芸術広場芸術広場

2018年1月25日

小平市平櫛田中彫刻美術館「民藝運動の作家たち」


 日本近代彫刻の巨匠・平櫛田中(ひらくしでんちゅう、1872~1979)が最晩年を過ごした地に立つ「小平市平櫛田中彫刻美術館」で現在、田中が所蔵していた民藝の作家たちの作品を中心とする企画展「民藝運動の作家たち」が開かれ 続きを読む

2017年12月27日

「和モダンの世界 近代の輸出工芸 〜金子皓彦コレクションを中心に〜」


幕末・明治の超絶技巧の作品から、レトロなお土産品まで、近代の多彩な輸出工芸品を約200点。 東京・墨田区のたばこと塩の博物館にて、2018年1月8日まで。 ■20万点に及ぶ「金子皓彦コレクション」から、幕末・明治以降の輸 続きを読む

2017年12月3日

パリ♥グラフィック 
ロートレックとアートになった版画・ポスター展


19世紀末、パリの人々を夢中にさせた版画やポスターの数々。 東京の三菱一号館美術館にて、2018年1月8日まで。  ■パリLOVESグラフィック!  なんだか心が浮き立つ。三菱一号館美術館の展覧会場に足を踏み入れると、壁 続きを読む

2017年11月3日

やきものの在処(ありか) 武蔵野美術大学美術館


新たな見方で「やきもの」に親しむ  武蔵野美術大学美術館で、焼き物を新しい形で楽しむことのできる展覧会「やきものの在処(ありか)」が開かれている。多くの人が日常的に使い、身近にありながらも、芸術品として観賞するのは縁遠く 続きを読む

2017年10月31日

六本木開館10周年記念展 
天下を治めた絵師 狩野元信


狩野派の礎を築いた狩野元信(かのう・もとのぶ)とは? その卓抜の画技とアイデア。サントリー美術館にて11月5日まで。  ■狩野派の二代目、元信の存在の大きさを知る  狩野派は、狩野家を核とする絵師の専門家集団であり、日本 続きを読む

2017年10月14日

企画展 ほとけを支える  ——蓮華(れんげ)・霊獣(れいじゅう)・天部(てんぶ)・邪鬼(じゃき)——


仏教絵画に親しみを感じる展覧会  東京・南青山の根津美術館で、仏教美術をテーマとした面白い展覧会が開かれている。仏像と比べると近よりがたく感じられる仏教絵画が、がぜん親しみやすく思える展覧会である。保存上の問題もあって長 続きを読む

2017年10月1日

ボストン美術館の至宝展 
― 東西の名品、珠玉のコレクション


《九龍図巻》、《涅槃図》、ルーラン夫妻の肖像画。 傑作の数々とコレクターたちの物語。東京都美術館にて10月9日迄。 神戸市立博物館、名古屋ボストン美術館に巡回。  ■多岐にわたる傑作群/ボストニアンたちの収集への情熱   続きを読む