詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

2024/07/13〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

2024/07/13〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

2024/07/13〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

News

Exhibitions

VOCA展2024
現代美術の展望—新しい平面の作家たち

  • 上野の森美術館 (東京都・台東区)

 絵画や写真などの平面作品に取り組む40歳以下の作家を支援する「VOCA(ヴォーカ)展」の31回目となる展覧会が東京の上野の森美術館で開催中だ。
 最高賞のVOCA賞(賞金300万円※特別協賛の第一生命保険株式会社の買い上げ料)には大東忍の「風景の拍子」が選ばれた。また、奨励賞(賞金50万円)には上原沙也加の「幽霊たちの庭」と片山真理の「red shoes #001」「red shoes #002」「red shoes #003」が、佳作賞(賞金10万円)には佐々瞬の「そこに暮らす人々は自らの歴史を記した」と笹岡由梨子の「Animale/ベルリンのマーケットで働くクマ」に決まった。また、上原の作品は岡山県の大原美術館の収蔵品候補となる大原美術館賞も受賞した。
 全国の美術館学芸員、研究者らによる推薦者が推した31作家が、おおむね過去1年以内に制作した未発表の作品による同展。賞の選考は、植松由佳(選考委員長・国立国際美術館学芸課長)、荒木夏実(東京芸術大学准教授)、川浪千鶴(インディペンデント・キュレーター)、丹羽晴美(東京都現代美術館事業企画課長)、前山裕司(新潟市美術館特任館長)が行った。また、大原美術館賞は同館の三浦篤館長と学芸員が行った。

前列は受賞者、(左から)笹岡由梨子、片山真理、大東忍、上原沙也加、佐々瞬。 後列は選考委員ら、(左から)三浦篤、前山裕司、丹羽晴美、植松由佳、川浪千鶴、荒木夏実
前列は受賞者、(左から)笹岡由梨子、片山真理、大東忍、上原沙也加、佐々瞬。 後列は選考委員ら、(左から)三浦篤、前山裕司、丹羽晴美、植松由佳、川浪千鶴、荒木夏実

 VOCA賞の大東忍「風景の拍子」は、秋田県に住む大東が、近所を歩いてたどりついた「実際にある風景に、自分の原風景や過去に暮らした場所や旅で見た風景を織り交ぜて描いた」木炭画。人気のない夜の住宅街の小さい広場で、街灯に照らされて踊る自身の姿も描かれている。
 「取るに足らないような人の営みを描きたい」との思いで制作を続けてきた。そのため、「風景の中にある痕跡の声を聴くために身体を澄ます方法」として踊ることを実践している。木炭を使うのは、「美大受験の頃から使ってきた体に沁みついている画材」だから。「自分の描きたいものが見えてきた時に、夜の風景を描くことが増えて、使ってみたら画材の粒子感が影の奥行きに似ていると感じた」。「風景に匿名性を持たせたい」思いも表現できるという。
 選考委員の前山は、「審査会場の暗い倉庫の中で端の方にあったが、光っていて、目を引かれた。空間の広がりや奥がある感じ、木炭のテクスチャーも魅力だ」と述べ、荒木は「木炭独特の持ち味、闇と光が照らし出す風景、見る人の視点を引き寄せる踊る人物が、絵画の魅力を存分に表現していた」と評した。大東を推薦したのは、秋田公立美術大学准教授で人類学者の石倉敏明。
 大東は、1993年愛知県生まれ。2019年愛知県立芸術大学美術研究科博士前期課程修了。
 「普通に過ごしていることがかけがえのないことだと思うことが増えている中で、このような当たり前の営みを描いた絵画がたくさんの方に見てもらえることが嬉しい」と喜びを語った。

VOCA賞の大東忍と受賞作「風景の拍子」
VOCA賞の大東忍と受賞作「風景の拍子」

 奨励賞と大原美術館賞の上原沙也加「幽霊たちの庭」は、台湾の花蓮市にある太平洋戦争期の日本統治時代に日本軍によって建てられた松園別館を撮影した6枚のモノクロ写真とテキストによる作品。ここは、台湾人の特攻隊員が出撃する前日に招待所として使われていた。
 「生まれ育った沖縄で写真を撮ってきたので、台湾で撮影する時も沖縄と重なるところから始めてみようと思った。ここは旧日本軍が建てた施設の跡地。琉球松という琉球諸島を原産にした松で、沖縄では戦争で焼けてしまい今はあまり残っていない木の大木が残っていたことから、台湾と沖縄の複雑な歴史の重なりを感じて撮影していった」という。
 日本統治時代の台湾に興味を持ったのは、「沖縄ではもし台湾有事が起きたらという名目で米軍や自衛隊の基地の配備による軍事化が急速に進められていて、風景が劇的に変化している」ことから。「生活のすぐそばにある風景が暴力的に変わっていくこと、それでもとめどなく過ぎていく日常の暮らしの中でどうにか立ち止まって抗い、思考し続けるために、写真を撮影してひたすら風景を見つめて一つ一つの小さなものを確認している」という。
 選考委員の川浪は、「『隣島』の関係にある沖縄と日本統治時代の台湾とのあいだに横たわる時間と空間をめぐる一編の美しい詩のような組作品だ。既存の歴史をなぞるのではなく、あえてそれを一旦解きほぐし細部から編み直すように構成されている」と評した。
 大原美術館の三浦館長は、「激戦地の沖縄と、当時、日本の統治下にあり、特攻が飛び立って行った台湾の歴史が層のように重なっている。決して感傷的ではなく、今生きている人間が取りうる誠実な距離感を保ちながら、ひとつの大事な記憶として作品化している。写真のクオリティーも高く、テキストとの相互関係なども含め、総合的に評価できる」と述べた。
 上原は1993年沖縄県生まれ。2016年東京造形大学造形学部デザイン学科写真専攻領域卒業。2020年に第36回写真の町東川賞新人作家賞を受賞している。
 「(台湾の松園別館は)過去の時間をたくさん含んだ場所ですが、今、どのような国でどのような時代に生きているかを反射して考えさせられるような場所なので、見る人にもそのように見てもらえたら嬉しい。東京で展示できたことも大きいし、意味がある」と受賞の喜びを語った。

