芸術広場芸術広場

コートールド美術館展 魅惑の印象派

2019年11月3日

ロンドンの実業家コートールドの審美眼が選んだ傑作群。
夫妻の邸宅に居るようにゆっくり楽しむ。

 1932年に設立されたコートールド美術館は、現在、英国ロンドンの中心地の、テムズ河沿いに建つ18世紀に建造された豪壮なサマセット・ハウス内にある。そのコレクションの中核は、20世紀初頭に革新的な人工繊維レーヨン(人絹)の製造で成功した実業家サミュエル・コートールド(1876~1947年)が、主に1920年代の数年間に収集したフランス近代絵画だ。特に印象派とポスト印象派の代表作が揃うことで世界的に有名である。作品は常設されているため館外に出ることは滅多にないのだが、同館の改修工事のため、稀有な展覧会が日本で実現した。同館所蔵作品を中心にコートールド旧蔵の個人蔵の作品を加えた絵画・彫刻60点、および資料が出品。東京都美術館(12月15日まで)を皮切りに、2020年6月まで愛知県美術館と神戸市立博物館に巡回する。

 ■「自分の感情に訴える作品。一生を共に暮らしたい作品」
 本展開幕前のプレス内覧会で、コートールド美術館絵画部門学芸員のカレン・セレス氏は次のように述べた。「コートールドは、自分の感情に訴える作品、自分が一生を共に暮らしたいと思う作品を選んだ。彼が収集を始めた1920年代、英国では印象派はまだ評価を得ていなかったが、コートールドのような力のある人が収集したことが英国に大きな影響を及ぼした」「彼は印象派が直接的に誰もがわかるムーブメントだと感じていた」と。

 なお、コートールドより少し早い時期にロシアの実業家セルゲイ・シチューキン(1854~1936年)、また近い時期には日本の実業家・松方幸次郎(1866~1950年)やアメリカの企業家アルバート・C・バーンズ(1872~1951年)がフランス近代絵画に魅せられ、精力的に収集していた(※松方は、9月の拙稿でも紹介したように幅広い収集を行った)。

 コートールドは、個人の人生を豊かにする芸術の力を信じ、それは社会全体の安寧にも強い力を発揮すると考え、まず国家のために基金を創設。ロンドンのナショナル・ギャラリーが所蔵するフィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)の《ひまわり》(1888年)などは、コートールド基金により国家のために購入された作品だ。そして1932年、英国で最初の美術史に特化した研究所としてロンドン大学内にコートールド美術研究所を設立。同時に、彼と妻エリザベス(1875~1931年)が収集し自邸「ホーム・ハウス」に飾って、来客たちと共に楽しんだ作品の多くを邸宅ごと寄贈し、それがコートールド美術館となった。コートールドの死後、彼が終生身近に置いていた収集作品も同館に遺贈された。1989年には美術研究所と美術館は、サマセット・ハウスに場所を移し、現在に至る。

■工夫された展覧会構成
 本展は、次の三章から構成される。
 1 画家の言葉から読み解く(収集家の眼①ポール・セザンヌ)/2 時代背景から読み解く(収集家の眼②ピエール=オーギュスト・ルノワール)/3 素材・技法から読み解く(収集家の眼③ポール・ゴーガン)

 本展は、観客が出品作品およびコートールドという人物に近づけるよう諸々の工夫がなされている。各章に「収集家の眼」として、特に三人の画家を取り上げたコーナーを設け、コートールドの画家への思いを探る。また出品作品につき美術研究所の研究成果も披露し、資料によりコートールド夫妻の社会貢献活動も紹介する。そして会場内各所にある天井までの壁いっぱいの巨大なモノクロ写真も、効果をあげている。これはコートールド夫妻が作品と共に暮らした自邸ホーム・ハウスの室内を撮影したもので、重要な資料でもある。会場を歩くと、さながら夫妻の邸宅にいるような感覚になる。全体にゆったりとした気分で楽しめる展覧会となっている。以下、一部を紹介しよう。

