詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

News

映画「だれも知らない建築のはなし」

普遍的な問題を突きつける、注目の刺激的な一本。
東京・渋谷、シアター・イメージフォーラムにて
ロングラン上映中。全国で続々公開。

  公共建築のあるべき姿とは何か。建築の国際コンペとは何か。新国立競技場計画問題で考えさせられた。国際コンペ優勝案については、2年ほど前から、コンペでの要件の妥当性も含め、景観、経費、維持費など様々な疑義が呈され、最近は国民の大多数が「見直しを求める」とする数字が出ていたものの、1300億円の予算額を大幅にオーバーしたまま進行。ところが2015年7月17日突然、安倍首相が同計画の白紙撤回を決定し、国際コンペからやり直しとなった。これほどの巨大公共事業の責任者が明確でなかったことも判明。なぜこのような事態に至ったのか。検証をしっかり行った上で着実に進めてほしい。今後の動きを注視してゆきたい。
  ■群像劇のような、激論するドキュメンタリー映画
  さて、いま注目すべき映画が公開されている。石山友美監督の「だれも知らない建築のはなし」だ。世界的建築家たちが登場し、語り続けるドキュメンタリー映画である。1970年代以降の日本の建築の歴史を国際的な文脈からとらえる内容だ。筆者は、気づくと映画が始まって安藤忠雄が話している導入部から、ぐいぐい惹きこまれ、瞬く間の73分間だったとの印象をもった。何度か見たが、毎回発見があり、毎回登場人物の中で好きになる人物が変化するという、不思議な面白さも経験した。
 本作は、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで2015年5月23日に公開後、ロングランを続けており、全国でも上映館が広がっている。リピーターも増えているようだ。
  ●面白く刺激的/卓抜の編集と構成  本作の特徴は、第一に、なによりも映画として面白く、刺激的であることだ。編集と構成が卓抜である。登場する建築家や評論家たちの関係性に焦点を当てた。長い時間にわたったという一人一人のインタビューを、冷徹なまでに徹底的に分析し、誰が誰に対して向けた言葉なのかを明確にし、切断して抜き出して絶妙に組み合わせるという驚嘆の編集を行った。よって辛辣な発言を含め、直截な言葉を発する人々が、互いにバトルしているかのようだ。話し手の表情もしっかりとらえられている。石山友美監督、そして撮影の佛願広樹の輝くような才能と優れた手腕が、格別の味わいをもった迫力ある群像劇のようなドキュメンタリー映画を生んだ。語りの間に建築物の映像がシャッフルするように挟み込まれ、歴史的な流れを追う。この部分は速いスピードでの展開だが、映画全体にリズム感をつくり出している。
  ●「役者が揃った」  第二の特徴は、「役者が揃った」こと。出演者はいずれも超一流の魅力的な人々だ。建築家の安藤忠雄(1941~)、磯崎新(1931~)、伊東豊雄(1941~)、ピーター・アイゼンマン(1932~)、レム・コールハース(1944~)および建築理論家のチャールズ・ジェンクス(1939~)の6人を中心に、編集者の中村敏男(1931~)、編集者・写真家・評論家である二川由夫(1962~)が加わる。
  1982年、アメリカ、シャーロッツビルで、建築の未来を議論する伝説的な会議「P3会議」が開催された。世界のトップクラスの建築家が集合していた。ここに上記6人のうち、ジェンクス以外が参加。海外に多くの繋がりをもつ磯崎は、若い安藤と伊東を連れていき、二人は住宅設計をプレゼンするのだが、欧米の建築家たちから冷やかに対され、落ち込む。しかしながら、だからこそ二人はその後世界的な活躍をするようになった。P3会議から30年を経て、各人がインタビューに応じ、当時からこれまでの日本の建築の歩みを振り返るというストーリーライン。登場人物たちは癖が強く個性的で、話の面白さが逸品。映画館が何度も笑いに包まれた。互いの批判の激しさは並はずれているのだが、彼らは懐が深い。実は尊敬し合っていることが汲み取れる。
 ■建築家に未来はあるか?
