詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

開催中〜2023/02/05

松岡美術館

東京都・港区

戦後日本版画の展開-照沼コレクションを中心に

開催中〜2023/02/05

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

江戸絵画の華 〈第1部〉若冲と江戸絵画

開催中〜2023/02/12

出光美術館

東京都・千代田区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

開催中〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

開催中〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

開催中〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

開催中〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

『YUMING MUSEUM』(ユーミン・ミュージアム)

開催中〜2023/02/26

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

東京都・港区

没後200年 亜欧堂田善展

開催中〜2023/02/26

千葉市美術館

千葉県・千葉市

フジヤマミュージアム 冬の収蔵作品展

開催中〜2023/02/26

フジヤマミュージアム

山梨県・富士吉田市

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

開催中〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

多層世界とリアリティのよりどころ

開催中〜2023/03/05

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

東京都・新宿区

FACE展2023

2023/02/18〜2023/03/12

SOMPO美術館

東京都・新宿区

日本の切り絵 7人のミューズ

2023/02/04〜2023/03/19

そごう美術館

神奈川県・横浜市

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

広重おじさん図譜

2023/02/03〜2023/03/26

太田記念美術館

東京都・渋谷区

江戸絵画の華 〈第2部〉京都画壇と江戸琳派

2023/02/21〜2023/03/26

出光美術館

東京都・千代田区

VOCA展2023

2023/03/16〜2023/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

開催中〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

トンコハウス・堤大介の「ONI展」

開催中〜2023/04/02

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界

2023/02/11〜2023/04/09

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

アートのための場所づくり 1970年代から90年代の群馬におけるアートスペース

開催中〜2023/04/09

群馬県立近代美術館

群馬県・高崎市

レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

開催中〜2023/04/09

東京都美術館

東京都・台東区

わたしたちは生きている! セタビの森の動物たち

2023/02/18〜2023/04/09

世田谷美術館

東京都・世田谷区

ヒグチユウコ展 CIRCUS FINAL END

2023/02/03〜2023/04/10

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

東京都・港区

本と絵画の800年 吉野石膏所蔵の貴重書と絵画コレクション

2023/02/26〜2023/04/16

練馬区立美術館

東京都・練馬区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

企画展「北斎バードパーク」

2023/03/14〜2023/05/21

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

開催中〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

櫻田精一展 ~気韻生動 刻の流れをみつめて~

開催中〜2023/05/28

森の美術館

千葉県・流山市

NACT View 02 築地のはら ねずみっけ

開催中〜2023/05/29

国立新美術館

東京都・港区

美しい人びと 松園からローランサンまで

2023/02/21〜2023/06/04

松岡美術館

東京都・港区

へザウィック・スタジオ展:共感する建築

2023/03/17〜2023/06/04

森美術館

東京都・港区

憧憬の地 ブルターニュ  ―モネ、ゴーガン、黒田清輝らが見た異郷

2023/03/18〜2023/06/11

国立西洋美術館

東京都・台東区

ブルターニュの光と風 ー画家たちを魅了したフランス<辺境の地>

2023/03/25〜2023/06/11

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ジョルジュ・ルオー ー かたち、色、ハーモニー ー(開館20周年記念展)

2023/04/08〜2023/06/25

パナソニック汐留美術館

東京都・港区

部屋のみる夢 ボナールからティルマンス、現代の作家まで

開催中〜2023/07/02

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

青空は、太陽の反対側にある:原美術館/原六郎コレクション 第1期(春夏季)

2023/03/24〜2023/09/03

原美術館ARC

群馬県・渋川市

部分図。葛飾北斎《牡丹に胡蝶》天保(1830~44)、初年頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)

Exhibitions

企画展「北斎花らんまん」

  • すみだ北斎美術館 (東京都・墨田区)

四季の花を楽しむ。北斎は花をどう描いたのか

 さまざまの事おもひ出す桜かな(芭蕉)。いよいよ花の季節だ。葛飾北斎(1760~1849)と門人たちの浮世絵を、春だけでなく四季に咲く花々に焦点を当てて紹介する展覧会が、すみだ北斎美術館で開かれている。前期・後期を通して111作品により39種の花が登場する。北斎は数え90歳までの生涯、あくなき画業を追究した。花はどう描いたのだろう。

北斎、天保年間に花鳥画でも躍進

 北斎が《冨嶽三十六景》を刊行したのは、70歳を過ぎた天保年間(1830~44)だが、同年間前期に花鳥画も大きく進展させた。美人画と役者絵に始まる浮世絵に、新しく名所絵(風景画)と共に花鳥画の分野を開いた双璧が、北斎と歌川広重(1797~1858)だった。花鳥画とは、東アジアにおける画題の分類で、花と鳥だけではなく生きもの全般を描いたものだ。

早春の辛夷(こぶし)

 北斎の《文鳥 辛夷花》(天保5年〈1834〉頃、すみだ北斎美術館)(※所蔵先は全て同館、以下略)は、中判錦絵の花鳥画10枚揃の一枚。中国・明の陳淳の漢詩を添える。硬そうな辛夷の枝が画面を対角線状に走る。その中央に止まった文鳥が身体を曲げ、辛夷の白花と共に近づく春の訪れを寿ぐ。清新な印象。抑えた色調が効果的だ。なお辛夷の花名は、蕾が子供の握り拳に似ていることからとられたという。

会場風景(以下同様)。葛飾北斎《文鳥 辛夷花》天保5年(183)頃、中判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期展示)
会場風景(以下同様)。葛飾北斎《文鳥 辛夷花》天保5年(1834)頃、中判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期展示)