 ■セザンヌの作品
 会場でポール・セザンヌ(1839~1906年)の作品群をめぐると、その充実ぶりに驚かされる。コートールドはセザンヌに深く傾倒した。セザンヌは堅固なフォルムと厳密な画面構成を行った画家であり、「近代絵画の父」と言われる。1922年、コートールドはセザンヌの作品に魅了された。彼は、「その瞬間、私は魔術を感じ、それ以来ずっとこの画家の魔術にかかったように感じている」(アンソニー・ブラント、1954年)と回想を述べている。

 《キューピッドの石膏像のある静物》(1894年頃、コートールド美術館)(※以下、全てコートールド美術館所蔵。以下、略)は、コートールドが1923年に購入した。彼が最初に入手したセザンヌ作品だ。石膏像、額、布、リンゴ、机、床などによる歪んだ空間描写がなされ、画家は観者に絵画についての問いを投げかける。《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》(1887年頃)は、セザンヌが繰り返し描いた画題だ。手前の松の枝ぶりなどの巧妙な構図により、山が接近して見える。鉄道の陸橋も見える。本作は大正初期の1912年に日本の美術雑誌に図版が掲載され、日本の画家たちに影響を与えた。また、《カード遊びをする人々》(1892~96年頃)は、グレーと黄色の上着の二人の男がカードを手にテーブルに向かい合う情景を描く。ここでセザンヌが主眼に置いたのは遠近法や解剖学的な描写ではなく、色調の調和である。青と緑の色調が美しく変化する《アヌシー湖》(1896年)は、スイス国境に近い風景だが、画家の強靭な意思が伝わってくるようだ。

 コートールド美術館は,セザンヌが最晩年に画家エミール・ベルナール(1868~1941年)に宛てた手紙9通を所蔵し、本展にも出品されている。セザンヌの手紙は、彼の芸術観を示す第一級資料。セザンヌは手紙のなかで、自然の研究の重要性を何度も述べている。

 ■ルノワールの作品 
 ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841~1919年)は印象派の画家とされるが、その画業は変遷を続けた。コートールドにとって最初に収集した美術コレクション2点のうちの一つが、ルノワールが最晩年、リウマチに苦しみながら南仏で描いた《靴紐を結ぶ女》(1918年頃)だった。1922年のことだ。本作は赤系の色彩と流麗な線で身づくろいをする女性の姿を描写するが、これは画家が晩年に関心を向けた18世紀のロココなどにつながる伝統的主題である。一方、《桟敷席》(1874年)は、画家33歳の年に第1回印象派展に出品した記念すべき作品。流行の白と黒のドレスに身を包んだ女性が、男性と共に劇場の桟敷席に座る。女性のドレスは粗い筆触だが、顔は丁寧に描かれる。当時のパリの現代風俗を活写した華やかで優美な作品である。コートールド夫妻は音楽支援も社会福祉にも熱心に活動したが、二人は本作を邸宅の音楽室に飾っていた。サミュエルは本作に因んだ詩作も行っている。

 ■ゴーガンの作品
 ポール・ゴーガン(1848~1903年)は印象派の活動に参加後、色面と明確な輪郭線による総合主義の絵画を確立したポスト印象派の画家だ。コートールドはゴーガンの作品収集にも情熱を向けた。コートールド美術館は英国随一のゴーガン・コレクションを所蔵する。黄色が際立つ《干し草》(1889年)は、ゴーガンがアルルでゴッホとの共同生活のあと、フランス北西部ブルターニュ地方滞在中に描いた。タヒチ島へ移って制作した大作《ネヴァーモア》《テ・レリオア》(共に1897年)は、色彩の美しさと共に、タヒチの女性たちの存在感や、画面の詳細を見れば見るほど謎が深まるような世界に魅了される。《ネヴァーモア》では絵の下に風景が描かれていたことや、カンヴァスを切って再利用したことが研究により判明した。

