詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

News

第33回世界文化賞にヴィム・ヴェンダースら6名
受賞の記者会見開催

 第33回高松宮殿下記念世界文化賞(主催・公益財団法人日本美術協会)の受賞者らによる合同記者会見が、10月18日、東京・港区のオークラ東京で行われた。新型コロナウィルス感染拡大の影響で3年ぶりの開催となった。
 同賞は、世界の芸術家を対象に、文化芸術の発展に貢献した人を顕彰する目的で1988年に創設された。毎年、絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の5部門から受賞者が選ばれる。
 今回の受賞者は、絵画部門が絵画の概念を問い続けてきた美術家のジュリオ・パオリーニ(1940年生まれ、イタリア)、彫刻部門が人権や難民の問題を告発する作品を発表してきたアイ・ウェイウェイ(1957年生まれ、中国)、建築部門が「金沢21世紀美術館」をはじめ世界各地で斬新な建築デザインを手掛ける建築家ユニットSANAA(サナア)の妹島和世(1956年生まれ)、西沢立衛(1966年生まれ)、音楽部門が精緻で繊細な演奏で知られ世界で2000回を超える演奏会に出演してきたピアニストのクリスチャン・ツィメルマン(1956年生まれ、ポーランド)、演劇・映像部門が映画『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』で知られる映画監督のヴィム・ヴェンダース(1945年生まれ、ドイツ)の6人。

第33回世界文化賞受賞者(後列左2人目から)ヴィム・ヴェンダース、クリスチャン・ツィメルマン、西沢立衛、妹島和世、アイ・ウェイウェイ、ジュリオ・パオリーニ。 前列は国際顧問ら。左から4番目が2022年9月から国際顧問に就任したヒラリー・クリントン米・元国務長官
第33回世界文化賞受賞者(後列左2人目から)ヴィム・ヴェンダース、クリスチャン・ツィメルマン、西沢立衛、妹島和世、アイ・ウェイウェイ、ジュリオ・パオリーニ。 前列は国際顧問ら。左から4番目が2022年9月から国際顧問に就任したヒラリー・クリントン米・元国務長官

 会見でジュリオ・パオリーニは芸術家の生活は美、創造、ひらめきの三つの言葉に凝縮されることなどをあげながら「私の活動によって美がもたらされているかどうかは自分が言うべきことではないが、今回の受賞で60年を超える芸術活動は無駄ではなかった」と喜びを語った。また、制作活動により中国当局から拘束された経験を持つアイ・ウェイウェイは「いつも人間の尊厳を求めて戦い、人権、表現の自由を求めて来た。いかにこの世界で生きていくかが問題だったので、今回ここに来ることができて嬉しい」と述べ、さらに、同じ壇上に上がっていた同賞国際顧問のヒラリー・クリントンに対し、国務長官時代、「私が中国政府に拘束されていた時に『解放してくれ』『芸術、人類をサポートする』とはっきりと言ってくれた」ことへの感謝の言葉を述べた。

彫刻部門で受賞したアイ・ウェイウェイ
彫刻部門で受賞したアイ・ウェイウェイ

 妹島和世は「これまで多様な方々と一緒にいられる空間を作りたいという思いで建築を作ってきた。これからも環境と対話して人々に喜ばれる建築を作り続けていきたい」と述べ、西沢立衛は「建築設計はみんなで集まってようやく作れるもの。今後もより良い建築を目指して頑張りたい」と話した。
 クリスチャン・ツィメルマンは「1978年、日本に初めて来た時は1回だけの訪問のつもりだったが、それから44年間、66の都市でコンサートを行うとは思ってもみなかった。そして、毎回日本に帰って来たいと思っている」と、大の親日家ぶりを披露。「音楽家にはノーベル賞がないので、世界文化賞は音楽家が受け取ることができる最高の賞だと感じている」と喜びを語った。
 ヴィム・ヴェンダースは「フェリーニ、ベルイマン、黒沢、キアロスタミ、ゴダールたちが受賞したこの賞を今、自分がいただけてとても嬉しい」と笑顔で話した。また、小津安二郎を尊敬しこれまでも撮影で数回日本を訪れていることからも、「映画監督をしていると、世界は自分の家のようになるが、特に日本には深い思いがあり、第二の故郷だと思っている」と日本での受賞を喜んだ。また、合同記者会見後に行われた個別会見では、2023年公開予定の最新作で東京・渋谷の公共トイレが舞台となる作品についても触れ、主演の役所広司については「40年前にお目にかかれていたら、いくつもの映画を一緒に撮れていたのにと思うほど素晴らしい」と高く評価した。
 『パリ、テキサス』に代表されるロードムービーについては、「道はある意味人生を象徴している。心の在り方を表すものだろうと思う。映画は画像が動く美術なので、場所が動くことは意味が大きい」と述べた。また、「私の映画はフィクションのようなドキュメンタリー、あるいはドキュメンタリーのようなフィクションであることからも、社会的な現実がいつもそこにあるべきだと考えている」「今日の人生とはどういうものであるかを見せたいと思い、それを見ることで人生を向上させることができればと期待している。世界の問題を捉えていく社会性が重要だ」と映画への思いを語った。

演劇・映像部門で受賞したヴィム・ヴェンダース
演劇・映像部門で受賞したヴィム・ヴェンダース

 なお、授賞式典は10月19日に東京・港区の明治記念館で行われ、受賞者には顕彰メダルと感謝状、賞金1500万円が贈られた。
 世界文化賞の選考は、国際顧問のランベルト・ディーニ(元伊首相)、クリストファー・パッテン(英、オックスフォード大学名誉総長)、クラウス=ディーター・レーマン(独、前ゲーテ・インスティトゥート総裁)、ジャン=ピエール・ラファラン(元仏首相)、ヒラリー・クリントン(米・元国務長官)が中心となり推薦した候補者の中から各部門の専門家や評論家らから成る日本の選考委員会が受賞候補者を選ぶ方法で行われ、受賞者は日本美術協会理事会で最終決定した。
 また、今回の合同記者会見には出席しなかったが、97年から設立された「若手芸術家奨励制度」の受賞者には新進気鋭の演奏家を育成するクロンベルク・アカデミー財団(ドイツ)が選ばれた。
 
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子