詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

開催中〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

こども展―名画にみるこどもと画家の絆―

新鮮で、心温まる展覧会
画家が自分の子どもを描いた絵画
三分の二の作品が日本初公開

   東京展の会場を廻って魅了された。親である画家が、自分の子どもやごく親しい子どもたちを描いた絵画が並ぶ。多くの可愛らしい子どもに出会うことができる。眺めていると、モデルとなった子どもの気持ち、親である画家の想い、そして互いの交流が浮かび上がってくる。19世紀初頭の近代から20世紀の現代までの約200年にわたり、48人の画家によって描かれた87作品(【注意】大阪展では47人による86作品)がそれぞれ、親子と家族の物語を語っている。ありそうで今までなかった、新鮮な感覚の展覧会だ。幅広い年齢層の方々がともに楽しめるだろう。
■「小さな物語」から大きな物語へ
   本展は、クロード・モネの「睡蓮」連作を所蔵することで有名なパリのオランジュリー美術館で、2009年11月から2010年3月まで開催された「Les enfants modèles(モデルとなった子どもたち/模範的な子どもたち)」展を基礎とする。このフランス展には約20万人の観客が訪れたという。日本展は、それを構成しなおして規模を拡大し、オランジュリー美術館とオルセー美術館の支援のもとで実現した。
   「こども展」の特徴は第一に、「親が描く自分の子どもや身近な子どもの肖像」というテーマの魅力だ。誰もが親しみやすい。作品には、子どもの姿とともに、画家とモデルになった子どもたちの間の率直な感情が内包されている。作品を両者の視点で探る面白さは格別である。フランス展を企画立案したオランジュリー美術館 元館長のエマニュエル・ブレオン氏は、代々活躍した有名な画家一族デュビュッフ家の末裔で、先祖がその子どもを描いた肖像画が自宅に飾られていた。「モデルとなった子どもたちは何を考えていたのだろう」と幼い頃からいつも思っていたという。彼が長年いだいていたこの想いがフランス展実現の発端となった。ブレオン氏は本展図録に「学問の主流となるヒエラルキーの外側にある『小さな物語』は、むしろ私たちを大きな物語へと導いてくれるのではないだろうか」と書いておられる。この斬新なテーマは、挑戦的で冒険心に富むものでもあるのだ。なお日本展は、ブレオン氏と千足伸行 成城大学名誉教授によって監修された。
   第二の特徴は、絶妙な作品選定である。モネ、ルノワール、ルソー、マティス、ピカソ、フジタら代表的な画家が多く名を連ねる。それと同時に、日本であまり知られていない画家の作品も出品されるが巨匠作品と肩を並べるもの。子どもの肖像の世界的名作が勢ぞろいした。日本初公開の作品が三分の二を占めることも重要だ。注文肖像画ではなく画家が自分のために描き、遺族が代々大切に保管してきた作品が多いからだ。この点でも意外性や新鮮さが大きい。  
   第三には、19世紀初頭から現代まで約200年の美術史における子どもの肖像画の変遷を、時代の変化とともに辿りながら楽しめるよう、優れた展覧会構成がなされていることだ。次のように、序章と六つの章から構成される。序章(19世紀前半~新古典主義からロマン主義の時代の作品)、①家族(19世紀~20世紀末までの家族肖像画)/②模範的な子どもたち(ベル・エポックの1870年代~1914年の作品)/③印象派④ポスト印象派とナビ派⑤フォーヴィスムとキュビスム⑥20世紀のレアリスト
   そして第四の特徴は、人々がそれぞれ自由に楽しみ、発見ができることだ。会場内に画家の家系図や交流図が紹介されており、また当時モデルとなった子どもたちが、画家である親や祖父の作品制作の様子を語る映像も観ることができる。順々に作品を辿るだけでなく、会場を行ったり来たりしながら、画家の人生や一族を探ったり、モデルと一緒に描かれているものを比べたり、いろいろな楽しみかたができるだろう。
■画家と子どもと家族:たくさんの小さな物語
   見どころの多い展覧会だが、一部をご紹介したい。
●デュビュッフ家  最初の円形の部屋に入ると、大きな楕円形の肖像画対作品が飾られている。小公子と小公女のような子どもたちで、立派で可愛い。正装して椅子のまえでやや緊張気味にポーズをとっていて記念写真のようでもある。これは19世紀半ば、クロード=マリー・デュビュッフ(1790~1864)が幼い息子を描いた≪ポール・デュビュッフの肖像≫(1848年、個人蔵)と、ポールの将来の妻となるネリーを描いた≪ネリー・ビュネルの肖像≫(1850年頃、個人蔵)だ。デュビュッフは新古典主義の巨匠ジャック・ルイ・ダヴィッド(1748~1825)の弟子であり、デュビュッフ家は代々活躍し有名な画家一族となる。本展の立案企画者のブレオン氏は、先述したように一族の子孫で、肖像画の二人は彼の4代前の先祖にあたる。この対肖像画は子孫が大事に保管してきたもの。一族代々の画家たちの優品も多く出品され、繋がりも辿ることができる。
●モデルとなったジュリー・マネ  会場にはもう一つ円形のスペースがある。ここにある6作品のモデルがジュリー・マネ(1878~1966)だ。エドゥアール・マネ(1832~1883)の弟で画家だったウジェーヌ・マネを父に、印象派の女流画家として活躍したベルト・モリゾ(1841~1895)を母にもつ、彼らの一人娘。芸術的な環境で育ち、自身も画家となった。母モリゾは、自分の分身のように繰り返し愛娘を描いた。≪庭のウジェーヌ・マネとその娘≫(1883年、個人蔵)は、光あふれる緑の庭で5歳の娘と彼女をスケッチする父の微笑ましい情景を、モリゾらしい素早い筆致で描いた傑作だ。また、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919)による≪ジュリー・マネの肖像、あるいは猫を抱く子ども≫(1887年、オルセー美術館)は、8歳の少女らしい端正な姿と気持ちよさそうな猫の表情が忘れがたい。モリゾが、親しいルノワールに依頼して描いてもらった肖像画だ。その頃のルノワールは印象派の描法から離れ、明確な輪郭と滑らかな絵の表面を重視するアングル風の古典主義を探求しており、ジュリーの顔の表現にそれが採用されている。ルノワールは後年、詩人のステファヌ・マラルメ(1842~98)とともに、母を10代で亡くしたジュリーの後見人となった。また、後にエドガー・ドガ(1834~1917)の紹介でジュリーと知り合い、その夫となった画家ルエルネスト・ルーアール(1874~1942)が、書斎で手紙を書くジュリーを描いた作品や、ジュリー自身による幼い甥のオーギュスタン・ルーアール(1907~97)の肖像画も出品され、我々はジュリーの生涯の一端を知ることができる。その後、甥のオーギュスタンも画家になり、その作品は1970年代のポスト・モダン以降再評価される。彼が、眠る息子をキリストになぞらえて描いた≪天使に囲まれた子ども≫(1949年、個人蔵)は浮世絵版画をも思わせる淡い色彩と線描が特徴で、清新な息吹がある。なお、ジュリーの母モリゾは、エドゥアール・マネの多くの作品のモデルにもなり、マネの名作を生み出したことでも有名である。マネの代表作≪すみれの花束をつけたベルト・モリゾ≫(1872年、オルセー美術館)をジュリーは生涯大事に自宅居間に飾っていたという。