 ■マネの作品
 エドゥアール・マネ(1832~83年)は、印象派の画家たちに尊敬され親しく交流したが、サロンで活躍した。絵画の革新を図り、平面性の強い画面や都市生活の画題で注目を集め、「近代絵画の創始者」と言われる。マネの最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》(1882年)を、コートールドは1926年に購入。その額はルノワールの《桟敷席》と共にコレクションのなかで最高だった。

 本作は、パリのミュージック・ホールを舞台とする縦1m近く、横1.3mの大きな作品。一度見たら忘れられない、不思議なことが詰まった作品といえよう。中央に、正面を向き両手をカウンターに置いたバーメイド。ピラミッド構図だ。なんとも曖昧な表情が気になる。背後は全面が鏡という画期的な構成である。しかし本来奥行きをつくるべき鏡は、むしろ狭い空間を表出。そして鏡に映るこの女性の後ろ姿も、彼女と話す男性も、手前の酒瓶も妙なのだ。整合性がとれない。異なる時の様相にも見える。また鏡の上部に映る大勢の人々は粗く描かれ、手前の静物は丁寧に描写されている。花瓶に活けられた花は、マネが最晩年に描いた優れた可憐な花の絵の一群を思い出させる。

 本作の下絵(個人蔵)が、参考として印刷物で紹介されていた。下絵ではバーメイドは斜め方向を見て、その後ろ姿は自然だ。マネは自宅にこのバーを再現し、モデルを使って制作し、没年の前年に完成させた。下絵から相当変更を加えた。本作自体であるも構図を変更したことがX線調査でわかったという。《フォリー=ベルジェールのバー》の絵に相対すると、誰もがマネの策略に、まんまとはまってしまうようだ。

 本展覧会は21名の芸術家の名作が、コートールドの審美眼と社会貢献の精神と重なって見る者に迫ってくる。そしてなぜだろう、清新な心境になれる。図録も充実した内容で、行き届いた造本もなされている。


【参考文献】
1)エルンスト・ヴェーゲリン・ヴァン・クラーベルゲン、カレン・セレス、三浦篤、永井隆則、小泉順也、大橋菜都子=執筆:『コート―ルド美術館展 魅惑の印象派』(展覧会カタログ)、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション=発行、2019年

執筆:細川 いづみ (HOSOKAWA Fonte Idumi) 
(2019年10月)

※会場内の風景画像は主催者側の許可を得て撮影したものです。

写真1 東京都美術館の会場風景(以下、同様)。
ポール・セザンヌ、《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》1887年頃、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真2 会場風景。
ポール・セザンヌ、《カード遊びをする人々》1892~96年頃、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真3 会場風景。
ピエール=オーギュスト・ルノワール、《靴紐を結ぶ女》1918年頃、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真4 会場風景。
ピエール=オーギュスト・ルノワール、《桟敷席》1874年、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真5 会場風景。
ポール・ゴーガン、《テ・レリオア》1897年、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)
(撮影:I.HOSOKAWA)

写真6 会場風景。
エドゥアール・マネ、《フォリー=ベルジェールのバー》1882年、
油彩、カンヴァス、コートールド美術館。
© Courtauld Gallery (The Samuel Courtauld Trust)(
撮影:I.HOSOKAWA)

 

【展覧会名】
コートールド美術館展 魅惑の印象派

MASTERPIECES OF IMPRESSIONISM: THE COURTAULD COLLECTION
【会期・会場】
2019年9月10日~12月15日 東京都美術館 
  電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル) 
2020年1月3日~3月15日 愛知県美術館
  電話:050-5542-8600 (ハローダイヤル)
 2020年3月28日~6月21日 神戸市立博物館
  電話:078-391-0035 
[展覧会詳細] https://courtauld.jp

※本文・図版とも無断引用・無断転載を禁じます。