詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-1979

開催中〜2024/03/03

国立工芸館

石川県・金沢市

MOTアニュアル2023 シナジー、創造と生成のあいだ

開催中〜2024/03/03

東京都現代美術館

東京都・江東区

皇居三の丸尚蔵館 開館記念展「皇室のみやび-受け継ぐ美-」第 2 期:「近代皇室を彩る技と美」

開催中〜2024/03/03

皇居三の丸尚蔵館

東京都・千代田区

[公募展] Seed 山種美術館 日本画アワード 2024 ― 未来をになう日本画新世代 ―

開催中〜2024/03/03

山種美術館

東京都・渋谷区

坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア

開催中〜2024/03/10

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA

東京都・新宿区

豊嶋康子 発生法──天地左右の裏表

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

21_21 DESIGN SIGHT 企画展「もじ イメージ Graphic 展」

開催中〜2024/03/10

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2

東京都・港区

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/特集展示 横尾忠則―水のように/生誕100年 サム・フランシス

開催中〜2024/03/10

東京都現代美術館

東京都・江東区

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

開催中〜2024/03/10

東京国立博物館

東京都・台東区

都市にひそむミエナイモノ展 Invisibles in the Neo City

開催中〜2024/03/10

SusHi Tech Square 1F Space

東京都・千代田区

水木しげるの妖怪 百鬼夜行展 ~お化けたちはこうして生まれた~

開催中〜2024/03/10

そごう美術館

神奈川県・横浜市

FACE展2024

開催中〜2024/03/10

SOMPO美術館

東京都・新宿区

和田誠 映画の仕事

開催中〜2024/03/24

国立映画アーカイブ

東京都・中央区

ムットーニワールド からくりシアターⅤ

開催中〜2024/03/24

八王子市夢美術館

東京都・八王子市

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

開催中〜2024/03/24

サントリー美術館

東京都・港区

ニャラティブ! ‐物語から見る招き猫亭コレクションと現代作家展‐

開催中〜2024/03/24

藤沢市アートスペース

神奈川県・藤沢市

ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 6『メニスル』

開催中〜2024/03/24

トーキョーアーツアンドスペース本郷

東京都・文京区

企画展 「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画 「謎解き奥高麗茶碗」

開催中〜2024/03/26

根津美術館

東京都・港区

VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち

2024/03/14〜2024/03/30

上野の森美術館

東京都・台東区

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

開催中〜2024/03/31

森美術館

東京都・港区

tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

開催中〜2024/03/31

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

企画展「いざ、勝負!」

開催中〜2024/03/31

北斎館

長野県・小布施町

岩﨑家のお雛さま

開催中〜2024/03/31

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

岡田健太郎―重なる景体

開催中〜2024/04/07

平塚市美術館

神奈川県・平塚市

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵 京のひなかざり

開催中〜2024/04/07

三井記念美術館

東京都・中央区

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

開催中〜2024/04/07

東京都美術館

東京都・台東区

美術家たちの沿線物語 小田急線篇

開催中〜2024/04/07

世田谷美術館

東京都・世田谷区

魔女まじょ展

開催中〜2024/04/08

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)2階ギャラリー

東京都・江戸川区

初公開の仏教美術 ―如意輪観音菩薩像・二童子像をむかえて―

開催中〜2024/04/14

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL!

