詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

森鷗外記念館で現代アート!Vol.3 
「刹那」よ「止まれ、お前はいかにも美しいから」

●佐野陽一と富岡直子の作品がエントランス、図書室などに
  明治の文豪、森鷗外の旧居跡に建つ、東京・文京区の森鷗外記念館で現代美術作品を展示する「森鷗外記念館で現代アート!」が開かれている。
  森鷗外の仕事や作品を現代的価値や意味につなげる試みとして、記念館のエントランスや図書室などの無料ゾーンで開催される企画で、今年で3回目となる。ディレクションは美術評論家の倉林靖。出品作家は写真の佐野陽一と絵画の富岡直子。テーマは「『刹那』よ『止まれ、お前はいかにも美しいから』」。1913年に刊行された鷗外訳のゲーテ『ファウスト』の中のセリフを引用している。
  10月3日に開かれたオープニングレセプションで、倉林はこの言葉を「瞬間の美しさだけではなく、経験や内面から滲み出るものが加わり、新たな光を発して外へ出ていこうとする美しさを表しているのではないか」と考え、「佐野と富岡の作品がどちらも光をとらえ、それが内面からの光とともに作品に反映されていると感じ、選んだ」と話した。「現代アートにはいろいろあるが、美しくない作品も多い。2人の作品を展示して改めて美しいと感じた。精神の癒しという意味からも鷗外の美学と結びつくのではないか」という。

●ピンホール・カメラで水辺の光をとらえる 
  佐野陽一は「世界を知覚する手掛かりとしての写真」をテーマにピンホール・カメラの手法で作品を制作している。「作品を作る時の手順や手数を省いていきたいと思っていた学生時代にピンホール・カメラに出合い可能性を感じた」という。
  今展では、建物の中に誘うかのようにエントランス正面に《flow》2点と《reservoir》の計3点が壁に立て掛けて展示されている。いずれも水辺をモチーフにした作品だ。佐野は「水のあるところには光の反射が生まれる。写真は光がないと生まれないので、光が核となっている。主観や個性を反映させるのではなく、写真という手法自体が持っているものをそのまま提示することで面白い表現ができるのではないか」と考えている。
  作品は自ら選択した。1階エントランスの3点のうち、中央に展示されている《flow》は10年前の個展で発表した作品だが、倉林からテーマとなるタイトルを聞いた時に「今回のために作った気がした。もともと写真は瞬間を切り取る表現だと思うが、切り取られた時間は過去にも未来にもどこにも属さない。そうしたことが初めて生きた」という。両脇の作品は、川沿いの木を下から見て、葉が逆光で太陽にすけている状態をとらえた。
  図書室には、分厚いアクリルでマウントして自立する立体的な《vessel》シリーズを展観。階段の踊り場や廊下などにも水辺や木々を被写体とした作品など全体で16点を出品している。
  佐野は1970年東京都生まれ。東京造形大学造形学部研究生修了。2004年から05年まで文化庁新進芸術家国内研修員。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科非常勤講師。

●絵画に光=希望を求めて
  富岡直子は光を捉え、観るものを包み込むような絵画作品を制作している。
  本展ではカフェや図書室前の廊下に《resonance-Ⅰ》《resonance-Ⅱ》のアクリル画や、ドローイングなど16点を展示。ドローイングは今回が初めての公開となり、作品へのアプローチを垣間見ることができ興味深い。
  いずれも青と黄を基調とし、「色を重ねながら描くことで光を現出させ」(富岡)、その重なりが深みを増したり、広がりをもたらすような作品だ。富岡は「絵画に『光』=希望のようなものが現れることを求めて描いてきた」という。
  カフェに展示された《resonance》は、水平線を描いた。「水平線の上と下は、外なる世界と内なる世界のメタファーでもある」(富岡)という。外と内の共鳴を表現するその作品は、海や空を思わせ、やわらかな光に包まれるようだ。
  富岡は1966年神奈川県生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。96年「VOCA展1996」でVOCA奨励賞受賞、2006年文化庁新進芸術家海外研修員としてニューヨークに滞在。

  鷗外記念館は鷗外生誕150年を記念して2012年にリニューアルオープンした。建築家の陶器二三雄の設計によるモダンでシンプルな建物だ。佐野と富岡の作品は当初から記念館のために選ばれ、展示されていたように空間に馴染んでいる。また、建物内部にも光が差し込むため、訪れる時間により作品から受けるイメージも異なる。

●ディレクション倉林靖のリコーダー演奏も
  11月7日(土)には、プロのリコーダー奏者でもある本展ディレクションの倉林靖とチェンバロの渡辺玲子による音楽ライブ「リコーダーとチェンバロのデュオ~ドイツ・バロック音楽から明治まで」がエントランスで開催される。18時30分から19時30分まで。観覧料無料。ほかにアーティストの金大偉の音楽ライブ「Dream of Neo Asia」が11月6日(金)18時30分から19時30分、空間映像インスタレーション「無幻と色彩の風景」の上映が11月6日(金)から8日(日)17時から20時など、秋の夜長のスペシャルイベントとして開催される。

  なお、森鷗外の医者としての仕事に着目する特別展「ドクトル・リンタロウ―医学者としての鷗外」も同時開催されている。

執筆:西澤美子(文中敬称略)


森鷗外記念館で現代アート!Vol.3
「刹那」よ「止まれ、お前はいかにも美しいから」

10月3日(土)~12月6日(日)※第4火曜休館
10時~18時(最終入館は17時30分、11月6日~8日は20時まで開館)
文京区立森鷗外記念館・無料ゾーン(東京都文京区千駄木1-23-4)
☎03-3824-5511
http://moriogai-kinenkan.jp

参考文献
:『クインテットⅡ 五つ星の作家たち』図録 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 2015年 (文中、富岡直子の言葉は同図録より引用)

写真キャプション
①佐野陽一《flow》2004-05年(左、中央)、《reservoir》2003年(右)
②佐野陽一《flow》2010-2015年
③佐野陽一《vessel》2006-07年、2013年
④富岡直子《resonance-Ⅰ》《resonance-Ⅱ》いずれも2008年、株式会社ベリタス蔵
⑤富岡直子 ドローイング 2006年~2008年 

2015年11月5日