●カリエール/アンリ・ルソー:子どもの夭逝
  ウジェーヌ・カリエール(1849~1906)の傑作≪病気の子ども≫(1885年、オルセー美術館)は、200×246cmの巨大な画面。全体が霧にかかったようにみえる。この作品で彼独特のデリケートな明暗の諧調を確立させたといわれる。兄弟たちが見守るなか、母にいだかれた赤ん坊が力なくこちらを向いている。赤ちゃんはこのあと息を引きとったという。本作は1885年のサロンに出品され、画家を大成功に導いたのだが、子どもを亡くしたカリエールの気持ちはどんなだったろう。また、素朴派の画家アンリ・ルソー(1844~1910)も授かった実の7人の子どものうち6人もが早世した。彼は生涯に数点しか子どもを描いていない。その貴重な一点である≪人形を抱く子ども≫(1904~05年頃、オランジュリー美術館)では、明るい青空と緑の草原を背景に、赤地に白い水玉模様のワンピースの金髪の少女が、人形を抱え思いつめたような表情で真正面を見据える。強烈な色彩と奇妙な造形が独特の魅力を創る本作は、父としての鎮魂の絵画だったのかもしれない。
●ルノワール/ドニ:生き生きした普段の姿  一方、印象派の代表的な画家ルノワールは、3人の息子の遊んでいるところなど普段の姿を、成長記録のように繰り返し描いた。明るく、生きる喜びを体現するような子どもたち。しかし、その代表作≪道化姿のクロード・ルノワール≫(1909年、オランジュリー美術館)では珍しく赤い衣装を着せてポーズをとらせた。モデルとなった次男クロードは「ちょっとした拷問」のように感じたとの話が残る。ナビ派の代表的な画家モーリス・ドニ(1870~1943)が鮮やかな色彩で描いた、溌剌とした青い目の子どもたちの作品にも愛情がいっぱいだ。2人の息子たちが遊ぶ≪ボクシング≫(1918年、個人蔵)や≪トランペットを吹くアコ≫(1919年、個人蔵)などからも、ドニがいかに子煩悩な父だったかが伝わる。彼は、ナビ派のなかでも温かみのある家族の情景を好んで描くアンチミスト(親密派)の一人で、10人の子ども(一人は夭逝)に恵まれた。

