詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

戦争と平和 伝えたかった日本  
戦後70年 報道写真を検証 IZU PHOTO MUSEUM

  戦後70年を迎えた今年、戦中、戦後の報道写真をテーマに、プロパガンダの足跡を辿る展覧会が静岡県・三島のIZU PHOTO MUSEUMで開かれている。
  日本のジャーナリズムがどのように生まれ、戦争と関わったのかをまとめた著書『〈報道写真〉と戦争 1930-1960』(吉川弘文館刊)で、6月に日本写真協会学芸賞を受賞した白山眞理と同館学芸員の小原真史が共同企画した。「戦中の報道写真について語られないまま日本の写真史が形成されてきた。その空白を埋めていこう」(小原)との意図で、名取洋之助、木村伊兵衛、土門拳、山端庸介、小柳次一、菊池俊吉、林重男ら報道写真の担い手たちの仕事を中心に、約1千点の資料で実像に迫っている。
  白山は「展覧会では1930年代から50年代までの長期間にわたり報道写真が使われていく道筋を紹介した。30年代は外貨獲得のための外客誘致や日本の文化紹介、オリンピック招致、40年代は戦争プロパガンダ、戦後は進駐軍に向けたものなど。見ていくと、メディア戦略の道筋があり、きな臭い現在にも共通することがわかる。過去のことではなく、自分たちは今どこにいて、これから何が起きるだろうかという想像力を働かせ、ここに行かないためにはどうしたら良いかということを感じ、受け止めてもらえたら」と話す。

●日本文化を海外にアピール
  本展は4つのパートに分かれている。
  第1部は日本文化の紹介。最初期の資料として出品されている写真同人誌『光画』は、1932年に野島康三、中山岩太、木村伊兵衛が同人となり、1932年に創刊された。美術評論家の伊奈信男による論文で「新しい写真を制作するには社会を意識せよ」と主張する「写真に帰れ」が創刊号に掲載され、伊奈も第2号から同人になった。伊奈は、1934年に日本工房から刊行された『報道写真に就いて』でも「印刷化された写真によるイデオロギー形成の力は絶大である」と述べ、その後の報道写真の行方を見据えている。
  名取洋之助が日本工房から1934年に創刊し、新人の土門拳の活動の場ともなった欧文の季刊対外グラフ誌『NIPPON』もまとまったかたちで展観。創刊号に出資した鐘淵紡績の津田信吾社長による「外国の人に真実の日本の姿を認識せしめ、彼等の有するあらゆる優越感を是正することが目下の急務である。世界平和の鍵は、こゝにある」との言葉も掲示されていた。1936年に刊行された第7号では、1940年のオリンピック招致に向けて柔道、剣道などの日本スポーツの精神性を伝えている。
  外貨獲得のために日本への観光を誘い、オリンピック開催のアピールも行った英文季刊誌で木村伊兵衛や渡辺義雄らの写真による『TRAVEL IN JAPAN』(鉄道省国際観光局刊)、国際文化振興会が陸海軍、外務省、情報委員会などの事変関係費により1938年に刊行した写真帖で英独仏語のキャプションがついた『日本』など希少な資料も展観。コピーでの展示だが、鉄道省国際観光局が国際報道写真協会に制作を依頼して1937年のパリ万博に出品した≪日本観光写真壁画≫はグラフィック・デザイナーの原弘が高さ2.35㍍幅18㍍の絵巻形式で構成。オリンピックと万博招致活動の一環でもあった。
  なお、報道写真とは、名取が示したドイツ語のルポルタージュ・フォトを伊奈が訳した言葉で、グラフ誌などで物事を伝える組写真を指す(『戦争と平和 〈報道と写真〉が伝えたかった日本』平凡社刊より)。

