詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

石川直樹:ASCENT OF 14―14座へ

  • 千代田区立日比谷図書文化館 (東京都・千代田区)

 エベレスト、K2、アンナプルナなど、世界の8000㍍を超える山14座を写真家の石川直樹(1977年、東京都生まれ)が撮った写真や映像と、それぞれの山を初登頂した登山家の本、その本の中から初登頂前後の状況が書かれた文章を、1座ごとに紹介する展覧会が千代田区立日比谷図書文化館で開かれている。

右はアンナプルナ(8091㍍)、左はマカルー(8463㍍)の展示
右はアンナプルナ(8091㍍)、左はマカルー(8463㍍)の展示

 石川は、2001年5月にエベレスト(8848㍍)に登頂した後、23年10月までに13座の登頂に成功した。だが、13座目のチョーオユ―(8201㍍)に続いて挑戦したシシャパンマ(8027㍍)は、頂上目前まで迫ったものの、目の前で2度雪崩が起きて別の登山隊の4人が亡くなる事故があり撤退を決断。タイトルを「14座へ」としたのは、最後の1座の登頂を果たしていないことと、今春再度チャレンジすることから。
 展示されている14座の写真137点は、すべて石川が麓から登りながら撮影したフィルム写真。そのうち、額装された大型の写真は中判カメラで撮った山の全容で、六つ切り、四つ切りサイズの写真は登りながら出会った人々や光景を写している。登山では持てる荷物の重量が限られ、寒さでフィルム交換もままならないが、石川は、「写真というのは記録であり、記憶と直結するものなので、一期一会の出会いがきっちり写るフィルムのカメラを使っている。自分が出会っている風景がしっかりと写る感覚がある」という。

ギャラリートークをする石川直樹。2023年12月15日
ギャラリートークをする石川直樹。2023年12月15日

 また、今回展示した14座に初登頂した登山家たちの本を読み、多くの気付きや驚きがあったとも。例えば1950年にフランス隊が人類初の8000㍍峰に登頂したアンナプルナ(8091㍍)の本では、アンナプルナと隣にそびえるダウラギリ(8167㍍)のどちらに登るかを決めていない状態で山に入り、ルートを探りながら何か月もかけて最終的にアンナプルナに登頂するまでの地道な行程が延々と書かれていた。だからこそ痛感したのが、「これこそが真のパイオニアワークであり、彼らの登山に比べると、自分のやってきたことはただの遠足に過ぎない」ということ。「14座の山々が未踏だった時代、苦闘を繰り広げて山に向かいあった人々が、確かにいた。書物を通して彼らに出会うことは、ぼくのヒマラヤへの想いを刷新するに足る体験でもあった」。

モーリス・エルゾーグ(近藤等訳)『アンナプルナ登頂』岩波少年文庫 1989年。 本を開いて山のように三角形に立てて展示している
モーリス・エルゾーグ(近藤等訳)『アンナプルナ登頂』岩波少年文庫 1989年。 本を開いて山のように三角形に立てて展示している

 さらに石川が「日本の出版は凄い」と思ったのが、14座の初登頂本がすべてきちんと翻訳されていること。「日本の豊かな図書文化の象徴」だという。珍しいのはシシャパンマの翻訳本。北陸児童文学協会が1967年に出版した郭超人(かつおきんや訳)『シーシャパングマにいどむ』で、冊子風の作りになっている。

右が北陸児童文学協会が出版した郭超人(かつおきんや訳)『シシャパングマにいどむ』。左は原著の郭超人『征服希夏邦馬峰』少年児童出版社 1965年
右が北陸児童文学協会が出版した郭超人(かつおきんや訳)『シシャパングマにいどむ』。左は原著の郭超人『征服希夏邦馬峰』少年児童出版社 1965年

 展覧会では、図書館の蔵書や新聞記事などから、人々が山にどのような関心を抱いてきたのかを示す展示もある。14座のうち、唯一日本の隊が初登頂したマナスルのコーナーでは、『少年少女世界の名作 日本編―8 二十四の瞳ほか』に収載された「マナスル登頂物語」や、初登頂の記録映画をタブレットで上映して紹介し、初登頂で沸き起こった日本の登山ブームを伝えている。

「マナスル登頂物語」が収載されている『少年少女世界の名作 日本編―8 二十四の瞳ほか』とタブレットで上映している初登頂の記録映画
「マナスル登頂物語」が収載されている『少年少女世界の名作 日本編―8 二十四の瞳ほか』とタブレットで上映している初登頂の記録映画

 また、唯一、頂に立つことができなかったシシャパンマのコーナーでは、ベースキャンプの写真を額装し、床に置いて展示している。展覧会開催の約2か月前まで挑戦していたため「荒編集だが、一部始終が見られるように6、7分程度にまとめた」映像も初公開。シシャパンマには今春再チャレンジするという。

唯一、登頂を果たしていないシシャパンマの写真は床に置いて展示している。額装した山の全容の写真の多くはロープやカラビナを使って展示
唯一、登頂を果たしていないシシャパンマの写真は床に置いて展示している。額装した山の全容の写真の多くはロープやカラビナを使って展示

 1950年代から60年代に14座に初登頂した人が見た風景と2000年代に石川が見た14座の風景が本や写真、新聞記事などで相対的に展示され、山を知るとともに、人々の勇気や積み重ねられてきた営みや歴史が感じ取れる。
 来場者には、石川が日比谷公園を撮影し言葉を寄せた冊子が配られている。激しい遠征から戻った際に日比谷公園を訪れて癒されているという石川が、大規模工事が始まり、変貌してしまう前に「公園のディティールを記録し、土地の記憶をフィルムに刻みつけたい」との思いで制作した。
 
(文中敬称略)
 
執筆・写真撮影:西澤美子
 
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
 
●石川直樹:写真家。東京芸術大学大学院修了。22歳で北極から南極まで人力で踏破、23歳で7大陸最高峰登頂に成功、辺境から都市まで国内外のあらゆる場所を旅しながら人類学や民俗学などの視点を取り入れた独自のスタイルで作品を発表している。2011年『CORONA』(青土社)で土門拳賞、2020年『EVEREST』(CCCメデイアハウス)、『まれびと』(小学館)で日本写真協会賞作家賞を受賞するなど受賞歴多数。著書に開高健ノンフィクション大賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)など。

【会期・会場】
2023年12月16日(土)~2024年2月18日(日) 千代田区立日比谷図書文化館(東京都・千代田区)
日比谷図書文化館HP:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/