詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」第1期

2024/06/29〜2024/08/04

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

おとなとこどもの自由研究 工芸の光と影展

開催中〜2024/08/18

国立工芸館

石川県・金沢市

新紙幣発行記念 北斎進化論

開催中〜2024/08/18

北斎館

長野県・小布施町

大川美術館コレクションによる20世紀アートセレクション ―ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで

開催中〜2024/08/18

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

開催中〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

「-没後100年-富岡鉄斎 鉄斎と文人書画の優品」(仮称)

2024/07/20〜2024/08/25

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

美術の遊びとこころⅧ 五感であじわう日本の美術

2024/07/02〜2024/09/01

三井記念美術館

東京都・中央区

ルーヴル美術館の銅版画展

2024/06/28〜2024/09/01

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

ザ・キャビンカンパニー 大絵本美術展〈童堂賛歌〉

2024/07/06〜2024/09/01

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」

2024/07/23〜2024/09/02

そごう美術館

神奈川県・横浜市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/09/08

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

須田国太郎の芸術――三つのまなざし

2024/07/13〜2024/09/08

世田谷美術館

東京都・世田谷区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

織田コレクション 北欧モダンデザインの名匠 ポール・ケアホルム展 時代を超えたミニマリズム

2024/06/29〜2024/09/16

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

トーキョーアーツアンドスペース レジデンス2024 成果発表展 『微粒子の呼吸』第2期

2024/08/17〜2024/09/22

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

開催中〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

島袋道浩 : 音楽が聞こえてきた

2024/07/04〜2024/09/23

BankART Station

神奈川県・横浜市

「人間×自然×技術=未来展(ひと かける しぜん かける ぎじゅつ は みらい てん) – Well-being for human & nature – 」

開催中〜2024/09/23

SusHi Tech Square内1F Space

東京都・千代田区

つくる展 TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024/07/20〜2024/09/23

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

和のあかり×百段階段2024 ~妖美なおとぎはなし~

2024/07/05〜2024/09/23

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」

東京都・目黒区

平田晃久―人間の波打ちぎわ

2024/07/28〜2024/09/23

練馬区立美術館

東京都・練馬区

【特別展】没後25年記念 東山魁夷と日本の夏

2024/07/20〜2024/09/23

山種美術館

東京都・渋谷区

令和6年度夏季展「Come on! 九曜紋―見つけて楽しむ細川家の家紋―」

2024/07/27〜2024/09/23

永青文庫

東京都・文京区

夏の特集展示2024「戦争の時代 日本における藤田嗣治 日常から戦時下へ」

2024/07/25〜2024/09/24

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

昭和モダーン モザイクのいろどり 板谷梅樹の世界

2024/08/31〜2024/09/29

泉屋博古館東京

東京都・港区

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

GO FOR KOGEI 2024「くらしと工芸、アートにおける哲学的なもの」

2024/09/14〜2024/10/20

富山県富山市/岩瀬エリア、石川県金沢市/東山エリア

富山県・富山市、石川県・金沢市

彫刻の森美術館 開館55周年記念 舟越桂 森へ行く日

2024/07/26〜2024/11/04

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

MOTコレクション 竹林之七妍/特集展示 野村和弘/Eye to Eye-見ること

2024/08/03〜2024/11/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

ICC アニュアル 2024 とても近い遠さ

開催中〜2024/11/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

没後300年記念 英一蝶 ―風流才子、浮き世を写す―

2024/09/18〜2024/11/10

サントリー美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

田名網敬一 記憶の冒険

2024/08/07〜2024/11/11

国立新美術館

東京都・港区

森の芸術祭 晴れの国・岡山

2024/09/28〜2024/11/24

芸術祭(岡山県北部12市町村、津山市、新見市、真庭市、鏡野町、奈義町など))

岡山県・北部12市町村

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

心象工芸展

2024/09/06〜2024/12/01

国立工芸館

石川県・金沢市

田中一村展 奄美の光 魂の絵画

2024/09/19〜2024/12/01

東京都美術館

東京都・台東区

挂甲の武人 国宝指定50周年記念 特別展『はにわ』

2024/10/16〜2024/12/08

東京国立博物館

東京都・台東区

Exhibitions

北宋書画精華—きっと伝説になる

 中国・北宋時代(960~1127年)を代表する文人画家・李公麟の「五馬図巻」と「孝経図巻」が約700年ぶりに再会した。
 「五馬図巻」は西域諸国から北宋に献上された5頭の名馬を描いた作品で、歴代の中国皇帝に愛された「神品」。清朝(1616~1912年)崩壊の混乱の中で日本に渡り、1928(昭和3)年に東京帝室博物館(現・東京国立博物館)などで開催された昭和天皇御大典祝賀記念「唐宋元明名画展覧会」に出品された後、1933(同8)年に重要美術品に指定されたが、その後、行方不明となり、第2次大戦で焼失したともいわれていた。しかし、2015年に約80年ぶりに再発見され、18年に東京国立博物館に収蔵、19年、同館での「顔真卿展」で公開された。
 再発見までの間は、モノクロのコロタイプ印刷版のみで知られていたため、線が強調され、白描画の名手といわれる李公麟の特色を裏付ける作品だと認識されていたというが、実物は、淡い色彩が施されたり、墨の部分も実線だけではなくぼかしたり、繊細な線を重ねたりして人物の顔の表情や馬の特色が巧みに表現されている。本展監修者で「五馬図巻」を再発見した東京大学東洋文化研究所の板倉聖哲教授は、最初にこの絵を見た時に「今までの李公麟のイメージとは随分違う」と衝撃を受けたという。

