詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

フィン・ユールとデンマークの椅子

開催中〜2022/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

特別展アリス —へんてこりん、へんてこりんな世界ー

開催中〜2022/10/10

森アーツセンターギャラリー( 六本木ヒルズ森タワー 52F)

東京都・港区

名作展「涼風を語る 龍子の描いた風景画を中心に」

開催中〜2022/10/10

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「化石ハンター展 〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」

開催中〜2022/10/10

国立科学博物館

東京都・台東区

アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン  オールドノリタケ×若林コレクション

開催中〜2022/10/16

そごう美術館

神奈川県・横浜市

企画展  蔵出し蒔絵コレクション

開催中〜2022/10/16

根津美術館

東京都・港区

MOTアニュアル2022 私の正しさは誰かの悲しみあるいは憎しみ

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

MOTコレクション コレクションを巻き戻す 2nd

開催中〜2022/10/16

東京都現代美術館

東京都・江東区

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし

開催中〜2022/10/23

泉屋博古館東京

東京都・港区

新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催中〜2022/11/03

千葉市美術館

千葉県・千葉市

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング

開催中〜2022/11/06

森美術館

東京都・港区

特集展示「初公開の収蔵品から」

開催中〜2022/11/06

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

生誕 120 年 猪熊弦一郎展

開催中〜2022/11/06

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

長坂真護展 Still A “BLACK” STAR  supported by なんぼや

開催中〜2022/11/06

上野の森美術館

東京都・台東区

大蒔絵展 —漆と金の千年物語

開催中〜2022/11/13

三井記念美術館

東京都・中央区

理想の書物 —英国19世紀挿絵本からプライヴェート・プレスの世界へ—

開催中〜2022/11/13

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

美をつくし―大阪市立美術館コレクション

開催中〜2022/11/13

サントリー美術館

東京都・港区

宮城壮太郎展――使えるもの、美しいもの

開催中〜2022/11/13

世田谷美術館

東京都・世田谷区

第74回 正倉院展

2022/10/29〜2022/11/14

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

学年誌100年と玉井力三—描かれた昭和の子ども―

開催中〜2022/11/15

千代田区立日比谷図書文化館

東京都・千代田区

誕生50周年記念 ベルサイユのばら展ーベルばらは永遠にー

開催中〜2022/11/20

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

ヤマザキマリの世界

2022/10/25〜2022/11/26

東京造形大学附属美術館

東京都・八王子市

江森天寿と石川梅子 夭折の画家と県内初の女流画家

2022/10/08〜2022/11/27

遠山記念館

埼玉県・川島町

開館25周年記念展 Ⅲ 再興院展の立役者 齋藤隆三

2022/10/08〜2022/11/27

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県・北茨城市

企画展「市制90周年記念 私たちの絵 時代の自画像展」

開催中〜2022/11/27

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる

開催中〜2022/11/27

東京都庭園美術館

東京都・港区

北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―

開催中〜2022/11/27

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

開催中〜2022/11/27

角川武蔵野ミュージアム

埼玉県・所沢市

2022年秋の特別展「ヒンドゥーの神々の物語」

開催中〜2022/11/27

古代オリエント博物館

東京都・豊島区

特別展  将軍家の襖絵

2022/11/03〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

2022/10/08〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

ポンペイ

2022/10/12〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

2022/10/06〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

開催中〜2022/12/04

府中市美術館

東京都・府中市

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

2022/10/25〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

2022/10/08〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

2022/11/03〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子展(タイトル未定)

2022/10/08〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念 響きあう名宝 ―曜変・琳派のかがやき―

開催中〜2022/12/18

静嘉堂文庫美術館

東京都・千代田区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

2022/10/08〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

2022/10/18〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

2022/10/22〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

鉄道と美術の150年

2022/10/08〜2023/01/09

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

2022/11/05〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

2022/11/15〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

2022/10/08〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

2022/10/08〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

2022/10/08〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

2022/10/14〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

2022/11/18〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

2022/11/12〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展(仮題)

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

特別展「動画クリエイター展」

2022/10/08〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》江戸時代 天保元~4年(1830~33)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】 

