詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

Exhibitions

ジャン・フォートリエ展「絵画なのか」

戦後、美術界を震撼させたフランスのアンフォルメル運動の先駆者;ジャン・フォートリエの国内初の画期的な大回顧展が開かれている。
没後50年を記念して、東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで開催されている本格的な企画展は後先にもこれが最後かもしれない。
ありがたいことに、今回はこの後、豊田市美術館(7/20~9/15)、大阪国立国際美術館(9/27~12/7)と巡回する。
日本では、1959年には南画廊(志水楠男)に招かれて初来日して個展を開いており、大盛況に終わっている。
大原美術館(人質;人間の頭部no9)、ブリヂストン美術館(人質の頭部)、兵庫県立美術館(人質たちの習作、銃殺された人々、人質1-B、黒の上の人質たち、虐殺された人々、手のある人質Ⅰ、手のある人質Ⅱ)でも所蔵されていることは”驚き”である。

ジャン・フォートリエは20代から手掛けた肖像画、静物画、裸体画、風俗画、エドガー・アラン・ポーやボードレールの詩の挿絵などは、1890年世代の”セザンヌ回帰”の世代の画家たち、「エコール・ド・パリ」の画家たち(藤田嗣治、キスリング、モディリアーニ、パスキン、スーチン)の表現主義の影響がみられが、1925年頃から”フォートリエは写実主義者なのだろうか?”と問わせるほどフォートリエの変化は加速する。
異様で誇張する思想や諷刺やカリカチュア的というよりも、何か過剰で幻覚的・幻視的であり、分類不可能な近代の絵画様式を呈しているようだ。
1928年頃からフォートリエは暗闇へと向かうひとつの旅:(あたかもセリーヌの”夜の果てへの旅”を思わせる)と「けばけばしい絵」からの脱出をかかげ、表象するレアリスム・モデリング、生命の「自然な」色彩はぼんやりした空間の中や青白いほのかな光の灰色の輝きの中で呼びさまされた夢想と化す。
アンドレ・マルローに言わせると「輝かしい逸脱」がはじまり、『黒の時代』への突入。一連の「黒い裸婦」は体系的にもあらずアフリカ風プリミティヴィズムが見て取れる
このころから動物や魚の死骸を描いた作品が目立ち、皮を剥がれた猪、兎の皮、羊の頭部等々のこれまでと違ったイメージで、突然の変貌が社会的・経済的・世相的不安に因るものであるのだろう。

1930年代に入ると、≪ダンテの地獄篇≫のためのリトグラフの制作に追われ、数か所の画廊でのアンドレ・マルローのテキストを添えてパステルとリトグラフが展示された。ガリマール社での出版が取りやめになり、ポール・ギョームとの契約が切れるとパリを離れ、スキーのインストラウターやホテル兼ナイトクラブの支配人になり、ほとんど創作をしなくなる。
1939年にヨーロッパが第二次世界大戦に突入し、ひとところに落ち着くことができず、やがて生活費も尽き、結局パリに戻ってくる。
その頃のパリはドイツ軍に占領されていて、フォートリエ自ら「大オーケストラ」期と名づけ、新たな刺激を受け、うなされたような熱烈さで制作に取り組み、動きが激しく、色彩に溢れている。いたるところが厚く塗り、マチエールは異常なほどに密度を増していく新たな技法を生み出していく。
この時の作品は、なかなか理解されずフォートリエの急激な変化を把握しきれなかった。その後ドイツ軍のゲシュタポに捕えられ拘留され、精神を病み、アルプスのコル・デュ・プラリオンにひきこもり、最終的にはパリ郊外のシャトル・マラブリーの精神科の診療所に落ち着くことになる。
この時期に発表したのが「人質」の連作シリーズ、戦争体験の歴史的悲劇と芸術を真正面から捉えた”人間の極限的な歪み”や”絶望感”、”人間性の恢復を願う悲痛な祈り”が不連続性の中に通奏的な連続性を感じさせる。

第二次世界大戦が終わり1950年代に入り、即興性、新たな絵画技術の表現=不定形なるもの=アンフォルメルの提唱。
アンリ・ミショー、ジャン・デュビュッフェやアンドレ・マルロー、ジャン・ポーラン、フランシス・ポンジューなどの文筆家たちが参加したがなかなか受け入れられず不評であった。当時のル・モンド紙では”一般の人びとにとっては、フォートリエは点滅信号である”とまで評されている。

会場に入ると、先ず驚かされる。
第1章;レアリスムから厚塗りへ(1922-1938)
フランス流「新即物主義」と呼ばれ、たびたび病院に通い、貧困に喘いでいた時期に重なり、フォートリエの精神的肖像画に重なっている
≪管理人の肖像≫真っ青な老婆の様相が異様な情景で迫ってくる。≪三人の老女≫≪娼家の裸婦≫社会の負の部分を垣間見せる作品が多く発表される。≪愚か者;障害を持った若い青年の肖像≫≪体を洗う裸婦≫≪脱衣の女≫≪黒い裸婦≫シリーズ≪黒い花≫≪グラスに活けた枝≫ほとんどすべての作品が黒のトーンで制作されていて精神的絶望感が見える。≪皮を剥がれた猪≫≪兎の皮≫≪羊の頭部≫

第2章;厚塗りから「人質」へ(1938-1945)
1934年から1939年頃までは、フォートリエは作品を描いていない。ヴァル・ディーゼルでダンスクラブ「大熊座」の支配人をして、一晩中ジャズのレコードをかけ続けていく中で、情動の不安と新しい技法を模索していく≪果物のある静物≫≪梨と葡萄のある静物≫などなど異様な静物を描いている。
「人質の頭部」シリーズのno3~no8~no21~no23、no13、そのほかに習作7点兵庫県立美術館に所蔵されている。≪悲劇的な頭部≫≪銃殺された男≫特筆は大原美術館所蔵の≪人質の頭部no9≫とブリヂストン美術館所蔵の≪人質の頭部≫である。

第3章;第二次世界大戦後(1945-1964)
”アンフォルメルの芸術は抒情的抽象”を唱え、古典的な抽象への挑戦であったが、商業的な成功にはつながらなかった。
「裸体」をテーマとして、エロティックな夢想とフェティッシュな悪夢の≪ふとっちょ≫≪こちょこちょ≫≪青の上の裸婦≫≪永遠の幸福≫≪夜の中の女≫≪オール・アローン≫ジャズピアニストのマル・ウォルドロンの名曲をテーマにした作品には感動ものである。
ジャクソン・ポロックが作品を制作しているときは、必ずジャズを聴いていた。そのCDもなかなか聴かせるCDである。

最後に、詩人ジャン・ポーランと共演した記録映画が秀逸である。
見どころ満載の企画展になっている。残念なのはもう少し作品を多く集め展示して欲しかった。
今後の名古屋、大阪での巡回展の評価と集客が関心ごとになる。

ヘドデル・キドリンスキー

2014年7月11日