詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

藤田美術館の至宝 
国宝 曜変天目茶碗と日本の美

大阪にある、日本と東洋古美術の驚きの名品コレクション。
仏像や絵巻から、宇宙の神秘を閉じ込めたような茶碗まで。

  ■実業家・藤田傳三郎らのコレクション。「同好の友とよろこびを分かつ」
  藤田美術館が所蔵する美術品は、質の高さが格別である。明治期に大阪で活躍した実業家・藤田傳三郎(1841~1912)は、日本と東洋の古美術を深く愛し、茶道や能楽を好み、仏像・仏画、絵巻、茶道具や能面・能装束、また絵画、墨蹟、漆工、金工などを収集した。大阪市都島区網島町は、近松門左衛門(1653~1724)の人形浄瑠璃「心中天網島」の舞台として有名だが、この地に立つ藤田美術館は、傳三郎と長男の平太郎、次男の徳次郎の収集品を保存・展示する。同館は、「かかる国の宝は一個人の私有物として秘蔵するにあらず、広く世に公開し、同好の友とよろこびを分かち、またその道の研究の資料にせまほしく」という願いから、1954(昭和29)年に開館した。国宝9件、重要文化財52件を含む2111件の優品を所蔵する。
  藤田美術館のコレクションは館外での公開が待ち望まれていたが、現在、初めて美術館を飛び出し、東京のサントリー美術館と福岡の福岡市美術館を巡回。サントリー美術館で開催中の展覧会を観た。出品作品は、国宝8件を含む約120件。(※福岡会場では国宝9件を出品。会場により出品作品点数は異なる。前期と後期で展示替えあり。)
  ■展覧会構成
  全体構成は、藤田傳三郎とコレクションの関係を主軸に、次の5つの章から成る。
第1章 傳三郎と廃仏毀釈/第2章 国風文化へのまなざし/第3章 傳三郎と数寄文化
/第4章 茶道具収集への情熱/第5章 天下の趣味人
  見どころの尽きない展覧会であるが、以下、仏教美術、和歌集や絵巻、茶道具という分類にて展覧会の一部を紹介したい。
  ■仏教美術 
  会場に入るとまず目に飛び込むのが、興福寺千体仏と通称される木造の≪千体聖観音菩薩立像≫(平安時代 12世紀)の5軀である(藤田美術館所蔵は50軀)。それぞれサイズや容姿が異なるが、50cm弱の高さで蓮華座にのり、我々に正対する観音菩薩たちに穏やかな表情と優美さが共通する。平安時代の仏像の特徴だ。右に進むと重要文化財≪地蔵菩薩立像≫(快慶作、鎌倉時代 13世紀)が橙・青・緑などの鮮やかな色彩と截金を施した袈裟をまとい、やや前のめりに静かに佇む。快慶と弟子の行快の名が残る名作だ。藤田傳三郎は、明治維新後に起こった、神仏分離を主張する国学者や神官に指導された廃仏毀釈運動によって寺院仏閣に納められた数々の美術品が破棄され、散逸する事態を危惧し、私財を投じて仏教美術品を購入した。≪千体聖観音菩薩立像≫および≪地蔵菩薩立像≫はともに興福寺に伝来したもので、当時の大コレクターであり傳三郎とも親交が深かった益田孝(鈍翁)(1848~1938)が興福寺から一括購入した中から、後に傅三郎が引き受けた仏像である。
  飛鳥時代の銅製の金色に輝く《法隆寺金堂天蓋付属金銅透彫幡残闕》(飛鳥時代 7世紀)は、横笛を奏で舞い踊る飛天が、透彫により躍動的に描かれる。巧みな構成力と愛らしさが印象的だ。その他にも薬師寺にあった奈良時代の国宝《大般若経》(387巻のうち2巻、奈良時代 8世紀)などの経典をはじめ、仏画や密教法具など多数の見事な宗教美術品が出品されている。
  ■和歌集、絵巻 
  藤田傳三郎と子息たちは、文化を国の基盤ととらえ、系統だったコレクションを精力的に築いていった。中世の国風文化への流れを示す絵巻や和様の書の逸品も多く収集した。国宝《深窓秘抄》(1巻、平安時代 11世紀)は、青や紫色の大飛雲が入った料紙の上に百一首の和歌を墨で書き写した和歌集。柔らかに流れる仮名文字による優雅な世界だ。
  国宝《紫式部日記絵詞》(1巻、鎌倉時代 13世紀)は、やまと絵の傑作といわれる。紫式部(生没年不詳)が、藤原道長(966~1027)の長女・中宮彰子(988~1074)に仕えた寛弘5年(1008)秋から1年半の出来事を綴った『紫式部日記』(11世紀初め)を、鎌倉時代に絵画化し、詞書を添えた絵巻である。金銀の飛雲の料紙に詞書が書かれ、物語の場面が濃彩ですっきりと描かれる。建物の描き方も工夫を凝らし、機知的な構成。一条天皇の皇子を産んだ彰子を祝う場面から華やいだ雰囲気が伝わる。豪華さと軽快さを併せもち、尽きない魅力がある。藤田美術館が所蔵するのは、もとは10巻(約60段)存在したとされる≪紫式部日記絵詞≫全体の、残存する4巻のうちの1巻。傳三郎の長男・平太郎が入手した。一方、国宝《玄奘三蔵絵》(12巻のうちの2巻、鎌倉時代 14世紀)は縦の長さが40cmを超える大きな画面に、唐の僧・玄奘三蔵の生涯を濃彩で描いた絵巻。迫力ある筆使いと壮大な構想力に圧倒された。
  ■茶道具 
  傳三郎は自ら茶道を嗜み、その高い鑑識眼をもって情熱を傾けて茶道具の名品を収集した。茶道は明治維新以降、西洋文化に大きく傾いた政府の文化政策によって支持者を失ったものの、趣味として茶を嗜み、茶道具や美術品を終始する富豪たちが近代数寄者として登場し、再び流行させた。傳三郎は、益田鈍翁、井上馨(世外)(1835~1915)らとともに近代数寄者として名高かった。なお、鈍翁は井上と三井物産を設立した財界人で最大の数寄者といわれたが、そのコレクションは第二次大戦後散逸した。
  本展で最も注目されるのが、国宝《曜変天目茶碗》(1口、中国・南宋時代 12~13世紀)である。展覧会場では荘厳にかつ華やかに装飾された場に設置されていることもあり、緊張しながら近づく。真近に観る《曜変天目茶碗》は意外に小ぶりで、両手にすっぽり収まりそうな愛らしさ。高台から開いて口縁がややつぼまった形。内側を覗くと黒釉の面に曜変と呼ばれる小さな斑文が飛び散り、瑠璃色に耀いている。外側にもこの瑠璃色が見られる。どこまでも広がる宇宙の神秘の謎と美が凝縮されているごとし。なんという造化の妙であろう。もとは水戸徳川家に伝来し、傳三郎の長男・平太郎が入手した。曜変天目茶碗は、中国の宋時代に福建省の建窯で焼成されたもので、世界に3点のみ存在する。それは、藤田美術館所蔵の本作品、静嘉堂文庫美術館所蔵品、そして京都・大徳寺龍光院の所蔵品である。すべて国宝だ。(※静嘉堂文庫美術館所蔵の曜変天目は、10月31日から12月23日まで同館で開催の「金銀の系譜」展にて展示予定)
  一方、歪めた形と黒い刷毛の跡が豪快な重要文化財《御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽》(1口、朝鮮時代 17世紀)は、傳三郎の次男・徳次郎の収集品である。これは古田織部(1543~1615)好みの注文とされる。また、≪交趾大亀香合≫(1合、中国・明~清時代 17世紀)は、長さ10cmほどの黄色、緑色、茶色で亀を形づくる大振りの香合。傳三郎が終生、追い求めていた名品だった。彼が没する10日前に入手できたという。
  現在最古の詩画軸とされる国宝《柴門新月図》(一幅、応永12年(1405)序)も展示。これは、中国盛唐の詩人・杜甫(712~770)による友との別れをテーマとした詩文を画上に書き、その下に18人の禅僧の漢詩を伴う情緒溢れる絵画の掛け軸である。会場では、この《柴門新月図》をはじめ、茶掛けとして重用された墨蹟や中国の宋元画、日本の水墨画なども、多く観ることができる。
  絢爛豪華な能装束や迫力の能面、さらに円山応挙(1733~95)、長澤蘆雪(1754~99)、竹内栖鳳(1864~1942)ら近世から近代日本画などの多様な作品も出品。古美術から、当時の同時代の美術品までも網羅する。藤田美術館の至宝コレクションの豊かさには、何度も驚かされた。