李公麟「五馬図巻」(五馬其1)重要美術品 中国・北宋時代 11世紀 東京国立博物館蔵
李公麟「五馬図巻」(五馬其1)重要美術品 中国・北宋時代 11世紀 東京国立博物館蔵

 一方、「孝経図巻」は、中国の儒学で聖典とされる十三経のうちの「孝経」の内容を章ごとに墨で絵に描き、本文を記した巻物。アメリカのメトロポリタン美術館所蔵で、「五馬図巻」が行方不明の間は、李公麟の白描画の基準作として、最も真作に近いとみなされていた。
 板倉教授によると、この2点は、元時代(1271~1368年)に収集家の王芝が所有していた記録はあるが、その後の約700年間は、並んだ瞬間を見た人は誰もいないという。「今回の展覧会でその奇跡の瞬間に立ち会ってほしい」と話した。

李公麟「孝経図巻」(部分・第11章「五刑」、第12章「広要道」) 中国・北宋時代 1085年頃 アメリカ・メトロポリタン美術館蔵
李公麟「孝経図巻」(部分・第11章「五刑」〈右〉、第12章「廣要道」〈左〉) 中国・北宋時代 1085年頃 アメリカ・メトロポリタン美術館蔵

 本展の見どころのもう一つは、日本国内の北宋の書画がほぼ集結していること。北宋絵画は世界的にも現存作品が少なく、日本でもまとまった形で紹介する機会がこれまでなかった。
 中でも「中国の美術史の教科書に載るくらい重要な作品」として板倉教授があげるのが董源の「寒林重汀図」(黒川古文化研究所蔵)、燕文貴の「江山楼観図巻」(大阪市立美術館蔵)、李成の「喬松平遠図」(澄懐堂美術館蔵 ※11月23日で展示終了)の3点。
 そのうち、北宋三大家の一人、董源の「寒林重汀図」は、江南地方の水郷風景を描いた作品。水墨で、水辺の草や樹木、家などをリアルに描いた前景と点や線だけで描かれた後景が一つの画面で調和し、湿潤な空気や光を感じさせる。「19世紀の印象派の表現をすでに行っていた」(板倉)ことがわかる作品でもある。

伝・董源「寒林重汀図」 重要文化財 中国・五代 10世紀 黒川古文化研究所蔵
伝・董源「寒林重汀図」 重要文化財 中国・五代 10世紀 黒川古文化研究所蔵

 また、北宋の宮廷画家、燕文貴の「江山楼観図巻」は、画面の左から右に吹く激しい風と雨にさらされる人物や山や建物が精緻な筆遣いで描かれた画巻。巻物を開くように右から左へ目を凝らして見ていくと、人物の動きや水の流れなどを通して嵐の推移が表現されている。大観的な山水にさまざまなモチーフを細やかに描き込む燕文貴の特色をよく表す作品として位置づけられる。

燕文貴「江山楼観図巻」 中国・北宋時代 10~11世紀 大阪市立美術館蔵
燕文貴「江山楼観図巻」 中国・北宋時代 10~11世紀 大阪市立美術館蔵

 本展は、「五馬図巻」の跋文を書いた黄庭堅の国内にある代表的な書3点が一堂に会する貴重な機会ともなっている。そのうち重要文化財の「行書伏波神祠詩巻」(永青文庫蔵)は晩年の代表作。勢いがあり、抑揚に富んだ筆遣いが独創的だ。文治主義の北宋時代における自由で個性を重視した書を象徴しているといえるだろう。ほかに「行書王史二氏墓誌銘稿巻」(東京国立博物館蔵)、「草書李太白憶旧遊詩巻」(藤井斉成会有鄰館蔵)を展観。黄庭堅は北宋の四大家の一人。同じ四大家の蔡襄、米芾の書も紹介している。

黄庭堅「行書伏波神祠詩巻」(部分) 中国・北宋時代 1101年 永青文庫蔵 (前期・後期で巻替。掲載部分は前期〈11月3日~19日〉展示)
黄庭堅「行書伏波神祠詩巻」(部分) 重要文化財 中国・北宋時代 1101年 永青文庫蔵 (前期・後期で巻替。掲載部分は前期〈11月3日~19日〉展示)

出品点数は展示替えを含め全40点。美術史の1ページに立ち会うような緊張感がある。
 
(文中敬称略)
執筆・写真撮影:西澤美子
※写真は主催者の許可を得て撮影しています
  
参考文献:『北宋書画精華』図録(根津美術館、2023年)

北宋書画精華—きっと伝説になる
 
【会期・会場】
11月3日(金)~12月3日(日)根津美術館(東京都・港区)
美術館HP https://www.nezu-muse.or.jp