芸術広場芸術広場

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

2018年1月23日

19世紀後半、西洋の芸術家は「北斎」をどのように学んだのか。
ドガ、モネ、セザンヌ、ゴーガンらと北斎の名作が揃う。
入場者30万人超。国立西洋美術館にて1月28日まで開催。

 ■西洋芸術であるジャポニスム/絶大な北斎の影響 
 「私たちが北斎と呼ぶ君、私たちがこれから知ろうとし、そして愛するであろうこの日本の尊敬すべき芸術家よ。私たちに君の秘密のいくつかを打明けてくれ。(★注1)」。これは、1888年5月からパリで3年間刊行された月刊雑誌『藝術の日本』の第8号「北斎『漫画』(1)」に批評家アリ・ルナンが執筆した文章の冒頭部分だ。『藝術の日本』は、パリで1895年に装飾美術の画廊「アール・ヌーヴォー」を開いた画商ジークフリート・ビングが刊行し、日本美術の紹介に大きな役割を果たした。(★注1:阿部信雄 訳。出典:『藝術の日本』、翻訳・監修:大島清次・瀬木慎一・芳賀徹・池上忠治、美術公論社、1981年)

 19世紀後半、西洋の芸術家たちは新しい芸術表現を求めていた。彼らは、17世紀から19世紀半ばまでの長い鎖国体制の時代を経て開国した日本から流入する事物を知り、ロンドン、パリやウィーンで開催された万国博覧会などでも日本の工芸や美術に接し、日本美術の新奇性に魅了される。そして日本の芸術表現を、単なるエキゾティスムを超えたものとして受け止め、その造形原理、技法・素材、美意識などを自身の表現の糧として活かした新たな創造を行った。美術、建築、音楽、文学、演劇など広い分野にわたる、これらの創造活動をジャポニスムという。なかでも浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849年)が最も注目された。人物・動植物・風景・建築などあらゆる造形を躍動的に表現した絵手本『北斎漫画』などの版本や、傑作錦絵「冨嶽三十六景」など、北斎の影響力は絶大だった。

 ■西洋芸術への北斎の影響を具体的に比べて見る/画期的な展覧会
 本展は、西洋近代芸術の展開を北斎作品からの影響という観点で、両者を具体的に比べながら紹介するものだ。この画期的な展覧会の企画者は馬渕明子 国立西洋美術館長。会場を廻ると浩瀚な研究書を読了したような充足感がある。美術館がいつもより狭く感じられるほど膨大な数の作品(西洋芸術 約220点、北斎作品 約110点<錦絵と版本>)が緻密な構成の元に展観。馬渕先生は記者会見で「決まった答えを皆に提示するのではなく、見た方々がどう受け止めるか、という展覧会」とお話なさった。紺色でマークされた北斎の錦絵や版本と、印象派や工芸などの西洋芸術を見比べ、考えながら会場を巡っていくのは楽しい。西洋の芸術家たちは、北斎の造形表現や思考の何を取り入れ、どのように自己独自の表現に昇華させたのか。それにしても、北斎の芸術はなんと豊かなアイデアに溢れていて多彩なことだろう。また、本展でドガ、モネ、セザンヌらの傑作群がこれほど見られるとは。驚嘆が幾重にも重なる。

