詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展

田園風景や花を描いた、華麗なフランスの布の物語。
  ■トワル・ド・ジュイとは
  トワル・ド・ジュイとは、フランス語で「ジュイの布」の意。田園に遊ぶ人々や花の楽しく優雅な図柄を木綿の布地にプリントしたものだ。18世紀後半にパリ郊外ジュイ=アン=ジョザスで誕生し、ヨーロッパの人々を熱中させ、ドレスや室内装飾に取り入れられた。そして、現在までフランスの伝統のデザインとして親しまれている。実際に目にすると「ああ、これなら知っている」という方も多いのではないだろうか。その華麗なるテキスタイルの世界を日本で初めて本格的に紹介する「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」が開催中だ。フランスのトワル・ド・ジュイ美術館の全面的な協力を得て実現した。東京のBunkamuraザ・ミュージアムと福島の郡山市立美術館の2会場を巡回。(※なお文中で所蔵先を示していない作品は全て、トワル・ド・ジュイ美術館所蔵)
  ■レオナール・フジタ作品に描かれたトワル・ド・ジュイ
  ところで、本展に出品されてはいないが、ジュイの布を描いた著名な絵画作品がある。レオナール・フジタ(藤田嗣治)(1886~1968)の代表作だ。《ジュイ布のある裸婦》(1922年、パリ市立近代美術館)は、モンパルナスのモデルとして活躍したキキが天蓋付の寝台に横たわる構図であるが、寝台を取り囲む布地がトワル・ド・ジュイ。布の図柄は神話の場面だろうか。人物や樹木を硬筆の線で細密に描写し、画中画のようだ。またフジタの《五人の裸婦》(1923年、東京国立近代美術館)でもトワル・ド・ジュイを含む布地が画面で重要な役割を果たしている。これらの作品はジュイの布が1920年代のパリで流行したことの証左でもある。
  ■展覧会の構成
  本展の構成は、次の6つのセクションから成る。
  プロローグ 田園モティーフの源泉/第1章 インド更紗の熱狂/第2章 トワル・ド・ジュイの工場設立/第3章 木版プリントに咲いた花園/第4章 銅版プリントに広がる田園風景/エピローグ 受け継がれる西洋更紗の魅力
  ■インドに始まる物語
  東京会場のBunkamuraザ・ミュージアムを廻った。トワル・ド・ジュイの知られざる物語はインドから始まる。会場を少し進むと、色鮮やかな巨大な布に出合う。インドの神々、人々、動物や鳥、樹木や花々を全面に隙間なく配した絵巻のような見事な画面に見入ってしまった。《クリシュナ物語図模様更紗 壁掛》(18世紀(インド)、女子美術大学美術館)である。その隣には、画面中央の樹木が踊るように枝を伸ばし、四方八方に花を散らした《立木模様更紗 ベッドカバー(パランポア)》(18世紀(インド)、女子美術大学美術館)を展示。ともに2000年の歴史をもつインド更紗である。これらは手描き染や木版捺染(※捺染は、プリントの意)がなされた木綿布で、寺院や宮殿内の掛け布などに使用された。
  鮮明な色彩と装飾性を特徴とした堅牢なインド更紗は、17世紀以降、東インド会社によりヨーロッパや東アジアや日本にもたらされ、人々を熱狂させた。それまで布に複雑な絵柄を表現するのは、織物か刺繍によってのみだった。ヨーロッパ向けにはその好みに合わせた上記のベッドカバーのような装飾が行われ、インド更紗の人気をさらに高めた。だが、その爆発的な流行が羊毛や麻や絹の業者の反発を買い、フランスでは1686年に禁止令が出され、73年もの間インド更紗の輸入と製造、および着用までも禁じられてしまった。
(※なお、文中で「更紗」は模様染の木綿布、「インド更紗」はインド産の更紗、「西洋更紗」はヨーロッパ産の更紗、を意味する)
  ■オーベルカンプが工場設立。デザイナーのユエの活躍。トワル・ド・ジュイの発展へ
  更紗禁止令にもかかわらずインド更紗への熱狂は醒めず、フランスには隣国からインド更紗が流入していた。しかし1759年に禁止令が解かれることになった際、国内に熟練工が不在となった。そこでドイツ出身でスイス居住だったプリント技師クリストフ=フィリップ・オーベルカンプ(1738~1815)がフランスに呼ばれる。染色家の家柄で習練を積んだ弱冠20歳の彼は、1760年に水量の豊富なヴェルサイユ近郊ジュイ=アン=ジョザスに更紗の全工程を行う捺染工場を設立。最盛期には1200人が働くまでになる。1783年にルイ16世から「王立」工場の称号を得、1789年のフランス革命など社会の激動期を経て、工場を閉鎖する1834年まで、この工場から西洋更紗の頂点トワル・ド・ジュイを世に送り続けた。筆頭デザイナーであったジャン=バティスト・ユエ(1745~1811)による油彩画《ジュイ=アン=ジョザスのオーベルカンプの工場》(1807年)では、奥に工場内の広大な草原に染織された布が干されている様子を、手前には工場を訪問したナポレオンが描かれている。
  オーベルカンプは、捺染の高い技術の追求とともにデザインの重要性を強く意識して生産を行い、成功を導いた。トワル・ド・ジュイは木版と銅板の2種類のプリントに大別される。
  ●木版プリント:多色刷による花園 当初は木版プリントによる制作のみが行われた。多色刷による花や樹木などの図柄が特徴で、インド更紗の様式化されたデザインを継承しつつ、植物図譜の植物も取り入れるなどフランス風の新しい図柄を展開。木版プリントは銅版プリント導入後も平行して継続され、3万種以上を生産した。赤色のバラと白色のライラックが葉と共に絡み合う《バラとライラック》(1770~72年頃(ジュイ、フランス))は流れるようなリズム感が心地良い。また、《グッド・ハーブス》(18世紀末~19世紀初頭(ジュイ、フランス))が出品されているが、暗い色の地に映える色鮮やかな草花の可愛いデザインだ。よく売れた「素敵な草花」を意味する名称どおり、この図柄はロングランの人気を誇った。白地に花柄の清楚なロングドレス《ローブ・ア・ラングレーズ(イギリス式ドレス)》(1785年頃(ジュイ、フランス))にも目を引かれた。フランス王妃マリー・アントワネット(1755~93)がジュイの布で仕立てたこのタイプのドレスを所有したとされる。実際に着用したドレスの断片も展示。王妃が農家を模したプチ・トリアノンでの簡素な生活を好んだことは良く知られるが、その後のファッションの行方も予見していたようだ。
  ●銅版プリント:単色による洗練された田園風景 オーベルカンプはイギリスで技術革新された銅版によるプリントを1770年より開始し、これによって大量生産が可能となった。ただし木版と異なり、赤や紫などの単色印刷である。一般にトワル・ド・ジュイとしてイメージされるものは銅版プリントであろう。田園風景と人物を描いたロココ風の情景や神話、文学、事件、アレゴリーなどの画題などを生き生きと表現。田園モティーフの源泉は15世紀以降フランドルで制作されたタペストリーとされる。なお18世紀に入るとタピスリー産業はフランスが盛んになり、下絵は活躍する画家たちが提供するようになるが、オーベルカンプも銅版下絵のデザイナーとして先述のユエを起用。優秀な動物画家として活躍していたユエは、オーベルカンプの期待に充分に応え、その成功に大きく貢献した。
  ジャン=バティスト・ユエによるデザインの《四季の喜び》(1787年(ジュイ、フランス))は最も有名なものだ。労働などで四季を表現するヨーロッパ伝統的な画題で、春はサンザシの樹を囲んで踊る男女や笛を吹く男、夏は干し草作りとピクニック、秋は葡萄摘み、冬はそり遊びなどで示す。登場人物はみな楽し気。スケートで転ぶ子供やあちこちに登場する動物や鳥たちの姿も微笑ましい。同じくユエの《お城の庭》(1785年(ジュイ、フランス))に並び立つ二人の貴婦人のうち、一人はマリー・アントワネットであり、オーベルカンプが王妃に謁見を許されたお礼につくったといわれる。《ゴネスの気球》(1790年(ジュイ、フランス))は1783年に世界で初めてフランスで飛行に成功した熱気球がテーマだ。一方、ユエのデザインによる《工場の仕事》(1783~84年(ジュイ、フランス))では、オーベルカンプの工場でのトワル・ド・ジュイ制作過程が詳細を描写し、興味深い。
  オーベルカンプが創業した工場は1834年に閉鎖されるが、西洋更紗は現在に至るまで大変好まれている。イギリスのウィリアム・モリス(1834~96)、フランスのラウル・デュフィ(1877~1953)、また、先述したレオナール・フジタら芸術家に大きな影響を与えた。更紗というと、日本にも古くから着物や茶道具の仕覆としても馴染み深い。展覧会ではこれらについても丁寧に紹介している。
  本展は思わぬ発見をもたらしてくれるだろう。いずれの作品も近寄って眺めると、多くの物語を含み、また自然と接することの喜びを謳歌していて見飽きることがない。生活のなかで親しまれる理由が納得できる。是非ご覧にいただき、お好みの布を見つけてほしい。

