詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

森鷗外記念館で現代アート!Vol.3 
「刹那」よ「止まれ、お前はいかにも美しいから」

●佐野陽一と富岡直子の作品がエントランス、図書室などに
  明治の文豪、森鷗外の旧居跡に建つ、東京・文京区の森鷗外記念館で現代美術作品を展示する「森鷗外記念館で現代アート!」が開かれている。
  森鷗外の仕事や作品を現代的価値や意味につなげる試みとして、記念館のエントランスや図書室などの無料ゾーンで開催される企画で、今年で3回目となる。ディレクションは美術評論家の倉林靖。出品作家は写真の佐野陽一と絵画の富岡直子。テーマは「『刹那』よ『止まれ、お前はいかにも美しいから』」。1913年に刊行された鷗外訳のゲーテ『ファウスト』の中のセリフを引用している。
  10月3日に開かれたオープニングレセプションで、倉林はこの言葉を「瞬間の美しさだけではなく、経験や内面から滲み出るものが加わり、新たな光を発して外へ出ていこうとする美しさを表しているのではないか」と考え、「佐野と富岡の作品がどちらも光をとらえ、それが内面からの光とともに作品に反映されていると感じ、選んだ」と話した。「現代アートにはいろいろあるが、美しくない作品も多い。2人の作品を展示して改めて美しいと感じた。精神の癒しという意味からも鷗外の美学と結びつくのではないか」という。

●ピンホール・カメラで水辺の光をとらえる 
  佐野陽一は「世界を知覚する手掛かりとしての写真」をテーマにピンホール・カメラの手法で作品を制作している。「作品を作る時の手順や手数を省いていきたいと思っていた学生時代にピンホール・カメラに出合い可能性を感じた」という。
  今展では、建物の中に誘うかのようにエントランス正面に《flow》2点と《reservoir》の計3点が壁に立て掛けて展示されている。いずれも水辺をモチーフにした作品だ。佐野は「水のあるところには光の反射が生まれる。写真は光がないと生まれないので、光が核となっている。主観や個性を反映させるのではなく、写真という手法自体が持っているものをそのまま提示することで面白い表現ができるのではないか」と考えている。
  作品は自ら選択した。1階エントランスの3点のうち、中央に展示されている《flow》は10年前の個展で発表した作品だが、倉林からテーマとなるタイトルを聞いた時に「今回のために作った気がした。もともと写真は瞬間を切り取る表現だと思うが、切り取られた時間は過去にも未来にもどこにも属さない。そうしたことが初めて生きた」という。両脇の作品は、川沿いの木を下から見て、葉が逆光で太陽にすけている状態をとらえた。
  図書室には、分厚いアクリルでマウントして自立する立体的な《vessel》シリーズを展観。階段の踊り場や廊下などにも水辺や木々を被写体とした作品など全体で16点を出品している。
  佐野は1970年東京都生まれ。東京造形大学造形学部研究生修了。2004年から05年まで文化庁新進芸術家国内研修員。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科非常勤講師。

●絵画に光=希望を求めて
  富岡直子は光を捉え、観るものを包み込むような絵画作品を制作している。
  本展ではカフェや図書室前の廊下に《resonance-Ⅰ》《resonance-Ⅱ》のアクリル画や、ドローイングなど16点を展示。ドローイングは今回が初めての公開となり、作品へのアプローチを垣間見ることができ興味深い。
  いずれも青と黄を基調とし、「色を重ねながら描くことで光を現出させ」(富岡)、その重なりが深みを増したり、広がりをもたらすような作品だ。富岡は「絵画に『光』=希望のようなものが現れることを求めて描いてきた」という。
  カフェに展示された《resonance》は、水平線を描いた。「水平線の上と下は、外なる世界と内なる世界のメタファーでもある」(富岡)という。外と内の共鳴を表現するその作品は、海や空を思わせ、やわらかな光に包まれるようだ。
  富岡は1966年神奈川県生まれ。多摩美術大学絵画科卒業。96年「VOCA展1996」でVOCA奨励賞受賞、2006年文化庁新進芸術家海外研修員としてニューヨークに滞在。

  鷗外記念館は鷗外生誕150年を記念して2012年にリニューアルオープンした。建築家の陶器二三雄の設計によるモダンでシンプルな建物だ。佐野と富岡の作品は当初から記念館のために選ばれ、展示されていたように空間に馴染んでいる。また、建物内部にも光が差し込むため、訪れる時間により作品から受けるイメージも異なる。

●ディレクション倉林靖のリコーダー演奏も
  11月7日(土)には、プロのリコーダー奏者でもある本展ディレクションの倉林靖とチェンバロの渡辺玲子による音楽ライブ「リコーダーとチェンバロのデュオ~ドイツ・バロック音楽から明治まで」がエントランスで開催される。18時30分から19時30分まで。観覧料無料。ほかにアーティストの金大偉の音楽ライブ「Dream of Neo Asia」が11月6日(金)18時30分から19時30分、空間映像インスタレーション「無幻と色彩の風景」の上映が11月6日(金)から8日(日)17時から20時など、秋の夜長のスペシャルイベントとして開催される。

  なお、森鷗外の医者としての仕事に着目する特別展「ドクトル・リンタロウ―医学者としての鷗外」も同時開催されている。

執筆:西澤美子(文中敬称略)


森鷗外記念館で現代アート!Vol.3
「刹那」よ「止まれ、お前はいかにも美しいから」

10月3日(土)~12月6日(日)※第4火曜休館
10時~18時(最終入館は17時30分、11月6日~8日は20時まで開館)
文京区立森鷗外記念館・無料ゾーン(東京都文京区千駄木1-23-4)
☎03-3824-5511
http://moriogai-kinenkan.jp

参考文献
:『クインテットⅡ 五つ星の作家たち』図録 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 2015年 (文中、富岡直子の言葉は同図録より引用)

写真キャプション
①佐野陽一《flow》2004-05年(左、中央)、《reservoir》2003年(右)
②佐野陽一《flow》2010-2015年
③佐野陽一《vessel》2006-07年、2013年
④富岡直子《resonance-Ⅰ》《resonance-Ⅱ》いずれも2008年、株式会社ベリタス蔵
⑤富岡直子 ドローイング 2006年~2008年 

2015年11月5日