開催中〜2024/04/14

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

令和5年度早春展 中国陶磁の色彩 ―2000年のいろどり―

開催中〜2024/04/14

永青文庫

東京都・文京区

英国キュー王立植物園 おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり

開催中〜2024/04/14

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

建立900年 特別展 中尊寺金色堂

開催中〜2024/04/14

東京国立博物館

東京都・台東区

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

2024/03/16〜2024/04/21

練馬区立美術館

東京都・練馬区

須藤玲子:NUNOの布づくり

開催中〜2024/05/06

水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

茨城県・水戸市

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

2024/03/09〜2024/05/06

府中市美術館

東京都・府中市

第5回「私の代表作」展

開催中〜2024/05/12

ホキ美術館

千葉県・千葉市

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

2024/03/16〜2024/05/12

泉屋博古館東京

東京都・港区

イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い

2024/03/10〜2024/05/12

宇都宮美術館

栃木県・宇都宮市

モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン

開催中〜2024/05/19

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

2024/03/16〜2024/05/19

町田市立国際版画美術館

東京都・町田市

マティス 自由なフォルム

開催中〜2024/05/27

国立新美術館

東京都・港区

金屏風の祭典 ——黄金の世界へようこそ

開催中〜2024/06/02

岡田美術館

神奈川県・箱根町

日本の山海

開催中〜2024/06/02

松岡美術館

東京都・港区

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024/03/19〜2024/06/02

国立工芸館

石川県・金沢市

遠距離現在 Universal / Remote

2024/03/06〜2024/06/03

国立新美術館

東京都・港区

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

2024/03/15〜2024/06/09

芸術祭(横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路)

神奈川県・横浜市

北欧の神秘ーノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024/03/23〜2024/06/09

SOMPO美術館

東京都・新宿区

記憶:リメンブランス-現代写真・映像の表現から

開催中〜2024/06/09

東京都写真美術館

東京都・目黒区

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

2024/03/15〜2024/06/09

BankART Station

神奈川県・横浜市

企画展「北斎と感情」

2024/04/06〜2024/06/09

北斎館

長野県・小布施町

特別展「大哺乳類展3−わけてつなげて大行進」

2024/03/16〜2024/06/16

国立科学博物館

東京都・台東区

茶の湯の美学 ―利休・織部・遠州の茶道具―

2024/04/18〜2024/06/16

三井記念美術館

東京都・中央区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

2024/04/27〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

2024/04/27〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

2024/03/09〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

2024/04/16〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

民藝 MINGEI—美は暮らしのなかにある

2024/04/24〜2024/06/30

世田谷美術館

東京都・世田谷区

三島喜美代―未来への記憶

2024/05/19〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

2024/04/24〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

2024/04/13〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

日本のまんなかでアートをさけんでみる

2024/03/16〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

Exhibitions

サムライ、浮世絵師になる! 鳥文斎栄之展

 鳥文斎栄之、ちょうぶんさい・えいし。浮世絵好きの人でなければ、読み方にもいくらかとまどうかもしれない浮世絵師の世界初の個展が、千葉市美術館で開催されている。武士から浮世絵師に転身し、かの歌麿と同時代に美人画で大いに活躍したが、明治維新後に作品の多くが海外に流出したため、まとまって紹介されることの少なかった実力者。今回は、ボストン美術館と大英博物館から、保存状態の良い作品も里帰りし、肉筆画も含めた大規模な展観となっている。

鳥文斎栄之《川一丸船遊び》寛政8-9(1796-97)年頃 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《川一丸船遊び》寛政8-9(1796-97)年頃 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《青楼美人六歌仙 松葉や若那》寛政6(1794)年頃 大英博物館蔵
鳥文斎栄之《青楼美人六歌仙 松葉や若那》寛政6(1794)年頃 大英博物館蔵

 1756年、禄高500石の旗本・細田家の長男・時富として生まれ、17歳で家督を継いだ栄之は、御用絵師・狩野栄川院典信(えいせんいんみちのぶ)に学び、20代半ばで絵を描くことを好んだ将軍・徳川家治の側で「絵具方(えのぐかた)」を務めた。「栄之」の号は、師の「栄」の字を継いで上意によって与えられたものだ。家治の逝去や政変もあり、30代になる頃から浮世絵の世界で活躍を始め、早くに家督も譲ったが、将軍に仕えた時代の「栄之」の名を浮世絵師としても使い続けた。

鳥文斎栄之《関ヶ原合戦図絵巻》部分 文政(1818-30)前期頃 奈良県立美術館蔵/師の作品を参考にしたとされる初期の肉筆画
鳥文斎栄之《関ヶ原合戦図絵巻》部分 文政(1818-30)前期頃 奈良県立美術館蔵/師の作品を参考にしたとされる初期の肉筆画

