詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

『シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い展』を見て!

東京藝術大学美術館で開催中の「シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い展」に行ってきました。
hedo-048-001.JPG


フランスで活躍した画家というイメージが強いシャガールですが、「シャガールのシャガール」ともいえる充実したコレクションのポンピドーセンターから70点の選りすぐり作品と同時代に活躍したロシア前衛芸術の巨匠たち(カンディンスキー、マレーヴィチ、ゴンチャローワなど)の作品の40点を紹介する、日本で始めて公開する重要作品が多数あり、シャガールの画業を新しい視点から見直す企画展になっています。
また、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のためのモーツアルト歌劇「魔笛」の舞台美術(背景幕の下絵や衣装デザインなど)シリーズ約50点が日本で始めて纏まった形で公開されるのも見応えのある展示会になっています。
hedo-048-002.JPG


構成も良くできていて、第1章はユダヤ人として生まれたシャガールがフランス現代美術に触れながら、風俗的情景としての民衆芸術に執心し続け、ヘブライの伝統である聖書の主題が日常生活の描写と融合しており、スラブ民族の独自性を主張し、イコン、木彫りの彫刻、刺繍、「ルボーク(木版画)」、店の看板と言った民衆芸術への「ネオ・プリミティヴィズム」に目覚めた時代である。
«アトリエ» «収穫» «父» (マルク・シャガール;1910)
«収穫物を運ぶ女たち» «ジャガイモ農園» «パンの売り子» «葡萄を搾る足» «酒飲みたち»«婦人と騎手たち»(ナターリャ・ゴンチャローワ;1911)
«風景» «春»(ミハイル・ラリオーノフ;1912)
第2章は1910年代、フランスのキュビスムやイタリアの未来派、キュビスムの分派で色彩と音楽的リズムを組み合わせたオルフィスムといったモダニズムの流れを受け、抽象性を深めながら、形や光などの独自の造形的な要素を展開していく。
«ロシアとロバとその他のものに»«詩人マジン»(マルク・シャガール;1911)
«形と光»(オシップ・ザッキン;1918) «ギターを持つ船乗り»(ジャック・リプッツ;1914)
«帽子をかぶった婦人»«コンポジション»«舞台の肖像:連作»(ナターリヤ・ゴンチャロフ;1913)
«女性の肖像»«晴れた日»«タリトンの肖像»(ミハイル・ラリオーノフ;1911-1913)
第3章は第一次世界大戦のさなか、ベラ・ローゼンフェルトと結婚してロシアに留まる。1917年ロシア革命が起こり、翌年故郷ヴィテブスクに美術学校の設立と運営を依頼され、モスクワやペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)から芸術家たちを招来し、かくして、「無対象の感覚」運動=スプレマティズム(ラテン語の[最上のモノ])の研究の場となっていく。
«緑色の恋人たち»«灰色の恋人たち»«墓地»«立体派の風景»(マルク・シャガール;1918~)
«アフティルカ 赤い教会の風景»«アフティルカ ベランダのニーナとタチアナ»
«アフティルカ 別荘の入口»(ワシリー・カンディンスキー;1917)
«理髪師»«コンポジション»(ジャン・プーニー;1915-1916)
«ゴタ»«アルファ»«ゼタ»(カジミール・マレーヴィチに基づく;1918の復元、1923-1989)
第4章では1923年シャガール一家はパリへ移住する。1940年ナチスドイツがパリを占領、「反ユダヤ法」が成立し身の危険を感じ、アメリカに亡命。亡命中にベラが亡くなり、長い悲嘆のあと、シャガール独自の世界へ:芸術の諸運動と距離を置き、文学的な一連の版画作品に取り組む一方で、平行して、夢と現実が混ざり合い憂愁が漂う大きな絵画作品を制作することになる。
«家族の顕現» «赤い馬» «彼女を巡って» «空飛ぶアトラージュ» «村の魂»
«日曜日» «虹» «イカロスの墜落» (マルク・シャガール;1945-1967)
第5章では、アメリカ亡命後、ロシア時代に関わった歌劇の舞台へ、再びいくつかの舞台のための仕事をすることになる。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場でのモーツアルトの歌劇「魔笛」の装飾と衣装、プーシキンの叙事詩を原作とした「アレコ」、イーゴリー・ストラビンスキー作曲の「火の鳥」の舞台幕と衣装の下絵などから、物語を慎重に読み、綿密な絵を描いた。自らの作品に一貫して現われるおなじみの要素をエスキスに取り入れており、生い茂る植物、子どもが描くような太陽、ヴァイオリン、鳥、翼の生えた人物といったものが、煌くばかりにちりばめられている。
«モーツアルトへのオマージュ» シリーズ«モーツアルト「魔笛」»
登場人物の衣装デザイン «タミーノ» «パパゲーノ» «パミーノ» «夜の女王»
hedo-048-003.JPG
日本人好みのシャガールの展覧会は、過去にもいろいろなテーマで開催されてきたが、この企画展ほどシャガールを取巻く時代状況と人間関係を掘り下げて見せてくれた企画展はないのではないだろうか・・・・!!?
日本初公開のロシア前衛芸術家「ナターリヤ・ゴンチャローワ」「ミハイル・ラリオーノフ」の作品を観られたことも満足のいく意欲的な展覧会です。
是非、ご鑑賞~~~、ご称賛あれ~~~!!!
ヘドデル キドリンスキー

2010年9月15日