詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

花と鳥の万華鏡
―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―

画家たちの挑戦が生み出した、めくるめく花鳥の優美な世界。
   寒風のなか真直ぐに立つ水仙。やがて梅が紅白の花をつけ、鶯とメジロが集う。そして桜の季節を迎え、いよいよ春爛漫となる。花や鳥は、我々に自然の移ろいを知らせてくれる。東京の山種美術館で開催中の「花と鳥の万華鏡―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」展は、伝統的な絵画から現代作家まで、山種美術館所蔵作品を中心に57点の、花と鳥をめぐる幅広い日本画を展観する。優れた内容で、華やいだ気持ちと充実感を味わった。
 
   ●花鳥画の系譜 伝統的な絵画の分野として花鳥画がある。花と鳥を主題とする東洋画を指すもので、昆虫も描かれたり、動物と花木を描く絵画も含む。吉祥を示すものも多く、長く親しまれてきた。中国で六朝時代に興り、唐時代から五代以降盛んになったとされる。日本では中国から中世に伝わり、桃山から江戸時代には豪華絢爛な大画面の金碧障壁画が多く描かれ、江戸中期からは博物学への関心から写生を重んじる傾向が強まった。そして明治時代以降、画家たちは西洋画に対する新しい日本画の表現を模索し、様々な試行を行ってきた。
   ●花と鳥の多彩な世界 展覧会場は、まさに「花と鳥の万華鏡」。花と鳥の種類も多く、その表現も多様だ。また、同じ対象を描いていても、違いが見えて面白い。
   例えば、花の王者である牡丹を見てみよう。渡辺省亭(1851~1918)による《牡丹に蝶図》(1893(明治26)年)は、初公開である。省亭は渡仏経験をもち、洒脱な花鳥画が海外でも高く評価された。豪華に咲き誇る牡丹と枯れて散りゆく牡丹、そして蝶が色彩鮮やかに描かれ、細部まで練られている。新しい日本画を模索した菱田春草(1874~1911)の《白牡丹》(1901(明治34)年頃)は、風に花弁を大きく翻し、一人の人間のようだ。左上部の大きな余白にごく小さな蝶が舞う。また、速水御舟(1894~1935)の《牡丹花(墨牡丹)》(1934(昭和9)年)は、実際にはない黒い牡丹だ。輪郭線を使わず、柔らかく重なる花弁を墨の濃淡で、葉を白緑と薄墨で表現し、滲みも見事。一作ごとに新境地を開いた御舟は、日本画の画材を知り尽くしていたといわれる。40歳で歿する前年の作品である。
   鳥では、孔雀を見てみると、岡本秋暉(1807~62)の《孔雀図》(19世紀・江戸時代)は、水流を挟んで立つ二羽の孔雀を金泥、群青、緑青の濃彩で緻密に描く。これは1731~33年に中国の清から来日し、江戸時代の花鳥画に大きな影響を及ぼした沈南蘋(しんなんぴん)(生歿年不詳)の画風にならったものだ。上村松篁(1902~2001)の《白孔雀》(1973(昭和48)年)は、横長の画面に真っ白な孔雀を真横から描き、ハイビスカスの花を周囲に配し、孔雀の颯爽たる佇まいと神聖さをくっきりと表現。写実をもとにした繊細で優美な世界だ。
   ●鳥の動きの表現 鳥の動く姿に着目した作品も多く出品され、躍動感の表現も鳥の生態も興味深い。竹内栖鳳(1864~1942)の作品群は、生き生きとしていて楽しい。鋭い観察に基づいている。早い筆勢で描かれた《みゝずく》(1933(昭和8)年)や《鴨雛》(1937(昭和12)年)はユーモラス。すべてに栖鳳の暖かい眼差しが感じられる。一方、小山硬(おやまかたし)(1934~)の《海鵜》(1980(昭和55)年)は、驚くべき白さの画面に多数の鵜が姿を見せ、啼き声が聞こえてくるようだ。単純化された表現のなかに野生の獰猛さが充溢する。
   また、17世紀・江戸時代に制作された作者不詳の《竹垣紅白梅椿図》(重要美術品)は、六曲一双の金地屏風。本展では最も古い作品だ。のびやかで絶妙な構成が光る逸品である。全面に弓状に曲げた竹垣が広がり、右隻に白梅と紅椿が、左隻には紅梅と白椿が組合わされる。そこに小鳥が所々に描かれ、「飛、啼、宿、食」の四態を表す。鳥のこの四つの動きは室町時代に中国から日本に伝わり、その後の鳥の表現に大きく影響を与えたといわれる。
   ●四季花鳥図 江戸琳派の鈴木其一(1796~1858)の《四季花鳥図》(19世紀・江戸時代)は、琳派が好んだ二曲一双屏風。豪華さと鋭さを併せもつ。金地背景に、右隻に向日葵、菜の花、蒲公英、朝顔など春と夏の花が、左隻には菊、吾亦紅、薄、女郎花、桔梗、撫子、萩、水仙など秋と冬の花が描かれ、鶏の親子と雌雄の鴛鴦が中央で向かい合う。全季節の吉祥を示す花鳥を織り込むことで、理想郷を表現している。四季花鳥図の系列では、岸連山(1804~59)や荒木十畝(1872~1944)らの華麗な作品も見ることができる。
   この他も見所が尽きない。速水御舟の《翠苔緑芝》(1928(昭和3)年)は琳派の構成を意識して制作され、独自の技術を駆使した傑作であり、《桃花》(1923(大正12)年)は小品ながら中国の南宋の院体画に影響を受けた高水準の作品だ。また、松林桂月(1876~1963)の《春雪》(19~20世紀(明治~昭和時代))も難しい表現をこなし、高い境地にある。雪の表現が秀逸である。
   本展を廻り、優美な花や鳥の姿や絵画の様々な在りように魅了されるとともに、それらを生み出した画家たちの限りない挑戦の数々を知り、強い感銘を受けた。また、花鳥を愛でる気持ちや文化が長く引き継がれてきたこと、今も不変であることを再認識させられた。 
   本展覧会を是非多くの方々にご覧いただきたく思います。

【参考文献】
1) 山下裕二 監修、山種美術館学芸部 編集、山下裕二・山﨑妙子・高橋美奈子・三戸信惠・櫛淵豊子 執筆:『山種美術館創立45周年特別展 ザ・ベスト・オブ・山種コレクション』、山種美術館 発行、2011年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2015年3月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

20150324_001
写真1 会場風景。作者不詳≪竹垣紅白梅椿図≫(重要美術品)、
17世紀(江戸時代)、山種美術館蔵。(撮影: I.HOSOKAWA)

20150324_002
写真2 会場風景。松林桂月≪春雪≫19~20世紀(明治~昭和時代)、
山種美術館蔵。(撮影: I. HOSOKAWA)


【会期・会場】
2015年2月11日~4月12日 山種美術館
<電話> 03-5777-8600 ハローダイヤル 
<詳細> http://www.yamatane-museum.jp/

※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2015年3月25日