  ●戦争とプロパガンダ
  第2部はプロパガンダ。満州事変や国際連盟脱退などで国際的に孤立していった日本が国威発揚のためのプロパガンダに邁進し、欧米や南方向けの広報なども行っていった記録が紹介されている。
  内閣情報部が「カメラを通じて国策をわかりやすく国民に伝える」という趣旨で発行した週刊のグラフ雑誌『写真週報』の表紙が壁一面に291冊掲げられたコーナーは圧巻だ。創刊号は、天孫降臨伝説のある高千穂の峰と「愛国行進曲」を歌う子どもたちをモンタージュした木村伊兵衛の写真が表紙になっている。日独伊親善協会主催のドイツ、イタリア、スペイン、満州国代表団らによる富士登山を記録した土門拳の写真や「石炭へ いま増産の動員令」と題した菊池俊吉の特集、少年兵の募集の告知を表紙にした1944年10月4日号など、名取洋之助、木村伊兵衛、土門拳、菊池俊吉、渡辺義雄、入江泰吉らの写真家をはじめ、アマチュアカメラマンの写真までもが国策のプロパガンダに組み込まれた事実が明らかになっている。
  1942年に創刊した帝国陸軍の参謀本部買い上げのグラフ誌で、木村伊兵衛、渡辺義雄、菊池俊吉、濱谷浩らの写真家や、美術部門では原弘や多川精一らが腕をふるった『FRONT』(東方社刊)も全9冊(但し、「満州国建設号」はオリジナル以外の版で刷られている)を展観。毎号、海軍、陸軍、満州などの特集形式をとり、大東亜共栄圏向けに英、仏、タイ、ビルマなど15カ国語版で製作されていたという。大胆な構図や合成写真などを用いて戦意を高揚させている。1945年の空襲で製本所が火事になり、焼失したため未刊となった「戦時東京号」が原弘の元にあった校正刷りの段階の版として展示されているのは必見だ。
  また、『満州グラフ』『華北』『北支』など、中国大陸での鉄道会社によるグラフ誌も紹介。移住や観光を誘う特集を組んでいた事実が提示されていた。

  ●人間天皇と原爆の写真
  第3部は敗戦と占領期。
  戦争責任を免れた昭和天皇のプライベートな写真を掲載した『LIFE』や『天皇』と題したグラフ誌を展示。これまで女性皇族と一緒に写ることがなかった天皇の、娘の孝宮との2ショットなど、「人間天皇」としての歩みを踏み出したことが見てとれる。
  また、長崎での原子爆弾の惨状を投下翌日の8月10日に撮影した山端庸介の写真を展示。この写真は、第4部の冷戦期の宣伝戦のコーナーで紹介されている1955年にニューヨーク近代美術館で開催し、翌年日本に巡回した「ザ・ファミリー・オブ・マン」展へとつながっている。エドワード・スタイケンが企画したこの展覧会は、世界38カ国を巡回し、世界中から集められた200万枚以上の中から選ばれた503枚の写真と文章を組み合わせて「人類はひとつである」というメッセージが込められていた。日本展では、丹下健三や木村伊兵衛、渡辺義雄、金丸重嶺、石元泰博、河野鷹思らが実行委員を務め、唯一の被爆国としてのイメージを推し出した。しかし、東京会場に昭和天皇が訪れた際、山端庸介が撮影した長崎の原爆の写真がカーテンで隠され、その後、撤去されたことが物議をかもした。今回の展覧会では当時の展示風景を模した写真パネルが再現され、この事件が報道された新聞記事も紹介された。実行委員長のスタイケンが「特定の事柄」を取り扱うことはこの展覧会にふさわしくないとして撤去したことに対し、渡辺義雄や名取洋之助らが主催者に抗議文を提出、山端も意義申し立てを行っている。