  ■美術品に対する愛情が伝わる

  藤田傳三郎は、幕末に長州(現在の山口県)の萩に生まれた。萩で明治維新を迎えたのち、大阪に出て、陸軍の軍靴製造から事業を始め、鉄道敷設工事などの土木請負業、トンネルや橋梁設置、干拓、鉱山業などを行い、大阪紡績(現在・東洋紡)や阪堺鉄道(現・南海電気鉄道)などの会社設立にも関わり、実業家として成功を遂げ、財をなした。同時に日本の文化の礎である美術品の散逸を憂い、日本と東洋の古美術を精力的に収集。子息たちも傳三郎の思いを共有し引き継いで、このような確固たるコレクションを確立した。
 展覧会会場を廻ると、彼らの美術品に対する深い愛情が伝わってくる。是非、藤田父子のコレクションの神髄をお楽しみください。

【参考文献】
1) 公益財団法人藤田美術館・サントリー美術館・福岡市美術館・朝日新聞社 企画事業本部 大阪企画事業部 編集『藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美』、朝日新聞社 発行、2015年

執筆:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 

(2015年9月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
20150914001
写真1 国宝≪曜変天目茶碗≫、1口、中国・南宋時代 12~13世紀、藤田美術館所蔵。(撮影: 三好和義)
20150914002
写真2 サントリー美術館の会場風景。≪千体聖観音菩薩立像≫、
50軀のうちの5軀、平安時代 12世紀、藤田美術館所蔵。(撮影:I.HOSOKAWA)
20150914003
写真3 サントリー美術館の会場風景。国宝《玄奘三蔵絵》、
12巻のうちの2巻(※写真は、第1巻。前期のみ展示)、鎌倉時代 14世紀、藤田美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)
20150914004
写真4 サントリー美術館の会場風景。手前から、重要文化財≪御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽≫、1口、
朝鮮時代 17世紀。≪本手御所丸茶碗 銘 藤田≫、1口、朝鮮時代 17世紀。ともに藤田美術館所蔵。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会英語名】
Treasures of the Fujita Museum: The Japanese Conception of Beauty

【会期・会場】
2015年8月5日~9月27日 サントリー美術館
<電話> 03-3479-8600  <詳細> http://suntory.jp/SMA/
2015年10月6日~11月23日 福岡市美術館
<電話> 092-714-6051   <詳細>http://www.fukuoka-art-museum.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

2015年9月14日