 出自が武士であったことは、その後の画業を通じて大きく影響したらしい。新人は安価な小さい判の仕事から始めるのが常だったが、栄之の場合は、むろん狩野派に学んだ画力もあったのだろうが、デビュー後すぐに大判の仕事を多く受け、大判5枚続という大作も任されたのだという。
 今回の展覧会でも、第一章に並ぶのは、隅田川の船遊びや花見、寺院詣でなどを楽しむ上流階級の女性たちを描いた色鮮やかな続絵の数々。特に「隅田川」の主題は栄之の代名詞ともなった。

鳥文斎栄之《吉野丸船遊び》天明7-8(1787-88)年頃 千葉市美術館蔵
鳥文斎栄之《吉野丸船遊び》天明7-8(1787-88)年頃 千葉市美術館蔵

 美人画に優れた栄之は遊郭の遊女を描く「青楼(せいろう)画家」としても名を馳せたが、ここでも武家の出は有利に働いたようだ。吉原の名高い遊女は普通の人では相手にもしてもらえなかったが、栄之は厚遇された可能性が大きいのだとか。また上流階級の女性風俗を描く主題も、武家の生活をよく知る栄之の絵には嫌味が感じられず、セレブの生活を垣間見るという興味もあって、広く愛好されたという。

鳥文斎栄之《善玉悪玉青楼遊興》寛政5(1793)年頃 慶應義塾 高橋誠一郎旧蔵(〜1月21日までの展示)/吉原の内情をよく知っていたはずの栄之らしい、豪華な宴の様子がよくわかる作
鳥文斎栄之《善玉悪玉青楼遊興》寛政5(1793)年頃 慶應義塾 高橋誠一郎旧蔵(〜1月21日までの展示)/吉原の内情をよく知っていたはずの栄之らしい、豪華な宴の様子がよくわかる作
鳥文斎栄之《風流略六芸 画》寛政5-6(1793-94)年頃 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《風流略六芸 画》寛政5-6(1793-94)年頃 ボストン美術館蔵

 美人画の名手・栄之のライバルは、顔をアップでとらえた「大首絵」でスターとなった喜多川歌麿だった。興味深いのは、当時はプロデューサー役の版元が出版方針を決めていたこともあってか、新興の蔦屋を版元とする歌麿が大首絵なら、老舗の西村屋を版元とした栄之は坐る姿や立ち姿の全身像をもっぱらとするというように、業界内で棲み分けがあったらしいこと。

鳥文斎栄之《畧六花撰 喜撰法師》寛政8-10(1796-98)年頃 大英博物館蔵/栄之もごく稀に大首絵を描いた。その稀少作のひとつ
鳥文斎栄之《畧六花撰 喜撰法師》寛政8-10(1796-98)年頃 大英博物館蔵/栄之もごく稀に大首絵を描いた。その稀少作のひとつ

 だが、棲み分けによるブランド化は成功したのだろう。栄之の美人画は、遊女であっても、あるいは市井の看板娘や上流の子女であっても、長身の、すらりとした細身の女性の優雅な姿と品のいい穏やかな表情が印象深い。デザイン性に富んだ衣装、美しい色彩、キラキラとした雲母(きら)摺りなど摺りの豪華さも魅力だ。

鳥文斎栄之《若那初模様 丁子屋 いそ山 きちじ たきじ》寛政7(1795)年 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《若那初模様 丁子屋 いそ山 きちじ たきじ》寛政7(1795)年 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《松竹梅三美人》寛政4−5(1792−93)年頃 ボストン美術館蔵/江戸の評判娘3人を描く
鳥文斎栄之《松竹梅三美人》寛政4−5(1792−93)年頃 ボストン美術館蔵/江戸の評判娘3人を描く

 今回の見どころのひとつは色彩のようだ。贅沢につくられた栄之の作品は絵具も良質で、たとえば最も高価な紅でも精製度の高いものがふんだんに使われている。保存状態がよく、褪色をまぬがれた作品の、紅の赤をはじめとした色は鮮やかで美しい。

