芸術広場芸術広場

パリ♥グラフィック 
ロートレックとアートになった版画・ポスター展

2017年12月3日

19世紀末、パリの人々を夢中にさせた版画やポスターの数々。
東京の三菱一号館美術館にて、2018年1月8日まで。

 ■パリLOVESグラフィック!
 なんだか心が浮き立つ。三菱一号館美術館の展覧会場に足を踏み入れると、壁に華やかな多色刷りリトグラフ(石版)のポスターが並び、エリック・サティ作曲「ジュ・ドゥ・ヴ」など馴染み深い曲が流れている。100年前のパリのモノクロ写真を背景に、当時の人気歌手や踊り子たちを描いた大きなポスターが架かっているスペースもある。19世紀末のパリの街角に迷い込んだようだ。一方、小さいサイズで繊細な趣の版画も多く展示されている。こちらは、版画愛好家たちが自宅の書斎でじっくりと楽しんだものだ。

 19世紀末のパリでは、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864~1901年)をはじめとする前衛画家たちが、印刷物であるポスターや版画や挿絵本を精力的に手掛け、それまでは情報伝達の手段でしかなかった版画に革新的な芸術表現を切り拓き、絶賛を浴びた。彼らはリトグラフやエッチングや木版画などの版画技法を実験的に用い、優れた作品を生み出し、版画をアートに高めたのだった。本展覧会は、三菱一号館美術館と、アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館のコレクションを主軸とする約170点の作品を通して、1890年から1905年の15年間を中心に興隆し、人々を夢中させたパリのグラフィック・アートの諸相を紹介するものだ。監修は、ファン・ゴッホ美術館の版画・素描部門学芸員フルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ氏による。

 ■展覧会構成/本展の特徴
 本展の構成は、「はじめに」に続く大きな二つの章の、三つの部分からなる。
 はじめに 高尚(ハイ)から低俗(ロー)まで
 第1章 庶民(ストリート)向けの版画
 第2章 知的階層(エリート)向けの版画

 展覧会の英文タイトルは、“Prints in Paris 1900:From Elite to the Street”だ。本展の大きな特徴は、19世紀末のパリの優れた版画作品を、①大衆のためのポスターなどの版画、②愛好家のための版画、という二つに分類したこと、そして見る者が両者の対称を感じ取れることである。トゥールーズ=ロートレックらの前衛画家たちはこの二つの領域を、また絵画も、自在に行き来し、新しい芸術表現を創出した。

 ■大衆のためのポスターなどの版画
 ●トゥールーズ=ロートレック《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》など アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの最初のリトグラフにしてポスター第1作が、《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》(1891年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館)だ。これは、1898年にモンマルトルに開店したキャバレー「ムーラン・ルージュ」の宣伝用のもの。縦2m近い大画面の中央に、人気ダンサーのラ・グーリュ(大食い、の意)が背中を見せて踊り、手前には、身体が柔らかいことから「骨なし」と呼ばれたダンサーの大きな横向きのグレーのシルエットが占める。周囲は黒色のシルエットの人々。そしてオレンジ色などの文字が配される。本作はパリの街中に貼り出され、一夜にしてトゥールーズ=ロートレックに名声をもたらした。本展でパリの街角にいるような雰囲気でこのポスターを目にすると、その驚くべき事態が納得できるように思える。大胆な構図と鮮やかな色彩。近づくと卓抜のデッサン力や独特のユーモアに気づき、感じ入る。なんとも魅惑的だ。トゥールーズ・ロートレックは、本作をベルギーでの20人会の展覧会に油彩画と共に出品した。

 《エルドラド、アリスティド・ブリュアン》(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、1892年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館)も目を引く。オレンジ、赤、青、黄色の原色で、興行主で人気歌手のブリュアンの堂々とした姿を平面的に描写し、圧倒的な存在感。東洲斎写楽の役者絵のようでもある。ブリュアンは日常の有様をダミ声で歌うことを得意とした。本作は、ブリュアンが出演したカフェ・コンセール「エルドラド」の宣伝用のポスターである。ロートレックはモデルを美化せずに特徴を強調し、ユーモアも交え、独特の生き生きした表現を行った。

 ●スタンランの黒猫のポスター テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(1859~1923年)による黒猫と、背景の赤地と黄色地のコントラストが強烈な《シャ・ノワール巡業公演のためのポスター》(1896年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館〈フィンセント・ファン・ゴッホ財団〉)は、一度見たら忘れられない。「シャ・ノワール」はエドガー・アラン・ポーの小説「黒猫」から名前をとったモンマルトルのキャバレー。冒頭に記した作曲家サティはここでピアノ弾きをしていたこともあった。クロード・ドビュッシーも、また小説家エミール・ゾラや詩人ポール・ヴェルレーヌ、そしてトゥールーズ=ロートレックやポール・ゴーガン (1848~1903年) も常連だった。スタンランは諷刺画を得意とした。

 ●ナビ派の画家たちのポスター 19世紀末にパリに集った若いナビ派の画家たちも版画を多く手掛けた。ピエール・ボナール(1867~1947年)による《「フランス=シャンパン」のためのポスター》(1891年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館)は、明るい色彩で、シャンパンを差し出す女性が泡一杯の画面や踊るような文字と共に描かれ、コミカルでもあり、心に残る。これはトゥールーズ=ロートレックがポスター芸術を始める契機となった作品だ。白地を活かしたエドゥアール・ヴュイヤール (1868~1940年)や優美なモーリス・ドニ(1870~1943年)のポスターも面白い。

