詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

ポンペイ

開催中〜2022/12/04

九州国立博物館

福岡県・太宰府市

特別展  将軍家の襖絵

開催中〜2022/12/04

根津美術館

東京都・港区

特別展 京(みやこ)に生きる文化 茶の湯

開催中〜2022/12/04

京都国立博物館

京都府・京都市

【特別展】没後80年記念 竹内栖鳳

開催中〜2022/12/04

山種美術館

東京都・渋谷区

ジャンルレス工芸展

開催中〜2022/12/04

国立工芸館

石川県・金沢市

辻 永 ふたつの顔を持つ画家 油彩と植物画

開催中〜2022/12/11

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

永青文庫漆芸コレクション かがやきの名品

開催中〜2022/12/11

永青文庫

東京都・文京区

加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―

開催中〜2022/12/11

国立歴史民俗博物館

千葉県・佐倉市

雨引きの里と彫刻

開催中〜2022/12/11

茨城県・桜川市

花鳥風月 名画で見る日本の四季 琳派・浮世絵から御舟・一村まで

開催中〜2022/12/18

岡田美術館

神奈川・箱根町

生誕150年記念 板谷波山の陶芸

開催中〜2022/12/18

泉屋博古館東京

東京都・港区

川内倫子 M/E 球体の上 無限の連なり

開催中〜2022/12/18

東京オペラシティ アートギャラリー

東京都・新宿区

闇と光—清親・安治・柳村

開催中〜2022/12/18

太田記念美術館

東京都・渋谷区

DESIGN MUSEUM JAPAN展 集めてつなごう 日本のデザイン

開催中〜2022/12/19

国立新美術館

東京都・港区

かこさとしの世界 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

開催中〜2022/12/25

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

光の芸術家 ゆるかわふうの世界 宇宙(そら)の記憶

開催中〜2022/12/25

そごう美術館

神奈川県・横浜市

川島理一郎 自然から得た生命の律動

開催中〜2022/12/25

足利市立美術館

栃木県・足利市

プラチスラバ世界絵本原画展 絵本でひらくアジアの扉 日本と韓国のいま

開催中〜2022/12/25

千葉市美術館

千葉県・千葉市

展覧会 岡本太郎 Okamoto Taro: A Retrospective

開催中〜2022/12/28

東京都美術館

東京都・台東区

上野アーティストプロジェクト2022「美をつむぐ源氏物語—めぐり逢ひける えには深しな—」

開催中〜2023/01/06

東京都美術館

東京都・台東区

特別展 すべて未知の世界へ―GUTAI 分化と統合

開催中〜2023/01/09

国立国際美術館

大阪府・大阪市

雲をつかむ:原美術館/原六郎コレクション 第2期(秋冬季)

