詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

開催中〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

開催中〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

開催中〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

開催中〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

開催中〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

市制施行70周年記念 自然、生命、平和 私たちは見つめられている 吉田遠志展

2024/07/20〜2024/09/06

府中市美術館

東京都・府中市

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

開催中〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

聖書の世界〜伝承と考古学〜/古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム

開催中〜2024/09/08

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

慰問 銃後からのおくりもの

2024/07/20〜2024/09/08

昭和館

東京都・千代田区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

開催中〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

開催中〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

開催中〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

開催中〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

開催中〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

令和6年度第2期所蔵品展 「特集 新恵美佐子 祈りの花」

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

令和6年度第2期所蔵品展  特集:生誕100年 芥川紗織

開催中〜2024/10/20

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

北アルプス国際芸術祭 2024

2024/09/13〜2024/11/04

芸術祭(長野県大町市)

長野県・大町市

特別展「眼福―大名家旧蔵、静嘉堂茶道具の粋」

2024/09/10〜2024/11/04

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

瑛九 ―まなざしのその先に―

2024/09/14〜2024/11/04

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

日本現代美術私観:高橋龍太郎コレクション

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

特別展 文明の十字路  バーミヤン大仏の太陽神と弥勒信仰 ―ガンダーラから日本へ―

2024/09/14〜2024/11/12

三井記念美術館

東京都・中央区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展

2024/10/05〜2024/11/24

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

ベル・エポック―美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

2024/10/05〜2024/12/15

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

コスチュームジュエリー ―美の変革者たち― シャネル、ディオール、スキャパレッリ 小瀧千佐子コレクションより

2024/09/08〜2024/12/15

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

特別展 オタケ・インパクト ―越堂・竹坡・国観、尾竹三兄弟の日本画アナキズム―

2024/10/19〜2024/12/15

泉屋博古館東京

東京都・港区

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展

2024/09/21〜2025/02/16

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

Exhibitions

1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 
未来へつづく美生活展

近代KOGEIが志向したものとは何か。
東京国立近代美術館工芸館で感じる、豊かな時間。

  東京・竹橋にある東京国立近代美術館の本館を過ぎて、上り坂の道を千鳥ヶ淵の方に数分歩くと、赤煉瓦2階建の重厚な洋館が見えてくる。三角の破風が印象的なこの建物は重要文化財。1910(明治43)年に近衛師団司令部庁舎として建設され、1977(昭和52)年に東京国立近代美術館工芸館として開館した。ここには明治から現代までの陶磁、ガラス、漆工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィックデザインなど約3400点の工芸やデザイン作品が所蔵されている。
  現在、1920年以降に制作された多様な所蔵品を中心とした約140点により、近代工芸が志向した「暮し」を探る展覧会が開かれている。(【注意】以下、作品の所蔵につき表記の無いものは、全て東京国立近代美術館所蔵。)
  ■工夫された展示により、感じとれる展覧会 
  本展の第一の特徴は、観る者が展示空間に身を置くことで、自然に展覧会の目的を感じとれることだろう。
  第一室の着物を例にとってみる。森口華弘の(1909~2008)《縮緬地友禅笹文着物 残雪》(1969)は薄桃色とグレーを基調に笹の葉文様が全体に軽快に散りばめられる。伊砂利彦(1924~2010)の《きもの ローマの松》(1967)は緑とグレーの地が斜めに大胆に分割されている。また、志村ふくみ(1924~)による《紬織着物 水煙》(1963)は白色と藍色のグラデーションをもつ水平線が重なって水しぶきのような幻想的な世界。これは「つなぎ糸」という色糸を直感的に織り込んでいく技法によるもので、糸のつなぎ目の膨らみも独特の趣だ。志村は紬織に新しい豊かな色彩をつくり出した。一方、土屋順紀(1954~)の《紋紗着物 月光》(2001)では黄色地の幾何学模様にグラデーションが見られ、全体に光るような不思議な印象。共通に感じられるのは、奥深い色彩と斬新なデザインと高度な洗練だ。そして1960年代の作品の魅力が2000年代の作品に引き継がれていることが自然に見えてくる。
