詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

News

南三陸311メモリアル 2022年10月1日開館
アートゾーンにボルタンスキーの遺作

  • 南三陸311メモリアル (宮城県・南三陸町)

 東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の震災伝承館「南三陸311メモリアル」が2022年10月1日に開館する。建築家の隈研吾が「海と山、過去と未来をつなぐ船」をイメージして設計した。外壁に地元の南三陸杉を使用した2階建ての施設で、1階には被災した町民の証言映像を見ながら震災を自分のこととして考える「ラーニングシアター」や震災遺物資料などを紹介する「展示ギャラリー」に加え、フランスの現代美術家で昨年7月に急逝したクリスチャン・ボルタンスキーの遺作となった「MEMORIAL」を展示する「アートゾーン」、写真家の浅田政志が復興を目指す町民の姿を撮影した写真を展示する「みんなの広場」がある。2階は震災遺構の旧防災対策庁舎や海を臨む展望デッキになっている。

「道の駅さんさん南三陸」全景。中央が「南三陸311メモリアル」。右が「中橋」、左上が「南三陸さんさん商店街」
「道の駅さんさん南三陸」全景。中央が「南三陸311メモリアル」。右が「中橋」、左上が「南三陸さんさん商店街」

 「南三陸311メモリアル」は、同日にグランドオープンする「道の駅さんさん南三陸」の中核施設で総工費は約14憶円。すでに完成している「南三陸さんさん商店街」や街の中心部を流れる八幡川に架かる「中橋」とともに隈が2013年から街全体をデザインする中で設計した。8月29日に都内で行われた開館前記者発表会で隈は「約8年間、町の人たちの意見を聞きながら、単発の建築物ではなく、街をトータルにデザインできたことは貴重な経験だった」「南三陸311メモリアルは、海、山、時間の流れをすべてつなぐことをテーマに、記憶を継承する場所としてデザインした」と話した。

佐藤仁南三陸町長(左)と建築家の隈研吾(右)。8月29日に都内で開かれた記者発表会で
佐藤仁南三陸町長(左)と建築家の隈研吾(右)。8月29日に都内で開かれた記者発表会で(※)

 アートゾーンのボルタンスキーの「MEMORIAL」は、1052個の鉄製のビスケット缶が積み上げられたインスタレーション。電球の光の元で存在を示す箱には錆びが浮かび、時の経過を感じさせる。ひとつひとつが墓のようにも、家のようにも見え、人間一人一人の命の大切さや尊厳を静かに伝えている。
 ボルタンスキーは1944年フランスのパリに生まれた。ドイツで開催のドクメンタやイタリアのベネチア・ビエンナーレをはじめ、日本の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」、「瀬戸内国際芸術祭」などの世界各地の美術展に参加。生と死、存在と不在などをテーマに映像や写真、缶、ろうそく、衣服などの日用品を取り込んで作品を発表してきた。
 ビスケット缶は、これまでも作品にたびたび用いられてきた重要な素材で、今回はボルタンスキーのお墨付きを得て、南三陸町の板金工場の職人の手作業で作られた。表面の錆びは、南三陸町の潮風の中で風化させたり、加工したりして生み出された。
 アートゾーンにボルタンスキーの作品を展示することに尽力した南三陸町の佐藤仁町長は記者発表会で、香川県・豊島にあるボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」や「ささやきの森」を鑑賞し、「命を思う場所であり続けるためにボルタンスキーの作品を展示したいと強く思った」という。その後、2019年6月に国立新美術館での回顧展のために来日した作家に制作を依頼。ボルタンスキーは東日本大震災直後に来日し、三陸沿岸を実際に歩いてその惨状を胸に焼き付けていたこともあり、即座に快諾したという。
 2020年春にはボルタンスキーから作品設計図が届き、準備を進めていたが、21年7月に急逝。その後、町は、ボルタンスキー作品を全世界で手掛けてきたアトリエ・エヴァ・アルバランと共に制作を進め、隈の事務所の協力も得ながら完成にこぎつけた。
 隈は「コロナ禍のため、打ち合わせをズームで行っていた。こんなに早く亡くなるとは思っていなかったが、最後に、壁の色や照明の位置も決めてくれた。すべての素材に関してものすごくこだわられていて、遺作と呼ぶにふさわしい、彼の人生の集大成のような作品になったのではないかと思う」と話した。
 佐藤町長はこの作品が「町の人たちが震災を語り継ぐ言葉に向き合い、耳を傾け、そのメッセージを心で感じる」ことにつながると考えている。

クリスチャン・ボルタンスキー 「MEMORIAL(メモリアル)」 箱は縦23㎝、横21.3㎝、高さ12㎝
クリスチャン・ボルタンスキー 「MEMORIAL(メモリアル)」 箱は縦23㎝、横21.3㎝、高さ12㎝

 町民や復興を支援する人々の交流スペース「みんなの広場」に展示された浅田政志の写真は、2013年から21年夏まで続けられた「みんなで南三陸」と題されたプロジェクトの47点のうちの19点。浅田と住民らがアイデイアを出し合いながら、町内各所で撮影を行った。佐藤町長によると、浅田は「つらい現実を受け入れながら互いに手を取り合って前に進んで行く強い意志を感じ、それを写したい」と話していたという。
 浅田は1979年三重県生まれ。2009年に写真集『浅田家』で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞している。
 館内にはほかに東京芸術大学出身の4人の若手作家、石村大地、もりみこと、竹久万里子、藤田つぐみによる作品展示もある。

「みんなの広場」に展示されている浅田政志の写真「みんなで南三陸」
「みんなの広場」に展示されている浅田政志の写真「みんなで南三陸」

 南三陸町は津波で831人が犠牲となり、建物も約6割が流失した。佐藤町長も防災対策庁舎の屋上で波に巻き込まれ、一緒にいた人たちの多くが命を落とす中、一命をとりとめた。そうした経験からも「命を守ることの大切さや、難しさを語り継いでいかなければいけない」。「南三陸311メモリアル」で「尊い命をどうしたら守れるのかを自分のこととして考えてほしい」と強く願っている。
   
(文中敬称略)
執筆・写真撮影(※印のみ):西澤美子

【会場】
南三陸311メモリアル (宮城県・南三陸町)
会場サイト:https://m311m.jp/