開催中〜2023/01/09

原美術館ARC

群馬県・渋川市

ポーラ開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて

開催中〜2023/01/15

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

おいしいボタニカル・アート ー食を彩る植物のものがたり

開催中〜2023/01/15

SOMPO美術館

東京都・新宿区

ビーズ ―つなぐ かざる みせる  国立民族学博物館コレクション

開催中〜2023/01/15

渋谷区立松濤美術館

東京都・渋谷区

マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち

開催中〜2023/01/15

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

開催中〜2023/01/15

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

雰囲気のかたち ―見えないもの、形のないもの、そしてここにあるもの

開催中〜2023/01/15

うらわ美術館

埼玉県・さいたま市

名作展「コンストラクション 龍子作品の構築性をめぐって」

開催中〜2023/01/15

大田区立龍子記念館

東京都・大田区

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

開催中〜2023/01/22

国立西洋美術館

東京都・台東区

ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

開催中〜2023/01/22

京都国立近代美術館

京都府・京都市

春日大社 若宮国宝展 ―祈りの王朝文化―

2022/12/10〜2023/01/22

奈良国立博物館

奈良県・奈良市

村上春樹 映画の旅

開催中〜2023/01/22

早稲田大学演劇博物館

東京都・新宿区

「祈り・藤原新也」

開催中〜2023/01/29

世田谷美術館

東京都・世田谷区

DOMANI・明日展2022-23 —文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち―

開催中〜2023/01/29

国立新美術館

東京都・港区

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

開催中〜2023/02/05

上野の森美術館

東京都・台東区

平子雄一 × 練馬区立美術館 コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

開催中〜2023/02/12

練馬区立美術館

東京都・練馬区

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

開催中〜2023/02/19

東京都現代美術館

東京都・江東区

日本の風景を描く ―歌川広重から田渕俊夫まで―

2022/12/10〜2023/02/26

山種美術館

東京都・渋谷区

諏訪敦「窩裏の火事」

2022/12/17〜2023/02/26

府中市美術館

東京都・府中市

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展IV 不変/普遍の造形 —住友コレクション中国青銅器名品選—

2023/01/14〜2023/02/26

泉屋博古館東京

東京都・港区

北斎かける百人一首

2022/12/15〜2023/02/26

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

ルネ・ラリックのDay & Night 昼の“輝き”、夜の“ときめき”

開催中〜2023/02/28

箱根ラリック美術館

神奈川県・箱根町

交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー

2022/12/17〜2023/03/05

東京都庭園美術館

東京都・港区

六本木クロッシング2022展:往来オーライ!

2022/12/01〜2023/03/26

森美術館

東京都・港区

速水御舟展

2023/02/21〜2023/03/26

特別展「動画クリエイター展」

開催中〜2023/04/02

日本科学未来館

東京都・江東区

佐伯祐三 自画像としての風景

2023/01/21〜2023/04/02

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

飯川雄大 デコレータークラブ 同時に起きる、もしくは遅れて気づく

開催中〜2023/04/02

彫刻の森美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル

2023/02/25〜2023/04/09

三菱一号館美術館

東京都・千代田区

第59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap

2023/02/25〜2023/05/14

アーティゾン美術館

東京都・中央区

クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ

2022/12/21〜2023/05/28

東京都現代美術館

東京都・江東区

Exhibitions

「目[mé] 非常にはっきりとわからない」展

注目の現代アートチーム「目」による展覧会。
千葉市美術館で12月28日まで開催中。

 ■「非常にはっきりとわからない」とは?
 だいぶ前のことだが、ちょっと不思議な展覧会チラシをみつけた。トレーシングペーパーのようなごく薄い紙。その多分オモテ面に「非常にはっきりと」と、太い文字が縦書きされ、ウラに横書きされた「わからない」の文字が、透けて続く。ウラには赤系のなんだか不明な模様が広がっている。謎かけのようだ。それは、現代アートチーム「目」の新たな展覧会を知らせるチラシだった。「目」による「非常にはっきりとわからない」(英語は、Obviously, no one can make heads nor tails.)と題する展覧会は、2019年11月2日から12月28日まで千葉市美術館で開催、とあった。

 筆者は、「目」の作品にいつも度肝を抜かされると同時に、深く考えさせられてきた。だから「目」の活動には目が離せない気持ちだ。それにしても、この展覧会タイトルはどういう意味なのだろう。「わからないこと」が見えるのだろうか。ふと、ゲーテの格言「人はみな、わかることだけ聞いている」が頭をよぎった。

 期待を膨らませて展覧会の開幕を待ち、初日に千葉市美術館へ駆けつけた。(※なお、現在の展覧会チラシは、新しい詳しい内容のものになっている。)

 ■「目」とは?
 「目」とは、アーティストの荒神明香(こうじんはるか)、ディレクターの南川憲二、インストーラー(制作統括)の増井宏文の3人を中心メンバーとする、現代アートを創造するチームの名前である。彼らはそれまで個々に活動してきたが、2012年に「目」を結成し、チームでの活動を開始。越後妻有アートトリエンナーレ2015および2018、さいたまトリエンナーレ2016などの国際芸術祭やグループ展で独創的な大型の作品を発表し、人気を得ている。千葉市美術館での展覧会は、「目」にとって美術館での初めての個展となる。