 ■愛好家のための版画
 ●トゥールーズ=ロートレック《レスタンプ・オリジナル》《ロイ・フラ―嬢》 1893年に制作されたトゥールーズ=ロートレックによる《『レスタンプ・オリジナル』第1年次の表紙》(1893年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館)は、抜群の腕をもつ刷師コテル爺さんが刷ったばかりの試し刷りを、モンマルトルの踊り子ジャヌ・アヴリルが手に取っている場面が描かれている。「レスタンプ・オリジナル」とは、オリジナル版画、の意。創造性のない複製版画とは異なる。独立した芸術表現として版画を開放する動きのなかで生まれたものだ。本作は、評論家ロジェ・マルクスが評論家で出版者のアンドレ・マルティと、トゥールーズ=ロートレックと組んで出版した版画集で、1993~95年に年4回、限定100部で出版。70名ほどの画家が参加し、リトグラフの躍進に決定的な役割を果たした。

 また、トゥールーズ=ロートレックの《ロイ・フラ―嬢》(1893年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館)が2点出品されている。縦40×横30cmより少し小さいサイズの画面に不思議な世界が広がり、惹き込まれる。女性が空中を浮遊しているような造形と、ぼかしの効いた微妙な色彩。本作は、当時パリで人気を博したロイ・フラ―のダンスを描写したものだ。彼女はゆったりした白い衣装をまとい、大きな袖で渦を巻くようにして踊り、様々な照明や鏡による演出を行った。この版画作品はアンドレ・マルティが60部制作。トゥールーズ=ロートレックは全てに異なる色彩を配し、仕上げに金粉や銀粉を施した。(※付記:2018年1月28日までサントリー美術館にて開催中の「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展〈大阪、山口、静岡に巡回します〉にて、ロイ・フラ―の振り付けに想を得たセーヴル磁器《ダンサー(テーブルセンターピース「スカーフダンス」より》(アガトン・レオナール作、1899~1900年)が出品。あわせてロイ・フラ―のダンスの映像も紹介されている。)

 ●ナビ派の画家たちの作品 ナビ派の画家たちが創った愛好家のための版画も、味わい深い。ハンガリー生まれのヨージェフ・リップル=ローナイ(1861~1927年)の《村の祭〈『画家=版画家集』より〉》(1896年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館〈フィンセント・ファン・ゴッホ財団〉)の淡い色合いの美しさに息をのんだ。ピエール・ボナールによる《小さな洗濯女〈『画家=版画家集』より〉》(1896年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館〈フィンセント・ファン・ゴッホ財団〉)の愛らしさ、またスイス生まれのフェリックス・ヴァロットン(1865~1925年)による木版のモノクロ作品《怠惰》《交響曲》(1896年、木版、三菱一号館美術館)の鋭さ。実に多様である。なお、『画家=版画家集』は画商のアンブロワーズ・ヴォラールが出版した版画集である。

 本展の最後にはファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)所蔵の浮世絵が数点展示され、パリの世紀末の版画作品へのジャポニスムの影響、たとえば画面枠での切断の構図などを示唆する。

 ■「ポスターや版画を徹底的に見てみてください」
 展覧会企画者のフルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ氏は、来日時に「展覧会というと、作品解説を見てしまいがちですが、この展覧会ではポスターや版画を徹底的に見てみてください。ポスターや版画が教えてくれることが沢山ありますよ」と強調なさった。本展は、街角でポスターを眺めるように、また書斎でお気に入りの版画を見るように、いつもとちょっと違った感じで楽しんでみるのがよさそうだ。


【参考文献】
1) 監修=フルール・ルース・ローサ・ド・カルヴァジョ、編集=筑摩書房:『パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展』(展覧会図録)、筑摩書房=発行、2017年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2017年11月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。



写真1 会場風景。
左から、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《エルドラド、アリスティド・ブリュアン》、
1892年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて》、
1893年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》、
1891年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
テオフィル・アレクサンドル・スタンラン《シャ・ノワール巡業公演のためのポスター》、
1898年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真2 会場風景。
左から、カミーユ・マルタン《『レスタンプ・オリジナル』第2年次の表紙》、
1894年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《『レスタンプ・オリジナル』第1年次の表紙》、
1893年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真3 会場風景。
2点とも、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ロイ・フラ―嬢》、
1893年、多色刷りリトグラフ、三菱一号館美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真4 会場風景。
左から、ヨージェフ・リップル=ローナイ《村の祭〈『画家=版画家集』より〉》、
1896年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)。
ジェームス・ピトケアン=ノウルズ《入浴〈『画家=版画家集』より〉》、
1896年、多色刷りリトグラフ、ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
パリ♥グラフィック ― ロートレックとアートになった版画・ポスター展
Prints in Paris 1900:From Elite to the Street
【会期・会場】
2017年10月18日~2018年1月8日 三菱一号館美術館
電話:03‐5777‐8600(ハローダイヤル)
[展覧会詳細] http://mimt.jp/parigura/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。