芸術広場芸術広場

第23回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展
岡本太郎賞に野々上聡人「ラブレター」

2020年4月9日

 第23回岡本太郎現代芸術賞の受賞者が決まり、最高賞の岡本太郎賞(賞金200万円)に野々上聡人の「ラブレター」が、準大賞の岡本敏子賞(賞金100万円)に根本裕子の「野良犬」が決まった。また、今年は特別賞が5人となり(賞金各10万円)、澤井昌平「風景」、藤原千也「太陽のふね」、本濃研太「僕のDNAが知っている」、村上力「㊤一品洞『美術の力』」、森貴之「View Tracing」が選ばれた。
 同賞は、美術家の岡本太郎の精神を次世代に継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突き付ける作家を顕彰するため1997年に設立された。応募資格は、国籍、年齢、プロ、アマを問わず、高さ、幅、奥行きが各5㍍以内であれば、絵画、彫刻、工芸、書、小説など、ジャンルや形状は自由であることが特徴。今回は452点の応募があり、23名(組)が入選、その中から各賞が決定した。
 審査員は美術批評家で多摩美術大学教授の椹木野衣、空間メディアプロデューサーで岡本太郎記念館館長の平野暁臣、川崎市岡本太郎美術館館長の北條秀衛、美術史家で明治学院大学教授の山下裕二、ワタリウム美術館キュレーターの和多利浩一。受賞式は2月13日に行われ、入選、受賞作は4月12日まで川崎市岡本太郎美術館で展示されている。

●岡本太郎賞は野々上聡人「ラブレター」
 岡本太郎賞を受賞した野々上聡人は1984年千葉県生まれ。独学で、絵画や彫刻、アニメーションを制作してきた。ベルリンや東京で個展を開催。2014年モントリオール世界映画祭にノミネート、2019年新千歳空港国際アニメーション映画祭短編部門で審査員特別賞を受賞している。受賞作「ラブレター」は、土俗的な趣の人物や異形の生き物などをモチーフにした絵画や彫刻、アニメ―ションが、木彫の立体物を積み上げた中央の塔を囲むように、高さ5㍍の空間に埋め尽くされたインスタレーション。「この10年くらいの作品の」集大成でもある。
 「子供の時と同じように、楽しくて、好奇心があって、という行動原理で今も絵を描き続けている。絵画がスタートだが、描いているものを触りたいという思いが彫刻になり、動いたらいいなという思いがアニメーションになって行った。どれがメーンということはない」と話す。子供の頃から現在までのマイブーム、例えば電車ブームだったり,鮭ブームだったりが絵のひとつひとつのテーマとなり、そうした「生きたここちを追求する」ことで生み出されたのが受賞作。
 「メッセージを大きく掲げるのではなく、日々感じている疑問だったり、喜びだったり、そういうことしか作品にならないと思っている。日常のすべてがインスピレーションになっているし、それが自分を作っている」という。タイトルは、「自分の今までの人生へ向けたラブレター」との意味がこめられているが、さらに、今回の受賞が、「閉塞感や不安を抱きながらも、描くことが好きなだけの俺のような猿みたいな絵描きたちの活力になったら最高だなと思う。そのメッセージになれば」と語った。
 審査員の椹木野衣は「作ることは生きることだ。そのことをここまでまっすぐに突き付けてくるパワーに何よりもまず圧倒された。太郎さんが『何だこれは』と言いそうな得体のしれない不安や、考えさせられる要素に満ち溢れた作品」と高く評価。山下裕二は岡本太郎がよく使っていた言葉を引き合いに出し、「ベラボーな作品。驚いた。太郎賞については、野々上さんの作品にすんなり決まった」と話した。