 ■これまでの「目」の作品の一部
 筆者が最初に「目」の作品に出会ったのは、2014年の夏だった。銀座にある資生堂ギャラリーに入った。このギャラリーでは、展示作品と天井高のあるホワイトキューブの明るい空間が見事に響きあう。ところがこのとき、いつもの資生堂ギャラリーが全く知らない異空間に変容していた。暗い階段をそろそろと降りていくと、ホテルの部屋のようなものが出現していた。世界が転換したような衝撃を受けた。これが「目」による《たよりない現実この世界の在りか》という大型のインスタレーション作品だった。暗闇の会場を辿ると、さらに感覚も身体も揺さぶられるようだった。通常の部屋とは違っている。未知の心躍る体験であった。

 さいたまトリエンナーレ2016で、「目」は《Elemental Detection》という作品を発表した。2016年12月の初め、その作品を訪ねた。設置場所は岩槻市駅近くにある旧民族文化センターの屋外だった。背をかがめて藪の中の細い道を少し歩き、目の前が開けたとき、息をのんだ。紅葉した樹林に囲まれて大きな池が広がっていた。鏡のような水面に樹々がその姿を映している。なんという美しさだろう。いや、いや、違う。ちょっと違う。池は固体の特殊な素材でできていた。靴を脱いで池の上をゆっくり歩いてみた。池の表面は不透明な鏡面になっていて、樹々も空も人も不思議な感じで映り込む。池の上に顔を出した水草や、舞い落ちた葉はよく見ると、創られたものだった。屋外の美しい舞台風景といったらよいのだろうか。興奮して熱くなった心に、外の冷気が気持ちよい。「目」は、窪んだ空き地だったこの場所に、誰も予想できなかった異世界を創出したのだった。

 想像を超えた大胆で抜群のアイデア。建築的な構築の実践。導線の妙。細部の丁寧なつくりこみ。色々な要素が充溢する驚異の「目」の作品は、観る者の既成概念をひっくり返す。そして疑問を呼び起こす。これは何か? どういう意味か? どうやって考えたのか? 実際にどのように創ったのか? などなど。そして「目」の作品には、途轍もない広大な世界からの視座と、そこから放たれた問いがある。だから、「目」の作品を体験すると、あとに引きずるというか、その後も長い間考えさせられるのだ。

 ■美術館とはどういう場所か/チバニアン
 千葉市美術館での本展について、開幕初日に作家と千葉市美術館の方々からお話を聞くことができた。学芸員の畑井恵さんは、「本展は、24年前に開館した千葉市美術館が来年リニューアルする直前の展覧会。それで、『美術館とはどういう場所か』を考えてほしいと 、「目」にお声がけしました」と話された。そして、「目」のメンバーの南川さんは、「本展が決まった際、皆でまず、話題のチバニアンを見に行きました。そのときに、地球の歴史くらいの突き放した遠くの視点から自分たちを見てみたいと思いました」と語った。チバニアンが大きな意味で、本展の着想源だという。チバニアンとは、ラテン語で「千葉時代」の意。千葉県市原市の養老川沿いにある約77万年前の地球磁場逆転地層のことである。地磁気(N極とS極)は驚くことだが、逆転を繰り返しているそうだ。

 また、河合正朝 千葉市美術館館長は、次のようにお話しなさった。「本展は、わかって帰る、というものではない。観る人それぞれが感じることが大切です」と。

 さて、どんな展覧会だろう。「目」の作品に対しては、前情報なしにそこに身を置くのがいちばんだ。是非、千葉市美術館に出かけてほしい。なお、本展の入場券は会期中何度も入場できるパスポート形式である。イベントも行われる。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2019年11月)

写真1 目《アクリルガス》、制作:2018年。
 

【展覧会名】
目 非常にはっきりとわからない

[mé] Obviously, no one can make heads nor tails.
【会期・会場】
2019年11月2日~12月28日 千葉市美術館 
電話:043-221-2311(代表) 
[展覧会詳細HP] http://www.ccma-net.jp