詳細はミュージアムのオフィシャルサイトなどでご確認ください。

  • タイトル
  • 会期
  • ミュージアム
  • 所在地

“オモシロイフク”大図鑑

開催中〜2024/06/22

文化学園服飾博物館

東京都・渋谷区

「どうぶつ百景 江戸東京博物館コレクションより」展

開催中〜2024/06/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

令和6年度初夏展「殿さまのスケッチブック」

開催中〜2024/06/23

永青文庫

東京都・文京区

シンフォニー・オブ・アート — イメージと素材の饗宴

開催中〜2024/06/23

群馬県立館林美術館

群馬県・館林市

驚異の細密表現展 ―江戸・明治の工芸から現代アートまで―

開催中〜2024/06/23

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

没後70年 戦争を越えて―写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し―

開催中〜2024/06/23

東京富士美術館

東京都・八王子市

カール・アンドレ 彫刻と詩、その間

開催中〜2024/06/30

DIC川村記念美術館

千葉県・佐倉市

特別企画展「熊谷守一美術館39周年展 守一、旅を描く。」

開催中〜2024/06/30

豊島区立 熊谷守一美術館

東京都・豊島区

創刊50周年記念 花とゆめ展

開催中〜2024/06/30

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52 階)

東京都・港区

KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

開催中〜2024/07/01

そごう美術館

神奈川県・横浜市

三島喜美代―未来への記憶

開催中〜2024/07/07

練馬区立美術館

東京都・練馬区

石岡瑛子 I デザイン

開催中〜2024/07/07

茨城県近代美術館

茨城県・水戸市

Beautiful Japan 吉田初三郎の世界

開催中〜2024/07/07

府中市美術館

東京都・府中市

ふたり 矢部太郎展

開催中〜2024/07/07

PLAY! MUSEUM

東京都・立川市

MOTコレクション 歩く、赴く、移動する 1923→2020/Eye to Eye-見ること

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

ホー・ツーニェン エージェントのA 

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

開催中〜2024/07/07

東京都現代美術館

東京都・江東区

【特別展】犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

開催中〜2024/07/07

山種美術館

東京都・渋谷区

TOPコレクション 時間旅行 ― 千二百箇月の過去とかんずる方角から

開催中〜2024/07/07

東京都写真美術館

東京都・目黒区

企画展 歌と物語の絵 ―雅やかなやまと絵の世界

開催中〜2024/07/21

泉屋博古館東京

東京都・港区

藤田嗣治 エコール・ド・パリの時代 1918~1928年

開催中〜2024/07/23

軽井沢安東美術館

長野県・軽井沢町

「石川九楊大全」

開催中〜2024/07/28

上野の森美術館

東京都・台東区

国芳の団扇絵 ―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘

開催中〜2024/07/28

太田記念美術館

東京都・渋谷区

カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』

開催中〜2024/07/28

東京国立博物館

東京都・台東区

企画展「未来のかけら 科学とデザインの実験室」

開催中〜2024/08/12

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

東京都・港区

生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界

開催中〜2024/08/25

東京都庭園美術館

東京都・港区

特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト —神奈川沖浪 裏の誕生と軌跡—」

開催中〜2024/08/25

すみだ北斎美術館

東京都・墨田区

TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

開催中〜2024/08/25

東京国立近代美術館

東京都・千代田区

内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙

開催中〜2024/08/25

国立西洋美術館

東京都・台東区

超・日本刀入門 revive―鎌倉時代 の名刀に学ぶ

2024/06/22〜2024/08/25

静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館)

東京都・千代田区

企画展「旅するピーナッツ。」

開催中〜2024/09/01

スヌーピーミュージアム

東京都・町田市

シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝

開催中〜2024/09/01

森美術館

東京都・港区

AOMORI GOKAN アートフェス 2024 「つらなりのはらっぱ」

開催中〜2024/09/01

アートフェス(芸術祭)( 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)

青森県

伊藤潤二展 誘惑

開催中〜2024/09/01

世田谷文学館

東京都・世田谷区

音を観る ―変化観音と観音変化身―

開催中〜2024/09/01

半蔵門ミュージアム

東京都・千代田区

アートキャンプ白州 2024 Camp and Art in Each Heart!