 全体は、第一章「70年代に遡って」、第2章「日本のポストモダン建築」、第三章「コミッショナープロジェクト」、第4章「バブルが弾けて―」の4部で構成。1970年の大阪万博ののち、日本はオイルショックを経て不況の時代に突入。建築はゼネコンなどに独占され、建築家は小住宅を試みるしかない。しかし、日本の小住宅や商業建築をジェンクスが著書『ポスト・モダニズムの建築言語』(1977)で紹介し、大きな反響を呼ぶ。バブル経済を背景にした個性的なポストモダン建築が1980年代に脚光を浴びる。海外でも活躍し豊かな人脈をもつ磯崎は、熊本などでコミッショナーを務め、公共建築を指名で実現させる。それまでにはあり得なかった手法だ。そして、バブル崩壊後、経済主導で建築はつくられるようになり、建築家の出番が少なくなり、建築も無個性なものへと変質。映画は、21世紀のいま、建築家の社会的役割・責任を問い、建築家に未来はあるかという問題を突きつける。
  筆者は、最後のほうで伊東が放つ悲痛な叫びのような発言に胸を打たれた。また、磯崎の存在の大きさ、あらゆる面で建築界をリードしてきたことをあらためて知った。現在は忘却されたかのポストモダン建築のもつ魅力や、中村と二川が語る建築ジャーナリズムの役割についても、目を開かれたように思う。
  ■「この映画を、議論を交わすきっかけにしてほしい」
  本作は、石山友美監督が、2014年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館ディレクターの中谷礼仁 早稲田大学教授から、映画制作の依頼を受けたことに始まる。日本館にて約6ヵ月上映され、好評を得た映画「Inside Architecture-A Challenge to Japanese Society」を20分ほど長尺にして編集し公開用としたものだ。石山は、最初に話を受けた際、「展示の補足的なものではなく、面白いものをつくりたいと思った」という。
  石山は1979年生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業後、磯崎新アトリエ勤務を経てフルブライト奨学生として渡米。ニューヨーク市立大学大学院都市デザイン学研究科修士課程修了。在米中に映画製作に興味をもったという。デビュー作『少女と夏の終わり』は第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に公式出品された。
  石山監督のデビュー作のフィクション映画『少女と夏の終わり』は、山村に暮らす二人の少女の心と身体の成長を、ユーモアを交えて描いた群像劇だ。筆者は、冒頭の沢の水面の揺らめきから、ラストに流れる美しい音楽の響きに至るまで、その映画の活気に満ちた独特のエンターテイメント性に惹かれ、次作を待ち遠しく思っていた。そして、「だれも知らない建築のはなし」が第2作となった。
  本作公開前のプレ企画として行われた代官山の蔦屋書店でのトークに、磯崎新の特別参加が実現した。磯崎は、本作の特に大胆な編集方法を高く評価した。そして「石山さんのデビュー作と本作を両方見ると、突然、事件が起こり、ここから大きく流れが変わっていくというところが共通する」と喝破なさった。さて、この「事件」とはどの部分を指すのだろう。見てのお楽しみである。
  石山監督は、「この映画を建築界だけでなく、多くの方々に見ていただいて、議論を交わす材料にしてもらえればうれしいです。社会や経済と格闘しながら建築を生み出そうとする建築家たちの苦悩は、建築に限られた話ではなく、普遍的な問題なのですから」と語った。
  建築家たちを主人公とする本作は、我々に自分たちと社会・経済・政治との関係に引きつけて深く考えさせる映画でもある。是非、もよりの映画館にてご覧ください。
執筆:細川いづみ
(2015年7月26日)
20150727001
映画「だれも知らない建築のはなし」チラシ
===============================
  【映画タイトル】だれも知らない建築のはなし
  (原題:Inside Architecture-A Challenge to Japanese Society)
  【詳細】http://ia-document.com/ (全国上映館も表示)
  【東京の上映館】シアター・イメージフォーラム(渋谷)[随時、トーク有り]
  http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html
==============================
※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年7月30日