詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

充実のヨコトリ2017。じっくり浸ってみたい。11月5日まで。

 ●可愛い熊たち 草色と紫の熊が向かい合って立ち、手を繋いでいる。手前にはピンクの熊が寝そべる。ひょうきんで愛らしい熊たちだ。近づくと、それぞれが色鮮やかな羽根で覆われていることがわかる。イタリアに生まれ、アラスカに在住するパオラ・ピヴィによる本作のタイトルは、《I and I(芸術のために立ち上がらなければ)》(2014年)など。それを知ると、熊たちの姿が最初とは違って見えてくる。我々を励ましてくれる頼れる存在となる。また、北極熊が世界温暖化による氷の減少で絶滅の危機に瀕していることも頭をよぎった。

 ■テーマは、“「接続」と「孤立」から世界の今を考える” 
 上記は、3年に1度の国際芸術祭である「ヨコハマトリエンナーレ2017」にて、横浜美術館で展示されている作品である。2001年に開始され今回で第6回のヨコハマトリエンナーレ2017(ヨコトリ2017)は、主会場を、①横浜美術館、②横浜赤レンガ倉庫1号館、③横浜市開港記念会館地下、の3ヶ所とし、11月5日まで開催中だ。

 本トリエンナーレのタイトル「島と星座とガラパゴス」は不思議な言葉の組み合わせで、詩の一節のようだ。しかし、そこには“「接続」と「孤立」から世界の今を考える”との深い意味が込められている。多様性と独自性を尊重しながら、複雑化する世界に新しい可能性を探る。そして「クリエイティブであることとは何か」を問うものである。なお、これまで一人のディレクターを立てて行ってきたヨコトリだったが、今回はその方法を変更した。3人のディレクター(逢坂恵理子、三木あき子、柏木智雄の各氏)および多分野からの6人の構想会議(スハーニャ・ラフェル、スプツニ子!、高階秀爾、リクリット・ティラヴァ―ニャ、鷲田清一、養老孟司の各氏)の、計9人により本トリエンナーレを構成した。複数の声が共鳴する時代を踏まえたものという。

 ■作品がテーマにどう呼応しているか/作品も、言葉も、しつらえも楽しみたい
 作品と対面したらじっくり浸り、そして本トリエンナーレのテーマにいかに呼応しているのかを、考えながら見てみたい。参加アーティストは、38組と1プロジェクト。今回はアーティストの数を絞り、それぞれ複数の作品を紹介している。よってアーティストの意図が明快になったようだ。構想会議メンバーの言葉の展示にも感じ入った。また、横浜美術館では白色を基調とする木製の川床のような階段や、通路に置かれたベンチなど、館内のしつらえが清涼感を生み出して心地よく、丹下健三設計の建築とも響き合っている。藤原徹平らの制作だ。一方、重要文化財の横浜市開港記念会館や、赤レンガ倉庫1号館での展示は、古い建築の内部で作品を探検するような、ざわざわとした祝祭的華やぎがある。

 ●言葉の力 構想会議のかたがたによる珠玉の言葉が、横浜美術館で紹介されている。「海は世界を繋げると同時に遮るもの、それが美術や文化を発展させました」との高階秀爾先生の言葉をはじめ、一つ一つが強く心に響いた。すぐ近くに、トビゲラという昆虫の水性幼虫が造った不可思議な巣を撮影した写真(小槍山賢治の撮影)と、それに関しての、やはり構想会議の一員である養老孟司先生の文章「なんだ、これは。」が展示されていた。筆者は目から鱗の衝撃を受け、気づいたら400字強の全文をノートに写していた。

