芸術広場芸術広場

特別展「桃山―天下人の100年」

2020年11月23日

華麗で豪壮。桃山美術の傑作がそろう。東京国立博物館 平成館にて11月29日まで。

 ■桃山美術とは何か。100年の視野でさぐる。
 作品の放つ絶大なエネルギーに圧倒され続けた。特別展「桃山―天下人の100年」でのことだ。戦国大名が天下統一に向けて戦い、織田信長(1534~82年)や豊臣秀吉(1537~98年)が天下人となった時代の桃山美術の展覧会である。

 時代区分は研究者により違いが生じることもある。本展での年代を確認しておこう。まず政治史での安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡、つまり将軍足利義昭が織田信長に降伏した年から、1603年の徳川家康(1542~1616年)による江戸幕府開府までの30年間を指す。なお安土とは信長の居城・安土城の地名であり、桃山とは秀吉晩年の居城・伏見城が廃城後、跡地の木幡山に桃の木が植えられ、江戸時代になって呼ばれた地名だ。そして安土桃山時代に大きく華開いた文化を桃山文化、その美術を桃山美術と称する。それにしても桃山とは言い得て妙である。桃の花が山一面爛漫と咲き誇るイメージがぴったりではないか。

 さて、桃山美術は安土桃山時代に華開いた。しかしその兆しは早くから現われ、大きく発展し、やがて文化の底に沈んでいく。本展では、桃山美術の最盛期の30年間を中心に据えながら、室町時代末の天文年間から江戸時代初期の寛永年間まで、つまり1543~1639年の約100年に視野を拡大する。そのなかで桃山美術の変容する姿を眺め、「桃山美術とは何か」をさぐっていく。中世から近世に至る美意識の変化を追うことになる。全会期で国宝・重要文化財を含む約230件が出品。多数の展示替えがある。

 ■展覧会構成/代表作を隣同士に並べて比較する
 本展は、以下の七つ章で構成されている。
 第一章 桃山の精髄―天下人の造形/第二章 変革期の100年-室町から江戸へ/第三章 桃山前夜―戦国の美/第四章 茶の湯の大成―利休から織部へ/第五章 桃山の成熟-豪壮から瀟洒へ/第六章 武将の装い-刀剣と甲冑/第七章 泰平の世へ―再編される権力の美

 展覧会場では、桃山美術の代表的作品を隣同士に並べて比較するという稀有な展示方法もとられ、うれしい驚きがある。絵画、工芸、茶陶、着物、刀剣や甲冑など多岐にわたるが、絵画のうち大画面の屛風と障壁画を、後期会期の展示を中心に紹介したい。

 ■狩野永徳の《唐獅子図屛風》と国宝《檜図屛風》
 桃山美術の代表的画人である狩野永徳(1543~90年)が描いた金碧画《唐獅子図屛風》(六曲一隻、紙本金地着色、安土桃山時代 16世紀、東京・宮内庁三の丸尚蔵館)(★11月3日~29日展示)の迫力は、破格である。まず大きいのだ。縦2m20cmを超える画面の大きさ。その巨大画面に体長2mほどの極大の二頭の唐獅子が、輝く金地を背景に勢いよく歩みを進める。背景には奥行きがない。ギョロリとした眼差し。エネルギーみなぎる重量のある体躯。動勢のすさまじさ。間近で接すると、表現しがたいほどの威圧感が襲う。永徳は唐獅子の体躯は太く大胆な筆で、たてがみや尾は円環状に細かく、また背景の崖や樹枝は粗い速筆で、巧みに描き分けている。本作は桃山絵画の頂点の一つであろう。主題も表現も戦国大名や天下人が望むものだったろう。毛利家に伝来したこの作品は、豊臣秀吉が備中高松の毛利攻めでの講和記念として贈った陣屋屛風との伝承があるが、資料は残っていない。秀吉の城郭御殿の障壁画という推測もなされている。
 
 狩野永徳が晩年に制作した国宝《檜図屛風》(四曲一双、紙本金地着色、安土桃山時代 天正18(1590)年、東京国立博物館)(★展示期間終了)も、一本の檜の巨樹という単独モチーフを力強く金地の大画面に描写する。生命力があふれ、枝ぶりはのたうち回る大蛇のようだ。本作は秀吉が創設した八条宮家の、障壁画を屛風に改装したものと考えられている。永徳は《檜図屛風》を制作した年に48歳で世を去った。

 狩野永徳は、室町幕府の御用絵師となった狩野派の四代目として狩野派を率い、戦乱の世も織田信長や豊臣秀吉に重用された。時代精神を汲み取った大画様式を確立し、信長が築いた安土城をはじめ、戦国大名や天下人の城郭御殿などの美術を多数手がけた。

