芸術広場芸術広場

特別展 顔真卿
王羲之を超えた名筆

2019年2月1日

中国の書の海に浸る。顔真卿による歴史的な劇跡が出展。
東京国立博物館 平成館にて、2月24日まで開催中。

 ■「並はずれて力強く、従来の書を大きく変えた」
 「顔真卿の書は並はずれて力強く、従来の書を大きく変えたことは、杜甫の詩のようである。その生まれながらにして優れた力は天性のままに発揮され、漢魏からの芸術的な精神を全てわがものにしている。後世の書家は、ほとんど太刀打ちできない。」これは、宋時代の書の大家・蘇軾(そしょく)(1036~1101年)が、唐時代に活躍した顔真卿(がんしんけい)(709~785年)について記した言葉(蘇軾『東坡題跋』より)である。

 東京国立博物館(東博)で2月24日まで、顔真卿の書を中心に紹介する大規模な展覧会が開催中だ。奇跡の初来日とされる代表作も出展されている。中国の書のレベルは、書聖といわれる王羲之(おうぎし)(303~361年)が活躍した東晋時代(317~420年)、および唐時代(618~907年)に最高潮に達した。唐時代初期には三大家が出て楷書の典型を完成させ、その後、顔真卿が登場し、伝統を踏まえた上での新たな書法を創り出し、それが現在まで継承されることになる。

 東博では本展を、2013年に開催した王羲之の展覧会に続くものと位置づける。中国の書というと、難解にも思えるが、まずは書の海に漂うような気分で、気軽に展覧会場に身を置いてみるとよさそうだ。

 ■展覧会構成
 本展は顔真卿の書を紹介するものだが、中国の書体の変遷を辿ることから始まり、唐時代の名筆を総覧し、さらに唐時代の書が日本の空海(774~835年)ら三筆などに及ぼした影響、そして中国で顔真卿が高く評価されることになった宋時代(北宋:960~1127年、南宋:1127~1271年)や後世への影響も検証する。177件の作品による豊かな内容だ。

 展覧会全体は、以下の6つの章から構成される。
 第一章 書体の変遷/第二章 唐時代の書 安史の乱まで/第三章 唐時代の書 顔真卿の活躍/第四章 日本における唐時代の書の受容/第五章 宋時代における顔真卿の評価/第六章 後世への影響

 ■書体の変遷/楷書の完成へ
 会場に入ると最初に、殷時代の前13世紀の甲骨文や、西周時代の前10世紀や前8世紀の青銅器などが並ぶ。亀甲や獣骨に刻まれた甲骨文は現存する最古の文字だ。青銅器には金文(きんもん)が鋳込まれている。金文は殷時代後期から見られる。その後5つの書体ができる。①篆書(てんしょ)、②隷書(れいしょ)、③楷書、④草書、⑤行書、である。

 篆書とは、秦(前221~前206年)の始皇帝が前221年に全国を統一した際に文字も統一し、公式書体となったもの。甲骨文字や金文や小篆が発達した書体であり、左右対称で荘厳。隷書は、書くのに時間を要する篆書を簡略化して生まれた、うねるような書体で、後漢時代(25~220年)の公式書体となった。また身辺のことを速筆で書きとめるための書として、隷書から、草書と行書が派生した。そして楷書が誕生する。東晋時代の王羲之の貴族的な優雅な書を経て、唐時代初期に公式書体の最終形として楷書が完成し、現在まで続くものとなる。私たちは展覧会の冒頭で、このような中国の書の変遷の大きな流れを、名品によってつかむことができる。

 ■欧陽詢筆《九成宮醴泉銘》:紙本墨拓6作品が並ぶ
 唐の第2代皇帝である唐太宗(とうのたいそう)(在位626~649年)が、隋時代(581~618年)に造営されたものを修復して九成宮と改名した離宮がある。その様子を描いた色彩豊かな画巻も展示されている。632年、太宗が庭園を散歩中に湧き出る泉をみつけ、唐王朝の瑞兆ととらえて記念碑を建立した。そこで太宗は書家の欧陽詢(おうようじゅん)(557~641年)に揮毫を命じた。これが九成宮醴泉銘だ。会場には、《九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんめい)》(紙本墨拓、唐時代・貞観6年〈632〉)の紙本墨拓7作品(東京・三井記念美術館蔵、東京・台東区立書道博物館蔵、個人蔵、香港中文大学文物館蔵〈北山堂寄贈〉)が並んでいる。凛とした姿の書だ。76歳の欧陽詢が書いた彼の集大成であり、「楷書の極則」といわれるものである。

