詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

開催中〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

開催中〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

ベル・エポックー美しき時代 パリに集った芸術家たち ワイズマン&マイケル コレクションを中心に

開催中〜2024/06/16

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

昭和モダン×百段階段 ~東京モダンガールライフ~

開催中〜2024/06/16

ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財 「百段階段」

東京都・目黒区

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

開催中〜2024/06/16

東京オペラシティアートギャラリー

東京都・新宿区

板倉鼎・須美子展

開催中〜2024/06/16

千葉市美術館

千葉県・千葉市

高橋由一から黒田清輝へ ―明治洋画壇の世代交代劇―

開催中〜2024/06/16

栃木県立美術館

栃木県・宇都宮市

ここに いても いい リトゥンアフターワーズ 山縣良和と綴るファッション表現のかすかな糸口

開催中〜2024/06/16

アーツ前橋

群馬県・前橋市

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

2024/06/18〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

2024/06/18〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィンランド_メイン

Exhibitions

ザ・フィンランドデザイン展
自然が宿るライフスタイル

 建築家のアアルト夫妻や、ファッションブランドのマリメッコ社など、近年様々なジャンルの紹介が続くフィンランドデザイン。その洗練されたデザインの「総集編」とも呼ぶべき大規模展が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中だ。

インスピレーションは自然から

 1930年代から70年代に至るフィンランドデザインの歩みをたどる本展は、ガラス工芸や陶磁器、家具、テキスタイルなどの多彩なプロダクトと絵画を合わせた作品約250点と、関係資料約80点が並ぶ壮観なもの。
 点数の多さにびっくりするが、広々とした空間を使った展示は調和がとれた印象だ。
 その調和を支えている一因は、作品の根幹にあるものが一貫しているからだろうか。キーワードとなるのは、「自然」だ。国土の7割を森林が占め、18万以上の湖を有する「森と湖の国」。そして白夜とオーロラの国としても知られるフィンランドのデザインの多くは、その着想を国民が愛してやまない豊かな自然に求めた。自然をモチーフとした有機的なフォルムや、木材などの自然素材の活用が、そのデザインの特徴なのだ。
 例えば、20世紀を代表する建築家アアルトのガラス器《「サヴォイ」花瓶》は、湖や群島の輪郭やオーロラも思わせる曲線が印象深い。本展では、写真とともに展示することで、そうした関係性を顕著に見せている。

フィンランド01
アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》と木製の型。
フィンランド02
アルヴァ・アアルトによる木製の椅子。1939年のニューヨーク万博で人気を集めたアアルトのパビリオンの写真を背景に。
フィンランド03
タピオ・ヴィルッカラ《氷山》(左)など、ガラス器の展示。凍てつく冬の景色や氷山も、アーティストたちにインスピレーションを与えた。

誰もが楽しめる良質なデザインを

 興味深いのは、こうしたデザインの展開が国の成り立ちと強く結びついていることだろう。
 長くロシアの支配下にあったフィンランドが独立したのは、第一次大戦中の1917年。新しい国づくりの一環として、また20世紀前半の急速な近代化や都市化の流れの中で、人々の生活の質を向上させるために、デザインの発展に力が注がれたのだという。
 例えば、アラビア製陶所の食器シリーズ《キルタ》は、機能性と実用性に富み、フォルムと色彩の美しさも際立つ製品だが、同時に、それまで大仰なディナーセットとして揃えられてきた食器類を、家庭に必要なものだけ買い足しながら長く使い続けるという、新たなコンセプトへと転換させた点でも意義深いのだとか。
 誰もが暮らしの中で楽しめる良質なデザイン——日常生活に対するその眼差しが、多くの人々の心情にアピールするのだろう。

フィンランド04
カイ・フランク《キルタ》シリーズ。現在も《ティーマ》のシリーズ名で生産が続くロングセラー。
フィンランド05
アイノ・アアルト《ボルゲブリック》シリーズ。美しい層状のガラス器が大量生産され、人気を博した。

デザイナーとアーティストたちが総勢50人以上

 本展の特徴のひとつは、陶磁、ガラス、テキスタイルなどの様々な製作所で活躍した個々のアーティストに光をあてていること。
 アアルト夫妻や、鮮やかな陶板作品で知られるルート・ブリュック、ムーミンを生んだトーベ・ヤンソンなどを除けば、あまり馴染みのない名前が並ぶが、とりわけフィンランド独自のデザインが花開いた1950年代以降、個性豊かなアーティストが多数輩出した。
 現代でも女性の活躍で知られる北欧だが、この時代にあって、デザイン界に大きな足跡を残した紹介作家の半数以上が女性なのも印象深い。

フィンランド06
ビルゲル・カイピアイネンのユーモアあふれる「ビーズバード」作品2点と、タピオ・ヴィルッカラのガラスの造形《イソシギ》3点を配した展示風景。
フィンランド07
伝統的な「リュイユ・ラグ」を現代風に甦らせたウフラ=ベアタ・シンベリ=アールストロムのラグや、深い青や赤、半透明の釉薬が特徴的なフリードル・ホルツァー=シャルバリの陶器などが並ぶ。
フォンランド08
左壁面にエヴァ・タイミとカイ・フランクによるファブリック・プリント。右壁面にフィンレイソン社のアイニ・ヴァーリによるデザイン。家を明るくする親しみやすい文様や絵柄が好まれた。
フィンランド09
カーリナ・アホ《卵入れ》と《カッティングボード(魚)》。愛らしい動植物の表現もあちらこちらに。

美しい展示空間も堪能したい

 展示レイアウトが美しいのも本展の魅力のひとつ。台やケースに配されたオブジェと壁面のテキスタイルや絵画が呼応する展示空間は、ブルーを基調とした清々しいものであったり、暖色が目を惹く賑やかなものであったりと変化に富む。
 とりわけ1960年代に女性たちのモダンライフを牽引したマリメッコ社やスオメン・トリコー社のドレスを配した華やかな展示室は圧巻だ。
 長く厳しい冬を室内で過ごすフィンランド人が、明るく鮮やかな色彩の花々や夏の太陽のモチーフを好んだことがよくわかると同時に、1960年代のモダンなテキスタイルが同時代の抽象絵画の刺激を受けていたことも、その立体的な展示から伝わってくる。

 本展は、ぜひ実際の会場を訪れて、その空間の雰囲気も堪能したい展覧会だ。鑑賞のあとは、多彩なグッズが並ぶショップでの買い物の楽しみも待っている。

フィンランド10
陶磁器や陶板、ガラス器が並ぶ展示風景。
フィンランド11
鮮やかな色彩とフレッシュな図柄のドレスが並ぶ大展示室。
フィンランド12
オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》。抽象的なフォルムをもつカラフルな工芸品も、同時代のテキスタイルと呼応する。
フィンランド13
1960年代のマリメッコ社のドレスと同時代の抽象絵画。色彩と線とフォルムが響き合う。
フィンランド14
各社の品揃えが充実したミュージアムショップ。

執筆・写真撮影 中山ゆかり
*会場内の写真画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

ザ・フィンランドデザイン展
自然が宿るライフスタイル 
Finnish Design for Everyday Life – Patterns and Forms Inspired by Nature

【会期・会場】
2021年12月7日(火)~2022年1月30日(日) Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷区)

※本展は、会期中の全ての土日祝、および最終週の1月24日〜30日は、オンラインによる入場日時予約が必要です。
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/