Exhibitions

大英博物館 北斎 
―国内の肉筆画の名品とともに―

北斎は晩年に《冨嶽三十六景》を生み出した

 江戸時代後期に活躍した浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)は、世界で最も有名な日本の芸術家の一人だ。ロンドンにある大英博物館の所蔵作品を中心に、北斎の主に晩年30年に焦点を当てた、充実した内容の展覧会がサントリー美術館で開かれている。
 北斎は数え90歳までの生涯あくなき絵の探求を続けた。北斎といえば誰もが思い浮かぶ傑作《冨嶽三十六景》は、70代の作品。北斎の画技と探求心は晩年も勢いを増すばかりだった。
 大英博物館は2020年、北斎筆《万物絵本大全》版下絵103点を入手したことが話題になったが、世界でも優れた北斎コレクションを誇る。それは早くから北斎に注目した英国人コレクターによって形成された。本展では彼ら6人の功績も紹介する。

会場風景(以下同様)。葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》江戸時代 天保元~4年(1830~33)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】
会場風景(以下同様)。葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》江戸時代 天保元~4年(1830~33)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】

肉筆画《為朝図》/W.アンダーソンのコレクション

 北斎の作品には、版画である錦絵や版本(絵本や挿絵本)と、筆で描かれた肉筆画がある。《為朝図》(江戸時代 文化8年<1811>、一幅、大英博物館)は、50代初めの肉筆画だ。海辺の松の大木を背景に、怪力の源為朝の大弓を男たちが必死で引くが、為朝は涼しい顔。これは為朝を主人公とする『椿説弓張月』の一場面。力のこもった華麗な作品である。

 40代の北斎は、曲亭馬琴作の伝奇小説である読本『椿説弓張月』(29冊に及ぶ)の挿絵を、墨の濃淡で劇的に描き、絶大な人気を得た。肉筆画《為朝図》は、版元が読本の完成を祝って注文した作品なのだ。

葛飾北斎《為朝図》江戸時代 文化8年(1811)、一幅、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎《為朝図》江戸時代 文化8年(1811)、一幅、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎『椿説弓張月』前編第一巻より「源為朝」、江戸時代 文化4年(1807)、半紙本一冊、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎『椿説弓張月』前編第一巻より「源為朝」、江戸時代 文化4年(1807)、半紙本一冊、大英博物館【全期間展示】

 なお《為朝図》は、英国の外科医ウィリアム・アンダーソン(1842~1900)のコレクションだった。彼は1873年に来日し、海軍軍医医学舎で解剖学と外科学教授として教鞭をとるかたわら中国と日本の絵画を膨大に蒐集。帰国後、『日本絵画芸術』を著した。

70代前半の錦絵揃物《冨嶽三十六景》

 北斎は70代で《冨嶽三十六景》を生み出した。三十六景と銘打ったが、評判を呼び、四十六枚の富士の姿となった。初期に制作されたものは藍一色である。当初は、中国から輸入され人気が出た化学顔料のベロ藍(プルシアンブルー)と、伝統的な藍による藍摺連作を企画したのだが、徐々に色数を増やしていったようだ。

 《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》(江戸時代 天保元~4年<1830~33>頃、横大判錦絵、大英博物館)は余りにも有名だが、その動勢、緊密に構築された構図、藍とベロ藍と白色の絶妙な色彩配置などあらためて驚嘆させられる。発見もあった。大波が飛ばすしぶきは富士に降る雪のごとく幻想的であり、大波の下の白波は富士と相似形なのだ。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》江戸時代 天保元~4年(1830~33)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】 
葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》江戸時代 天保元~4年(1830~33)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】 

70代後半の絵本《冨嶽百景》

 北斎は、その後すぐに三冊本の絵本『冨嶽百景』を制作。第二編(江戸時代 1835年<天保6>3月、半紙本一冊、大英博物館)に《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》に類似した絵があるが、こちらでは触手のような波頭が千鳥となって飛んでいく。M.C.エッシャーやルネ・マグリットが頭に浮かんだ。

葛飾北斎『冨嶽百景』二編、江戸時代 天保6年(1835)3月、半紙本一冊、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎『冨嶽百景』二編、江戸時代 天保6年(1835)3月、半紙本一冊、大英博物館【全期間展示】