 ●救命ボートと救命胴衣/美しい風景 印象深い作品のごくごく一部を紹介しよう。横浜美術館の建物は、外壁がオレンジ色に、入り口の柱も鮮やかに装飾されているよう見えるが、これはたくさんの救命ボートと約800着の救命胴衣である。中国人アーティストのアイ・ウェイウェイ(艾未未)が難民問題を扱った作品《安全な通行》《Reframe》(2016年)だ。救命胴衣はギリシャのレスボス島に辿りついた難民が実際に使用したものという。これらを身につけた人々はどういう気持ちだったろう。事態の過酷さを直接的に感じさせる。写真家の畠山直哉は、東日本大震災の被災地である故郷の陸前高田市の風景を撮影した大きなサイズの写真連作を出品。「光が風できらきら揺れていることを意識して、その写真群に「風景」と題しました」と畠山は記者会見で語ったが、静謐で美しい情景である。それだけに痛ましさが胸に迫る。

 ●憲法第9条/9つのスクリーンによる音楽映像/祖母の家を描き尽す 今年で開館100周年を迎えた横浜市開港記念会館の地下は真っ暗だ。スタッフの方にライトで照らしていただき方向を教えてもらってゆっくり歩む。すると、切れ切れになった日本国憲法9条の言葉が赤く鋭く美しい光を放っていた。柳幸典の作品《Article 9》(2016年)である。今の日本の我々に大きな問いを突き付けてくる。

 横浜赤レンガ倉庫一号館では、9つのスクリーンによる音楽の映像作品《ザ・ビジターズ》(2012年)に魅了された。アイスランドに住むラグナル・キャルタンソンによる60分を超える長尺作品だ。ヘッドフォンを付けた8人の男女がそれぞれ楽器を演奏し歌う。楽器はアコーディオン、ギター、ピアノ、バンジョー、ドラム、チェロなど。一人で2種類の楽器を弾く人もいる。ただ、一つのスクリーンだけは別で、大勢の人がベランダに集まっている。演奏者は互いをよく聴きながら一つの曲を奏でている。美しい旋律が何度も繰り返され深まっていく。しばらくすると筆者も一緒に歌っていた。映像の最後の展開には驚かされたが、謎解きのような要素も含めて面白い。本作には、現代をどう生きるか、人といかに繋がるか、「接続」するかに重要な示唆がある。

 中国の画家ドン・ユアン(董媛)の《おばあちゃんの家》シリーズ(2013年)は、家族や古き物や事への愛情が伝わる。ドン・ユアンが小さい頃からよく通っていた祖母の家が区画整理で解体されるため、その家にある物を色々なサイズの絵にして描き尽した。なくなってしまうものをどう伝えるか。祭壇、布団、食器、窓辺の花など、全てが絵画に転換されている。ここにも「接続」への意志が貫かれている。

 映像作品には1時間を超すものもある。関連のイベントも数多い。横浜の風景も楽しんでほしい。というわけで、ヨコトリ2017は時間に余裕をもって見ていただければ、と思う。入場券は主要3会場を別の日に訪れることが可能なかたちだ。多様な視点や提示が見られる興味深いヨコトリに、是非足をお運びください。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi)
(2017年10月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

写真1 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景(横浜美術館)。
パオラ・ピヴィ、《I and I(芸術のために立ち上がらなければ)》、2014年、など。
Courtesy the Artist and Perrotin
(撮影:I.HOSOKAWA)


写真2 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景(横浜美術館)。
アイ・ウェイウェイ(艾未未)、《安全な通行》《Reframe》、2016年。
©Ai Weiwei Studio
(撮影:I.HOSOKAWA)


写真3 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景(横浜赤レンガ倉庫1号館)。
ラグナル・キャルタンソン、《ザ・ビジターズ》、2012年。
(撮影:I.HOSOKAWA)


写真4 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景(横浜赤レンガ倉庫1号館)。
ドン・ユアン(董媛)、《おばあちゃんの家》、2013年。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
YOKOHAMA TRIENNALE 2017
Islands, Constellations & Galapagos
【会期・会場】
2017年8月4日~11月5日
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
[展覧会詳細]
http://www.yokohamatriennale.jp/