詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 
未来へつづく美生活展

近代KOGEIが志向したものとは何か。
東京国立近代美術館工芸館で感じる、豊かな時間。

  東京・竹橋にある東京国立近代美術館の本館を過ぎて、上り坂の道を千鳥ヶ淵の方に数分歩くと、赤煉瓦2階建の重厚な洋館が見えてくる。三角の破風が印象的なこの建物は重要文化財。1910(明治43)年に近衛師団司令部庁舎として建設され、1977(昭和52)年に東京国立近代美術館工芸館として開館した。ここには明治から現代までの陶磁、ガラス、漆工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィックデザインなど約3400点の工芸やデザイン作品が所蔵されている。
  現在、1920年以降に制作された多様な所蔵品を中心とした約140点により、近代工芸が志向した「暮し」を探る展覧会が開かれている。(【注意】以下、作品の所蔵につき表記の無いものは、全て東京国立近代美術館所蔵。)
  ■工夫された展示により、感じとれる展覧会 
  本展の第一の特徴は、観る者が展示空間に身を置くことで、自然に展覧会の目的を感じとれることだろう。
  第一室の着物を例にとってみる。森口華弘の(1909~2008)《縮緬地友禅笹文着物 残雪》(1969)は薄桃色とグレーを基調に笹の葉文様が全体に軽快に散りばめられる。伊砂利彦(1924~2010)の《きもの ローマの松》(1967)は緑とグレーの地が斜めに大胆に分割されている。また、志村ふくみ(1924~)による《紬織着物 水煙》(1963)は白色と藍色のグラデーションをもつ水平線が重なって水しぶきのような幻想的な世界。これは「つなぎ糸」という色糸を直感的に織り込んでいく技法によるもので、糸のつなぎ目の膨らみも独特の趣だ。志村は紬織に新しい豊かな色彩をつくり出した。一方、土屋順紀(1954~)の《紋紗着物 月光》(2001)では黄色地の幾何学模様にグラデーションが見られ、全体に光るような不思議な印象。共通に感じられるのは、奥深い色彩と斬新なデザインと高度な洗練だ。そして1960年代の作品の魅力が2000年代の作品に引き継がれていることが自然に見えてくる。
  全体にわたっては、陶磁、ガラス、漆工、竹工、染織、金工など多様な素材の工芸品を混在させ、配置を工夫した展示がなされているので、様々な表情を味わいながら工芸全体が志向するものを感じることができる。色々な発見もできる。例えば陶器や漆器の茶道具が展開するなかに、紺色のガラスの水指がふっと姿を見せる。岩田藤七(1893~1980)の《水指 彩光》(1976)だ。彼は江戸期のガラス技術を学び、1939年の個展で早くもガラスの茶道具を発表。透明ガラスを高く評価する常識を打ち破り、宙吹き色ガラスづくりに挑戦した。涼やかな造形に岩田の革新への熱意が漂う。また、幾何学的彫刻のような杉田禾堂(1886~1955)の《用途を指示せぬ美の創案》(1930)や高村豊周(1890~1972)の《青銅花瓶》(1926頃)の存在感も印象的だ。彼らは、西欧で起こった構成主義やアール・デコなどに影響され、1926年に工芸家団体「无型」を結成して活動したが、「用」とはかけ離れていると批判された。しかし、彼らの作品は、日本で欧米的生活の定着が始まり機能主義のデザインが見られる1920年代から、その後の出品作に一貫して通底するモダニズムへの憧れを明確に示しているように見える。
  さらに当時の暮しを描いた2点の日本画が出品され、示唆的である。日本美術院で活躍し、当時の現代風俗をリアルに描写した中村貞以(1900~82)の代表作の一つ《浄春》(1947)は、椿の茶花を活けた和室に和服の女性が正座して茶道をする様子。清らかな作品だ。またモダンな女性像も得意とした吉岡堅二(1906~90)が描いた《椅子による女》(1931)は、青色の洋装の女性が芝生の庭でパイプ椅子に腰をかけ、涼やかで洗練された情景。なお、本作はアートディレクター葛西薫とコピーライター安藤隆によって制作された展覧会告知ポスターに使われ、本展を的確に象徴するものとなっている。
  ■デザイナーとのコラボレーション
  本展の特徴は第2に、デザイナーとの共同作業が功を奏したことだ。
