芸術広場芸術広場

おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい—— 六本木、森アーツセンターギャラリーにて

2020年8月30日

■江戸の「食」をテーマとした浮世絵展
 江戸時代の庶民の生活や風俗を生き生きと描き出した浮世絵のなかから、特に「食」に焦点をあてた作品を集めたテーマ性の高い浮世絵展。浮世絵が流行した江戸時代はまた、安定した幕藩体制のもとで農業や漁業など諸産業が発達し、交通網が整備されたこともあって、庶民の食文化も多彩になった時代だという。「おいしいものを食べる」という誰にとっても関心の高い切り口から、浮世絵の魅力そのものを伝えてくれる本展は、現代の私たちの暮らしに直結する江戸の食文化を紐解くという点でも興味深い展示となっている。たとえば、導入部となる第1章の「季節の楽しみと食」は、四季豊かな日本の季節の催しや芝居見物といった晴れやかな情景を、主に三枚続きの画面で華やかに見せる作品が並ぶ。春のお花見、ひな祭り、夏の端午の節句に土用干し、秋のお月見、冬の雪見やお正月など、季節の節目に接する人々の楽しげな表情や仕草、彩り豊かな衣装も見どころだが、桶やお重、鉢や皿のなかの細部に注目すれば、握りずしやお刺身、卵焼き、団子や餅、田楽や果物など様々な食べ物が見えてきて、浮世絵のなかの世界がぐっと広がって感じられそうだ。



①《見立源氏はなの宴》 三代歌川豊国(国貞)、味の素食の文化センター蔵、通期展示

■にぎわう江戸の食卓——和食のルーツ
 第2章の「にぎわう江戸の食卓」は、本展で特に作品数が充実している章。「すし」「うなぎ」「天ぷら」「蕎麦(そば)」など江戸らしい料理の数々や、初物好きな江戸っ子がこよなく愛する「初がつお」、江戸湾名物の「魚介」や「海苔(のり)」、暑い夏に涼をくれる「果物」など、食卓をにぎわす素材や料理がふんだんにあることを反映しているのだろう。そして、ここでもうひとつふんだんなのは、食をめぐる小さな蘊蓄(うんちく)の数々。丁寧かつ簡潔な解説によれば、江戸時代に醤油やみりんや酢などの調味料が普及したことで、江戸湾であがった魚介を使った江戸前寿司やうなぎ、天ぷらが盛んにつくられるようになったそうだ。海苔巻や握りずしの上に玉子巻をのせ、さらにその上にエビなどの握りずしをのせて、こんもりとした山に盛った盛り付けが、現代人から見るといささか不思議なのだけれど、これは当初に普及した押し寿司の盛り付けのなごりだとも考えられているとか。また、うなぎは奈良時代から「夏痩せ」に良いとされていたけれど、白焼きにしたうなぎを蒸し、甘辛いタレをつけて香ばしく焼く調理法が生まれたのは江戸時代のこと。展覧会のメインビジュアルの娘さんは、屋台で買ったのか、屋外で蒲焼きにかぶりつこうとしたその瞬間に、ふと架かった虹に気をとられるものの、開いた口と出した舌はそのまんまという愛らしい表情。なんとも嬉しそうに食べ物を見つめる眼差しや、料理に取り組む真剣な面持ち、あるいは魚河岸の若衆の粋な出で立ちなど、食に接する人々の表情や姿が実に生き生きしているところが魅力的な章でもある。



②《縞揃女辨慶 (松の鮨)》 歌川国芳、味の素食の文化センター蔵、通期展示
③《春の虹蜺》 歌川国芳、個人蔵、通期展示
 うなぎを食べようとする女性と虹をとらえたこの浮世絵は、団扇(うちわ)のために描かれた団扇絵。使われずに残された貴重な作品でもある。
④《風俗三十二相 むまさう 嘉永年間女郎之風俗》 月岡芳年、味の素食の文化センター蔵、通期展示(7/15~8/13 の会場での展示作品は、 味の素食の文化センター蔵、8/15~9/13の会場での展示作品は、浦上満氏蔵)
⑤『北斎漫画』十編 葛飾北斎、浦上満氏蔵、通期展示
 『北斎漫画』の1ページ。嬉しそうに蕎麦を何皿もたいらげる人物の図には、「無芸大食」とある。
⑥《名所江戸百景 びくにはし雪中》 歌川広重、味の素食の文化センター蔵、通期展示
 当時は、表向きには肉食が禁じられていた。でも、イノシシや鹿など、力のつく獣肉を「山くらじ」と称して出す店もあったとか。右の「○やき」は、焼き芋屋さん。
⑦《日本橋魚市繁榮圖》 歌川国安、江戸ガラス館蔵、通期展示
 伊勢エビやタコ、各種の魚や貝を担いで行き交う男たち。活気あふれる日本橋魚河岸は、江戸の食の発信地だった。

