芸術広場芸術広場

DOMANI・明日展PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books-本という樹,図書館という森

2018年2月15日

 東京の日比谷公園内にある千代田区立日比谷図書文化館で2月18日まで「DOMANI・明日展PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books-本という樹,図書館という森」展が開かれている。文化庁の「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修制度)」〈※〉で海外に滞在した経験を持つ、若林奮、小林孝亘、寺崎百合子、宮永愛子、折笠良、蓮沼昌宏とゲスト作家の藤本由紀夫による本や図書館にまつわる作品で構成されている。

■『I.W―若林奮ノート』をきっかけに開催
 本展入り口のディスプレイやチラシには、若林奮が1973年から翌年にかけて在外研修でフランスの旧石器時代の洞窟遺跡を訪れた時の経験をもとにした文章が納められている『I.W―若林奮ノート』(書肆山田、2004年)の書影が使われている。この1冊の本がきっかけで生み出された展覧会だからだ。一昨年、2016年度の「第19回DOMANI ・明日展」に参加したアニメーション作家の折笠良が、2015年にカナダで研修した際に、若林のこの本を持参したことを同展のギャラリートークで語り、本展企画者で文化庁・芸術文化調査官の林洋子が「2003年に亡くなった彫刻家の若林奮と1986年生まれで、分野も異なり、血脈も師弟関係もない二人をつないだのが本だった」ことに心を動かされ、インスピレーションを得て実現にこぎつけた。
 1階の展示室の中央には、若林が在外研修でフランスやスペインの洞窟遺跡を巡った際に描かれたスケッチや、収集した石、写真、参考にした地図や本が展示されている。中でも興味深いのが石。研修に同行した、夫人で画家の淀井彩子によると、この石は洞窟に行くたびに周辺の草むらや空き地で拾ったもので、ホテルに戻って洗って泥を落とし、石器か、ただの石かを見極めて、人の手が入っていると判断した石を特別扱いして日付けと場所を書き、保管していたという。会場では、幅60~70㌢ほどの引き出し2つ分の石が展示されていたが、その2、3倍の石がほかにもあるのだという。
 スケッチは主に洞窟の周辺の風景で、ノートにボールペンでデッサンし、ホテルに帰ってからスケッチブックに水彩で描いたものが多く、「ノートとスケッチブックはセット」で、いずれも実物は初公開。また、研修時はパリに知り合いもなく、旧石器時代の遺跡に関する資料は日本にはほとんどなかったので図鑑で場所を調べて地図で確認して車で遺跡めぐりをしたそうで、その際、頼りにしたという地図やミシュランのガイドの展示もあった。
 1月21日に開かれた淀井と神奈川県立近代美術館の水沢勉館長によるアーティストトーク「若林奮1973年在外研修―旧石器時代洞窟遺跡を巡る」では、在外研修の経験が若林のその後の創作活動にどのように生かされたのかが、フランスでのエピソードや、帰国後から晩年までの主に野外彫刻作品の画像を交えながら語られた。その中で、淀井は「フランスに行く前は、素朴で若者らしい彫刻へのイメージがあったと思うが、洞窟や周辺の自然を見て考えざるを得なくなったのだろう。今まで自分が知らなかった奥の奥の時間が存在して、一人の人間としてそれに立ち向かわなければならない、表現者である自分に何ができるのかという原点に戻って、悩んだり、進んだり、確認しながら彫刻にしていったのだと思う」と考察し、水沢は「時間と空間の尺度が変わってしまい、その後は彫刻を探していく時間になった印象がある」と語った。

■絵を支える要素を本棚に―小林孝亘 
 小林孝亘(1996年バンコク派遣)は、2016年に出版した『ふつうの暮らし、あたりまえの絵 小林孝亘の制作ノート』(求龍堂)のためのスケッチやメモ、本棚、森をテーマとした油彩「Moonlight」や本棚を展示した。本棚には、知人が版画の試し刷りの紙を製本して作ってくれたという白紙の本にドローイングや旅日記などを記した制作ノートやスケッチブックなどが納められている。これまでの個展では、「制作ノートを展示する際にも中を見せることがほとんどだったが、あえて背表紙を見せて、そこに書かれた言葉からイメージが喚起されるような」方法を取っている。今回の展示の下見に訪れた際に、若林の出品作を見て、「作品を作るために蓄える要素のようなものが集められていて、熱の入れ方がハンパではない」と思ったことで、「自分の絵を支えている要素を展示する形にしてみたらどうか」という気持ちが強くなった。「いろいろな要素からひとつの意味が生み出されているというイメージ」だという。