奨励賞と大原美術館賞の上原沙也加と受賞作「幽霊たちの庭」
奨励賞と大原美術館賞の上原沙也加と受賞作「幽霊たちの庭」

 奨励賞の片山真理「red shoes #001」「red shoes #002」「red shoes #003」は、自らの手の画像をプリントした布地を縫い合わせたオブジェを足の付け根の位置から木の根のように置いた3点組のセルフポートレイト。手の先は赤いハイヒールを履いている。
 義足の片山は、大学院在学中のアルバイト先での体験をきっかけに2011年から義足用のハイヒールを履く「ハイヒールプロジェクト」を始めた。現在はイタリアのラグジュアリーシューズブランドのセルジオロッシのサポートを受けて第2段を展開中。作品の中の義足がはいているのがセルジオロッシのハイヒールで、ほかは「大切で尊敬する友人たちに借りた靴」だという。
 ハイヒールを履いている手が木の根のようにはえているのは、「昔は義足から草がはえて天に伸びていこうとする絵を描いていたが、今は地に足をつけようとしている。義足の上に乗っているので地に足はつけられないと物理的にも身体的にも性格的にも思っていたが、今、私には仲間がいて、家族がいて、根を張っていると思えたので根を作って切り株のようにした」という。
 選考委員の丹羽は作品の存在感とともに「片山の人生、活動がコラージュのように縫い合わされた『木の根』により支えられたセルフポートレイト」として評価し、荒木は、「誰よりも敏感に自身の身体に向き合ってきた片山は、足ではなく手にハイヒールを履かせることによって既存の価値観を転倒させる」と評した。
 片山は1987年埼玉県生まれ。2012年東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士課程修了。2020年第45回木村伊兵衛写真賞受賞。海外での個展やグループ展への参加も多いが、「17、8歳の頃、初めて展覧会の内覧会につれて来てもらったのがVOCA展だった。わぁこれが美術の世界なんだと思い、いつかここに出品者として展示したかったので20年かかって実現できたのが本当に嬉しい」と喜びを語った。

奨励賞の片山真理と受賞作「red shoes #003」「red shoes #001」「red shoes #002」
奨励賞の片山真理と受賞作「red shoes #003」「red shoes #001」「red shoes #002」

 佳作賞の佐々瞬(1986年宮城県生まれ、東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業)の「そこに暮らす人々は自らの歴史を記した」は、公園の整備計画により行政側から立ち退きを強いられた住宅のうち、最後の1軒となった家を題材にしている。その家の木材や住民が使用していた布団なども取り入れ、右側には地域の歴史を記す冊子のためのガリ版刷りを配した、長年にわたる土地のリサーチに基づく作品だ。

佳作賞の佐々瞬「そこに暮らす人々は自らの歴史を記した」
佳作賞の佐々瞬「そこに暮らす人々は自らの歴史を記した」

 同じく佳作賞の笹岡由梨子(1988年大阪府生まれ、京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程美術専攻メディア・アート領域満期退学)の「Animale/ベルリンのマーケットで働くクマ」は、実験や戦争に使われた動物の労働の歴史に関するリサーチをベースにしたビデオインスタレーション。自らの手足や熊の着ぐるみに入った映像、自作の音楽などで構成され、インパクトのある独特の世界が展開している。

佳作賞の笹岡由梨子の「Animale/ベルリンのマーケットで働くクマ」
佳作賞の笹岡由梨子の「Animale/ベルリンのマーケットで働くクマ」

 出品作家はほかに、ウチダリナ、大橋鉄郎、大山智子、小左誠一郎、長田奈緒、小山維子、亀岡倫太郎、木下理子、顧剣亨、小林勇輝、斉藤思帆、しまうちみか、しまだそう、田中彰、千原真実、堤千春、中村絵美、中山晃子、ヌケメ、東山詩織、肥後亮祐、前田春日美、松延総司、松元悠、宮内裕賀、山下耕平。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
  
参考文献:「VOCA展2024 現代美術の展望—新しい平面の作家たち」図録(「VOCA展」実行委員会、公益財団法人日本美術協会 上野の森美術館 2024年)

【会期・会場】
3月14日(木)~30日(土) 上野の森美術館(東京都・台東区)
美術館HP:https://www.ueno-mori.org/