詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

開催中〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

川瀬巴水 旅と郷愁の風景

開催中〜2024/06/02

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

1950〜60年代の日本画―造形への挑戦

開催中〜2024/06/02

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

遠距離現在 Universal / Remote

開催中〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

開催中〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

開催中〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

開催中〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

名作展「大画面の奔流―川端龍子の『会場芸術』再考」

開催中〜2024/06/09

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

特別展「法然と極楽浄土」

開催中〜2024/06/09

東京国立博物館

東京都・台東区

平野杏子展 – 生きるために描きつづけて

開催中〜2024/06/09

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

空海 KŪKAI ―密教のルーツとマンダラ世界

開催中〜2024/06/09

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

青山悟 刺繍少年フォーエバー

開催中〜2024/06/09

目黒区美術館

東京都・目黒区

没後120年 エミール・ガレ展 奇想のガラス作家

開催中〜2024/06/09

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

開催中〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

2024/06/01〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

2024/06/08〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

2024/06/01〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

2024/06/01〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

2024/06/11〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

2024/05/30〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

2024/06/04〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

中島閘門と上田バロン《夢幻の星屑》(2023年)、中島閘門エリア

Exhibitions

北陸工芸の祭典 GO FOR KOGEI 2023
物質的想像力と物語の縁起—マテリアル、データ、ファンタジー

  • 富山県・富山市 富岩運河沿い (環水公園エリア、中島閘門エリア、岩瀬エリア)

 富山、石川、福井の北陸3県を舞台に工芸の魅力を発信する「北陸工芸の祭典」。2020年に始まった祭典の第3回目となる展覧会が、富山市で開催されている。会場は、市の中心部から富山湾まで約5kmにわたる富岩運河(ふがんうんが)沿いにある3つの特徴的なエリア。タイトルに「工芸」とあるが、26名のアーティストによる作品は、その枠組み内には限らない。工芸と現代アート、あるいはその両方を往還するような多彩な作品が、舞台となる水の都・富山の街自体の魅力にも光をあてている。

富岩運河環水公園 近年の再開発で整備が進められた美しい公園だ
富岩運河環水公園 近年の再開発で整備が進められた美しい公園だ

 展覧会タイトルの「物質的想像力」は、フランスの科学哲学者ガストン・バシュラールが人間の心理や文化における「水」の象徴的な意味を探求した著書『水と夢:物質的想像力試論』で用いた言葉だという。「物質をきっかけとする想像力」を下敷きに、土や鉄、布や絵の具など様々なマテリアルを駆使して物語を紡ぐ作家たちの作品を「水」という概念を頼りに訪ねながら、その個々の物語にふれると同時に、周囲の情景を楽しむ—そんな見方ができる展覧会となっている。

久保寛子《やまいぬ》(2023年)、環水公園エリア
久保寛子《やまいぬ》(2023年)、環水公園エリア
中島閘門と上田バロン《夢幻の星屑》(2023年)、中島閘門エリア
中島閘門と上田バロン《夢幻の星屑》(2023年)、中島閘門エリア

 3つのエリアは、富岩水上ラインの遊覧船や路面電車、そして一部は運河沿いの遊歩道を歩いて行き来できるが、運河のほぼ中間にある中島閘門(なかじまこうもん)は、やはり船で訪れたい場所だ。昭和初期に造られたパナマ運河式の閘門は、近代化遺産として国指定の重要文化財。2つの扉で水位を調整する閘室内に船で入ると、約2.5mの水面の高低差が体験できるため、運河脇に設置された上田バロンの巨大な作品の見え方が変わる。目力のある人物や生き物が躍動する鮮やかなデジタル画の絵巻は、この地方に伝わる物語に拠るもの。乗船場のある環水公園の水上に浮かぶ久保寛子の巨大な青い動物作品も、かつてこの地に生息していたヤマイヌに由来している。

横野明日香 ダム・シリーズの展示風景、中島閘門エリア 電タク
横野明日香 ダム・シリーズの展示風景、中島閘門エリア 電タク
定村瑶子 「電タク」の室内を用いた展示風景、中島閘門エリア 電タク
定村瑶子 「電タク」の室内を用いた展示風景、中島閘門エリア 電タク

 中島閘門エリアにある昭和の雰囲気漂う会場「電タク」は、コロナ禍で廃業を余儀なくされた元タクシー会社の社屋と敷地だ。立山の黒部ダムなどのダム風景をのびやかなストロークと濃密な絵具で描いた横野明日香や、社の執務室などに絵画やオブジェを配して独特の空間をつくり出した定村瑶子など、この地域や場に関わる作品が見られる一方で、たとえば著名人や偉人を激しい筆触で描いた肖像画を壁面から床までぎっしりと並べた河部樹誠など、作家自身の生きる時代の世相をうかがわせる作品群もある。駐車場跡で鮮やかなポップな色彩がひときわ目を惹く増田セバスチャンの塔の作品は、世界中から集めたカラフルなおもちゃの集積によってつくられている。絵具ではない素材で色を生み出す試みだ。