 ■狩野元信、狩野永徳、狩野探幽の「水墨花鳥画」を比較する
 桃山絵画には金地に濃彩を施した金碧画と、室町時代以来の水墨画の二つの領域がある。11月3日からの会期後期で、室町時代から江戸初期までの水墨花鳥図の代表的な三作(※以下の三作)が並んで展示され、壮観だ。絵画表現の変容の様子がはっきり見てとれる。

 狩野元信が室町時代に描いた《四季花鳥図屛風》(六曲一双、紙本墨画淡彩、室町時代 16世紀)(★11月3日~29日展示)は、屛風両端に樹木を配し、中心に水辺を置くV字形の構図。奥行きのある背景。そこに鶴や雁たちが呼応しあう。幽玄で優雅である。狩野元信(1477~1559年)は、室町時代を代表する画人だ。室町幕府の御用絵師となった父・狩野正信(1434~1530年)の跡を継ぐ狩野派の二代目として、その後の狩野派の発展のための基礎を築いた。中国の画人の様式から「画法」を創り出し、狩野派を中国画に基礎を置く漢画に加えてやまと絵分野にも進出させ、また大仕事を引き受けられる集団作画体制を作り上げた。

 狩野永徳は狩野元信の孫にあたる。永徳の筆になる国宝《花鳥図襖》(四面、紙本墨画、室町時代 16世紀、京都・聚光院)(★11月3日~29日展示)は室町時代の制作だが、桃山美術を先駆けたものだ。元信の花鳥画の形式を踏まえつつ、大きく変容させている。モチーフに近接し拡大して描写する。大地をわしづかみするような根元から、力強く伸びる梅の巨木を中央に配し、梅の枝は画面を突き抜けるように縦横に広がる。力動感がほとばしる。鳥たちの存在感も強い。奥行きが浅い。画面全体に光があふれる。本作は聚光院の室中襖だ。聚光院は京都を実効支配した三好長慶の菩提寺・大徳寺の塔頭である

 京で活躍した狩野派の中枢は、江戸幕府の御用絵師として、江戸に本拠を移し、その地位を長く保った。永徳の孫である狩野探幽(1602~74年)は江戸時代初期に新しい探幽様式を確立し、江戸での狩野派集団である江戸狩野を率いた。探幽が描いた重要文化財《雪中梅竹遊禽図襖》(四面、紙本墨画、江戸時代 寛永11(1634)年、愛知・名古屋城総合事務所)(★11月3日~29日展示)はその代表作である。雪の積もった梅の巨木を中央に配し、尾長鳥が舞う。モチーフの近接拡大は祖父譲りだが、画風の違いは衝撃的である。探幽は淡泊瀟洒な画風を創出した。大きな余白に詩情と余韻を漂わせる。本作は名古屋城本丸御殿上洛殿の障壁画。名古屋城は徳川三代将軍家光(1604~51年)の上洛時の宿舎として建設された。

 ■長谷川等伯の国宝《楓図壁貼付》と国宝《松林図屛風》
 狩野永徳とともに桃山美術を代表する画人が長谷川等伯(1539~1610年)である。11月3日からの会期後期では、会場で永徳の描いた《唐獅子図屛風》と、等伯の金碧画と水墨画の代表作が並べて展示され、その対比が興味深い。

 長谷川等伯が描いた国宝《楓図壁貼付》(四面、紙本金地着色、安土桃山時代 文禄元(1592)年頃、京都・智積院)は金碧障壁画だ。中央に楓の大樹を配し、画面を突き破るような形を成し、永徳が確立した大画様式をとるが、しかし永徳の《唐獅子図屛風》とは絵の質が異なる。威圧感がない。金地も永徳の跳ね返すような硬質的なものではない。永徳が華麗で豪壮で動的とすると、等伯の本作は華麗さに和らぎが重なる。また紅葉する楓の葉は文様のように平板に描かれているのに、自然に見える。この作品は豊臣秀吉が早世した息子・鶴松の菩提寺として創建した祥雲寺客殿の障壁画として描かれた。極楽浄土の世界なのだろうか。

 長谷川等伯による国宝《松林図屛風》(六曲一双、紙本墨画、安土桃山時代 16世紀、東京国立博物館)(★10月20日~11月29日展示)は、日本の水墨画の最高傑作とされる。墨で松林だけを描くが、画面には湿潤な空気も奥行きも出現する。眺めているうちに絵に吸い込まれるような気分になる。等伯が中国南宋末元初の画家・牧谿(もっけい)(13世紀)の作品に学び、やまと絵の伝統を融合させて到達した作品とされる。寺院の障壁画の下絵だとの説が有力だが、謎を多く秘めているそうだ。