●トークイベント「〈報道写真〉の亡霊」開催
  7月26日(日)には、MUSEUMに隣接するホールで、写真家の北島敬三、松本徳彦、パリ社会科学高等研究院博士課程の土山陽子、白山眞理、小原真史によるトークイベント「〈報道写真〉の亡霊」が開かれ、「戦争と平和展」の企画の基盤ともなった「写真100年展」と「ザ・ファミリー・オブ・マン」展を軸に話が進められた。
  1968年に開催され、幕末から敗戦までの写真を集めた「写真100年展」は主催者の日本写真家協会の当時の会長の渡辺義雄や名誉会長の木村伊兵衛をはじめ、東松照明や中平卓馬ら写真家による企画展で、それまでほとんど公表されてこなかった戦争中の報道写真が数多く展示された。
  トークでは最初に、その運営に参加した松本が、展覧会の経緯や状況を話した。また、北島は、文学や絵画の世界では戦争責任が問われたが、同じく戦意発揚に加担した写真の世界では行われなかったことをふまえ、「そこに踏み込んだのが『写真100年展』」だと述べた。
  松本は、戦争責任について「渡辺義雄らは戦争中に国際報道写真協会などの要職を務めたので戦争責任は痛切に感じていたと思うが、写真家自らが声を発したものがほとんどないことは事実だ。戦争に加担するわけではないが、当時はそれしか生きる道がなかったと言って差し支えないのではないか」と述べたのに対し、北島は「戦争責任の反省どころか、東方社のメンバーなどは戦中と戦後にスポンサーが変わっただけで、やっていることは全く同じで今回の展覧会を見てもよくわかる」と述べた。
  また土山は「ザ・ファミリー・オブ・マン展」を研究している立場から、その概要や山端庸介の長崎の原爆の写真の扱いなどを詳細に説明。その中で、同展では「核のイメージが大きなトピックとしてあり、核の脅威に対しての抑止力と原子力の平和利用についての二つのイデオロギーが視覚的に定義されていた」と述べた。また、ニューヨークでは展示されていた水爆の核実験の写真が日本展でははずされ、代わりに山端の長崎の爆心地付近の風景を背景に4枚の写真を配した展示が行われ、会期中に撤去されたことを改めて詳しく紹介した。
  小原は「山端は撤去に対して異議申し立てをしているが、渡辺義雄や木村伊兵衛が何も言わないのは問題ではないか。しかし、渡辺や木村がトップにいる中で『写真100年展』を開いたのは意味が大きかった」と言い、また、「『ザ・ファミリー・オブ・マン』展が、アメリカの対外宣伝機関USIA(米国広報文化交流局)の管理下にあり、日本への巡回展の主催にはその出先機関であるUSIS(米国広報文化交流庁)が加わっていた。USISは日本各地の新聞社などと共催で「原子力平和利用博覧会」を巡回していたことを考えるならば、この2つの展覧会は相互に補完関係にあったと考えるべきで、そのため原爆写真の撤去につながった。『ザ・ファミリー・オブ・マン』展も冷戦時代の対外宣伝の一環として位置づけられる」と見ている。
  白山は「写真を1枚1枚としてではなく、グラフ誌や本のどのような文脈で使われたのかを見ていく必要がある」と述べた。

  報道写真は、その扱い方によって強力な武器となる。土門拳は、「僕達は、云はばカメラを持った憂国の志士として起つのである。その報道写真家としての技能を国家へ奉仕せしめんとするのである」と戦時協力の言葉を発していたが、「戦後はその反動のようにリアリズム運動に邁進していく」(白山)。
  今展では、写真界で戦争責任に対する追及が殆ど行われてこなかった事実も明らかになった。平和への道しるべとなるよう、戦前、戦中、戦後の報道の実態を明らかにする今回の研究をより推し進めていくことを願う。

執筆:西澤美子 (文中:敬称略)

参考文献:『戦争と平和 〈報道と写真〉が伝えたかった日本』 著:白山眞理、小原真史 発行:平凡社 2015年

写真キャプション
① 『光画』1巻3号 1932年(左)、同2巻9号1933年
② 写真帖『日本』1938年(下)、『日本観光写真壁画』1937年(上)など
③ 『写真週報』の表紙
④ 1942年創刊の『FRONT』
⑤ 『FRONT』(戦時東京号)校正刷 1945年 
⑥ 『満州グラフ』『北支』など
⑦ 『天皇』1947年 トッパン 編集/サン・ニュース・フォト、校正/亀倉雄策
⑧ 「ザ・ファミリー・オブ・マン」展の山端庸介の写真パネルの再現
⑨ 天皇来場時に山端のパネルが隠されたことを報じる新聞記事
⑩ トークイベント。左から、小原、土山、松本、北島、白山
※⑤はIZU PHOTO MUSEUM提供。それ以外は筆者撮影

「戦争と平和 伝えたかった日本」
7月18日(土)~2016年1月31日(日)※水曜休館(但し祝日の場合は翌日休館)、年末年始、12月24日は開館
入館料:大人800円、高・大学生400円、中学生以下無料
IZU PHOTO MUSEUM(静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1)
☎055-989-8780
http://www.izuphoto-museum.jp

2015年9月29日