●ピカソ:父母が描いた子どもたち
  20世紀に絵画の革命を行ったパブロ・ピカソ(1881~1973)も、ドニと同様に自分の子どもを最も多く描いた画家である。ピカソの4人の子どものうち、本展では画家でもあったフランソワ―ズ・ジロー(1921~)との間に生まれたクロードとパロマを描いた作品が、厚紙を切り抜いた遊び道具も含め、数多く出品されている。ピカソ作品の変幻自在ぶりも観られる。お絵かきをする二人の子どもを母が見守る≪母とこどもたち≫(1953年、個人蔵)は、黒色の版画に色鉛筆で彩色され、単純な造形。ピカソの家族愛が強く伝わる。彼にインスピレーションを与えたというフランソワーズの子どもを描いた作品も出品され、ピカソのコーナーではこの家族に会っているような気持ちになった。息子クロードが映像で、父ピカソはいつも自分たちを自由に遊ばせながら描いていたと話している。それにしても、出来上がったピカソの作品は、モデルの姿とどのくらい似ているのだろう。
●エンダディアン:横向きの姿  イラン人の画家ダヴード・エンダディアン(1944~2005)の作品も印象深い。≪ヤシャール=アザールの肖像≫(1986年、個人蔵)は、室内で民族衣装を身に着け、ペルシャ絨毯の上に窓に向かって横向きに立つ黒髪の5歳の息子を描く。また、《ネガールの肖像》(1994年、個人蔵)は、大きな絵画の前でやはり横向きに座る黒髪の娘が描かれる。光の入り方が絶妙だ。モデルになったネガールによると、光が最良になったとき、父から呼ばれアトリエに入ったという。主役は現代の子どもだが、イタリアのルネサンス絵画や17世紀オランダの室内画にも通じる。美術史への畏敬の念と透徹した世界観を感じられる作品である。