春の桜と花見

 北斎の代表作の大判錦絵《冨嶽三十六景》に花見風景がある。《東海道品川御殿山ノ不二》(天保2年<1831>頃)は、当時、江戸湾(現在の東京湾)も見渡せる絶好の花見場所だった御殿山から富士を望む。酒宴を楽しむ人。寝入った赤ん坊を背に桜を見る家族。満開の桜に浮き立つその様子は今と変わらない。ここで驚くのは桜の描き方だ。北斎は花々全体をとらえて薄紅色のぼかし摺にし、凹凸だけの空摺(からずり)の丸い点を配した。小説家の円地文子が桜を「雲のように咲き、雪のように散る」と形容したというが、北斎も本作で花の雲を描いた。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二》天保2(1831)頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二》天保2年(1831)頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二》天保2(1831)頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二》天保2年(1831)頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)

 《『絵本隅田川 両岸一覧』上 市中の花》(年代未詳、大本)は、北斎による狂歌絵本のなかの花見風景である。船が行き交う隅田川を背にした粋な芸妓たち。この桜は塊でとらえて表現。『絵本隅田川 両岸一覧』は、北斎の独創的構成の極致といわれる。高輪から浅草まで隅田川を遡る風景を狂歌と共に展開する三冊本だが、なんと最後の吉原を除く全ての絵が見事につながるのだ。

葛飾北斎《『絵本隅田川 両岸一覧』上 市中の花》年代未詳、大本、すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期展示)
葛飾北斎《『絵本隅田川 両岸一覧』上 市中の花》年代未詳、大本、すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期展示)

豪奢な牡丹

 《牡丹に胡蝶》(天保〈1830~44〉初年頃、大判錦絵)にも見入った。北斎の花鳥画の最高峰とされる10枚揃の一枚。横大判。ただでさえ豪華な牡丹が、接写したように大きく、かつ大胆なトリミングで描かれる。風に揺れる花びらと葉の動きが伝わる。蝶の姿も絶妙。花弁の花脈も丹念に描かれている。圧倒的な存在感の牡丹である。同じ揃物の《芙蓉に雀》《桔梗にとんぼ》は後期に出品。

葛飾北斎《牡丹に胡蝶》天保(1830~44)初年頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
葛飾北斎《牡丹に胡蝶》天保(1830~44)初年頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《牡丹に胡蝶》天保(1830~44)、初年頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《牡丹に胡蝶》天保(1830~44)初年頃、大判錦絵、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)

秋の菊

 春の桜に対比されるのが秋の菊だ。紅、黄、白色の数多の菊が描かれた《菊慈童》(文化〈1804~18〉初年頃)は、北斎による摺物(すりもの)で珍しい横長の形状。摺物とは一枚の絵に摺られた配りもの。特別な錦絵だ。大輪の菊の表現が巧み。白菊には空摺がなされる。なお菊慈童とは、中国の周の穆王(ぼくおう)に寵愛された仙童。咎を受け山中に流刑されたが、法華経の一節を菊葉に記し露を飲んで不老不死となったという。能楽の題材でもある。

葛飾北斎《菊慈童》文化(1804~18)初年頃、摺物、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
葛飾北斎《菊慈童》文化(1804~18)初年頃、摺物、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《菊慈童》文化(1804~18)初年頃、摺物、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
部分図。葛飾北斎《菊慈童》文化(1804~18)初年頃、摺物、すみだ北斎美術館蔵(前期展示)

 北斎は、50代から刊行した万物を描いた絵手本『北斎漫画』にも花の絵を数多描いている。

葛飾北斎『北斎漫画』二編 おにばす はなあおい もくれん さわぎゝやう くさふじ、文化12(1815)年、半紙本、すみだ北斎美術館蔵(通期展示)
葛飾北斎『北斎漫画』二編 おにばす はなあおい もくれん さわぎゝやう くさふじ、文化12(1815)年、半紙本、すみだ北斎美術館蔵(通期展示)

 本展では北斎らの生み出した様々な花の造形表現と共に、浮世絵の多様な形式に接することができる。肉筆画、また絵師・彫師・摺師の共同作業で制作する錦絵・摺物・版本など。さらに着物の文様や櫛などのデザインへの展開も見られ、北斎の広範な画業に圧倒された。

北斎ゆかりの地に建つ、すみだ北斎美術館

 すみだ北斎美術館は2016年、北斎の生誕地近くに開館。7mを超す北斎筆の絵巻≪隅田川両岸景色図巻≫をはじめ、北斎らの作品を約1900点所蔵(2021年4月時点)。常設展と企画展により北斎の画業を紹介する。銀色に光る幾何学形態が印象的な建物は、2010年にプリツカ―賞を受賞した建築家・妹島和世(1956~)による設計。内部へは中央のスリットから入る。その開放感は格別である。

すみだ北斎美術館外観
すみだ北斎美術館外観

傑出した作品のなかに、北斎の花を愛でる心が伝わってくる。一緒に楽しみたい。

【参考文献】
1)大久保純一:『カラー版 北斎』岩波書店、2012年
2)倉嶋厚 監修、宇田川眞人 編著:『花のことば辞典 四季を愉しむ』講談社、2019年

執筆・撮影:細川いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2022年3月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。
※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。

企画展「北斎花らんまん」

【会期・会場】
2022年3月15日(火)~5月22日(日) すみだ北斎美術館(東京都・墨田区)
前期 3月15日(火)~4月17日(日)
後期 4月19日(火)~5月22日(日)
展覧会公式サイト:https://hokusai-museum.jp/hanaranman/

※前期と後期で出品作品の入れ替えがあります。詳細は展覧会公式サイトをご覧ください。