【参考文献】
1)Bunkamuraザ・ミュージアム、郡山市立美術館 編集:『西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展』(展覧会図録)(エスクラールモンド・モンテイユ、ヘールトルイ・ファン・ケルコーフェン、佐治ゆかり、永山多貴子、廣川暁生、三谷知子 執筆)、Bunkamura発行 、2016年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2016年6月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20160701_001
写真1 会場風景。
左から、ジャン=バティスト・ユエによるデザイン《田園の楽しみ》、
1802年(ジュイ、フランス)、トワル・ド・ジュイ美術館。
ジャン=バティスト・ユエによるデザイン《四季の喜び》、1787年(ジュイ、フランス)、トワル・ド・ジュイ美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160701_002
写真2 会場風景。
左から、ジャン=バティスト・ユエによるデザイン《連盟祭》、
1791年(ジュイ、フランス)、トワル・ド・ジュイ美術館。
ローブ・ア・ラングレーズ(イギリス式ドレス)、1785年頃(ジュイ、フランス)、トワル・ド・ジュイ美術館。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20160701_003
写真3 会場風景。
左から、《クリシュナ物語図模様更紗 壁掛》、18世紀(インド)、女子美術大学美術館。
≪立木模様更紗 ベッドカバー(パランポア)≫、18世紀(インド)、女子美術大学美術館。
《茜地草花文様鬼更紗》、17~18世紀(インド)、染司よしおか。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会欧文表記】 
Toile de Jouy, Printed Textiles from France
【会期・会場】
[東京会場]2016年6月14日~7月31日 Bunkamuraザ・ミュージアム
  <電話> 03-5777-8600(ハローダイヤル)
  <公式HP> http://toiledejouy.jp/
[福島会場]2016年8月6日~9月11日 郡山市立美術館
  <電話> 024-956-2200

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2016年7月2日