河部樹誠《首かり200余人》(2022−23年)、中島閘門エリア 電タク
河部樹誠《首かり200余人》(2022−23年)、中島閘門エリア 電タク
増田セバスチャン《Polychromatic Skin-Gender Tower- # 北陸》(2023年)、中島閘門エリア 電タク
増田セバスチャン《Polychromatic Skin-Gender Tower- # 北陸》(2023年)、中島閘門エリア 電タク
葉山有樹《双竜》(2023年)、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉
葉山有樹《双竜》(2023年)、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉
コムロタカヒロ 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉
コムロタカヒロ 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉

 富岩運河の終着地・岩瀬エリアは、江戸時代から北前船の寄港地として栄え、今も明治の面影を残す風情ある建物が多く残る。工芸寄りの作品を中心として8箇所に展示があるこのエリアで印象的なのは、現役の酒蔵や店舗が会場となっていること。醸造の時期ではないからこそ展示ができた桝田酒造店の仕込み蔵には、酒造りに重要な水を象徴する龍をモチーフとしたコムロタカヒロの木彫作品が鎮座し、貯蔵庫では葉山有樹が龍を絵付けした作品が目を惹く。酒蔵の外扉を飾るのは、葉山が龍の紋様のデータを高精細プリンターで拡大した作品。蔵で働く人々の誇りを象徴するようなものを、という気持ちからつくられたこの耐久性のある巨大な作品は、展覧会終了後も残されるという。

平子雄一 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉
平子雄一 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 満寿泉
ささきなつみ 《リンジンの標本》の展示風景、岩瀬エリア KOBO Brew Pub
ささきなつみ 《リンジンの標本》の展示風景、岩瀬エリア KOBO Brew Pub

 美しい街並みを眺めながら、あるいは個性的な店舗を覗きながら、古建築の窓枠や屋根の上、銀行の軒先、お洒落なブルワリーのパブなど、様々な場所で作品を探して歩くのは楽しいひとときだ。

古川流雄 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 沙石
古川流雄 展示風景、岩瀬エリア 桝田酒造店 沙石
O33《Inner》(2023年)、岩瀬エリア 桝田酒造店 沙石
O33《Inner》(2023年)、岩瀬エリア 桝田酒造店 沙石
辻村塊 展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館
辻村塊 展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館

 環水公園エリアのメイン会場は、緑豊かな日本庭園を擁する樂翠亭(らくすいてい)美術館。エントランスで迎えてくれるのは、辻村塊による無数の信楽壺だ。広々とした和風空間には、自身をかたどった坐像と白磁の器を並べた近藤高弘や、制作途中で誕生した約3000個もの未完の陶器で縁側を埋め尽くした桑田卓郎のインスタレーションが、また洋館の展示室では、カラフルでポップな陶製作品で知られる川井雄仁が自身の創作の工程を工場見学のように見立てたインスタレーションが展開されている。縄文の土偶を思わせるオブジェを蔵や庭園に配した金理有や、庭園で土を土管から押し出す行為を続けることで土地と人の営みの関係性を探る野村由香など、この館の作家はいずれも「土」を素材として多様な表現を生み出している。工芸と現代アート、あるいは工芸と彫刻を行き来するような作品が多いのも特徴だ。

近藤高弘 展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館
近藤高弘 展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館
桑田卓郎《美濃焼》展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館
桑田卓郎《美濃焼》展示風景、環水公園エリア 樂翠亭美術館

 環水公園エリアのもうひとつの会場である富山県美術館には、体験型の作品がある。バレエとファッションの両分野で経歴をもつフランス人アーティストのオードリー・ガンビエが縫製した柔らかな布の「器」のような作品が10点。来場者が自由に被り、まとい、あるいはこれをコスチュームとしてパフォーマーの気分を味わってもいいという楽しい作品である。

《Soft Vase》をまとうオードリー・ガンビエ、環水公園エリア 富山県美術館
《Soft Vase》をまとうオードリー・ガンビエ、環水公園エリア 富山県美術館

 展覧会全体を通じ、従来の工芸の枠を超え、様々な領域を横断する盛りだくさんの内容だが、3つのエリアが近いこともあり、街の散策をまじえつつ一日でゆっくり回ることができる構成となっている。とはいえ、市内には富山市ガラス美術館、足を延ばせば金沢の国立工芸館などもある。北陸の工芸をめぐるプチ旅行もおすすめだ。
 
執筆・写真撮影 中山ゆかり
※会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです
※本文と写真キャプションにある辻村塊氏のお名前の「辻」は、本来は2点しんにょうです。
参考資料 公式ガイドブック(入場券購入者に配布されます)

北陸工芸の祭典 GO FOR KOGEI 2023
物質的想像力と物語の縁起—マテリアル、データ、ファンタジー
GO FOR KOGEI 2023 Hokuriku Crafts Festival
Material Imagination and Etiological Narrative—Material, Data, Fantasy
 
【会期・会場】
会期: 2023年9月15日(金)〜10月29日(日)
会場:富山県富山市 富岩運河沿い(環水公園エリア、中島閘門エリア、岩瀬エリア)
 
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
北陸工芸の祭典HP:https://goforkogei.com