 北斎は生涯にわたり海や波など様々に形を変える水の表現に興味をもっていたようだ。会場には30年後の《神奈川沖浪裏》を予感させる作品も展観。

70代の錦絵揃物の花鳥画、《諸國瀧廻り》《諸國名橋奇覧》など

 北斎は《冨嶽三十六景》と同時期に花鳥画も手掛け、浮世絵に風景画と花鳥画という新分野を開拓。また、多様な《諸國瀧廻り》や奇抜な《諸國名橋奇覧》、中国と日本の古典から主題を選んだ《詩哥寫真鏡》、百人一首に独特の解釈で挑んだ《百人一首うばがゑとき》など、代表作を続々創り出した。

葛飾北斎《百合》江戸時代 天保2~3年(1831~32)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎《百合》江戸時代 天保2~3年(1831~32)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎《諸國名橋奇覧 飛越の堺つりはし》江戸時代 天保5年(1834)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】
葛飾北斎《諸國名橋奇覧 飛越の堺つりはし》江戸時代 天保5年(1834)頃、横大判錦絵、大英博物館【全期間展示】

八十八歳の肉筆画《流水に鴨図》

 北斎は最晩年になると肉筆画を数多く制作し、一作ごとに自身の年齢を書き入れた。瞑想的な作品も動的な作品にも、それまで培った全てを自由に羽ばたかせ、目指す境地に向かおうとする情熱を強く感じさせる。

 《流水に鴨図》(江戸時代 弘化4年<1847>、一幅、大英博物館)は、柔らかな平行線が繰り返される水面に二羽の鴨を描く。一羽は水面に浮かび、一羽は水中に頭を突っ込む。紅葉が舞い散る。じっと眺めると水面の鴨と目が合い、その表情に魅入られた。鴨の視線は生き生きとしていて、観る者の心と通じ合う。齢八十八卍」との落款と[百]の印章が入る。没年の2年前だ。

葛飾北斎《流水に鴨図》江戸時代 弘化4年(1847)、一幅、大英博物館1913.0501.0.320 🄫The Trustees of the British Museum【全期間展示】
葛飾北斎《流水に鴨図》江戸時代 弘化4年(1847)、一幅、大英博物館1913.0501.0.320 🄫The Trustees of the British Museum【全期間展示】

80代後半の肉筆画《弘法大師修法図》

 《弘法大師修法図》(江戸時代 弘化年間<1844~47>、一幅、西新井大師總持寺)は、北斎の肉筆で最大級の縦約1.5m、横約2.4mのサイズ。元は額絵だった。これも没年に近い制作。大変な迫力である。
 漆黒の闇を背景に、左に摑みかからんばかりの鬼、右に念仏を唱える弘法大師。おびえた犬が吠える。夜空に細い三日月。鬼は当時流行していた疫病を表し、本作はこの地を訪問した弘法大師が疫病を鎮めた逸話を主題とする。鬼と犬の動と、弘法大師の静が対比した息詰まる場面が、力強い線描で表現される。暗い背景には金箔や草花も浮かび、装飾的でもある。コロナ禍の今、主題にも感じ入るものが多い。

葛飾北斎《弘法大師修法図》江戸時代 弘化年間(1844~47)、一幅、西新井大師總持寺【展示期間:5月18日~6月12日】
葛飾北斎《弘法大師修法図》江戸時代 弘化年間(1844~47)、一幅、西新井大師總持寺【展示期間:5月18日~6月12日】

 和漢洋の絵画を学び、森羅万象を描き、常に高みを求める。北斎の魅力は尽きることがない。

【参考文献】
1) サントリー美術館 池田芙美・宮田悠衣・三橋由吾、朝日新聞社 編集:『大英博物館 北斎 ―国内の肉筆画の名品とともに―』(展覧会図録)、サントリー美術館・朝日新聞 発行、2022年
2) 大久保純一:『カラー版 北斎』岩波書店、2012年
3) 日野原健司 編:『富嶽三十六景』岩波書店、2019年
4) 飯島虚心(鈴木重三 校注):『葛飾北斎伝』岩波書店、1999年

執筆・撮影(最後の2点を除く):細川いづみ(HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年5月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

大英博物館 北斎 ―国内の肉筆画の名品とともに―
HOKUSAI from the British Museum
― together with masterpieces of painting from collections in Japan
 
【会期・会場】
2022年4月16日(土)~6月12日(日)  サントリー美術館(東京都・港区)
※展示替えがあります。詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト: https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2022_2/