詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

展覧会 岡本太郎

(※文章は東京都美術館での取材記事です。)

 新たな表現への挑戦を続けた美術家・岡本太郎(1911~96年)の最初期の水彩画から最晩年の未完の油彩画まで、主要作品が一堂に会した過去最大規模の回顧展が上野の東京都美術館で開かれている。
 全体を6章に分けて時系列でその足跡を見渡しているが、第1章の前に時代やテーマを超えた主要な大型作品を中心に集め、まずは太郎のパワーを浴びようというような序章的な部屋があり、最大の特色のひとつとなっている。

「展覧会 岡本太郎」展示風景 手前の立体は「顔」1952年、右は「若い夢」1974年、中央の絵画の大作は「森の掟」1950年
「展覧会 岡本太郎」展示風景 手前の立体は「顔」1952年、右は「若い夢」1974年、中央の絵画の大作は「森の掟」1950年

岡本太郎ゆかりの東京都美術館

 東京都美術館は、岡本が1947年から60年まで会員として大作を発表した二科展や、49年の第1回展から8回展まで出品した読売新聞社主催の「日本アンデパンダン展」の会場でもある。第2回日本アンデパンダン展では開会の日に美術館の食堂で、岡本の生涯を貫く芸術観となり、世の中に存在する対立や矛盾を調和させるのではなく、むしろ強調し、その不協和音の中から新たな創造を生み出すという主旨の「対極主義宣言」を読み上げ、「対極主義美術協会」の結成を呼び掛けている。岡本の活動を振り返るうえで重要な場所での回顧展だといえるだろう。
 前述の序章的な部屋にも二科展に出品した作品が複数展示されている。
 その一つが代表作「重工業」。1949年の第34回二科展に出品された。巨大な機械が生み出すエネルギーに巻き込まれていく人間たちが描かれ、文明への批判が込められている。緑のネギ(有機物・農業)と赤の機械(無機物・工業)をはじめとする対立的要素をぶつけた「対極主義」が具体化されている。

「重工業」1949年
「重工業」1949年

 同じく代表作で、第35回展に出品し、二科会努力賞を受賞した「森の掟」(1950年)も展示されている。描かれた怪物の赤や森の緑、木や動物などの自然物とチャックが表す人工物などの対極にあるものが取り込まれている。チャックのついた赤い怪物は、対極にあるものが引き裂かれることでもたらされるエネルギーを象徴している。

「森の掟」1950年
「森の掟」1950年

 また、第1回日本アンデパンダン展に出品した「赤い兎」が第2章の部屋に展示されている。赤い兎のモチーフは岡本によると「私の叫びであり、生命の象徴であり、生命の幻影の造形」で、芸術に生命をかける岡本の決意表明ともいえ、安部公房に高く評価されたという。

「赤い兎」1949年
「赤い兎」1949年

特撮映画のデザイン画を初公開

 また、特筆すべきは初公開の特撮映画に登場する宇宙人や怪人のデザイン画だ。「芸術は大衆のものだ」と明言していた岡本は、演劇の分野では舞台美術や衣装デザインなどを手掛けていたが、映画に関しては批評や題字提供などは数多く行っていたものの、実際に制作にかかわっていたのは最初期の特撮映画のみだったという。
 その一つ「宇宙人東京に現わる」(1956年)は、大映が日本初の総天然色の特撮として企画した空想科学映画で、岡本は色彩指導と、宇宙人「パイラ人」と宇宙船のデザインを担当した。映画の内容は、人間の持つ水爆では破壊できない巨大な隕石が地球に迫る危機を、高度な文明を持つパイラ人が救うというもの。それまでの宇宙人は地球を滅ぼすインベーダーとして映画などに登場していたが、本展担当の藪前知子学芸員によると「宇宙人が人間を助ける最初の映画だと言われている」とのこと。
 岡本は、水陸両棲のヒトデのような形で構想した「パイラ人」は人間が中に入るという制約が足かせになったが、宇宙船の出来には満足していたという。
 藪前は「空想科学映画だが、宇宙や科学ということも含めて岡本太郎にとってはやはり前衛。今までにない世界に飛び出して行くという彼の芸術の志とすごく通じるものがあったのではないかと思う」(※1)と話す。

