詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

8Kだから見えてくる ルーブル美術館 空間を超えた映像アート体験

2023/02/14〜2023/03/01

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ

2023/03/03〜2023/06/04

東京都写真美術館

東京都・目黒区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ルーヴル美術館展 愛を描く

2023/03/01〜2023/06/12

国立新美術館

東京都・港区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「The Original」

2023/03/03〜2023/06/25

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ヨシタケシンスケさん

Exhibitions

大人も子どもも夢中になる
「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

  • 世田谷文学館 (東京都・世田谷区)

 圧倒的な人気を誇る絵本作家、ヨシタケシンスケ(1973~)の初の大規模な展覧会が世田谷文学館で開かれている。原画など約200点の自筆作品をはじめ、立体作品や愛蔵コレクションなど総数400点以上を展示。絵本の世界観で遊べる体験展示も7カ所設け、ヨシタケワールドで大人も子どももいろいろな楽しみを見つける。

ヨシタケシンスケテーマパークにようこそ

ヨシタケシンスケさん
ヨシタケシンスケさん

 現在、小さな子どもを持つ親や絵本好きで知らない人はいないだろう。ヨシタケシンスケの生み出す絵本はデビュー作から新作に至るまで圧倒的な人気を誇る。人の姿や表情、雰囲気や空気感を巧みに表した絵と幅広い視点からのユーモアあふれる内容は、大人も子どもも楽しませながら、視野を広げ前向きに生きるヒントを教えてくれる。その才能は唯一無二の存在。そんなヨシタケが絵本制作の手を一時止めながら力を注いだ展覧会には大人も子どもも楽しませるアイデアが満ちている。

 本展では、自筆の原画やアイデアスケッチなど約200点、立体作品や愛蔵コレクションなどを展示するほか、ヨシタケが20年間描き続けている手帳のスケッチの複製約2000枚を公開するなど、ファンにとって夢のような空間となっている。アイデアスケッチは目を凝らして見ないと全てを読みきれないようなその小ささに改めて驚かされる。手のひらに収まる小さな文字やイラストが、多くの人の心を動かす大作となっていく。「ものごとは考え方しだいでどうにでもなる」「子どもが多くても少なくてもきみは一人しかいない」小さな文字で書かれた言葉は重い。

約13×8センチの手帳のスケッチ複製、約2000枚
約13×8センチの手帳のスケッチ複製、約2000枚
「それしかないわけないでしょう」アイデアスケッチ©Shinsuke Yoshitake
「それしかないわけないでしょう」アイデアスケッチ©Shinsuke Yoshitake

 「こねてのばして」イメージ映像の軽快な音楽が流れ、ゲームのように楽しめる体験展示もある。ヨシタケシンスケテーマパークのような会場に大人も子どもも夢中になる。「会場から悲鳴が聞こえる展覧会っておもしろい。苦笑いしていただければ」(ヨシタケ)といったしかけもヨシタケ展ならでは。展示品に対するたくさんの付箋の手書きコメントが、ヨシタケの気配や手の温もりを感じさせる。

口にりんごを投げ入れると大人たちの言葉と表情が変わる楽しいしかけ
口にりんごを投げ入れると大人たちの言葉と表情が変わる楽しいしかけ

「かもしれない」の心で

 イラストレーターとして活動していたヨシタケシンスケ40歳の時の絵本作家デビュー作「りんごかもしれない」(ブロンズ新社、2013年)。編集者から出された「りんごで遊ぶ100の方法」という絵本の企画に対して「りんごじゃないかもしれない100の可能性」という提案を返した資料や自身で彩色しないヨシタケの着彩試作という貴重な資料も展示されている。絵本を作る前は立体造形を手がけてきたヨシタケだが、展覧会を通して「僕は本という形で提案していくことが好きなんだな、おもしろいんだな。机上の空論が好きなんだなというのも改めてわかってこれからも本は作り続けていけたらというのもすごく思った」と話す。

資料「りんごかもしれない」ヨシタケからの提案
資料「りんごかもしれない」ヨシタケからの提案
「あつかったらぬげばいい」表紙検討スケッチ©Shinsuke Yoshitake
「あつかったらぬげばいい」表紙検討スケッチ©Shinsuke Yoshitake
原画展示の様子
原画展示の様子

 本展を貫くキーワード「かもしれない」。一つの見方や考え方に縛られるのではなく「かもしれない」の余裕のある心持ちで物事を考えようという呼びかけのようにも感じる。ヨシタケは「『かもしれない』っていう言葉でいろんなものを疑っていくことや、そもそもの部分に常に立ち戻っていくようなことが、やっぱり僕自身がやっていて面白い作業でもあって。(中略)この10年で絵本作家としてやってきたことが、すべて『かもしれない』っていう一言に尽きるというか」と図録で触れている。会場に向かう階段には「会場に入る前がいちばんたのしいのかもしれない」、出口には「いつかあなたもここで展覧会をするかもしれない」など会場内外のたくさんの「かもしれない」パネルであますところなくユーモアをあふれさせる。

2つの思いが交錯するしかけの「ヨシタケシンスケのかもしれない年表」
2つの思いが交錯するしかけの「ヨシタケシンスケのかもしれない年表」

 本展公式図録「こっちだったかもしれない」には実現には至らなかった企画もふんだんに掲載され、もう一つの展覧会がそこに広がる。「形にならなかったものを大切にしたい」と話すヨシタケ。「子供が元気づけられるような展示」などの走り書きからヨシタケがいかに来場者を喜ばせようと持ち前の発想力をふんだんに発揮しながら奔走したかがひしひしと伝わってくる。

「ころべばいいのに」に登場するキャラクター「アイツ」と共に
「ころべばいいのに」に登場するキャラクター「アイツ」と共に

 今後の生きる力となるような、来場者に向けてのそんなメッセージをはじめ展覧会や絵本に込められたヨシタケシンスケの思いを全身で受け止める。

(文中敬称略)

執筆・写真撮影:堀内まりえ

*写真は主催者の許可を得て撮影しています。本展では一定の条件のもと、写真撮影が許可されています。

(参考文献)
・ヨシタケシンスケ展かもしれない公式図録 こっちだったかもしれない 白泉社、2022年

ヨシタケシンスケ展かもしれない

【会期・会場】
2022年4月9日(土)~2022年7月3日(日) 世田谷文学館(東京・世田谷区)
展覧会HP:https://www.setabun.or.jp/exhibition/

*本展は日時指定制です。
*来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。

【今後の巡回予定】
2022年7月15日(金)~8月28日(日) 市立伊丹ミュージアム(兵庫)
2022年9月23日(金・祝)~11月20日(日) ひろしま美術館(広島)
2022年12月10日(土)~2023年1月15日(日) 松坂屋美術館(愛知)
*会期・会場は変更になる可能性あり。