詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

2024/06/29〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

2024/07/02〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

2024/06/28〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

2024/07/06〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

2024/07/13〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

2024/06/29〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

2024/07/04〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

2024/07/05〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

Exhibitions

藤田美術館の至宝 
国宝 曜変天目茶碗と日本の美

大阪にある、日本と東洋古美術の驚きの名品コレクション。
仏像や絵巻から、宇宙の神秘を閉じ込めたような茶碗まで。

  ■実業家・藤田傳三郎らのコレクション。「同好の友とよろこびを分かつ」
  藤田美術館が所蔵する美術品は、質の高さが格別である。明治期に大阪で活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)は、日本と東洋の古美術を深く愛し、茶道や能楽を好み、仏像・仏画、絵巻、茶道具や能面・能装束、また絵画、墨蹟、漆工、金工などを収集した。大阪市都島区網島町は、近松門左衛門(1653~1724)の人形浄瑠璃「心中天網島」の舞台として有名だが、この地に立つ藤田美術館は、傳三郎と長男の平太郎、次男の徳次郎の収集品を保存・展示する。同館は、「かかる国の宝は一個人の私有物として秘蔵するにあらず、広く世に公開し、同好の友とよろこびを分かち、またその道の研究の資料にせまほしく」という願いから、1954(昭和29)年に開館した。国宝9件、重要文化財52件を含む2111件の優品を所蔵する。
  藤田美術館のコレクションは館外での公開が待ち望まれていたが、現在、初めて美術館を飛び出し、東京のサントリー美術館と福岡の福岡市美術館を巡回。サントリー美術館で開催中の展覧会を観た。出品作品は、国宝8件を含む約120件。(※福岡会場では国宝9件を出品。会場により出品作品点数は異なる。前期と後期で展示替えあり。)
  ■展覧会構成
  全体構成は、藤田傳三郎とコレクションの関係を主軸に、次の5つの章から成る。
第1章 傳三郎と廃仏毀釈/第2章 国風文化へのまなざし/第3章 傳三郎と数寄文化
/第4章 茶道具収集への情熱/第5章 天下の趣味人
  見どころの尽きない展覧会であるが、以下、仏教美術、和歌集や絵巻、茶道具という分類にて展覧会の一部を紹介したい。
  ■仏教美術 
  会場に入るとまず目に飛び込むのが、興福寺千体仏と通称される木造の≪千体聖観音菩薩立像≫(平安時代 12世紀)の5軀である(藤田美術館所蔵は50軀)。それぞれサイズや容姿が異なるが、50cm弱の高さで蓮華座にのり、我々に正対する観音菩薩たちに穏やかな表情と優美さが共通する。平安時代の仏像の特徴だ。右に進むと重要文化財≪地蔵菩薩立像≫(快慶作、鎌倉時代 13世紀)が橙・青・緑などの鮮やかな色彩と截金を施した袈裟をまとい、やや前のめりに静かに佇む。快慶と弟子の行快の名が残る名作だ。藤田傳三郎は、明治維新後に起こった、神仏分離を主張する国学者や神官に指導された廃仏毀釈運動によって寺院仏閣に納められた数々の美術品が破棄され、散逸する事態を危惧し、私財を投じて仏教美術品を購入した。≪千体聖観音菩薩立像≫および≪地蔵菩薩立像≫はともに興福寺に伝来したもので、当時の大コレクターであり傳三郎とも親交が深かった益田孝(鈍翁)(1848~1938)が興福寺から一括購入した中から、後に傅三郎が引き受けた仏像である。
  飛鳥時代の銅製の金色に輝く《法隆寺金堂天蓋付属金銅透彫幡残闕》(飛鳥時代 7世紀)は、横笛を奏で舞い踊る飛天が、透彫により躍動的に描かれる。巧みな構成力と愛らしさが印象的だ。その他にも薬師寺にあった奈良時代の国宝《大般若経》(387巻のうち2巻、奈良時代 8世紀)などの経典をはじめ、仏画や密教法具など多数の見事な宗教美術品が出品されている。
  ■和歌集、絵巻 
  藤田傳三郎と子息たちは、文化を国の基盤ととらえ、系統だったコレクションを精力的に築いていった。中世の国風文化への流れを示す絵巻や和様の書の逸品も多く収集した。国宝《深窓秘抄》(1巻、平安時代 11世紀)は、青や紫色の大飛雲が入った料紙の上に百一首の和歌を墨で書き写した和歌集。柔らかに流れる仮名文字による優雅な世界だ。
  国宝《紫式部日記絵詞》(1巻、鎌倉時代 13世紀)は、やまと絵の傑作といわれる。紫式部(生没年不詳)が、藤原道長(966~1027)の長女・中宮彰子(988~1074)に仕えた寛弘5年(1008)秋から1年半の出来事を綴った『紫式部日記』(11世紀初め)を、鎌倉時代に絵画化し、詞書を添えた絵巻である。金銀の飛雲の料紙に詞書が書かれ、物語の場面が濃彩ですっきりと描かれる。建物の描き方も工夫を凝らし、機知的な構成。一条天皇の皇子を産んだ彰子を祝う場面から華やいだ雰囲気が伝わる。豪華さと軽快さを併せもち、尽きない魅力がある。藤田美術館が所蔵するのは、もとは10巻(約60段)存在したとされる≪紫式部日記絵詞≫全体の、残存する4巻のうちの1巻。傳三郎の長男・平太郎が入手した。一方、国宝《玄奘三蔵絵》(12巻のうちの2巻、鎌倉時代 14世紀)は縦の長さが40cmを超える大きな画面に、唐の僧・玄奘三蔵の生涯を濃彩で描いた絵巻。迫力ある筆使いと壮大な構想力に圧倒された。
  ■茶道具 
  傳三郎は自ら茶道を嗜み、その高い鑑識眼をもって情熱を傾けて茶道具の名品を収集した。茶道は明治維新以降、西洋文化に大きく傾いた政府の文化政策によって支持者を失ったものの、趣味として茶を嗜み、茶道具や美術品を終始する富豪たちが近代数寄者として登場し、再び流行させた。傳三郎は、益田鈍翁、井上馨(世外)(1835~1915)らとともに近代数寄者として名高かった。なお、鈍翁は井上と三井物産を設立した財界人で最大の数寄者といわれたが、そのコレクションは第二次大戦後散逸した。
  本展で最も注目されるのが、国宝《曜変天目茶碗》(1口、中国・南宋時代 12~13世紀)である。展覧会場では荘厳にかつ華やかに装飾された場に設置されていることもあり、緊張しながら近づく。真近に観る《曜変天目茶碗》は意外に小ぶりで、両手にすっぽり収まりそうな愛らしさ。高台から開いて口縁がややつぼまった形。内側を覗くと黒釉の面に曜変と呼ばれる小さな斑文が飛び散り、瑠璃色に耀いている。外側にもこの瑠璃色が見られる。どこまでも広がる宇宙の神秘の謎と美が凝縮されているごとし。なんという造化の妙であろう。もとは水戸徳川家に伝来し、傳三郎の長男・平太郎が入手した。曜変天目茶碗は、中国の宋時代に福建省の建窯で焼成されたもので、世界に3点のみ存在する。それは、藤田美術館所蔵の本作品、静嘉堂文庫美術館所蔵品、そして京都・大徳寺龍光院の所蔵品である。すべて国宝だ。(※静嘉堂文庫美術館所蔵の曜変天目は、10月31日から12月23日まで同館で開催の「金銀の系譜」展にて展示予定)
  一方、歪めた形と黒い刷毛の跡が豪快な重要文化財《御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽》(1口、朝鮮時代 17世紀)は、傳三郎の次男・徳次郎の収集品である。これは古田織部(1543~1615)好みの注文とされる。また、≪交趾大亀香合≫(1合、中国・明~清時代 17世紀)は、長さ10cmほどの黄色、緑色、茶色で亀を形づくる大振りの香合。傳三郎が終生、追い求めていた名品だった。彼が没する10日前に入手できたという。
  現在最古の詩画軸とされる国宝《柴門新月図》(一幅、応永12年(1405)序)も展示。これは、中国盛唐の詩人・杜甫(712~770)による友との別れをテーマとした詩文を画上に書き、その下に18人の禅僧の漢詩を伴う情緒溢れる絵画の掛け軸である。会場では、この《柴門新月図》をはじめ、茶掛けとして重用された墨蹟や中国の宋元画、日本の水墨画なども、多く観ることができる。
  絢爛豪華な能装束や迫力の能面、さらに円山応挙(1733~95)、長澤蘆雪(1754~99)、竹内栖鳳(1864~1942)ら近世から近代日本画などの多様な作品も出品。古美術から、当時の同時代の美術品までも網羅する。藤田美術館の至宝コレクションの豊かさには、何度も驚かされた。