 ●展覧会構成 本展は、以下の6つの章から成る。 1 北斎の浸透/2 北斎と人物/3 北斎と動物/4 北斎と植物/5 北斎と風景/6 波と富士。

 ■人物:日常の姿や寛いだ姿。生き生きした表現
 ●ドガ エドガー・ドガ(1834~1917年)のパステル画《踊り子たち、ピンクと緑》(1894年、パステル/紙(ボード裏打)、吉野石膏株式会社<山形美術館寄託>)は、舞台裏のバレエダンサーが描かれ、両手を腰の後ろに当てた後ろ姿を見事にとらえている。チュチュのスカートがピンクから緑に変化する色合いの美しさが印象的だ。ドガのブロンズ像《背中に手をあて、右足を前に出して休息する着衣の踊り子》(鋳造:エブラール)(1896~1911年〈鋳造:1919~21年〉、ブロンズ、ロストワックス鋳造、ニイ・カールスベア・グリプトテク、コペンハーゲン)も出品。これらのすぐ近くに置かれるのが、葛飾北斎の『北斎漫画』十一編(制作年不詳、浦上蒼穹堂)の相撲取りの後ろ姿だ。少ない筆で的確に描写。両者を比べると全く異なる世界だ。しかしドガは多数の浮世絵を所蔵し、北斎に最も興味を持った画家とされる。彼は特に『北斎漫画』の生き生きとした身体の動きや、気取らない日常の姿、寛いだ様子に注目したようだ。ドガによる髪を梳かす女性、浴室で背中を洗う女性の作品も出品されている。上記の《踊り子たち、ピンクと緑》では、画面枠でのモティーフの大胆な切断の構図にも浮世絵の影響が見られる。

 ■動植物:小さな命を慈しむ
 ●ゴーガン/ガレ ポスト印象派の画家ポール・ゴーガン(1848~1903年)による《三匹の子犬のいる静物》(1888年、油彩/板、ニューヨーク近代美術館)は白地の背景の前面に果物や器を、後方に3匹の犬(三方向を描写)を配する。単純化された姿の子犬たちの愛らしさが目を引く。平面的であること、影の表現も西洋絵画の伝統とは異なること、また輪郭を強調した描法も特徴的だ。本作の近くに置かれたのは、北斎の版本『三体画譜』(1816〈文化13〉年、浦上蒼穹堂)のなかの子犬3匹の箇所。ぷっくりした子犬を三方向からとらえ、少筆で生き生きと描かれている。ゴーガンは上記の作品を描いた年、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)と浮世絵への関心を深く共有したとされる。西洋ではそれまで小動物が芸術の主たるモティーフになることはなく、自然全体の導入として動植物をとらえる日本美術は西洋の芸術家を驚かせた。北斎は絵手本で愛情を込めて、ユーモアを交えて小動物を表した。また北斎から多くを参照したナンシー派のエミール・ガレ(1846~1904年)の昆虫や植物をモティーフとした陶芸・ガラス工芸・家具の作品も出展。ガレは後期になって北斎芸術を咀嚼し、小さな命を慈しむような独自の表現に達したとされる。

 ■風景:すだれ効果/モティーフの大胆な切り取り/連作
 ●モネ 印象派の中心的画家クロード・モネ(1840~1926年)は日本美術の愛好家だった。200点を超える浮世絵を所蔵し、その中に北斎の錦絵と版本も含む。モネの《木の間越しの春》(1878年、油彩/カンヴァス、マルモッタン・モネ美術館、パリ)では、眼前に木立が描かれ、その間から川と向こう岸の家並みが覗き見られる。日常的に目にする視覚体験だが、このような風景を絵画にすることは、かつて西洋では無いことだった。比較する北斎作品は、版本『富嶽百景』二編(1835〈天保6〉年、浦上蒼穹堂)。ここでは手前の竹林の間から富士山が見られる。印象派の画家たちは風景画においても遠近法と陰影法を厳守して描く西洋の伝統を打破する絵画を創作していたが、それでもこの北斎による「すだれ効果」描法は、彼らを驚嘆させたようだ。浮世絵に見られるモティーフの大胆な切り取りの構図は、ここでも採用されている。また北斎は、代表作「冨嶽三十六景」などで富士山など同じモティーフを時間や角度を変えて描いた連作を残した。モネも多種類の連作を描いている。モネが「フジヤマ」を思いながら描いたとの手紙が残る、ノルウェーの雪のコルサース山の連作も出品され、清新な印象をもたらす。