●岡本敏子賞に根本裕子「野良犬」
 岡本敏子賞を受賞した根本裕子は1984年福島県生まれ。東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術文化専攻陶芸領域修了。受賞作「野良犬」は陶土で17頭の野良犬を精妙に作り、配置したインスタレーション。
 「犬を題材にしたのは人間に一番近く、人間の影響を受けていることと、ニホンオオカミも野良犬も絶滅させたのは私たちだから。今、動物側からの目線がすごく大事なのではないか」と話す。「もともと動物図鑑を見るのが好きで、この世にいそうでいない動物を勝手に作っていた。ハダカデバネズミとかクマムシとか、見た目や存在がギリギリな生物が好き。犬に的をしぼったのは今回が初めて」だという。
 審査員の山下裕二は「生きてきた時間の痕跡としてのシミ、皺、たるみが強調され、陶ならではの毛並みの表現も見事である。かつて山の守護神として崇められながら絶滅してしまった二ホンオオカミのイメージを野良犬に重ねて、アニミズム的な空間をつくりだすことに成功している」と高く評価した。

●特別賞は5人
 特別賞(賞金各10万円)は「僅差だったので全くの異例」(審査員)で5人が受賞した。
 澤井昌平は1988年神奈川県生まれ。2014年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程日本画コース修了。5年前に同賞に入選し、今回2回目の挑戦で特別賞となった。受賞作「風景」は、人物や室内、街、画家の言葉などを題材とした幻想的な4枚の絵画で構成、「断片を組み合わせることで最終的に何らかの印象がにじみ出てくる」(澤井)作品だ。具体の白髪一雄や元永定正の言葉が書かれた絵は「自分が美術オタクなので、気になった画家の言葉を絵の一部にしてしまうという感じ」と言い、ファミリーレストランなどを取り込むことは「チェーン店を題材にする人は少ないが、みんなが見ているものを意識して描こうとしているのかもしれない。自分が住んでいる場所から出発したい、ニューヨークとかではなく、(自宅のある)立川で世界水準のものをつくりたいという思いがある」と語った。「反応するポイントが人それぞれ違うので、それをフックとして見る人を絵の世界へ引きずりこみたい」と話す。
 審査員の和多利浩一は「絵が抜群に良かった」と言い、山下裕二は「日常生活の断片を抽出し、そのイメージを脳内で培養、変型させる作者の手法は土着的シュルレアリスムともいうべきもので、作者と鑑賞者の間に、絵画ならではのコミュニケーションをつくり出すことに成功している」と評価した。

 特別賞はほかに、「木の中に身体をもぐらせ」彫ったという藤原千也(1978年北海道生まれ)の「太陽のふね」、世界の仮面に触発されて制作した本濃研太(1978年北海道生まれ)の「僕のDNAが知っている」、「軍船で搔き集めた、古今東西の美術品を展示するギャラリー」を作品展開した村上力(1961年東京都生まれ)の「㊤一品洞『美術の力』」、紫外線に反応して蛍光する糸を張り巡らせ、デジタルとアナログの狭間のような空間を作り出した森貴之(1983年岡山県生まれ)の「View Tracing」。

 入選作家はほかに、浅川正樹、井上直、大石早矢香、大小田万侑子、桂典子、小嶋晶、笹田晋平、佐藤圭一、そんたくズ、高島亮三、春田美咲、藤田淑子、松藤孝一、丸山喬平、水戸部春菜、村田勇気。

執筆・写真:西澤美子(文中・敬称略)

第23回岡本太郎現代芸術賞展
2月14日(金)~4月12日(日)※月曜休館
川崎市岡本太郎美術館(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5)
☎044-900-9898
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
一般700円、大高生・65歳以上500円、中学生以下無料
詳細:http://www.taromuseum.jp/event
 
写真キャプション
① 第23回岡本太郎現代芸術賞の受賞者と入選者、審査員
② 岡本太郎賞の野々上聡人と受賞作「ラブレター」
③ 岡本敏子賞の根本裕子と受賞作「野良犬」
④ 特別賞の澤井昌平と受賞作「風景」
⑤ 特別賞の藤原千也「太陽のふね」
⑥ 特別賞の本濃研太「僕のDNAが知っている」
⑦ 特別賞の村上力「㊤一品洞『美術の力』」
⑧ 特別賞の森貴之「View Tracing」