詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

芸術写真の時代——塩谷定好展

■植田正治に「神さま」とよばれた写真家
  東京・三鷹市の三鷹市美術ギャラリーで、「芸術写真」を代表する写真家の一人、塩谷定好(しおたに・ていこう/1899-1988年)の写真展が開催されている。「芸術写真」とは、写真もまた絵画同様に平面芸術の一つであると考えた欧米の「ピクトリアリズム(絵画主義)」の影響を受け、日本では主に20世紀初頭から1930年代にかけて興隆した写真に対する考え方。撮影や暗室作業に技巧をこらし、印画紙にリタッチをほどこすなどして絵画的な作品を志した。
  1899年に鳥取県赤碕町(現・琴浦町)で生まれ、12、3歳で「ベス単」と呼ばれるコダック社の単玉レンズ・カメラを手にした塩谷は、まさにこの「芸術写真」の洗礼を受け、またこれを牽引した世代。地元でカメラクラブを設立し、アマチュア写真家として活動していたが、1920年代半ばから写真雑誌の月例コンテストで入選を繰り返し、全国的にも知られるようになった。鳥取の写真家といえば、鳥取砂丘で演出を施して撮った写真で有名な植田正治がよく知られるが、植田は自分より一世代上の塩谷のことを、「その頃の塩谷さんは、私にとっては神さまみたいな存在で……ただ、そのすばらしい作品に、あこがれ、尊敬しているだけでした」と語っていたという。
 
■半世紀以上にわたる制作活動を作品100点で展観

  会場に並ぶ作品群は、塩谷の長い写真歴を反映し、1920年代初めから1970年代まで半世紀以上にわたるもの。100点の作品が、ほぼ時系列に並んでいる。塩谷は生涯、故郷の山陰の風景や人々、身の回りの静物を写し続けたが、戦前の作品は、たとえば生地の冬の景色を写した《赤碕雪景》のように、ソフトフォーカスをかけて撮影し、印画の際に引きのばしや歪みの効果を加え、さらに顔料等でリタッチをほどこしたものが多い。代表作のひとつ《天気予報のある風景》は、弧を描く水平線が印象的な作品で、展覧会図録の論考には「どのように水平線の角度を操作したのか気になる鑑賞者は多くても、どこの海を撮ったかを問う人は少ないだろう」とあった。確かに、どのように写し、どのようにつくりこんでいるのだろうと、思わずじっくり見ずにはいられない作品が多く、そしてそうやってじっくり見ていると、ソフトフォーカスの効果もあいまって、何か不可思議なものを眼にしているような気がしてくるのが戦前の作品の魅力の一つだろう。一方、戦後の作品は、戦前のような修整は行なわれておらず、シャープな印象の写真が多くなる。たとえば1970年の《圓現》は、アポロ11号の月面着陸のニュースに想を得て、丸石を地球にみたてたものだという。展示の後半では、このような不思議な雰囲気をもった作品や、ユーモアが感じられる作品、あるいは思いがけないモチーフを取り合わせた静物、さらに幽玄な山の景色など、また違った味わいをもつ多彩な作品群が目にできる。
  会場の声に耳をすますと、戦前の日本の風景や人々の姿に懐かしさをおぼえ、写真家のまなざしに温かさを感じる方や、丹念な技法や構図の絵心に感嘆する方、また「芸術写真」というものに新たに関心をもった方、作品の保存状態の良さと美しさに感激する方などの感想の言葉がもれ聞こえ、さまざまな楽しみ方がなされているのがわかる。一点一点の作品に見応えがあると同時に、もっともっと塩谷さんの作品を見たい、芸術写真のことを知りたい——そんな気持ちにさせてくれる展覧会であるように感じられた。

■海外発、進む再評価
  写真好きの人以外では、塩谷定好の名を知る人はまだそう多くないかもしれない。その名がさほど知られていなかったのは、いくつかの理由があるようだ。一つには、塩谷が1930年代半ばに写真雑誌への作品投稿から距離を置くようになったこと、また戦後は鳥取で写真館を経営しながら、一部の公募展や地元の展覧会で作品を発表するにとどめたことにもよる。だが、1975年に発表した写真集が海外の写真ギャラリーのディレクターの目にとまり、国際的な写真展に出品すると、まず海外での評価が高まった。1982年にはドイツのケルンで開かれている世界最大の写真関連見本市フォトキナの写真展「フォトグラフィ1922-1982」で最高賞のフォトキナ栄誉賞を受賞したほか、亡くなった年の1988年には、ヒューストンの「フォトフェスト1988」を皮切りに、アメリカ各地を巡回する個展も開催されている。
  国内では、写真史や芸術写真をテーマとする美術館や博物館の写真展などで再評価が進んでいるが、2014年には、廻船問屋だった生家を記念館とした「塩谷定好写真記念館」が鳥取県琴浦町に開館。2015年、東京・六本木のフジフイルムスクエアで開かれた個展には、約12万人の来場者があった。記念館の整備にともない、戦前のヴィンテージ写真や未発表の写真、関連資料の整理が進められ、今回の展覧会にも最新の調査研究の成果が反映されているという。関東圏の美術館では、初の大規模な個展となる「芸術写真の時代——塩谷定好展」、ぜひこの機会をお見逃しなく。

  なお、三鷹市美術ギャラリーの最寄り駅は、JR中央線の三鷹駅。特快・通勤快速・快速すべての停車駅で、新宿駅から20分前後。改札を南口に出て、駅前すぐの商業ビル「CORAL(コラル)」に入り、一番奥のエレベーターで5階に。20時まで開館しているので、お仕事帰りにもどうぞ。
 
【展覧会欧文表記】 
The Age of Art Photography: Shiotani Teiko Exhibition
【会期・会場】
2016年 8月20日(土)~10月23日(日) 三鷹市美術ギャラリー
http://mitaka.jpn.org/ticket/160820g/flyer2.jpg

三鷹市美術ギャラリー
展示室 
1  三鷹市美術ギャラリー、エントランス
2  《海辺小景》 1924年 ゼラチン・シルバー・プリント 25.0×39.7cm 個人蔵
3  《天気予報のある風景》 1931年 ゼラチン・シルバー・プリント 25.2×28.7 cm 鳥取県立博物館蔵
4  《赤碕雪景》 1932年 ゼラチン・シルバー・プリント 24.3×29.9 cm 鳥取県立博物館蔵
5  《歸路》 1956年 ゼラチン・シルバー・プリント 45.5×55.7 cm 個人蔵
6  《圓現》 1970年 ゼラチン・シルバー・プリント 45.5×55.6cm 個人蔵
7  三鷹市美術ギャラリー展示室。

参考資料:展覧会図録『芸術写真の時代——塩谷定好展』

文責:中山ゆかり

2016年10月15日