詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝「六本木に宮殿が!」

黄金に輝く彫刻、豪華な家具、ひときわ目を引く4 つの天井画。なんて煌び
やかなバロックのサロン・・・まるでヨーロッパの宮殿にいるかのよう。
六本木 国立新美術館で開催されている「リヒテンシュタイン華麗なる侯爵
家の秘宝」展。
エントランスから一歩足を踏み入れ絵画や彫刻に目を凝らして進んでいると、
いつのまにか時を忘れ、距離や時代をも超越した世界にいることに気付く。

「ようこそ、わが宮殿へ」
展覧会のキャッチコピーが頭のなかで鳴り響く。そう、ここは・・・
スイスとオーストリアの国境にある小さな国、リヒテンシュタイン侯国。
東京23 区より小さく人口約3 万5 千人のこの国は、1719 年にオーストリア
の一貴族リヒテンシュタイン侯爵家によって建国された。
家訓に基づき、歴代の侯爵によって蒐集されてきた数々の美術品は、どれ
も至宝と呼べるもの。今回初来日を果たした作品の見どころとは?

エントランスの神話を題材とした作品を過ぎると、目の前に現れるのは宮殿
のサロンさながら豪華絢爛なバロック様式の広い部屋。ヨーロッパに瞬間移
動したかと錯覚を起こすほどだ。前半いちばんの見どころではないだろう
か。

特に、迫力の天井画や黄金の家具調度品が素晴らしい。18 世紀のコンソー
ルテーブルや書き物机など一度でいいから使ってみたい贅沢な作品が並ん
でいる。
続いて、名画ギャラリールネサンスとイタリアバロックの部屋。中でも私が注
目したいのはラファエロでもなくクラーナハでもない、チーロ・フェッリ作の「井
戸端のキリストとサマリアの女」。

タイトルからわかるように、井戸の周りでキリストと女が会話をしている絵画
だ。俗に「井戸端会議」などといわれる日常の風景は17 世紀当時からあっ
たのだろう。描かれているのがキリストにせよ親近感がわく作品である。
また、中盤あたりに設けられている映像コーナーも見逃せない。わずか数分
で「リヒテンシュタインの歴史」と「美術コレクションの始まり」が理解できる。
そして、この展覧会の大きな見どころが、ルーベンス・コレクション10 点を飾
る部屋。街中に貼られたポスターで一躍脚光を浴びた幼い愛娘クララの肖
像は、思ったより小さな作品だったが、あのまっすぐなまなざしには誰もが引
き込まれるに違いない。他にも横4 メートルの大作や、肉感が生々しい「サ
テュロスと召使い」などどれも一見の価値あり。
貴重で奇妙な収蔵品を飾る一室クンストカンマー「美と技の部屋」を経て、最
後の名画ギャラリーへ。レンブラントやハルス、カナレットなど名だたる巨匠
の絵画が並び、どこか哀愁漂う印象のビーダーマイヤー絵画へと続く。
個人的には、19 世紀オーストリアの巨匠ヴァルトミュラーの静物画を見るこ
とができて嬉しい。市民派の肖像画・風俗画家というイメージを持っていた
が、こうした細やかな静物画も得意だったとは。

これでひとまず宮殿をあとにするのだが、疲労感や期待外れ感は全くなく、
「贅沢な空間を堪能させて頂きました。」のひとことに尽きる。
18 世紀に築かれた国リヒテンシュタイン候国。歴代の侯爵が蒐集し、戦争を
超えて受け継がれてきた美の遺産は必見だ。

ふじきゆみこ

2012年10月16日