芸術広場|Office I Ikegami blog

endless 山田正亮の絵画

  ・東京国立近代美術館で2月12日まで。京都国立近代美術館で3月1日から。
  「もともと僕は20世紀の画家。あとは若い人に任せるよ」。
  ストライプとクロス、グリッドを基本とする「Work」シリーズで知られ、生涯に約5000点の絵画を残した山田正亮(1929~2010年)が、1998年の夏、筆者が担当した『新美術新聞』の連載記事「青春プレイバック」の取材時にそう語った。
  没後6年を経て、2月12日まで東京国立近代美術館で開催されている初の本格的な回顧展「endless 山田正亮の絵画」で、出品作中最後に描かれた《Color no.132》の制作年が2000-01年とあるのを見て、その言葉通り画業を完結させたことに改めて気付かされた。
  山田は1948年から55年まで静物画の連作「Still Life」を発表。やがて、描かれた果物や瓶を解体するかのように作品が抽象化され、56年から「Work」シリーズが始まる。不規則な形が密集したような画面から矩形へと展開する50年代が「Work B」、ストライプとクロスが現れる60年代が「Work C」、70年代をD、80年代をEとして、10年ごとにアルファベットが順繰りとなるのだが、90年代のFにあたる作品に50年代のBに似た形態が現れるようになったため、95年の佐谷画廊での個展で「概念として同じことを繰り返すのは面白くない」として、自らシリーズを完結させた。その後、96年の左目の手術を経て「少しやり残したものを余白に描く感じ」で画面を単一な色彩で塗り込める「Color」に取り組むようになる。

  「青春プレイバック」の取材はその時期にあたる。このコーナーは作家の青春時代の思い出を語ってもらい、そこに登場する場所に行き、撮影した写真とともに構成する。最初に東京・国立のアトリエで青春時代の思い出を取材した際に、山田が「絵描きにとっての青春は絵を描き始めた頃や大きな仕事のきっかけとなる不安と緊張に満ちた時間を指すのではないか」と考え、1958年に初めての個展を開いた銀座の教文館画廊でのエピソードを中心に話をしてくれ、数日後に画廊のあった銀座の教文館書店の前で撮影した。取材の準備のために読んだ山田の文章や作品に関する資料などは難解で、当日は緊張したが、実際に話すと作品の展開やコンセプトなどもやさしく、教文館画廊をきっかけとするエピソードも具体的に詳しく話してくれて、ほっとしたことを思い出す。
  教文館画廊での個展は1956年と57年に制作した「Work B」約15点を出品し、「Work」を最初に発表した展覧会となったが、殆ど訪れる人もなく日本の美術ジャーナリズムからも78年の銀座の康画廊での個展まで、ほとんど無視され続けた。
  山田は、孤立しながらも「絵画が成立する条件や絵画でなくなる限界を見極めようと、絵画の存在や自立性を考え」制作を続け、戦後の美術運動とは一線を画しながら静かに「Work」シリーズは生み出され、40年かけて大きな円環を閉じることになる。今回の展覧会はその全体像を見渡し、ひとつの円を確認する機会でもあった。

  本展には、山田が制作した約5000点のうち同展企画者の中林和雄副館長が実地調査した1100点の中から219点(紙作品38点)が出品されている。さらに、1949年から72年までの年記のある自筆の制作ノート56冊の初公開も話題だ。制作中の作品がペンや色鉛筆で記され、それについての記録やコメントが主に書かれている。絵画に対する思いや色彩に関する考察などもあり、作品成立の背景を知るうえで欠かせない資料だ。
  また、中林副館長によると山田は油彩2281点、紙作品2777点を収録する自作の作品台帳を作っていたという。作品すべてに番号をつけてタイプライターで打ったタイトルと35ミリで写した写真をルーズ・リーフの用紙にまとめ、束ねたもので、「非常にマニアックで、整理魔とも言える。作品を自ら体系化してその体系全体を作品とするような人だった」と話した。

  山田は3つのシリーズそれぞれを自らの意志で完結させた。それは絵画の成立についての問いに対するすべての答えを出して、仕事を終えたと考えて良いのだろうか。山田が築き上げた宇宙の中に入り込んだかのようだった。

執筆・写真:西澤美子(文中敬称略)

参考文献:『endless 山田正亮の絵画』図録(美術出版社刊)2016年、
「青春プレイバック 山田正亮」『新美術新聞』 (美術年鑑社刊) №837 1998年8月1日号(5面)
  

endless 山田正亮の絵画
2016年12月6日(火)~2月12日(日)※月曜休館
東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
10時~17時(入館は閉館の30分前まで)
料金 一般1000円、大学生500円
詳細: http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yamadamasaaki/

※3月1日(水)~4月9日(日)京都国立近代美術館に巡回

写真キャプション 
①《Still Life no.15》1950年(左)、《Still Life no.6》1950年
②《Work B.114》1956年、《Work B.118》1956年、《Work B.115》1956年
③《Work C.62》1960年、《Work C.73》1960年、《Work C.77》1960年、《Work C.86》1961年
④《Work F.20》1990年、《Work F.116》1992年、《Work F.131》1992年
⑤《Color no.98》1999年-、《Color no.20》1997年-、《Color no.132》2000-01年、《Color no.34》1997年‐
⑥制作ノート
⑦アトリエの雰囲気が味わえるスペース


Comments are closed.

Twitter

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

最近の展覧会記事と書籍案内

PR

ブログランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術情報へ

Tag Cloud