詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

巴水5

Exhibitions

「旅情詩人」の心の旅 「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」展

 多くの人々が旅を渇望している昨今、旅心を満たしてくれる展覧会が東京・新宿のSOMPO美術館で開かれている。大正から昭和にかけて「新版画」運動を展開した川瀬巴水(かわせ はすい)の回顧展だ。

巴水1
SOMPO美術館。巴水の代表作《芝増上寺》(『東京二十景』より、1925年)と記念撮影をどうぞ。

 新版画とは、明治期に衰退しつつあった浮世絵の木版技術を、新時代にふさわしい創作的な画風や手法で復興・普及しようとしたもの。版元の渡邊庄三郎が提唱し、風景画では巴水をはじめ、吉田博や笠松紫浪らが活躍した。いずれも、近年各地で開かれている展覧会で注目を浴びる作家たち。アート界では今、新版画運動の再評価が進んでいるようだ。

巴水の「心の旅」が観る者の心に響く

 本展の魅力は、その新版画運動を代表する巴水の連作が初期から晩年までまとめて観られること。

 東京の老舗の糸屋に生まれ、明治末期に日本画家・鏑木清方(かぶらき きよかた)に入門して美人画を描いていた巴水が初めて版画を手がけたのは、渡邊から風景画の下絵の依頼を受けた大正中期だった。幼少期に田舎の伯母夫妻宅ですごした思い出を出発点に、現地に取材して描いた処女作「塩原三部作」が認められた巴水は、以後、各地を旅して写生を重ね、また自らの住む東京の様々な情景をとらえることになる。

巴水2
巴水初の版画作品「塩原三部作」(1918年)。左より、《塩原おかね路》《塩原畑下り》《塩原しほがま》。珍しい縦長画面でつくられ、墨のぼかしなどによって従来の版画にない立体感や遠近感を生む工夫がなされているという。

 「第1章 版画家・巴水、ふるさと東京と旅みやげ」「第2章 『旅情詩人』巴水、名声の確立とスランプ」「第3章 巴水、新境地を開拓、円熟期へ」の3章で紹介される主な連作は14件。生涯で描いた約600点の版画のうち、前後期あわせてその半数近い約280点が会場に並ぶのは圧巻だ。

巴水4
会場風景。画題の解説やエピソードも興味深い。

 描かれた旅先は、北は北海道から南は九州まで、さらに戦前のスランプと言われた時期に朝鮮半島も画題とした。図録によれば、巴水の旅は旅程を定めたものではなく、おおよその目的地を決めたら、あとは自らの気持ちが動くままに美しい日本の風景を追い求めたのではないかという。いわば巴水自身の「心の旅」が結晶化した詩情豊かな作品群はまた、観る者の心にも響くものだ。必ずしもピクチャレスクな名所ではないが、青や藍色の美しい水辺の風景や、グラデーションが見事な夕刻や月夜の光景、様々な表情を見せる雨や雪や雲の精緻な描写、風景に織り込まれた人々の佇まいがもたらす情感など、多彩な魅力をもつ作品は観る者それぞれの感性に訴えかけてくる。

巴水5
四季ぞれぞれの風景に人物を配して。《雪に暮るゝ寺嶌村》《春のあたご山》(『東京十二ヶ月』より、1920年、1921年)
巴水6
同じ風景を異なる時間や天候でとらえる。《出雲松江》の「曇り日」「おぼろ月」「三日月」(『旅みやげ第三集』より、1924年)
巴水7
自身の住まいのあった馬込を描いた代表作のひとつ。《馬込の月》(『東京二十景』より、1930年)

同志であり友でもあった版元・渡邊庄三郎にも光を

 もうひとつ本展で特に目を引くのは、版画家と版元の密接な関係が伝わってくることだ。江戸時代の浮世絵界では、歌麿や写楽を戦略的に売り出した版元・蔦屋重三郎が知られるが、渡邊もまた熱意と企画力にあふれた版元だった。

 たとえば、関東大震災で作品や写生帖をすべて失った巴水を、自らも焼き出されていた渡邊が長期旅行へと送り出し、その後の精力的な制作に結びつけたというエピソード。あるいは、良い作品をつくるために、しばしば激論をかわし合う絵師・巴水と職人肌の彫師や摺師との間の調整役を務めた努力など、渡邊の功績は会場の解説や写真、書簡からもうかがえる。新版画の魅力を広く海外に発信した成果の一例として、アップル社の共同創業者スティーブ・ジョブズが新版画のコレクターだったことを紹介するコーナー展示も興味深い。巴水の画業を回顧することはまた、渡邊が支えた新版画の歩みにふれることでもある。本展は、そんな奥深さをもつ見応えある展覧会となっている。

巴水8
連れだって歩いていたときに、突如、雪の写生を始めた巴水に、渡邊はただ黙って傘をさしかけていたというエピソードのある作品。線で表した雪粒や、荒く摺って積雪の印象を生んだ表現など、新版画の新たな手法の模索も見られる。《三十間堀の暮雪》(『東京十二ヶ月』より、1920年)
巴水9
初代Macのお披露目には、新版画の橋口五葉の木版画《髪梳ける女》の画像も用いられた。
巴水10
巴水の絶筆となった《平泉金色堂》(1957年)。未完のものを渡邊が仕上げ、百箇日の法要に際して親戚知人に配ったという。
巴水11
展覧会図録。図版の色彩が美しいのはもちろん、豊富な論文やインタビュー記事、丁寧な作品解説、巴水の旅程をたどったマップ資料や年譜など、見応えも読み応えもたっぷり。

 SOMPO美術館は、高層ビル階上にあった「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が、2020年に新築の美術館棟に移転するのを機に改名したもの。館蔵品を代表するゴッホの《ひまわり》が常設展示されており、今回も鑑賞できる。日本に憧れ、多くの浮世絵を収集したゴッホは1890年に没しているが、もし長生きしていれば、巴水の作品も熱心に集めたのではなかろうか。

執筆・写真撮影 中山ゆかり

※会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです。
ただし、ゴッホの《ひまわり》など、個人的な利用を条件として、撮影が許可されている作品があります。会場内の指示をご参照ください。

川瀬巴水 旅と郷愁の風景
KAWASE HASUI Travel and nostalgic landscape

【会期・会場】
2021年10月2日(土)〜12月26日(日)SOMPO美術館
*会期中に一部展示替えあり/前期:〜11月14日(日)/後期:11月17日(水)〜
*本展は日時指定入場制です。予約方法、スケジュール、注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.sompo-museum.org

【今後の巡回予定】
2022年1月7日(金)~2月20日(日) 大分市美術館