  全体にわたっては、陶磁、ガラス、漆工、竹工、染織、金工など多様な素材の工芸品を混在させ、配置を工夫した展示がなされているので、様々な表情を味わいながら工芸全体が志向するものを感じることができる。色々な発見もできる。例えば陶器や漆器の茶道具が展開するなかに、紺色のガラスの水指がふっと姿を見せる。岩田藤七(1893~1980)の《水指 彩光》(1976)だ。彼は江戸期のガラス技術を学び、1939年の個展で早くもガラスの茶道具を発表。透明ガラスを高く評価する常識を打ち破り、宙吹き色ガラスづくりに挑戦した。涼やかな造形に岩田の革新への熱意が漂う。また、幾何学的彫刻のような杉田禾堂(1886~1955)の《用途を指示せぬ美の創案》(1930)や高村豊周(1890~1972)の《青銅花瓶》(1926頃)の存在感も印象的だ。彼らは、西欧で起こった構成主義やアール・デコなどに影響され、1926年に工芸家団体「无型」を結成して活動したが、「用」とはかけ離れていると批判された。しかし、彼らの作品は、日本で欧米的生活の定着が始まり機能主義のデザインが見られる1920年代から、その後の出品作に一貫して通底するモダニズムへの憧れを明確に示しているように見える。
  さらに当時の暮しを描いた2点の日本画が出品され、示唆的である。日本美術院で活躍し、当時の現代風俗をリアルに描写した中村貞以(1900~82)の代表作の一つ《浄春》(1947)は、椿の茶花を活けた和室に和服の女性が正座して茶道をする様子。清らかな作品だ。またモダンな女性像も得意とした吉岡堅二(1906~90)が描いた《椅子による女》(1931)は、青色の洋装の女性が芝生の庭でパイプ椅子に腰をかけ、涼やかで洗練された情景。なお、本作はアートディレクター葛西薫とコピーライター安藤隆によって制作された展覧会告知ポスターに使われ、本展を的確に象徴するものとなっている。
  ■デザイナーとのコラボレーション
  本展の特徴は第2に、デザイナーとの共同作業が功を奏したことだ。
「海外のモダニズムの刺激」を探る章では、作品セレクションと会場構成をインテリア・デザイナーの中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ代表)が行った。ここでは、上述した吉岡堅二の《椅子による女》の近くに、画に描かれたパイプ椅子と似たマルセル・ブロイヤー(1902~81)が制作した《クラブ・チェア B3(ワシリー)》(1927)を展示。その元となった木製のブロイヤーの《肘掛け椅子》(1922~24頃)も出品されている。彼の一連のメタルパイプの椅子は軽量で分解可能、また安価で衛生的で耐久性があると、その機能性を高く評価された。ブロイヤーは1919年に創立したドイツの建築教育の総合学校バウハウスで活躍したデザイナー。バウハウスの家具は大量生産され、強靭な素材を理知的に構成するのが特徴だ。一方、フランス、パリの《ガラスの家》の建築設計で有名なピエール・シャロー(1887~1950)がデザインした《フロアー・スタンド 修道女》(1923)や書架机(1930頃)も出品。こちらは高価な素材を使い手仕事中心にした、直線と立体の知的な構成をとるアール・デコの家具に入るものだ。それらとともにオーストリア出身でイギリスに亡命した陶芸家ルーシー・リー(1902~95)によるシンプルな造形の《コーヒー・セット》(1960頃)や《青釉鉢》(1978)なども置かれ、興味深い。
  さらに「工芸作品のある暮らしがひらく未来図」を探る章では、布づくりから行うファッション・デザイナーの皆川明(ミナ ペルホネン代表)が、自身のデザインしたテキスタイルに呼応する工芸作品をセレクションし、両者を組み合わせて展示した。前大峰(1890~1977)の《沈金蝶散模様色紙箱》(1959)は漆黒の漆面に沈金刀で溝を掘り金で模様を描く「沈金」で描かれた舞う蝶の作品。青地のシルク混の綿地に様々な色の刺繍で描かれたミナ ペルホネンの《sky flower》(2012、株式会社ミナ所蔵)がそれに並ぶ。また、陶芸家の富本憲吉(1886~1963)による青色の格子が長方形の箱をめぐる《色絵染付菱小格子文長手箱》(1941)とミナ ペルホネンの《before》(2009、株式会社ミナ所蔵) の深い青色の作品が近くに置かれる。組み合わされた作品は、相談しながら制作したのではないかと思わせるくらいに共鳴しあっている。そのことに驚嘆させられ、楽しい気持ちになる。
  工芸とは、用と美、つまり実用的な価値と美的価値とを兼ね備えた造形である。日本の工芸は、世界でその芸術性の高さから単にCRAFTという言葉に置き換えられないものとの評価を得ていて、近年はKOGEIとして世界に発信する動きがあるようだ。本展覧会で100年近い近代KOGEIの優品を廻るなかで、現代の我々の生活における美意識とのつながりを体感すると同時に、KOGEIを深く知りたいとの思いを強くした。  
【参考文献】
1)東京国立近代美術館(唐澤昌宏・諸山正則・今井陽子・木田拓也・北村仁美・内藤裕子)編集:『新版 近代工芸案内 名品選による日本の美』、東京国立近代美術館 発行、2015年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年1月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160125-001
写真1 会場風景。手前から、マルセル・ブロイヤー《クラブ・チェア B3(ワシリー)》、1927年、東京国立近代美術館所蔵。
吉岡堅二《椅子による女》、1931年、東京国立近代美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160125-002
写真2 志村ふくみ《紬織着物 水煙》、1963年、東京国立近代美術館所蔵。
20160125-003
写真3 会場風景。岩田藤七《水指 彩光》、1976年、東京国立近代美術館所蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語表記】
Longing for Modernity: The 1920s -2010s from the Crafts Gallery’s Collection
【会期・会場】

2015年12 月23日~2016年2月21日  東京国立近代美術館工芸館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
【展覧会詳細】http://www.momat.go.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年1月26日