鳥文斎栄之《若那初衣裳 松葉屋染之助 わかき わかば》寛政6(1794)年頃 ボストン美術館蔵
鳥文斎栄之《若那初衣裳 松葉屋染之助 わかき わかば》寛政6(1794)年頃 ボストン美術館蔵

 その一方で、色彩のない、あるいは色相をおさえた作品も魅力的だ。当時は、晴れやかな赤を敢えて控えた「紅嫌い」という手法があり、実は栄之はその紅嫌い作品を最も多く出版した浮世絵師だったそうだ。栄之の品格のある画風や、彼が得意とした読み解きに知識を要する古典物語の主題には、趣のある色相がよく合ったのだというが、まるまる一章をかけて墨一色のシャープな作品や色を抑制したシックな錦絵を並べた展示は見応えがあり、すっかり紅嫌いのファンになってしまった。

鳥文斎栄之《風流やつし源氏 須磨》天明7-8(1787-88)年頃 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(2月4日までの展示)
鳥文斎栄之《風流やつし源氏 須磨》天明7-8(1787-88)年頃 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(2月4日までの展示)
鳥文斎栄之《風流やつし源氏 朝顔》天明7-8(1787-88)年頃 大英博物館蔵
鳥文斎栄之《風流やつし源氏 朝顔》天明7-8(1787-88)年頃 大英博物館蔵
鳥文斎栄之《伊勢物語》寛政3-4(1791-92)年頃 大英博物館蔵
鳥文斎栄之《伊勢物語》寛政3-4(1791-92)年頃 大英博物館蔵

 浮世絵の黄金期に活躍した栄之だが、錦絵に携わった期間は10年ちょっとと短かった。寛政の改革が厳しさを増すなか、旗本出身の栄之は歌麿のように出版規制に逆らう態度はとれなかったのだろうという。後年のおよそ30年は肉筆画に集中し、美人画、風景画などで多くの注文を得た。本展でも、新発見・初公開を含め掛け物や屏風、図巻が並んでいる。

肉筆画の展示風景
肉筆画の展示風景
鳥文斎栄之《朝顔美人図》寛政7(1795)年 千葉市美術館蔵/こちらは平戸藩主松浦家の旧蔵作
鳥文斎栄之《朝顔美人図》寛政7(1795)年 千葉市美術館蔵/こちらは平戸藩主松浦家の旧蔵作
鳥文斎栄之《和漢美人競艶図屏風》文政(1818−30)前期頃 個人蔵/中国と日本の伝説の美人を3人ずつ交互に配した初公開の屏風
鳥文斎栄之《和漢美人競艶図屏風》文政(1818−30)前期頃 個人蔵/中国と日本の伝説の美人を3人ずつ交互に配した初公開の屏風

 サムライから浮世絵師になった栄之が、身分の高い注文主にも、才能のある弟子にも、そして文人らの友人たちにも恵まれていたことは、展示からよく伝わってきた。弟子たちの作品も含め前期・後期で合わせて156点が並ぶ本展は、栄之とその一門の魅力を初めて大々的に、そして多方面から紹介する見逃せない展覧会となっている。
 
 
執筆・写真撮影:中山ゆかり
※会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです
※参考資料:「サムライ、浮世絵師になる! 鳥文斎栄之展 」図録、『千葉市美術館ニュース』110号
※冒頭写真 鳥文斎栄之《貴婦人の船遊び》寛政4-5(1792−93)年頃 ボストン美術館蔵

サムライ、浮世絵師になる! 鳥文斎栄之展
Chobunsai Eishi: The Samurai Turned Ukiyo-e Artist
 
【会期・会場】
会期: 2024年1月6日(土)〜 3月3日(日)〔前期:〜2月4日(日)、後期:2月6日(火)〜〕
(前後期で作品の展示替えがある)
会場:千葉市美術館(千葉県・千葉市)
(企画展「武士と絵画 ―宮本武蔵から渡辺崋山、浦上玉堂まで―」を同時開催)
 
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
https://www.ccma-net.jp/