「海外のモダニズムの刺激」を探る章では、作品セレクションと会場構成をインテリア・デザイナーの中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ代表)が行った。ここでは、上述した吉岡堅二の《椅子による女》の近くに、画に描かれたパイプ椅子と似たマルセル・ブロイヤー(1902~81)が制作した《クラブ・チェア B3(ワシリー)》(1927)を展示。その元となった木製のブロイヤーの《肘掛け椅子》(1922~24頃)も出品されている。彼の一連のメタルパイプの椅子は軽量で分解可能、また安価で衛生的で耐久性があると、その機能性を高く評価された。ブロイヤーは1919年に創立したドイツの建築教育の総合学校バウハウスで活躍したデザイナー。バウハウスの家具は大量生産され、強靭な素材を理知的に構成するのが特徴だ。一方、フランス、パリの《ガラスの家》の建築設計で有名なピエール・シャロー(1887~1950)がデザインした《フロアー・スタンド 修道女》(1923)や書架机(1930頃)も出品。こちらは高価な素材を使い手仕事中心にした、直線と立体の知的な構成をとるアール・デコの家具に入るものだ。それらとともにオーストリア出身でイギリスに亡命した陶芸家ルーシー・リー(1902~95)によるシンプルな造形の《コーヒー・セット》(1960頃)や《青釉鉢》(1978)なども置かれ、興味深い。
  さらに「工芸作品のある暮らしがひらく未来図」を探る章では、布づくりから行うファッション・デザイナーの皆川明(ミナ ペルホネン代表)が、自身のデザインしたテキスタイルに呼応する工芸作品をセレクションし、両者を組み合わせて展示した。前大峰(1890~1977)の《沈金蝶散模様色紙箱》(1959)は漆黒の漆面に沈金刀で溝を掘り金で模様を描く「沈金」で描かれた舞う蝶の作品。青地のシルク混の綿地に様々な色の刺繍で描かれたミナ ペルホネンの《sky flower》(2012、株式会社ミナ所蔵)がそれに並ぶ。また、陶芸家の富本憲吉(1886~1963)による青色の格子が長方形の箱をめぐる《色絵染付菱小格子文長手箱》(1941)とミナ ペルホネンの《before》(2009、株式会社ミナ所蔵) の深い青色の作品が近くに置かれる。組み合わされた作品は、相談しながら制作したのではないかと思わせるくらいに共鳴しあっている。そのことに驚嘆させられ、楽しい気持ちになる。
  工芸とは、用と美、つまり実用的な価値と美的価値とを兼ね備えた造形である。日本の工芸は、世界でその芸術性の高さから単にCRAFTという言葉に置き換えられないものとの評価を得ていて、近年はKOGEIとして世界に発信する動きがあるようだ。本展覧会で100年近い近代KOGEIの優品を廻るなかで、現代の我々の生活における美意識とのつながりを体感すると同時に、KOGEIを深く知りたいとの思いを強くした。  
【参考文献】
1)東京国立近代美術館(唐澤昌宏・諸山正則・今井陽子・木田拓也・北村仁美・内藤裕子)編集:『新版 近代工芸案内 名品選による日本の美』、東京国立近代美術館 発行、2015年。

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年1月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160125-001
写真1 会場風景。手前から、マルセル・ブロイヤー《クラブ・チェア B3(ワシリー)》、1927年、東京国立近代美術館所蔵。
吉岡堅二《椅子による女》、1931年、東京国立近代美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160125-002
写真2 志村ふくみ《紬織着物 水煙》、1963年、東京国立近代美術館所蔵。
20160125-003
写真3 会場風景。岩田藤七《水指 彩光》、1976年、東京国立近代美術館所蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語表記】
Longing for Modernity: The 1920s -2010s from the Crafts Gallery’s Collection
【会期・会場】

2015年12 月23日~2016年2月21日  東京国立近代美術館工芸館
<電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
【展覧会詳細】http://www.momat.go.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年1月26日