■江戸の名店、旅先の名物
 会場を歩いていて、江戸時代が身近に感じられる点はいくつもある。たとえば安価で栄養価の高い豆腐は江戸時代も庶民に人気の食材で、豆腐レシピを100件紹介する『豆腐百珍』といった本も出ているが、これなどは現代のレシピ本の大人気を先取りするものだろう。また、「第3章 江戸の名店」の出品作のうち、高名な会席料理屋と歌舞伎役者を一枚の画面で合わせて紹介するシリーズ『東都高名會席盡(かいせきづくし)』は、双方の人気の相乗効果をねらった現代のタイアップ企画にも通じるものだ。そして「第4章 旅と名物」では、庶民の間でも旅ブームが起きたこの時代に人気を集めた広重の『東海道五拾三次』を中心に、食の名物に注目して江戸から京都まで東海道を歩く疑似体験ができる。府中の「安倍川餅」、鞠子の「とろろ汁」、大津の「走井餅(はしりいもち)」など、浮世絵は人々の旅情をかき立て、また現地で名産を外さないよう、ガイドブック的な役割も果たしていたのだろうか。


⑧《東都高名會席盡 洲崎風景 武蔵屋 弁慶》 三代歌川豊国(国貞)、歌川広重、味の素食の文化センター蔵、前期(7/15~8/13)展示
 芝居の登場人物に扮した役者を三代豊国が、また江戸の名店の店構えと名物のコマ絵を広重が描く。「武蔵屋」と「武蔵坊弁慶」といったように、店や名物名と人物の名に語呂合わせが織り込まれている。
⑨《東海道五拾三次之内 鞠子 名物茶店》 歌川広重、浦上満氏蔵、通期展示(7/15~7/30、8/29~9/13の会場での展示作品は浦上満氏蔵、7/31~8/28の会場での展示作品は和泉市久保惣記念美術館蔵)
 鞠子(現・静岡県)の名物は、自然薯の「とろろ汁」。当時は、秋から冬が旬の季節物の名物だった。

■江戸の食を五感で堪能
 広重や北斎、豊国や国芳、三代豊国(国貞)などの浮世絵約200点(1期〜4期で入れ替えあり)のほか、本展にはもう二つ大きな楽しみがある。ひとつは、江戸前のすし、うなぎ、天ぷら、蕎麦の今も続く名店を取材して、その伝統ある職人技を写真映像やパネルで詳しく紹介していること。もうひとつは、当時の人気料理を再現して、そのレシピを披露していることだ。元祖とおぼしき幕の内弁当や、豆腐田楽などの豆腐料理、深川飯や牡丹鍋、うなぎの鍋焼き、タコの江戸煮など、ジャンルは多彩。夏の今なら、鮎の煮浸しや、フルーツポンチのように旬の果物やキュウリなどの野菜をさいの目に切って水に浮かべた「水物」、食紅などで赤く色をつけた可愛い「白玉」、あるいはこれからの戻りがつおで「かつおのなます」などもつくってみたい気持ちが起きるだろうか。お料理好きからも、また最近お料理に目覚めた方たちからも関心を集めそうな展覧会と言えそうだ。 
 本展の入場は、日時指定の事前予約制。人数制限がある分、1点1点の浮世絵をじっくり見ることが可能だ。会場内は、原則として写真撮影ができないが、再現された蕎麦屋台の前では記念撮影可。隣接するカフェ・レストラン「Cafe The Sun」で江戸食の再現メニューが供されているほか、グランドハイアット東京のレストランやバーでもタイアップ企画あり。前述のレシピ類は、会場のパネル展示だけでなく、図録でも紹介されている。目だけでなく五感で、江戸の食を堪能したい。



⑩《名酒揃 志ら玉》 歌川国芳、江戸ガラス館蔵、通期展示
⑪再現レシピによる白玉
⑫記念撮影スポットの蕎麦屋台。背景は広重の《東都名所之内 高輪廿六夜止圖》。

執筆:中山ゆかり
*12番以外の作品図版は、「おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい——」展主催者からご提供いただきました。

おいしい浮世絵展——北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい——
Oishii Ukiyo-e: The Roots of Japanese Cuisine
会期:2020年7月15日(水)— 9月13日(日) *会期中展示替えあり。
1 期:7 月15 日(火)~7 月30 日(木) 2 期:7 月31 日(金)~8 月13 日(木)
3 期:8 月15 日(土)~8 月28 日(金) 4 期:8 月29 日(土)~9 月13 日(日)
休館日:8月14日(金)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金:一般1,800円、大学生・高校生1,300円、中学生・小学生800円
※入場には、オンラインによる日時指定入館券が必要。
https://www.e-tix.jp/oishii-ukiyoe_datetime/
公式HP: oishii-ukiyoe.jp