2024/07/06〜2024/09/01

山梨県立美術館

山梨県・甲府市

エドワード・ゴーリーを巡る旅

2024/07/06〜2024/09/01

横須賀美術館

神奈川県・横須賀市

カルダー:そよぐ、感じる、日本

開催中〜2024/09/06

麻布台ヒルズ ギャラリー

東京都・港区

日本のまんなかでアートをさけんでみる

開催中〜2024/09/08

原美術館ARC

群馬県・渋川市

特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

2024/07/17〜2024/09/08

東京国立博物館

東京都・台東区

開館20周年記念 山梨放送開局70周年 平山郁夫 -仏教伝来と旅の軌跡

開催中〜2024/09/09

平山郁夫シルクロード美術館

山梨県・北杜市

フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線

2024/06/22〜2024/09/23

SOMPO美術館

東京都・新宿区

空想旅行案内人 ジャン=ミッシェル・フォロン

2024/07/13〜2024/09/23

東京ステーションギャラリー

東京都・千代田区

吉田克朗展 ものに、風景に、世界に触れる

2024/07/13〜2024/09/23

埼玉県立近代美術館

埼玉県・さいたま市

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

2024/07/06〜2024/09/29

東京富士美術館

東京都・八王子市

梅津庸一 クリスタルパレス

開催中〜2024/10/06

国立国際美術館

大阪府・大阪市

大地に耳をすます 気配と手ざわり

2024/07/20〜2024/10/09

東京都美術館

東京都・台東区

レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

開催中〜2024/10/13

松岡美術館

東京都・港区

企画展「作家の視線― 過去と現在、そして…」

開催中〜2024/11/11

ホキ美術館

千葉県・千葉市

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

開催中〜2024/12/01

ポーラ美術館

神奈川県・足柄下郡箱根町

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ウォーター近郊の大きな木々またはポスト写真時代の戸外制作》2007年、テート蔵

Exhibitions

「デイヴィッド・ホックニー展」
—春がくることを忘れないで

 1960年代以来、60年以上の画歴を誇り、86歳の今も第一線で活躍する英国の画家デイヴィッド・ホックニー(1937−)。1996年にその版画展を開催し、150点の作品を所蔵する東京都現代美術館で、国内では27年ぶりとなる二度目の大規模な個展が開かれている。
 
 日本でよく知られているホックニーの作品と言えば、1960年代にロサンゼルスに一時移住した際に描いたスイミングプールやシャワールームのある日常風景の印象が強い。だが、目の前の世界をどう見るのか、そしてそれをどう描くのかを一貫して追究してきたホックニーは、絵画、版画、写真、コラージュ、映像、そして2010年からはiPadも導入し、多彩な題材を扱ってきたと本展を企画した学芸員の楠本愛さんは言う。今回の個展は、これまで日本ではあまり紹介されることのなった2000年代以降の作品の紹介に特に力を入れ、その制作の全貌をたどるものだ。

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney 左から/デイヴィッド・ホックニー《花瓶と花》1969年、東京都現代美術館蔵/《No.118、2020年3月16日「春の到来 ノルマンディー 2020年」より》2020年、作家蔵
「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney 左から/デイヴィッド・ホックニー《花瓶と花》1969年、東京都現代美術館蔵/《No.118、2020年3月16日「春の到来 ノルマンディー 2020年」より》2020年、作家蔵

 展覧会の企画自体は2018年頃に始まり、2021年の開催を予定していた。だが、世界的な感染症の蔓延により延期。第1章は、その間の2020年にオンライン上で公開された小さな花の作品から始まる。
 世界中の人々が先の見えない不安な状況におかれていた2020年、可憐なラッパスイセンの花は、「春がくることを忘れないで」というメッセージを伝えるものだった。と同時に、この作品は、ホックニーの制作の根底にある一貫性も示しているという。それは常に身近なものを題材に選び、同じモチーフを異なる技法で繰り返し描くということ。この作品の隣にはほぼ50年前に同じ花を描いた版画が掛けられ、また別室には一輪挿しの小さな花など、iPadで自室の窓辺を描いた近年のドローイングのアニメーションも上映されている。