 長谷川等伯は能登七尾の出身。地元で仏画などを制作した後、上洛。牧谿らの水墨画を摂取し、永徳の新様式も習得し、独自の画風を確立。豊臣秀吉や茶人・千利休(1522~91年)に重用された。

 ■「洛中洛外図屛風」の変遷 
 会期の全期を通して、いくつもの「洛中洛外図屛風」が出品され、その変遷が辿れる。洛中とは、平安京が中国の洛陽にならって造られた京の市中を、洛外とは京の郊外を指す。「洛中洛外図屛風」は、金雲のあいまに京のみやこの名所や行事を民衆の姿とともに描いた都市景観図であり、人々の生活が活写するという点で風俗画でもある。

 室町時代に描かれたものは、内裏と将軍邸を対峙させ、中央に町の様子を描写する。狩野永徳が23歳の年に描いた国宝《洛中洛外図屛風(上杉家本)》(六曲一双、紙本金地着色、室町時代 永禄8(1565)年、山形・米沢市上杉博物館)(★展示期間終了)は、室町時代の特徴を踏襲しながらも、2500人近くの人々を実に表情豊かに生き生きと描いた点が特徴だ。子供や犬たちも楽しそうだ。永徳の愛情のこもった眼差しが感じられる。本作は織田信長が入手し、上杉謙信に贈ったと伝わる。また、江戸時代に入って制作された「洛中洛外図屛風」は、徳川幕府の京での拠点である二条城が大きく描かれるように変化する。一方、岩佐又兵衛(1578~1650年)が筆を振るった国宝《洛中洛外図屛風(舟木家本)》(六曲一双、紙本金地着色、江戸時代 17世紀、東京国立博物館)(★10月27日~11月29日展示)では、歌舞伎や遊里に遊ぶ庶民の描写に又兵衛の目的があることがわかる。

 ■海北友松、狩野山楽、狩野山雪の作品
 狩野永徳が活躍した後、海北友松(かいほうゆうしょう)(1596~1615年)は、重要文化財《琴棋書画図屛風》(六曲一双、紙本着色、安土桃山~江戸時代 17世紀、東京国立博物館)(★11月3日~29日展示)などにおおらかで自在な筆致を見せる。永徳の弟子で、京に残った狩野派を率いた狩野山楽(1559~1635年)による京都・大覚寺の重要文化財《紅梅図襖》《牡丹図襖》(ともに、八面、紙本金地着色。江戸時代 17世紀、京都・大覚寺)はあでやかだ。山楽は二条城二の丸御殿障壁画で壮大な画風を見せる。また、山楽の弟子の狩野山雪(1590~1651年)の描いた重要文化財《籬(まがき)に草花図襖》 (四面、紙本金地着色、江戸時代 寛永8(1631)年、京都・天球院)は幾何学的でありながら繊細。その新奇性に魅了され、しばし見入った。

 本展は、いくつもの展覧会が重層するような豪華な展覧会である。多様な作品がどのように生み出されたのか。想像しながら楽しみたい。


【参考文献】
1)東京国立博物館・読売新聞社 編集:『特別展 桃山展―天下人の100年』(展覧会図録)、
読売新聞社 発行、2020年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2020年11月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。


写真1 狩野永徳筆《唐獅子図屛風》、
六曲一隻、紙本金地着色、安土桃山時代 16世紀、東京・宮内庁三の丸尚蔵館。
(★11月3日~29日展示)

写真2 狩野永徳筆 国宝《檜図屛風》、
四曲一双、紙本金地着色、安土桃山時代 天正18(1590)年、東京国立博物館。
(★展示期間終了)

写真3 長谷川等伯筆 国宝《楓図壁貼付》、
四面、紙本金地着色、安土桃山時代 文禄元(1592)年頃、京都・智積院。
(★通期展示)

写真4 会場風景。狩野山楽筆 重要文化財《牡丹図襖》、
八面、紙本金地着色。江戸時代 17世紀、京都・大覚寺)
(★通期展示)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真5 会場風景。狩野山雪筆 重要文化財《籬に草花図襖》、
四面、紙本金地着色、江戸時代 寛永8(1631)年、京都・天球院。
(★通期展示)
(撮影:I.HOSOKAWA)
 

【展覧会名】
特別展「桃山―天下人の100年」

Momoyama: Artistic Visions in a Turbulent Century
【会期・会場】
2020年10月6日(火)~11月29日(日)  東京国立博物館 平成館
★注意:本展は事前予約制です。オンラインでの日時指定券の予約が必要です。
チケットは売り切れる可能性があるため、詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。
【展覧会公式サイト】
https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。