詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

「だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵」展

美術の仕掛けにだまされる快感。
気軽に楽しめる、奥深い展覧会。

   一本の細いS字形の銅線でしかないものが、丸鏡に写った鏡像と合わさって人の横顔となってしまう。驚きである。このシンプルで不思議な作品はスイスのマルクス・レーツ(1941~)の《姿見Ⅱ》(1988~92年、個人蔵)だ。また、パトリック・ヒューズ(1939~)による、歌川広重作「名所江戸百景」の屏風らしきものが描かれた《広重とヒューズ》(2013年、作家蔵)では、その前に立つと思いがけないことが二重に起こる。
   「だまし絵」とは人間の目をあざむく視覚的な詐術を技法として使った美術作品である。本展覧会では、その古典的な到達点である作品を紹介したのちに、現代美術を中心に「だまし絵」という観点で、美術の新たな挑戦や多様な展開をたどる。本展は、2009年に開催され3会場で約75万人もの観客を魅了した展覧会の続編である。
   構成は、プロローグ、第1章 トロンプルイユ、第2章 シャドウ、シルエット&ミラー・イメージ、第3章 オプ・イリュージョン、第4章 アナモルフォ―ズ・メタモルフォ―ズの5つから成る。ごく一部をご紹介したい。
   プロローグ 東京会場のBunkamuraザ・ミュージアムにはいると、最初に17世紀オランダの画家が克明に描いた壁龕(壁の窪み)の鷹狩道具や、レター・ラックに挟まれた楽譜や手紙の作品が並ぶ。手に触れそうだ。16世紀の聖母子像では、本物の虫が絵の上に止まっているかのような小さな詐術が施される。これらがトロンプルイユだ。描かれたものが現実にそこにあるかのように錯覚させる技法で、17世紀バロック期に全盛期を迎えた。二次元の平面である絵画に三次元の世界を表現するというのは考えてみれば無理な話なのだが、写実的に見せるため人々は古代から挑戦を続け、遠近法や陰影法を生み出した。向かいの壁には、18世紀イタリアで描かれた判然としない歪んだ絵が架かる。アナモルフォーズの作品だ。正面からだと歪んで見える絵が、ある一点から見るか、または円筒か円錐形の筒に写して見ると正しい像になるという技法で、17~18世紀に流行。遠近法の逆の原理らしい。なお円筒アナモルフォ―ズは16世紀の中国を起源とされる。幕末には日本にも入り、刀の鞘に映したため、「さや絵」と呼ばれた。また、16世紀に活躍したジュゼッペ・アルチンボルド(1526~93)の《司書》(1556年頃、スコークロステル城)も衝撃的だ。赤や白の革装の書物などで実在の博学の人を構成。細部のモティーフでモデルの職業や性格を表すが、発想の源に人間と宇宙が対応するというルネサンス期の宇宙観がある。《司書》は諷刺も見事で、造形が現代的だ。ミラノの出身のアルチンボルドはハプスブルク家に仕え、人気を博した奇想の宮廷画家で、ダブルイメージ(二重像)のだまし絵の最高峰の一人だ。
   第1章 トロンプルイユ ここからは現代の作品となる。北極で撮影したかのような、杉本博司(1948~)の幻想的な《Polar Bear》(1976年)は、実は博物館のジオラマを片目で見た状態を再現した写真。写っているのは模型の北極熊だ。別の壁に小さな蜂がとまっている。これはアメリカのトム・フリードマン(1965~)の《無題》(2001年)。古典絵画で画中に描かれた虫が、単体で作品として現れる。また会場のあちこちに、ひっそり置かれている本物そっくりの花や雑草は、須田悦弘(1969~)の彫刻《大山蓮華》(2012年)など。ふとこれらに気がついたとき、周りの空間が変容するようだ。アメリカのスーパーリアリズムの芸術家ドゥエン・ハンソン(1925~96)の《カーペットを掃除する女》(1971年、広島市現代美術館)は実物から型取りした立体作品。その迫真性には恐怖感さえ感じる。
   第2章 シャドウ、シルエット&ミラー・イメージ 第2章でもわくわくさせられた。窓枠のような白い帯とその影が描かれたドイツのゲルハルト・リヒター(1932~)の静謐な《影の絵》(1968、個人蔵)や、複雑な形の立体の影が、ある方向から光を当てるとなぜかトカゲの形になる、やはりドイツのラリー・ケイガン(1946~)の《トカゲ》(2008年、ドニー&リンダ・ブルーム・コレクション)だ。実体を表すための補助的手段に使われてきた影が主役になり、影は実体と同じであるとの先入観も打ち破る。鏡の作品も魅力的である。福田繁雄(1932~2009)の大きな《アンダーグランド・ピアノ》(1984年、広島市現代美術館)は、鏡にピアノの正しい姿が映るが、実在のものピアノの体をなしてはいない。また、ダニエル・ローズィン(1961~)の《木の鏡》(2014年、作家蔵)も圧巻。四角い木片タイル784枚で画面をつくり、前を通る人の姿を映し、近づけば顔の表情までも再現するメカニカルミラーだ。来日したローズィン氏は「デジタルから最も遠くにあり最も美しいと考える木という素材を選び、木を扱う大きな喜びを感じながら制作した」と話された。
   第3章 オプ・イリュージョン ここでは幾何学的な形態と豊かな色彩に溢れる作品が並ぶ。例えば、ハンガリーのヴィクトル・ヴァザルリ(1908~97)の青・黒・白の円と四角で構成された《BATTOR》(1977年)や六角形の中に四辺形の帯を配列した《KEZDI》(1989年)(共に北海道立近代美術館)。形態と色彩の相互作用によって画面に凹凸、振動、明滅が見えてくる。このような錯視的効果のことをオプティカル・イリュージョンまたはオプ・イリュージョンという。それらを特徴としたオプ・アートが1960年代に起こった。代表格として、ヴァザルリのほかにもイスラエル出身のヤーコブ・アガム(1928~)、アメリカのリチャード・アヌスキウィッツ(1930~)らの作品も展示。インドのアニッシュ・カープア(1954~)の《白い闇 Ⅸ》(2002年、金沢21世紀美術館)は、白い世界に吸い込まれそうな感覚が快い。広義のオプ・アートとしてとらえたものだ。

