、また「香港 雨傘運動」と「渋谷ハロウィン」に取材した写真や映像は、同じように若者たちが被写体でも、それぞれに異質な切実さを見せる。

「アメリカ」より、1989年
「アメリカ」より、1989年

 2011年の東北、詩のような言葉が添えられた日本の情景、バリ島の鮮やかな花や蝶、対峙する九州の沖ノ島の禁足の森の緑の世界も印象的だ。作家の故・瀬戸内寂聴さんとの交流や、実父の臨終をとらえた作品もまた、死とともにその人の「生き様」を感じさせて心を打つ。
 「定点観測的に日本を旅していると、撮りたいものがどんどんなくなっている」と、社会や人々の心の変化に対する危機感を語る藤原。それでも写真家の眼は、何かを見つける。そうして撮られた2022年の最新作の展示は、今回急遽決まったという。

正面と右に「バリ島」2000年、左に「禁足の森」2014年
正面と右に「バリ島」2000年、左に「禁足の森」2014年
「父」より、1988-1989年
「父」より、1988-1989年

 様々な写真と言葉が織りなす、会場でしか出会えない臨場感をぜひ味わいたい。なお、同時に出版された全文書き下ろしの藤原新也写真集『祈り』は、会場とはいくらか構成が異なり、こちらもお薦めだ。

会場出口の作家の言葉
会場出口の作家の言葉

執筆:中山ゆかり
写真撮影:小田倉璃菜(オフィスアイ・イケガミ)
   
*会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
*冒頭写真:《世界の始まり》の前でギャラリートークをする藤原新也、2022年11月25日

祈り・藤原新也
The Eyes of the Prayer: Photographs and Works of Shinya Fujiwara
   
【会期・会場】
2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日) 世田谷美術館(東京都・世田谷区)
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP: https://www.setagayaartmuseum.or.jp