詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

News

第31回 五島記念文化賞美術新人賞 最後の受賞者に庄司朝美(絵画)

 美術とオペラの分野で活動する優れた人材に、海外研修や帰国後の成果発表で助成を行い、育成をはかる五島記念文化賞(主催・公益財団法人 東急財団)の第31回(令和2年度)の受賞者が決まり、美術新人賞に絵画の庄司朝美が選ばれた。
 10月12日に東京・千代田区のザ・キャピトルホテル東急で贈呈式が行われ、東急財団の金指潔理事長から賞状と賞金50万円、副賞として1年間の海外研修に対する400万円の目録が授与された。なお、海外研修終了後3年以内の成果発表展に350万円が助成される。
 贈呈式は当初、4月15日の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため7月に延期を発表、さらに延期となり、今回の日程となった。
 同賞は五島記念文化財団が1990(平成2)年に設立し、昨年度までに美術部門62名、オペラ部門75名、オペラ公演団体延べ137団体への助成を行ってきたが、2019年4月に、共に東急グループの社会貢献事業を行う、とうきゅう環境財団、とうきゅう留学生奨学財団と合併し、東急財団としてスタート。それに伴う事業見直しにより、五島記念文化賞は今回で終了となる。

 庄司朝美は1988年福島県いわき市生まれ。2012年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻版画領域修了。現在、東京造形大学で非常勤講師を務めている。2011年第1回宮本三郎記念デッサン大賞展審査員賞、15年トーキョーワンダーウォール2015トーキョーワンダーウォール賞、16年第11回大黒屋現代アート公募展入選、19年FACE2019損保ジャパン日本興亜美術賞グランプリを受賞している。
 「人間の創造という営み」をテーマに、人物や力強いストロークによる線で構成された鬼気迫る雰囲気と心和む面を併せ持つ絵画を発表してきた。何かに描かされているという感覚で、透明なアクリル板に油絵具を用いてイメージを画面に残すように即興で描き、裏面を展示する。「人間の生きる瞬間瞬間が創造行為の連続」「描き手である自分自身の身体と鑑賞者の身体が作品を介してつながっていくような体験ができれば」と考えている。タイトルは、作品を日記のようにとらえていることから、すべて描いた日の日付となっている。
 研修は、2022年2月からジョージアのトビリシを拠点に開始する。当初は今年10月からの予定だったが、コロナ禍の影響で延期になった。

 庄司は、受賞に対し、「五島記念文化賞は今回で最後ということ。貴重な機会をいただけて感謝している」と述べ、贈呈式では「人間本位で動く世界ではなく、予測不可能で、不条理で、いろいろな価値や意味が存在している世界の在り様がコロナウイルスであぶり出された。その良い面も悪い面も描くことを通じて表現していきたい」と語った。
 また、研修地について、「ジョージアはいろいろな国の境目のような所に位置し、さまざまな文化圏の中で独自の文字や文化を創ってきた稀有な国で、長い歴史の中で強いアイデンティティを育んできた。こうした複雑な環境の中で、どのように人間が生きてきたのかを知りたい」ことに加え、ジョージアの伝統的な宴会で、人間について繰り返し語る「スプラ」に参加したいとの思いも強く、「人が生きる根本的なところを一番学べる場所ではないかと思い、選んだ」と述べている。

 庄司を推薦した美術評論家の中尾拓哉は、庄司は「描く行為そのものに対して純粋で鋭敏な探究心を持ち続けている。震災や社会問題を直接的に取り上げるものではないが、本人のイメージを軸にしながら、それらの問題を含み込むようにして、どこか個人を超えた神話的な世界を創出しつつある。その創作の源泉は、自身の身体性や無意識に依るところが大きく、不安定なものだが、その不安定さに駆り立てられる恐怖とともに、そこに描かれた世界の中で『生きようとしている』どこか泥臭く、愛嬌のある人間たちは、国境を越えて鑑賞者を魅了する」と高く評価した。
 美術部門の顕彰、助成の対象は、40歳以下で日本国籍の美術制作作家。選考は財団が依頼した12名の推薦委員が推した9名の候補者の中から(3名の推薦委員からは候補者なしの回答)、選考委員の酒井忠康(世田谷美術館館長・選考委員長)、海老塚耕一(多摩美術大学教授)、柏木博(武蔵野美術大学教授)、宝木範義(美術評論家)、たほりつこ(東京芸術大学名誉教授)、松本透(長野県信濃美術館館長)、柳原正樹(京都国立近代美術館館長)の7名が、作家による持ち込み作品のプレゼンテーションと面接で行った。
 庄司は来年9月に東京・世田谷区のgallery21yo-jで大作を中心とする個展を開催する予定。

●五島記念文化賞の終了とコロナ禍での状況
 五島記念文化賞は31年の助成活動に幕を閉じる。贈呈式で金指理事長は「五島記念文化賞は次世代を担う若手芸術家への助成、育成を通じて文化的に豊かな社会の実現に貢献することを目的としてきた。当財団の活動は一定の役割を果たし、成果を生んだ」とし、今後は「安全、安心で心豊かに暮らせる地域社会の発展に貢献するために、文化、芸術の力で地域社会の持続的な発展のための取り組みを行っている個人、団体に対する支援を行う」と述べた。
 また、今回のオペラ公演助成(100万円)には、当初、5団体が選ばれていたが、公益財団法人神奈川芸術文化財団の『モモ』(作曲・一柳慧)は、新型コロナウイルスの影響で、公演が期限を定めない延期となり、助成を辞退、4団体の助成となった。
 贈呈式はコロナウイルス感染拡大防止のため、椅子の間隔が大きく開けられ、例年開かれる祝賀パーティが中止となったため、これまでパーティ会場で披露された受賞者挨拶やオペラ部門受賞者の歌唱は贈呈式の中で行われた。

執筆・写真 西澤美子(文中敬称略)

写真キャプション
① 東急財団の金指潔理事長から賞状を受ける庄司朝美
② 前列左からオペラ新人賞の中嶋俊晴、砂田愛梨、美術新人賞の庄司朝美。後列左からオペラ部門選考委員長の栗林義信、東急財団理事長の金指潔、美術部門選考委員長の酒井忠康
③ 庄司朝美と作品。「19.4.6」(左)、「20.8.9」。贈呈式会場のロビー
④ 贈呈式でスピーチをする庄司朝美
⑤ オペラ新人賞の砂田愛梨の歌唱。贈呈式では、出席者はマスク着用、席は間隔を広くとって配置された