詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

開催中〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

開催中〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

開催中〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

開催中〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

News

映画「だれも知らない建築のはなし」

普遍的な問題を突きつける、注目の刺激的な一本。
東京・渋谷、シアター・イメージフォーラムにて
ロングラン上映中。全国で続々公開。

  公共建築のあるべき姿とは何か。建築の国際コンペとは何か。新国立競技場計画問題で考えさせられた。国際コンペ優勝案については、2年ほど前から、コンペでの要件の妥当性も含め、景観、経費、維持費など様々な疑義が呈され、最近は国民の大多数が「見直しを求める」とする数字が出ていたものの、1300億円の予算額を大幅にオーバーしたまま進行。ところが2015年7月17日突然、安倍首相が同計画の白紙撤回を決定し、国際コンペからやり直しとなった。これほどの巨大公共事業の責任者が明確でなかったことも判明。なぜこのような事態に至ったのか。検証をしっかり行った上で着実に進めてほしい。今後の動きを注視してゆきたい。
  ■群像劇のような、激論するドキュメンタリー映画
  さて、いま注目すべき映画が公開されている。石山友美監督の「だれも知らない建築のはなし」だ。世界的建築家たちが登場し、語り続けるドキュメンタリー映画である。1970年代以降の日本の建築の歴史を国際的な文脈からとらえる内容だ。筆者は、気づくと映画が始まって安藤忠雄が話している導入部から、ぐいぐい惹きこまれ、瞬く間の73分間だったとの印象をもった。何度か見たが、毎回発見があり、毎回登場人物の中で好きになる人物が変化するという、不思議な面白さも経験した。
 本作は、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで2015年5月23日に公開後、ロングランを続けており、全国でも上映館が広がっている。リピーターも増えているようだ。
  ●面白く刺激的/卓抜の編集と構成  本作の特徴は、第一に、なによりも映画として面白く、刺激的であることだ。編集と構成が卓抜である。登場する建築家や評論家たちの関係性に焦点を当てた。長い時間にわたったという一人一人のインタビューを、冷徹なまでに徹底的に分析し、誰が誰に対して向けた言葉なのかを明確にし、切断して抜き出して絶妙に組み合わせるという驚嘆の編集を行った。よって辛辣な発言を含め、直截な言葉を発する人々が、互いにバトルしているかのようだ。話し手の表情もしっかりとらえられている。石山友美監督、そして撮影の佛願広樹の輝くような才能と優れた手腕が、格別の味わいをもった迫力ある群像劇のようなドキュメンタリー映画を生んだ。語りの間に建築物の映像がシャッフルするように挟み込まれ、歴史的な流れを追う。この部分は速いスピードでの展開だが、映画全体にリズム感をつくり出している。
  ●「役者が揃った」  第二の特徴は、「役者が揃った」こと。出演者はいずれも超一流の魅力的な人々だ。建築家の安藤忠雄(1941~)、磯崎新(1931~)、伊東豊雄(1941~)、ピーター・アイゼンマン(1932~)、レム・コールハース(1944~)および建築理論家のチャールズ・ジェンクス(1939~)の6人を中心に、編集者の中村敏男(1931~)、編集者・写真家・評論家である二川由夫(1962~)が加わる。
  1982年、アメリカ、シャーロッツビルで、建築の未来を議論する伝説的な会議「P3会議」が開催された。世界のトップクラスの建築家が集合していた。ここに上記6人のうち、ジェンクス以外が参加。海外に多くの繋がりをもつ磯崎は、若い安藤と伊東を連れていき、二人は住宅設計をプレゼンするのだが、欧米の建築家たちから冷やかに対され、落ち込む。しかしながら、だからこそ二人はその後世界的な活躍をするようになった。P3会議から30年を経て、各人がインタビューに応じ、当時からこれまでの日本の建築の歩みを振り返るというストーリーライン。登場人物たちは癖が強く個性的で、話の面白さが逸品。映画館が何度も笑いに包まれた。互いの批判の激しさは並はずれているのだが、彼らは懐が深い。実は尊敬し合っていることが汲み取れる。
 ■建築家に未来はあるか?
