詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

開催中〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

開催中〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

第9回日本美術展覧会(日展)

開催中〜2022/11/27

国立新美術館

東京都・港区

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

2022/11/30〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

開催中〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

若林奮 飛葉と振動 @足利市立美術館

  「人間は自然の一部である」とのテーマを追求し続けた彫刻家若林奮(1936~2003年)。その没後10年を経た大規模な回顧展「若林奮 飛葉と振動」が全国5会場で開催中だ。5月21日号で紹介した名古屋市美術館展に次ぐ2会場目となる足利市立美術館展をレポートする。

・若林の意思をくむ展示空間
  若林の初期作品は台座に置かれ、個々に独立したかたちで展示されることが多いが、次第に一つの作品を複数のパーツで構成したり、それぞれ独立した作品を展示空間全体を見渡した一つのインスタレーションとして発表するようになっていった。本展の核となる「庭」をめぐる制作もその延長にあるといえるだろう。足利市立美術館の展示は、担当学芸員の江尻潔と若林生前からその展示構成の随所に関わってきた堀谷昭則らの尽力で、本人不在ながらもその意思を受け継ぐ最大限の努力を惜しまなかったことが伝わってきた。そう広くはない4つの展示スペースのうち、特に2階の2部屋は緑に満たされた庭のようでもあり、それぞれの部屋からもう一つの部屋を見た場合も、遠くに森や山が見えるかのような連動性があり、心和む雰囲気に包まれていた。

・足利会場特別出品は10点
  今回の巡回展では、各館の特色を生かした展示構成が見どころの一つとなっている。足利市立美術館では244点の出品作のうち、同館だけで出品される作品は10点。そのうちの9点が紹介されている1階の展示室1は主に初期の彫刻とドローイングで構成されていた。展覧会初日前日の内覧会の展示解説で江尻が「大変珍しく、恐らく生前にはどこにも発表されなかったのではないか。煙など彫刻にし難いものやご自身の手だと思われるもの、昆虫と少女の合体形、袋の中の人などの木彫は、後の若林さんの作品のエッセンスがすでに現れている」と解説した。同じく特別出品で、およそ10センチ四方の鉄の彫刻≪歩く人≫は、神奈川県立近代美術館の二代館長で美術評論家の土方定一の旧蔵品で「鋳造ではなく、鉄のかたまりをひとつにまとめて彫り抜いた作品」だと紹介。「いずれも1968年に制作され、若林さんの発想を留めたある種の立体ノ―トと思われる」と述べた。

・≪Daisy≫について
  2階の展示室2では、1973年から74年に文化庁の芸術家在外研修で渡仏した際にパリの宿舎で制作した木彫やドローイング、写真、若林作品の重要なキーワードであり、対象との距離を測る物差しである振動尺の連作、1986年のヴェネチア・ビエンナーレに出品した≪大気中の緑色に属するものⅡ≫(部分)や≪軽井沢・高輪美術館の庭≫、≪神慈秀明会神苑の庭≫の模型やドローイング、写真、18点組のドローイングの大作≪多くの川を渡り 再び森の中へ≫のうちの6点などを展観。名古屋市美術館では床から1段高いケース内に展示されていた木彫の≪Daisy≫が、床に直接置かれ、草のような仕切りや石膏の粉のある上部を見ることができた。また、垂直方向に立ち、縦方向の振動尺である≪Daisy≫が一列に並んでいることで前後の奥行きが生まれ、自然との距離について考えさせられた。

・足利所蔵の《飛葉》12点を展示
  2階の展示室3では、≪緑の森の一角獣座≫関連作品や霧島アートの森の≪4個の鉄に囲まれた優雅な樹々≫のドローイング、庭以降の、≪自分の方へ向かう犬Ⅰ≫など境界の犬をテーマとした彫刻やドローイング、足利市立美術館が所蔵する水彩の≪飛葉≫など、最晩年の作品が展示されていた。東京・日の出町のゴミ処分場建設に反対し、トラスト地に制作、東京都による強制収用で壊された庭≪緑の森の一角獣座≫について、何度か現地に足を運んだことがある江尻は「若林さんは石の椅子に腰掛けて、微弱なもの、弱いもの、繊細なものを感じとる作品にしたいということをゴミ処分場の真っただ中で言っていた。人間は樹木を傷めつける方向にも行くことができるが、もとは一つで自然と混じり合うこともできることを、二つの風景の中で一生懸命に表現している」と解説。《飛葉》については「不思議なことに葉は1枚も描かれていない。飛葉は具体的な葉のことでもあるが、人ではない何者かの振動の名前ではないかと思う」と考察した。

