詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

Exhibitions

「目[mé] 非常にはっきりとわからない」展

注目の現代アートチーム「目」による展覧会。
千葉市美術館で12月28日まで開催中。

 ■「非常にはっきりとわからない」とは?
 だいぶ前のことだが、ちょっと不思議な展覧会チラシをみつけた。トレーシングペーパーのようなごく薄い紙。その多分オモテ面に「非常にはっきりと」と、太い文字が縦書きされ、ウラに横書きされた「わからない」の文字が、透けて続く。ウラには赤系のなんだか不明な模様が広がっている。謎かけのようだ。それは、現代アートチーム「目」の新たな展覧会を知らせるチラシだった。「目」による「非常にはっきりとわからない」(英語は、Obviously, no one can make heads nor tails.)と題する展覧会は、2019年11月2日から12月28日まで千葉市美術館で開催、とあった。

 筆者は、「目」の作品にいつも度肝を抜かされると同時に、深く考えさせられてきた。だから「目」の活動には目が離せない気持ちだ。それにしても、この展覧会タイトルはどういう意味なのだろう。「わからないこと」が見えるのだろうか。ふと、ゲーテの格言「人はみな、わかることだけ聞いている」が頭をよぎった。

 期待を膨らませて展覧会の開幕を待ち、初日に千葉市美術館へ駆けつけた。(※なお、現在の展覧会チラシは、新しい詳しい内容のものになっている。)

 ■「目」とは?
 「目」とは、アーティストの荒神明香(こうじんはるか)、ディレクターの南川憲二、インストーラー(制作統括)の増井宏文の3人を中心メンバーとする、現代アートを創造するチームの名前である。彼らはそれまで個々に活動してきたが、2012年に「目」を結成し、チームでの活動を開始。越後妻有アートトリエンナーレ2015および2018、さいたまトリエンナーレ2016などの国際芸術祭やグループ展で独創的な大型の作品を発表し、人気を得ている。千葉市美術館での展覧会は、「目」にとって美術館での初めての個展となる。

 ■これまでの「目」の作品の一部
 筆者が最初に「目」の作品に出会ったのは、2014年の夏だった。銀座にある資生堂ギャラリーに入った。このギャラリーでは、展示作品と天井高のあるホワイトキューブの明るい空間が見事に響きあう。ところがこのとき、いつもの資生堂ギャラリーが全く知らない異空間に変容していた。暗い階段をそろそろと降りていくと、ホテルの部屋のようなものが出現していた。世界が転換したような衝撃を受けた。これが「目」による《たよりない現実この世界の在りか》という大型のインスタレーション作品だった。暗闇の会場を辿ると、さらに感覚も身体も揺さぶられるようだった。通常の部屋とは違っている。未知の心躍る体験であった。

 さいたまトリエンナーレ2016で、「目」は《Elemental Detection》という作品を発表した。2016年12月の初め、その作品を訪ねた。設置場所は岩槻市駅近くにある旧民族文化センターの屋外だった。背をかがめて藪の中の細い道を少し歩き、目の前が開けたとき、息をのんだ。紅葉した樹林に囲まれて大きな池が広がっていた。鏡のような水面に樹々がその姿を映している。なんという美しさだろう。いや、いや、違う。ちょっと違う。池は固体の特殊な素材でできていた。靴を脱いで池の上をゆっくり歩いてみた。池の表面は不透明な鏡面になっていて、樹々も空も人も不思議な感じで映り込む。池の上に顔を出した水草や、舞い落ちた葉はよく見ると、創られたものだった。屋外の美しい舞台風景といったらよいのだろうか。興奮して熱くなった心に、外の冷気が気持ちよい。「目」は、窪んだ空き地だったこの場所に、誰も予想できなかった異世界を創出したのだった。

 想像を超えた大胆で抜群のアイデア。建築的な構築の実践。導線の妙。細部の丁寧なつくりこみ。色々な要素が充溢する驚異の「目」の作品は、観る者の既成概念をひっくり返す。そして疑問を呼び起こす。これは何か? どういう意味か? どうやって考えたのか? 実際にどのように創ったのか? などなど。そして「目」の作品には、途轍もない広大な世界からの視座と、そこから放たれた問いがある。だから、「目」の作品を体験すると、あとに引きずるというか、その後も長い間考えさせられるのだ。

 ■美術館とはどういう場所か/チバニアン
 千葉市美術館での本展について、開幕初日に作家と千葉市美術館の方々からお話を聞くことができた。学芸員の畑井恵さんは、「本展は、24年前に開館した千葉市美術館が来年リニューアルする直前の展覧会。それで、『美術館とはどういう場所か』を考えてほしいと 、「目」にお声がけしました」と話された。そして、「目」のメンバーの南川さんは、「本展が決まった際、皆でまず、話題のチバニアンを見に行きました。そのときに、地球の歴史くらいの突き放した遠くの視点から自分たちを見てみたいと思いました」と語った。チバニアンが大きな意味で、本展の着想源だという。チバニアンとは、ラテン語で「千葉時代」の意。千葉県市原市の養老川沿いにある約77万年前の地球磁場逆転地層のことである。地磁気(N極とS極)は驚くことだが、逆転を繰り返しているそうだ。

 また、河合正朝 千葉市美術館館長は、次のようにお話しなさった。「本展は、わかって帰る、というものではない。観る人それぞれが感じることが大切です」と。

 さて、どんな展覧会だろう。「目」の作品に対しては、前情報なしにそこに身を置くのがいちばんだ。是非、千葉市美術館に出かけてほしい。なお、本展の入場券は会期中何度も入場できるパスポート形式である。イベントも行われる。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2019年11月)

写真1 目《アクリルガス》、制作:2018年。
 

【展覧会名】
目 非常にはっきりとわからない

[mé] Obviously, no one can make heads nor tails.
【会期・会場】
2019年11月2日~12月28日 千葉市美術館 
電話:043-221-2311(代表) 
[展覧会詳細HP] http://www.ccma-net.jp