 全体は、第一章「70年代に遡って」、第2章「日本のポストモダン建築」、第三章「コミッショナープロジェクト」、第4章「バブルが弾けて―」の4部で構成。1970年の大阪万博ののち、日本はオイルショックを経て不況の時代に突入。建築はゼネコンなどに独占され、建築家は小住宅を試みるしかない。しかし、日本の小住宅や商業建築をジェンクスが著書『ポスト・モダニズムの建築言語』(1977)で紹介し、大きな反響を呼ぶ。バブル経済を背景にした個性的なポストモダン建築が1980年代に脚光を浴びる。海外でも活躍し豊かな人脈をもつ磯崎は、熊本などでコミッショナーを務め、公共建築を指名で実現させる。それまでにはあり得なかった手法だ。そして、バブル崩壊後、経済主導で建築はつくられるようになり、建築家の出番が少なくなり、建築も無個性なものへと変質。映画は、21世紀のいま、建築家の社会的役割・責任を問い、建築家に未来はあるかという問題を突きつける。
  筆者は、最後のほうで伊東が放つ悲痛な叫びのような発言に胸を打たれた。また、磯崎の存在の大きさ、あらゆる面で建築界をリードしてきたことをあらためて知った。現在は忘却されたかのポストモダン建築のもつ魅力や、中村と二川が語る建築ジャーナリズムの役割についても、目を開かれたように思う。
  ■「この映画を、議論を交わすきっかけにしてほしい」
  本作は、石山友美監督が、2014年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館ディレクターの中谷礼仁 早稲田大学教授から、映画制作の依頼を受けたことに始まる。日本館にて約6ヵ月上映され、好評を得た映画「Inside Architecture-A Challenge to Japanese Society」を20分ほど長尺にして編集し公開用としたものだ。石山は、最初に話を受けた際、「展示の補足的なものではなく、面白いものをつくりたいと思った」という。
  石山は1979年生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業後、磯崎新アトリエ勤務を経てフルブライト奨学生として渡米。ニューヨーク市立大学大学院都市デザイン学研究科修士課程修了。在米中に映画製作に興味をもったという。デビュー作『少女と夏の終わり』は第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に公式出品された。
  石山監督のデビュー作のフィクション映画『少女と夏の終わり』は、山村に暮らす二人の少女の心と身体の成長を、ユーモアを交えて描いた群像劇だ。筆者は、冒頭の沢の水面の揺らめきから、ラストに流れる美しい音楽の響きに至るまで、その映画の活気に満ちた独特のエンターテイメント性に惹かれ、次作を待ち遠しく思っていた。そして、「だれも知らない建築のはなし」が第2作となった。
  本作公開前のプレ企画として行われた代官山の蔦屋書店でのトークに、磯崎新の特別参加が実現した。磯崎は、本作の特に大胆な編集方法を高く評価した。そして「石山さんのデビュー作と本作を両方見ると、突然、事件が起こり、ここから大きく流れが変わっていくというところが共通する」と喝破なさった。さて、この「事件」とはどの部分を指すのだろう。見てのお楽しみである。
  石山監督は、「この映画を建築界だけでなく、多くの方々に見ていただいて、議論を交わす材料にしてもらえればうれしいです。社会や経済と格闘しながら建築を生み出そうとする建築家たちの苦悩は、建築に限られた話ではなく、普遍的な問題なのですから」と語った。
  建築家たちを主人公とする本作は、我々に自分たちと社会・経済・政治との関係に引きつけて深く考えさせる映画でもある。是非、もよりの映画館にてご覧ください。
執筆:細川いづみ
(2015年7月26日)
20150727001
映画「だれも知らない建築のはなし」チラシ
===============================
  【映画タイトル】だれも知らない建築のはなし
  (原題:Inside Architecture-A Challenge to Japanese Society)
  【詳細】http://ia-document.com/ (全国上映館も表示)
  【東京の上映館】シアター・イメージフォーラム(渋谷)[随時、トーク有り]
  http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html
==============================
※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年7月30日