   第4章 アナモルフォ―ズ・メタモルフォ―ズ 驚くべきは高さ3mを超す、細長く歪んだ現代女性の上半身の立体作品。カナダのエヴァン・ベニー(1953~)の《引き伸ばされた女#2》(2011年)だ。ある視点から見ると正しく見えるのではないかと思わせられるのだが、うまく行かず、観る者はとまどう。オランダの版画家マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972)が描く建築物も現実には成立しない立体物である。現代のアナモルフォ―ズの系譜は正像を結ばないようだ。また、サルバドール・ダリ(1904~89)の大作《海辺に出現した顔と果物鉢の幻影》(1938年、ワズワース・アテネウム美術館)は白いテーブルクロスと果物鉢の絵だが、人間の顔が浮き出てきて、細部にも何重ものイメージが見えてくる。ダリはダブルイメージの系譜を引き継ぎながら、変容するという意味のメタモルフォ―ズを展開。ルネ・マグリット(1898~1967)の《白紙委任状》(1965年、ワシントン・ナショナル・ギャラリー)は馬に乗る女性が緑豊かな森を通り過ぎる場面だが、ダブルイメージでもあり、空間を歪ませる点ではアナモルフォ―ズでもある。その他映像作品も含み、時間の要素が入り、技法が複雑化してゆく作品も紹介されている。
   本展覧会にはなによりも遊び心にあふれた楽しさがある。驚かせてくれた芸術家に喝采を浴びせたくなってしまう。映像作品も含め、芸術性に優れた作品ばかりでしばし見入ってしまうことが多かった。そして、美術をだまし絵という切り口でとらえることで、視覚と美術の豊かな関係性が浮かび上がる。それぞれの作品の視覚的興味のありかたについての明晰な分析がなされ、古典と現代の名作との関係性も示唆に富む。入念に工夫された企画により、作品同士が互いに輝きを増しているように感じ、様々な点で深い感銘を受けた。
   是非ご覧ください。貴重な論文が収載された、驚きの仕掛けの図録もお薦めです。

【参考文献】
1) Bunkamuraザ・ミュージアム・兵庫県立美術館・名古屋市立美術館・中日新聞社 編集『だまし絵Ⅱ』(図録)、中日新聞社 発行、2014年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年8月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

2014_08_26_001
会場風景。右手前は、クリストフェル・ピアーソン≪鷹狩道具のある壁龕≫。奥は右から、ジュゼッペ・アルチンボルド≪司書≫≪ソムリエ(ウェイター)≫。(撮影:I.HOSOKAWA)
2014_08_26_002
会場風景。右から、パトリック・ヒューズ≪広重とヒューズ≫、アニッシュ・カプーア≪白い闇Ⅸ≫。撮影:I.HOSOKAWA)
2014_08_26_003
会場風景。手前は、ヴィクトル・ヴァザルリ≪KEZDI≫。右奥はダニエル・ローズィン≪木の鏡≫、左奥はラリー・ケイガン≪トカゲ≫。(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会の欧文表記】Visual Deception Ⅱ:Into the Future
【会期・会場】

2014年 8月9日~10月5日   Bunkamuraザ・ミュージアム
2014年10月15日~12月28日 兵庫県立美術館
2015年 1月10日~3月22日 名古屋市美術館
【公式HP】http://www.damashie2.com/

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年8月28日