 寺崎百合子(1998年オックスフォード派遣)は、図書館の室内を鉛筆で精緻に表現した作品4点を展示した。寺崎は「人間の手が作った、時を経たものを描いている」という。歴史的建造物でもある図書館に通い、書棚に並んだ本を見つめて描き出された作品からは、集積する時間や空気、本を読んだ人々の思いが感じ取れる。
 折笠良(2015年モントリオール派遣)は、詩人の石原吉郎の詩が粘土で波のように表された「水準原点」やロラン・バルトがサイ・トゥオンブリーについて書いた文字を用いた「Notre chambre Echo chambre」などのコマ撮りアニメーションを発表した。
 また、ナフタリンを用いた作品で知られる宮永愛子(2007年エディンバラ派遣)は、同館が所蔵する古いトランクから着想し、トランクと本の形をした樹脂製の立体と鍵で構成された新作「open book」を、蓮沼昌宏(2016年フランクフルト派遣)は「キノーラ」というパラパラ漫画のように手動で見るアニメーションで「豊島」「男木島」「新しい島」など7点を発表した。

■図書フロアで藤本由紀夫の作品
 また、一般の人が利用する書架のある3階の図書フロアでは、ゲスト作家の藤本由紀夫の展示が行われている。サウンド・アーティストとして知られるが、読書や書物をテーマとした作品も多い藤本は、以前から「読むということを立体的に考えれば、紙の本だけではなくいろいろなかたちで読書ができる」と考えていたという。その思いを「今回、図書館で試す機会を得て、やりがいがあった」と話す。「洞窟という考え方」を元にし、「森に動物が潜んでいて、たまたまひゅっと出会うように、展示室を歩いて行くと作品に出会えて、普段とは違った読書の体験ができる」ように展示した。中でも発見した時の感動が大きいのが本の背表紙を虹色のように並べた「RAINBOW AT THE LIBRARY」。同館の司書の協力を得て背表紙の色だけで選ばれた本で構成されているので内容は小説、ビジネス書、辞典などさまざま。少し離れた位置から見渡すと気付く。「虹が出ているところに行っても虹が見えないように、図書館の全部の本の内容を知っている人などいないわけですし、背表紙が並んでいる書架の間を歩いて体験することも図書館の醍醐味のひとつ」と考え、風景としての図書館を浮かび上がらせる。利用者からのリクエストで虹色の部分の本が貸し出しされた場合は「なくなって行っていい。虹も消えていくので」と話す。ほかに、冊子本のページをめくる際の紙の手触りと音の個性を引き出した「TURN OVER」など全13点。「TURN OVER」に関連して、同館の蔵書から本の手触りを意識して選ばれた『漱石全集』『細雪』など、大正から昭和にかけての書物を棚に並べる試みも行われている。
 また、2階の図書フロアでは、故人である若林を除く参加作家が、今回の展示にまつわる本や、創作の源となった本を各10冊程度選び、紹介している。

執筆・写真:西澤美子
(文中敬称略)


注:文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、研修の機会を提供して支援する制度。1967年から2016年度まで約3,400名を派遣。美術、音楽、舞踏、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に行っている。


「DOMANI・明日展PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books-本という樹,図書館という森」

2017年12月14日(木)~2018年2月18日(日)※2月の会期中無休
千代田区立日比谷図書文化館1階特別展示室(東京都千代田区日比谷公園1-4)
☎03-3502-3340
一般300円
詳細:http://hibiyal.jp/hibiya/museum/domani-plus2017.html


参考文献:「DOMANI・明日展PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books-本という樹,図書館という森」リーフレット 2017年

写真キャプション
①展覧会場の入り口
②展覧会場。手前が若林のスケッチや資料。奥は折笠良のアニメーション作品
③若林奮がフランス、スペイン遺跡めぐりの際に収集した石
④1月21日のアーティストトーク。左から水沢勉、淀井彩子、林洋子
⑤小林孝亘「本棚」2017年
⑥宮永愛子「open book」2017年
⑦藤本由紀夫「RAINBOW AT THE LIBRARY」2017年。3階図書フロア