 初唐に活躍した書家として、欧陽詢のほか、虞世南(ぐせいなん)(558~638年)と褚遂良(ちょすいりょう)(596~658年)が三大家と称され、彼らが楷書を完成させた。なお、唐太宗は書聖・王羲之の書を愛し、王羲之の最高傑作である蘭亭序(らんていじょ)を入手し、部下に臨書させて広めたことでも知られる。

 ■唐玄宗筆《紀泰山銘》:華やかな隷書による巨大な作品
 縦8m超、横5m近くの大きなサイズに驚かされた。唐の第6代皇帝・唐玄宗(とうのげんそう)(在位712~756年)の代表作《紀泰山銘(きたいざんめい)》(紙本墨拓、唐時代・開元14年〈726〉、東京国立博物館蔵)である。東博の天井近くの壁面から床まで広がって展示されている。紀泰山銘は玄宗自らが撰文し書き、山東省泰山の崖に刻まれた。崖の書は現存する。会場で見られるのは拓本である。書体は華やかな隷書だ。8世紀にはいり、書の新境地を示した玄宗の影響力は絶大だった。顔真卿が活躍するのはこの頃である。

 ■顔真卿筆《祭姪文稿》:書き手の慟哭が伝わる
 初めのほうは大らかで力強い書が綴られているが、そのうちに文字が歪んだり、何字かまとめて消して書き直したり、行が乱れたりもする。書き手の激しい心の動きが、さらに慟哭が伝わってくるようだ。顔真卿の筆による《祭姪文稿》(さいてつぶんこう)(紙本墨書、唐時代・乾元元年〈758〉、台北 國立故宮博物院蔵)である。本作は、王羲之の蘭亭序に並ぶ名跡といわれてきた歴史的劇跡。今回が初来日だ。顔真卿は、書家であると同時に官僚であり、唐の忠臣だった。玄宗治世時の755年、安禄山(あんろくざん)と史思明(ししめい)による安史の乱が勃発した。山東省平原太守だった顔真卿は平原を守った。しかしこの戦いで彼の従兄とその末子が惨殺された。《祭姪文稿》は、安史の乱の3年後に50歳の顔真卿が、非業の死を遂げた若い顔季明を悼んだ文の草稿である。

 顔真卿の「三稿」といわれる肉筆の代表作が、祭姪文稿、祭伯文稿、争坐位稿なのだが、真跡が残るのは《祭姪文稿》のみだ。本展では、「三稿」の拓本も展示され、また顔真卿の筆による石碑の拓本も多数出展されている。顔真卿は、正論を主張するタイプの性格で上司に嫌われて左遷を繰り返したため、各地に彼の書いた石碑が残った。顔真卿の、伝統を踏まえながらも、情感の発露も伴う大らかで力強く親しみやすい新しい書は、安史の乱以降の人々の意識の変化を取り入れたものであった。

 顔真卿の評価は、前述のように宋時代に入ってから高まった。最初に記述した蘇軾の言葉にもそのことが示されている。その後、清時代(1636~1911年)の19世紀には、書の主流が方帖を通して書を学ぶ帖学から、石碑を学ぶ碑学に移り、前者の手法をとる王羲之の伝統は終焉を迎え、顔真卿の石碑の書が尊ばれるようになった。

 見どころの多い展覧会である。

【参考文献】
1)東京国立博物館・毎日新聞社 編集:『特別展 顔真卿 王羲之を超えた名筆』(展覧会図録)、毎日新聞社 発行、2019年。

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2019年1月)


※画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

写真1 東京国立博物館 平成館の展覧会場入り口の様子(撮影:I.HOSOKAWA)

【展覧会名】
特別展 顔真卿 王羲之を超えた名筆
Unrivaled Calligraphy:
Yan Zhenqing and His Legacy
【会期・会場】
2019年1月16日~2月24日 東京国立博物館 平成館
 休館日:月曜 ※ただし2月11日(月・祝日)は開館。翌12日は休館。
 電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会HP https://ganshinkei.jp/

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。