●フジタ:絵の子どもが自分の子ども
  展覧会の最後を飾るのは、日本展であらたに加えられたレオナール・フジタ(1886~1968)の作品群だ。裸婦、自画像、猫、静物などとともに子どもというのは、彼の重要な画題だった。≪機械化の時代≫(1958~59年、パリ市近代美術館)や≪フランスの48の富≫(1960~61年、パリ市近代美術館)には目の大きな人形のような表情の子どもたちの群像が描かれる。彼は実際の子どもには恵まれなかったが、「私の絵の子どもが私の息子なり娘なりで一番愛したい子どもだ」と語っている。子どもへの深い愛情と、彼らに託す願いと希望がみえるようだ。
■子どもの肖像画はどう描かれてきたのか
   画家が自分の子どもを描いたのはいつ頃からなのだろう。バロックの巨匠ピーテル・パウル・ルーベンス(1577~1640)やレンブラント・ファン・レイン(1606~69)は自分の子どもの肖像画を多く描いたが、実は例外的なことだった。当時西欧では子どもは一人の人間としてとらえられることはなく、また実の両親と過ごす時間は少なかった。18世紀半ば、スイス人の哲学者であるジャン=ジャック・ルソー(1712~78)が著作『エミール』により、子どもを固有の人格をもつ自立した存在ととらえる革新的な考え方を提唱し、教育法として両親とのふれあいを大切にすることを説いた。1789年のフランス革命による市民階級の台頭とともに子どもの地位が確立していき、18世紀後半から19世紀に入り、近代的な意味での子どもの肖像画が描かれ始めるようになる。市民的絵画でもある印象派にも、またアンチミストとしてのナビ派にとっても子どもは身近な存在だ。よって印象派やナビ派の時代は、自分の子どもを描いた肖像画の頂点だった。20世紀に入って起こったダダイスム、シュルレアリスムなどの芸術運動は子どもを画題とせず、子どもの肖像画という分野を追いやってしまう。しかしその流れとは異なる画家たちがいた。エコール・ド・パリの画家をはじめ20世紀のレアリスト(写実主義)の画家たちが子どもの肖像を描き続けていた。21世紀はどのような流れになるのだろうか。

■重層する楽しみ

   「子どもでなかった大人は居ない。」そのことにも気づかされる展覧会だ。ブレオン氏の個人的体験から始まってフランス展が開催され、その際ブレオン氏が全く予想しなかった日本展が実現した。何層も重なる楽しみを是非体験していただきたい。
【参考文献】
千足伸行 監修、日本テレビ放送網 編集『こども展―名画にみる子どもと画家の絆―(Les enfants modèles)』、日本テレビ放送網 発行、2014年。

執筆:HOSOKAWA Fonte Idumi 
(2014年5月)


東京展会場風景。
ウジェーヌ・カリエール≪病気の子ども≫。(©I.HOSOKAWA)
2014_05_19_002
東京展会場風景。
左から、アンリ・ルソー≪人形を抱く子ども≫。
エルネスト・ルーアール≪人形を抱く娘≫。
(©I.HOSOKAWA)
2014_05_19_003
東京展会場風景。
左から、ピエール=オーギュスト・ルノワール
≪ジュリー・マネの肖像、あるいは猫を抱く子ども≫。
ベルト・モリゾ≪犬を抱く娘≫、≪庭のウジェーヌ・マネとその娘≫。(©I.HOSOKAWA)
2014_05_19_004
東京展会場風景。
左から、モーリス・ドニ≪ボクシング≫、
≪トランペットを吹くアコ≫。(©I.HOSOKAWA)

=============================
【会期・会場】
[東京展] 2014年4月19日~6月29日 森アーツセンターギャラリー
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
詳細http://www.ntv.co.jp/kodomo/
[大阪展] 
2014年7月19日~10月13日 大阪市立美術館
電話:06-6771-4874
詳細http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/children-on-canvas/
========================
※本文・図版とも無断引用を禁じます。

2014年5月20日