・市川政憲講演会「所有について」開催
  7月4日(土)には、美術評論家の市川政憲による講演「所有について」が行われた。市川は東京国立近代美術館で1987年と95年に開催された若林奮の個展を同館在職中に担当し、「若林さんの難解な作品を見事に言葉にしている」(江尻)評論活動でも知られている。講演では、若林の作品タイトルや文章の中によく使われている「所有」という言葉に着目し、「通常使われている意味とは違うことは見当がつく」としながら、「若林さんの場合は『確実に知る』という意味なのではないか」と述べた。また、広辞苑には「ある範囲の隅々まで支配する、占有して管理する」という意味で「領(し)る」という漢字を使うことが記されていることから、若林さんの「しる」は、これにあてはまるのではないかとし、「今回の大きなテーマである庭を、等身大の模型だと考えている。自然というとらえようのないものを、自分の身の丈をひとつの物差しとして隅々まで観察することをねらいとし、庭を作っている」と考察した。また、「若林が1977年頃『自分の視覚について考え直してみようと試みた。私は大地に立って前方に目を向け、そこにあるものを見る。これを私の基本姿勢とした。自分が自然の一部であることを確実に知りたい』と宣言し、その後≪100粒の雨滴≫や振動尺の連作など、自然と人間世界との境界領域におかれる彫刻制作が始まった」と述べた。
  1時間ほどの講演の後、江尻との対談となり、若林が狼や犬が描かれた神社のお札を集めていた話などから境界や犬についての考察やエピソードが語られ、約1時間30分の講演は終了した。

執筆:西澤美子 (文中・敬称略)

若林奮 飛葉と振動
6月6日(土)~8月2日(日)※月曜休館
足利市立美術館(栃木県足利市通2-14-7)
☎0284‐43‐3131
詳細:http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/2015wakabayasi.html
 
【巡回先】
神奈川県立近代美術館 葉山  8月15日(土)~12月23日(火・祝)
府中市美術館  2016年1月9 日(土)~ 2月28日(日)
うらわ美術館  4月23日(土)~6月19日(日)
※名古屋市美術館は終了

【若林奮 略歴】

1936年1月東京・町田市生まれ。59年東京芸術大学彫刻科卒業。73年文化庁在外研修員として渡仏(74年まで)。70年代後半から自分と対象物との空間と時間を把握する「振動尺」の連作を発表。自然の観察に基づく思索的な作品で知られる。80年、86年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。73年、神奈川県立近代美術館、87年、東京と京都の国立近代美術館で個展、95年東京国立近代美術館で2度目の個展。96年中原悌二郎賞、2003年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。武蔵野美術大学、多摩美術大学で教授として後進の育成にも尽力した。2003年10月死去。

参考文献
『若林奮-1989年以後』図録 神奈川県立近代美術館、名古屋市美術館ほか 1997年        
『若林奮 飛葉と振動』図録 名古屋市美術館、足利市立美術館ほか 2015年

写真キャプション
① 展示室2から展示室3をのぞむ
② 展示室1の初期の彫刻
③ 土方定一旧蔵の≪歩く人≫(左)と特別出品を含む初期の木彫
④  特別出品の≪作品≫(ギャラリー十玄門蔵)を解説する江尻潔学芸員
⑤ 展示室2。正面は≪大気中の緑色に属するものⅡ≫<部分>(WAKABAYASHI STUDIO蔵)
⑥ ≪Daisy≫ 展示室2
⑦ 展示室3。正面は≪緑の森の一角獣座―カッパーペインティングC≫(WAKABAYASHI STUDIO蔵)
⑧ 展示室3 右の壁に≪飛葉≫(足利市立美術館蔵)。手前は≪水没Ⅱ≫(WAKABAYASHI STUDIO蔵)

⑨ ≪緑の森の一角獣座―カッパーペインティングD≫(部分)(WAKABAYASHI STUDIO蔵)。左のケースの右が足利会場だけの特別出品≪新々100#87≫

⑩ 市川政憲氏

2015年8月1日