詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

ジャン・フォートリエ展「絵画なのか」

戦後、美術界を震撼させたフランスのアンフォルメル運動の先駆者;ジャン・フォートリエの国内初の画期的な大回顧展が開かれている。
没後50年を記念して、東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで開催されている本格的な企画展は後先にもこれが最後かもしれない。
ありがたいことに、今回はこの後、豊田市美術館(7/20~9/15)、大阪国立国際美術館(9/27~12/7)と巡回する。
日本では、1959年には南画廊(志水楠男)に招かれて初来日して個展を開いており、大盛況に終わっている。
大原美術館(人質;人間の頭部no9)、ブリヂストン美術館(人質の頭部)、兵庫県立美術館(人質たちの習作、銃殺された人々、人質1-B、黒の上の人質たち、虐殺された人々、手のある人質Ⅰ、手のある人質Ⅱ)でも所蔵されていることは”驚き”である。

ジャン・フォートリエは20代から手掛けた肖像画、静物画、裸体画、風俗画、エドガー・アラン・ポーやボードレールの詩の挿絵などは、1890年世代の”セザンヌ回帰”の世代の画家たち、「エコール・ド・パリ」の画家たち(藤田嗣治、キスリング、モディリアーニ、パスキン、スーチン)の表現主義の影響がみられが、1925年頃から”フォートリエは写実主義者なのだろうか?”と問わせるほどフォートリエの変化は加速する。
異様で誇張する思想や諷刺やカリカチュア的というよりも、何か過剰で幻覚的・幻視的であり、分類不可能な近代の絵画様式を呈しているようだ。
1928年頃からフォートリエは暗闇へと向かうひとつの旅:(あたかもセリーヌの”夜の果てへの旅”を思わせる)と「けばけばしい絵」からの脱出をかかげ、表象するレアリスム・モデリング、生命の「自然な」色彩はぼんやりした空間の中や青白いほのかな光の灰色の輝きの中で呼びさまされた夢想と化す。
アンドレ・マルローに言わせると「輝かしい逸脱」がはじまり、『黒の時代』への突入。一連の「黒い裸婦」は体系的にもあらずアフリカ風プリミティヴィズムが見て取れる
このころから動物や魚の死骸を描いた作品が目立ち、皮を剥がれた猪、兎の皮、羊の頭部等々のこれまでと違ったイメージで、突然の変貌が社会的・経済的・世相的不安に因るものであるのだろう。

1930年代に入ると、≪ダンテの地獄篇≫のためのリトグラフの制作に追われ、数か所の画廊でのアンドレ・マルローのテキストを添えてパステルとリトグラフが展示された。ガリマール社での出版が取りやめになり、ポール・ギョームとの契約が切れるとパリを離れ、スキーのインストラウターやホテル兼ナイトクラブの支配人になり、ほとんど創作をしなくなる。
1939年にヨーロッパが第二次世界大戦に突入し、ひとところに落ち着くことができず、やがて生活費も尽き、結局パリに戻ってくる。
その頃のパリはドイツ軍に占領されていて、フォートリエ自ら「大オーケストラ」期と名づけ、新たな刺激を受け、うなされたような熱烈さで制作に取り組み、動きが激しく、色彩に溢れている。いたるところが厚く塗り、マチエールは異常なほどに密度を増していく新たな技法を生み出していく。
この時の作品は、なかなか理解されずフォートリエの急激な変化を把握しきれなかった。その後ドイツ軍のゲシュタポに捕えられ拘留され、精神を病み、アルプスのコル・デュ・プラリオンにひきこもり、最終的にはパリ郊外のシャトル・マラブリーの精神科の診療所に落ち着くことになる。
この時期に発表したのが「人質」の連作シリーズ、戦争体験の歴史的悲劇と芸術を真正面から捉えた”人間の極限的な歪み”や”絶望感”、”人間性の恢復を願う悲痛な祈り”が不連続性の中に通奏的な連続性を感じさせる。

第二次世界大戦が終わり1950年代に入り、即興性、新たな絵画技術の表現=不定形なるもの=アンフォルメルの提唱。
アンリ・ミショー、ジャン・デュビュッフェやアンドレ・マルロー、ジャン・ポーラン、フランシス・ポンジューなどの文筆家たちが参加したがなかなか受け入れられず不評であった。当時のル・モンド紙では”一般の人びとにとっては、フォートリエは点滅信号である”とまで評されている。

会場に入ると、先ず驚かされる。
第1章;レアリスムから厚塗りへ(1922-1938)
フランス流「新即物主義」と呼ばれ、たびたび病院に通い、貧困に喘いでいた時期に重なり、フォートリエの精神的肖像画に重なっている
≪管理人の肖像≫真っ青な老婆の様相が異様な情景で迫ってくる。≪三人の老女≫≪娼家の裸婦≫社会の負の部分を垣間見せる作品が多く発表される。≪愚か者;障害を持った若い青年の肖像≫≪体を洗う裸婦≫≪脱衣の女≫≪黒い裸婦≫シリーズ≪黒い花≫≪グラスに活けた枝≫ほとんどすべての作品が黒のトーンで制作されていて精神的絶望感が見える。≪皮を剥がれた猪≫≪兎の皮≫≪羊の頭部≫

第2章;厚塗りから「人質」へ(1938-1945)
1934年から1939年頃までは、フォートリエは作品を描いていない。ヴァル・ディーゼルでダンスクラブ「大熊座」の支配人をして、一晩中ジャズのレコードをかけ続けていく中で、情動の不安と新しい技法を模索していく≪果物のある静物≫≪梨と葡萄のある静物≫などなど異様な静物を描いている。
「人質の頭部」シリーズのno3~no8~no21~no23、no13、そのほかに習作7点兵庫県立美術館に所蔵されている。≪悲劇的な頭部≫≪銃殺された男≫特筆は大原美術館所蔵の≪人質の頭部no9≫とブリヂストン美術館所蔵の≪人質の頭部≫である。

第3章;第二次世界大戦後(1945-1964)
”アンフォルメルの芸術は抒情的抽象”を唱え、古典的な抽象への挑戦であったが、商業的な成功にはつながらなかった。
「裸体」をテーマとして、エロティックな夢想とフェティッシュな悪夢の≪ふとっちょ≫≪こちょこちょ≫≪青の上の裸婦≫≪永遠の幸福≫≪夜の中の女≫≪オール・アローン≫ジャズピアニストのマル・ウォルドロンの名曲をテーマにした作品には感動ものである。
ジャクソン・ポロックが作品を制作しているときは、必ずジャズを聴いていた。そのCDもなかなか聴かせるCDである。

最後に、詩人ジャン・ポーランと共演した記録映画が秀逸である。
見どころ満載の企画展になっている。残念なのはもう少し作品を多く集め展示して欲しかった。
今後の名古屋、大阪での巡回展の評価と集客が関心ごとになる。

ヘドデル・キドリンスキー

2014年7月11日