「宇宙人東京に現わる」脚本、「宇宙人東京に現わる」パイラ人のためのデザイン・ドローイング、「宇宙人東京に現わる」宇宙船のためのデザイン・ドローイング いずれも1955年 (左から)
「宇宙人東京に現わる」脚本、「宇宙人東京に現わる」パイラ人のためのデザイン・ドローイング、「宇宙人東京に現わる」宇宙船のためのデザイン・ドローイング いずれも1955年 (左から)
「読売新聞1957年元旦号のための描きおろしイラストレーション」、パイラ人(右端)が地球人と腕を組んでいる
「読売新聞1957年元旦号のための描きおろしイラストレーション」、パイラ人(右端)が地球人と腕を組んでいる

 もう一つの映画「怪人ラプラスの出現」は、1957年公開予定の日活初の特撮映画として計画されたが実現しなかった。岡本は宇宙から侵略してきた怪人(ロボット)のデザインを担当していた。このドローイングを見て、藪前は、「縄文の影響を受けたような有機的な造形を持っていて、当時のロボットデザインの水準から考えると、10年後のウルトラマンの怪獣の出現を先取りするような先進性がある」と見ている。
 1951年に東京都美術館からほど近い東京国立博物館で縄文土器を見て衝撃を受けてから、縄文の美を探究し、その後の表現の核としていった岡本の変化の過程を示しているとも言えるだろう。

「怪人ラプラスの出現」ロボットデザインのためのドローイング 1956年
「怪人ラプラスの出現」ロボットデザインのためのドローイング 1956年

中国戦線での肖像画

 「このような絵も描いていたのか」と驚くのが、1942年の「師団長の肖像」だ。
 岡本は1911年神奈川県川崎市に漫画家の岡本一平と歌人で小説家のかの子の長男として生まれた。29年東京美術学校に入学後、半年で退学し、父母の渡欧に同行して30年から10年間パリに滞在し、最先端の芸術運動に身を投じた。さらにパリ大学で学び、芸術を生み出す土台となる思想を深めていった。しかし、第二次世界大戦の勃発で40年に日本に帰国。42年に中国戦線へ出征している。
 「師団長の肖像」は、中国・湖北省の応城での初年兵時代に、漢口の司令部に呼び出され、命令として描いたものだという。戦争末期に描いた「眠る兵士」と合わせて岡本の軍役時代を伝える貴重な作例だ。

「師団長の肖像」1942年
「師団長の肖像」1942年
「眠る兵士」1945年
「眠る兵士」1945年

パリでの新発見

 ほかにも、1970年の大阪万博のテーマ館として作られた「太陽の塔」と、現在、渋谷駅の連絡通路に展示されている巨大壁画で、原爆がさく裂する瞬間を描いた「明日の神話」の2大重要作品が同時進行で制作されていたことから、縮小サイズの立体や下絵などが同じ空間で紹介されていたり、本展出品作のうち最も初期の作品で岡本が慶応義塾普通部1年の頃にボートレースの対抗試合に敗れたことを題材に描いた「敗惨の嘆き」や太郎が最後に取り組んだとされる未完の「雷人」が見られたり、パリで発見された3点の油彩で、そのうちの1点に岡本太郎の署名があるため、留学したばかりの頃に描いたのではないかと現在調査中の習作が初公開されたりなど、見どころは多い。

「敗惨の嘆き」1925年
「敗惨の嘆き」1925年
「雷人」1995年
「雷人」1995年(未完)
推定 岡本太郎 「作品B」「作品A」「作品C」(左から)
推定 岡本太郎 「作品B」「作品A」「作品C」(左から)

 「芸術広場」では、毎年2月に川崎市岡本太郎美術館で開催される「岡本太郎現代芸術賞展」を継続して紹介してきた。その審査の最大のポイントは「岡本太郎の精神を受け継ぎ、新しい芸術の可能性を開こうとする意志と気概を持っているか」(同展審査員)だ。本展は現代社会に鋭いメッセージを発しながら突き進んだ岡本太郎の挑戦がどのようなものだったのかを示している。
  
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※1は「新・日曜美術館」(2022年12月11日 NHK Eテレ)より引用した。
  
※写真は主催者の許可を得て撮影しています。
 記事の画像はすべて©岡本太郎記念現代芸術振興財団
      
参考文献:「展覧会 岡本太郎」図録(2022年 NHK、NHKプロモーション)
参考番組:「新・日曜美術館」(2022年12月11日 NHK Eテレ)
  
※サイト内の「岡本太郎現代芸術賞展」の記事は、メニューから検索ができます。

【会期・会場】
2022年10月18日(火)~12月28日(水) 東京都美術館(東京都・台東区)
※日時指定予約制。展覧会公式サイトを参照して下さい。
展覧会公式サイト:https://taro2022.jp
  
【巡回予定】
2023年1月14日(土)~3月14日(火) 愛知県美術館(愛知県・名古屋市)