  ■美術品に対する愛情が伝わる

  藤田傳三郎は、幕末に長州(現在の山口県)の萩に生まれた。萩で明治維新を迎えたのち、大阪に出て、陸軍の軍靴製造から事業を始め、鉄道敷設工事などの土木請負業、トンネルや橋梁設置、干拓、鉱山業などを行い、大阪紡績(現在・東洋紡)や阪堺鉄道(現・南海電気鉄道)などの会社設立にも関わり、実業家として成功を遂げ、財をなした。同時に日本の文化の礎である美術品の散逸を憂い、日本と東洋の古美術を精力的に収集。子息たちも傳三郎の思いを共有し引き継いで、このような確固たるコレクションを確立した。
 展覧会会場を廻ると、彼らの美術品に対する深い愛情が伝わってくる。是非、藤田父子のコレクションの神髄をお楽しみください。

【参考文献】
1) 公益財団法人藤田美術館・サントリー美術館・福岡市美術館・朝日新聞社 企画事業本部 大阪企画事業部 編集『藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美』、朝日新聞社 発行、2015年

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 

(2015年9月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20150914001
写真1 国宝≪曜変天目茶碗≫、1口、中国・南宋時代 12~13世紀、藤田美術館所蔵。(撮影: 三好和義)
20150914002
写真2 サントリー美術館の会場風景。≪千体聖観音菩薩立像≫、
50軀のうちの5軀、平安時代 12世紀、藤田美術館所蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)
20150914003
写真3 サントリー美術館の会場風景。国宝《玄奘三蔵絵》、
12巻のうちの2巻(※写真は、第1巻。前期のみ展示)、鎌倉時代 14世紀、藤田美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20150914004
写真4 サントリー美術館の会場風景。手前から、重要文化財≪御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽≫、1口、
朝鮮時代 17世紀。≪本手御所丸茶碗 銘 藤田≫、1口、朝鮮時代 17世紀。ともに藤田美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語名】
Treasures of the Fujita Museum: The Japanese Conception of Beauty

【会期・会場】
2015年8月5日~9月27日 サントリー美術館
<電話> 03-3479-8600  <詳細> http://suntory.jp/SMA/
2015年10月6日~11月23日 福岡市美術館
<電話> 092-714-6051   <詳細>http://www.fukuoka-art-museum.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2015年9月14日