詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

8Kだから見えてくる ルーブル美術館 空間を超えた映像アート体験

2023/02/14〜2023/03/01

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

開催中〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

開催中〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

開催中〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

2023/03/03〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ルーヴル美術館展 愛を描く

2023/03/01〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

2023/03/03〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

Exhibitions

不変/普遍の造形——住友コレクション中国青銅器名品選

銅鏡などで馴染みはあるものの、とかく難解に感じられがちな古代中国の青銅器。そのバラエティに富んだ器の種類や用途、モチーフや文様の意味や見方などを懇切丁寧に解説し、鑑賞の楽しみを拓いてくれる展覧会が泉屋博古館東京で開催されている。

中山ゆかり

2023年2月1日

Exhibitions

DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ

文化庁の「新進芸術家海外研修制度」に参加した作家の成果発表の場である「DOMANI・明日」展が、東京・六本木の国立新美術館で開かれている。25回目となる今回は、「百年まえから、百年あとへ」という副題のもと、池崎拓也、石塚元太良、伊藤誠、大﨑のぶゆき、北川太郎、黒田大スケ、小金沢健人、近藤聡乃、谷中佑輔、円山直文の10作家が、絵画、彫刻、映像、インスタレーション作品などを発表している。

西澤美子

2023年1月18日

Exhibitions

静嘉堂創設 130 周年・新美術館開館記念展II 「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」

2022年10月、世田谷区岡本から東京・丸の内の「明治生命館」に展示ギャラリーを移転した静嘉堂文庫美術館。新美術館「静嘉堂@丸の内」の開館記念展第2弾として、丸の内で迎える初の新年を寿ぐ華やかな展覧会「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!」が開催されている。

中山ゆかり

2023年1月16日

Exhibitions

「雰囲気のかたち」展

空気や気配、実体のないものや、見えないものを美術家たちがどのように表現してきたのかに着目した展覧会がうらわ美術館で開かれている。明治時代の横山大観の日本画から現代作家の福田尚代の新作インスタレーションまで、国内の近現代作家18人の約100点を紹介している。

西澤美子

2023年1月6日

Exhibitions

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国〜秦漢文明の遺産〜

日中国交正常化50周年を記念して、東京の上野の森美術館で「兵馬俑と古代中国」展が開催されている。中国史上初の統一王朝を打ち立てた秦(しん)の始皇帝の陵墓に収められた兵馬俑(へいばよう)を中心に、貴重な「中国国家一級文物」が多数並ぶ大規模展だ。

中山ゆかり

2022年12月28日

サントリー美術館の会場風景(以下同様)。左から、長谷川等伯 国宝《楓図》六面のうち四面 桃山時代 16世紀 智積院。長谷川久蔵 国宝《桜図》五面 桃山時代 16世紀 智積院 *ともに全期間展示

Exhibitions

京都・智積院の名宝

智積院(ちしゃくいん)は、京都の東山七条に建つ真言宗 智山派の総本山である。京都国立博物館の近く。筆者もそうなのだが、智積院に愛着を抱く人は多いだろう。この古刹は長谷川等伯(1539~1610)一門による《楓図》《桜図》など国宝の金碧障壁画群を所蔵する。これは水墨画の国宝《松林図屛風》(東京国立博物館)とともに等伯の代表作であり、桃山美術の最高峰である。東京のサントリー美術館で開催中の本展では、この障壁画群を寺外で初めて同時公開する。

細川 いづみ

2022年12月27日

Exhibitions

展覧会 岡本太郎

新たな表現への挑戦を続けた美術家・岡本太郎(1911~96年)の最初期の水彩画から最晩年の未完の油彩画まで、主要作品が一堂に会した過去最大規模の回顧展が上野の東京都美術館で開かれている。

西澤美子

2022年12月23日

Exhibitions

大竹伸朗展

「既にそこにあるもの」と呼ぶテーマのもと、色あせた印刷物、古い写真、廃材など、あらゆるものから自らが選び取った素材を、貼ったり、剝がしたり、色を塗ったり、重ねたりして、熱のこもった創作を続けている大竹伸朗の大規模な回顧展が東京国立近代美術館で開かれている。9歳の時の絵画からコロナ禍に制作された最新作までの約500点が会場を埋め尽くす。

西澤美子

2022年12月13日

Exhibitions

「祈り・藤原新也」 —現在形の〈メメント・モリ(死を想え)〉

1970年代から写真家・文筆家など様々な顔をもって活躍してきた藤原新也の、公立美術館での初個展が世田谷美術館で開催されている。大画面の写真が多数並び、また写真のほか、書、文章、映像、絵画など多彩な表現が一堂に会するダイナミックな展観だ。

中山ゆかり

2022年12月12日

Exhibitions

見るは触れる 日本の新進作家 vol.19

東京都写真美術館が写真・映像の可能性に挑戦する将来性のある作家を発掘するために2002年から開催している「日本の新進作家」展の19回目となる。今回は、写真や映像を触れるようによく見ることで、作品のテクスチュア(手触り)を感じたり、制作のプロセスや背景を想像する力を駆使したりして、より深く作品に迫ろうと試みている。

西澤美子

2022年12月2日