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《スタジオにて、2017年12月》2017年、テート蔵
「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《スタジオにて、2017年12月》2017年、テート蔵

 身近な存在を題材とする彼はまた、肖像画でも親しい人々を描いてきた。この展覧会では、ふたりの人物の関係性を描こうとした初期のダブル・ポートレートから、近しい人々を愛情豊かに見つめた近作まで、肖像画の変遷を見ることができる。また、伝統的な一点透視図法による線遠近法では現実の世界を充分に表現できないと考えたホックニーが、特に1980年代から取り組んできた空間表現に対する様々な実験を目の当たりにできるのも興味深いところだ。2000年以降の近作のうち、角度を変えてスタジオを撮影した大量の写真をコンピュータで解析・統合してつくった3DCGによる大作《スタジオにて、2017年12月》は、ホックニーが常に新たな技術を駆使しながら、遠近法の克服という自身の課題の探究を進めていることがよくわかる作品だ。

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ウォーター近郊の大きな木々またはポスト写真時代の戸外制作》2007年、テート蔵
「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ウォーター近郊の大きな木々またはポスト写真時代の戸外制作》2007年、テート蔵

 本展の大きな見どころのひとつは、2000年以降の圧倒的なスケールの大作群だろう。母の家にほど近い英国郊外の風景を描いた横幅約12mの超大作には、19世紀のターナーやフランス印象派に遡る「戸外制作」の伝統と、デジタル写真という新技術の両方が取り入れられている。全体を構成する50枚の絵は戸外で制作されだが、スタジオの壁面に一緒に並べられる枚数は限られていた。そこで制作中の個々の画布を撮影し、コンピュータでモザイク画のように組み合わせて全体の進捗を確かめながら完成させたという。枝振りを見せる木々はまだこれから芽吹くところだが、草地にはラッパスイセンの花が見え、「春がくることを忘れないで」という冒頭のメッセージが思い出される。

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー〈春の到来 イースト・ヨークシャー、ウォルドゲート2011年〉より 2011年  左の油彩画は、ポンピドゥー・センター蔵/右のiPadドローイングの3点は、デイヴィッド・ホックニー財団蔵
「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー〈春の到来 イースト・ヨークシャー、ウォルドゲート2011年〉より 2011年  左の油彩画は、ポンピドゥー・センター蔵/右のiPadドローイングの3点は、デイヴィッド・ホックニー財団蔵

 「春の到来」や四季をテーマとして身近な地の風景をとらえた作品は、油彩やiPadなど制作技法にかかわらず、いずれも光にあふれている。なかでも印象深いのは、展覧会の最後を飾る《ノルマンディーの12か月》。パンデミック下の一年に自邸の庭をiPadで描いた景色をつなげた全長90mの長大な作品は、展覧会が延期されたがゆえに出品可能となった新作だ。本展について楠本さんは、「見るだけでなく、体験してほしい」と語っていたが、冬から春、夏、秋、そしてまた冬へと戻っていく大きな絵巻のような作品は、四季の変化や時間の流れを感じながらホックニーの庭を散策する疑似体験をもたらしてくれる。なんとも気持ちのいい、ゆったりとした時間を過ごせる展覧会だ。

「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ノルマンディーの12か月》2020−21年、作家蔵 
「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ノルマンディーの12か月》2020−21年、作家蔵 

執筆・写真撮影 中山ゆかり
 
※会場内の写真は、主催者の許可を得て撮影したものです
※冒頭写真 「デイヴィッド・ホックニー展」展示風景、東京都現代美術館、2023年 ©︎ David Hockney デイヴィッド・ホックニー《ウォーター近郊の大きな木々またはポスト写真時代の戸外制作》2007年、テート蔵
※参考資料 「デイヴィッド・ホックニー展」図録、「デイヴィッド・ホックニー展」ユース向け鑑賞ガイド

デイヴィッド・ホックニー展
David Hockney
 
【会期・会場】
会期:2023年7月15日(土)〜11月5日(日) 東京都現代美術館(東京都・江東区)
 
※来場にあたっての注意事項等については、公式ウェブサイトをご確認ください。
美術館HP:https://www.mot-art-museum.jp/