 ●セザンヌ 山の連作というと、ポール・セザンヌ(1839~1906年)が描いた、故郷の南仏のエクス=アン=プロヴァンスにあるサント=ヴィクトワール山の作品が思い浮かぶ。しかし、セザンヌが浮世絵に関心を持ったことは無いといわれる。彼は浮世絵を所蔵しておらず、日本美術への言及も伝えられていない。本展の最後に、茶園と茶畑の彼方に聳える雪の富士山を描いた葛飾北斎《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》(1830~33〈天保元~4〉年頃、横大判錦絵、オーストリア応用美術館、ウィーン)と、セザンヌの3つのサント=ヴィクトワール山の作品が並んでいる。《サント=ヴィクトワール山》(1886~87年、油彩/カンヴァス、フィリップス・コレクション、ワシントンD.C.)、《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》(1904~06年頃、油彩/カンヴァス、石橋財団ブリヂストン美術館)、そして《サント=ヴィクトワール山》(1904~06年頃、油彩/カンヴァス、デトロイト美術館)だ。圧巻である。しばらく見入ってしまった。さて、セザンヌは連作について、北斎の影響を受けてはいないのだろうか。

 稀有な展覧会である。是非ご覧ください。


【参考文献】
1) 監修=馬渕明子、責任編集=袴田紘代・池田祐子、編集=国立西洋美術館・読売新聞東京本社事業局文化事業部:『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』(展覧会図録)、読売新聞東京本社・国立西洋美術館=発行、2017年。
2) ジャポニスム学会=編:『ジャポニスム入門』、思文閣出版、2000年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2018年1月)


※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。



写真1 会場風景。
左から、エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年、
パステル/紙(ボード裏打)、吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)。
葛飾北斎『北斎漫画』十一編 制作年不詳、浦上蒼穹堂。
エドガー・ドガ(鋳造:エブラール)《背中に手をあて、右足を前に出して休息する着衣の踊り子》、
1896~1911年(鋳造:1919~21年)、ブロンズ、ロストワックス鋳造、
ニイ・カールスベア・グリプトテク、コペンハーゲン、
Ny Carlsberg Glyptotek,Copenhagen MIN 2683。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真2 会場風景。
左から、オディロン・ルドン「聖アントワーヌの誘惑」第1集より
《Ⅴ.それから魚の体に人間の頭を持った奇妙なものが現れる》1888年、
リトグラフ/雁皮紙貼付、国立西洋美術館。
葛飾北斎《百物語 さらやしき》1831〈天保2〉年頃、中判錦絵、
ミネアポリス美術館、Minneapolis Institute of Art,Gift of Louis W. Hill, Jr. 56.52.4。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真3 会場風景。
左から、クロード・モネ《木の間越しの春》1878年、
油彩/カンヴァス、マルモッタン・モネ美術館、パリ、Musée Marmottan Monet, Paris。
コロマン・モーザー《ヴォルフガング湖の眺め》1911年頃、
油彩/カンヴァス、エルンスト・プロイル、ウィーン、Ernst Ploil, Vienna。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真4 会場風景。
手前は、カミーユ・クローデル《波》(部分)1897~1903年、
オニキス/ブロンズ、ロダン美術館、パリ、Musée Rodin, Paris。
奥は、葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》1830~33<天保元~4>年頃、
横大判錦絵、ミネアポリス美術館、
Minneapolis Institute of Art,Bequest of Richard P. Gale 74.1.230。
(撮影:I.HOSOKAWA)



写真5 会場風景。
左から、葛飾北斎《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》1830~33<天保元~4>年頃、
横大判錦絵、オーストリア応用美術館、
ウィーン、MAK – Austrian Museum of Applied Arts / Contemporary Art, Vienna。
ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》1886~87年、
油彩/カンヴァス、フィリップス・コレクション、ワシントンD.C. 、
The Phillips Collection, Washington, D. C.。
(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた影響
Hokusai and Japonisme
【会期・会場】
開催中~2018年1月28日 国立西洋美術館
電話:03‐5777‐8600(ハローダイヤル)
[展覧会詳細] http://hokusai-japonisme.jp


※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。